この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

フィギュアライズラボのフミナを作ってみた

こんにちは、槙です。

今日は親指の先っちょをデザインナイフでブスりとやりながらも、発売日に手に入れたフィギュアライズラボのフミナを組み立てました。
P6210001.jpg
この前撮ったハワイ海水浴場の写真を背景にパシャり。

フィギュアライズラボについての詳しいことは前にブログ記事にしましたのでこちらを呼んでください。
参考:フィギュアライズラボの衝撃)

組み立てには3時間くらいかかったかな?
パーツが少ない割に肌の部分のゲート処理に時間がかかりました。

とりあえず作ってみた第一印象ですが「肌のしっとりとした質感と水着の光沢がとてもいい感じ!」でした。
P6210011.jpg
肌はもう普通にスケールフィギュアの質感と変わらないんじゃないでしょうか?
ここまで肌色成分多めのフィギュアは今開けてないので確認できないけど…

P6210008.jpg
この水着の光沢も驚きましたね〜
何も処理していない素の状態ですが、カメラを構えている私の姿が写り込んでます(笑)


で、ここからが気になった部分。

一番気になったのはゲート跡。
P6210014.jpg
ペーパーでけっこう丁寧に処理したつもりなんですが、ゲート跡がしみのように残ってしまいました。なんで?(´・_・`)

ピンクのゲート跡もやっぱり気になりますね。
P6210017.jpg
うまく隠れるように配置していますが、後ろから見ると色が色だけに目立っちゃいますね。

他には髪の毛の質感が残念な感じでした。肌と水着が良いだけに悪目立ちするというか…
分割線も目立つし、グラデーションもかかっていないので、ここは明らかにスケールフィギュアよりも落ちます。

あとは全身のバランスかなぁ。
P6210007.jpg
下半身のボリュームに比べてどうも上半身が弱いように感じるんですよ。具体的には腕が短い?
ま、コレは好みの問題なのかもしれませんが…


ちょっと前に作ったフィギュアライズバストのフミナ。
P6210010.jpg


肌の質感はフィギュアライズラボのに比べると明らかに落ちるんですが、写真で見るとけっこういけてますね。

やっぱりプラモデルは自分の手を入れることで完成する!というところが完成品フィギュアと違う楽しみどころなんでしょうね。
次の初音ミクさんもゲットしようと思います。
スポンサーサイト

2018トヨタ株主総会

こんにちは、槙です。

一昨日、トヨタ自動車株式会社の第114回定時株主総会に参加してきました。
もはやこのイベントは自分の中で恒例行事になりつつあります。
参考:初めての株主総会@トヨタ
参考:せっかくなので参加しました、トヨタ株主総会
参考:2017トヨタ株主総会

何と言っても株主総会のこの日は駐車場の誘導からホール入場にいたるまで、あらゆるところでトヨタ関係者にかしずかれるので、ものすごく資本家気分を味わえるんですよね〜(^^)


ま、それはさておき今年の株主総会はなかなか興味深い内容でした。
昨年の株主総会では「トヨタ大丈夫か、コレ?」みたいな印象を受けたのですが、今年は「地に足がついたな…」という感じを受けました。

具体的には「日本の未来をトヨタはどのように考えているか?50年後100年後はどうなっていると思うか?」との質問に「バーチャルな部分が増えてくると思う。トヨタで言えばコネクテッドカー。その一方でトヨタはリアル、つまりハードウェアの部分で強みを蓄積してきた。実際にモノを作り、販売してきたリアルがある。そういった部分で将来も日本からあてにされる会社でありたい。」と述べていました。

この回答には正直なところホッとしました。実際トヨタがいまさら人工知能の研究をしたって先行する米企業には追いつけないでしょうしね…
それよりはハードウェアにしっかりと軸足を置き、大儲けはできないなりにも持続的な会社経営をする方がトヨタらしいと私も思います。


他にも「東京五輪のスポンサーになっているが、お金がかかりすぎではないか?トヨタがやる意義はあるのか?」との質問に「ただお金を出すだけのスポンサーではなく、パートナーとして障がいを抱えた方たちへのモビリティを一緒に検討していく。その中でトヨタ社員が障がいのある方の視点で物事を考えることが出来るようになるなど、人材育成となる面をある。」と回答していました。

私も前にこんなことを書きました。
そういう点で、今回政府が打ち出した働き方改革の目玉、副業・兼業解禁はなかなか良いのかもしれません。
別の「空気」に触れることで、別の視座を得ることになるからです。

参考:「失敗の本質」、それはつまるところ日本人の性質

どうやらトヨタ経営陣もこれまでの延長線上にある「良い車作り」だけでは、この100年に一度の大変革期を乗り切ることはできないと考えているようです。


あとは「広瀬工場のデンソー移管、アフリカ事業の豊田通商移管がニュースになったが、トヨタは大丈夫なのか?」という質問には「未来の成長の芽を育てる分野ではグループ全体で取り組んでいく。それぞれの会社にはホーム&アウェイともいうべき本業とそうでない分野がある。アウェイ分野はそれを得意とする会社に集約することでグループ全体の競争力を強化する。」との回答。
そして豊田社長からは「過去・現在・未来の全ての責任は私が取る。仲間を見捨てるようなことは決してしない。どうか見守ってほしい。」という力強い言葉がありました。

(質問、回答内容はすべて私の理解を再構成したものです。実際の意図とはずれている可能性もありますのでご注意願います。)

問題はトヨタ経営陣が抱えている変化の意識を、末端のトヨタ社員どれだけが実感しているかどうか、でしょうね…


ちなみに今年のお土産はジャパンタクシーのミニカーでした。

1年ぶりの車中泊の旅

こんにちは、槙です。

11〜12日にかけて車中泊して帰省しました。1年ぶりですね。
参考:1車中泊2日帰省の旅

昨年は日本海側を回っていったので、今回は山陽の方に出ることにしました。
Googleマップによるタイムラインの道程はこんな感じです。
IMG_2974.jpg
IMG_2975.jpg

初日のトピックとしてはやはり世界遺産の姫路城!
せっかくなので一人なのにシルバーガイドさん(¥2,000)を頼み、一緒に見て回りました。
P6110008.jpg

P6110026.jpg

IMG_2831.jpg

ツボを押さえた説明で2時間じっくりとお話を聞かせてもらいました。
個人的に一番へぇ〜って思ったのが、この城もともとが籠城用の城として築かれたために、天守閣は築かれて以降〜大正時代に市民に公開されるまでろくに活用されていなかった、という点。
江戸時代は政務などには全然使われなかったそうな…

あと築城した池田家はその後鳥取藩に転封されるんですよね。ちょっと親近感(笑)

ガイドさんと別れたあとはもう一度天守閣に登り、あちこち写真を撮りました。
ただ天気が悪かったので写りはイマイチですね。天守閣最上階からの眺めも遠望が効かずガッカリ…


その後、駅前の東急ハンズまで徒歩で移動。


帰りはみゆき通りというアーケードを発見し、雨に濡れずに済んだのですが、時すでに遅し><

足元が濡れて気持ち悪かったので、さっさとあかねの湯というスーパー銭湯に移動。いろんなお風呂があって楽しめました。

温まった後には食事がてらネット巡回しにガストへ(笑)
ここはTポイントで支払いもできるのでちょくちょく利用します。

そして車中泊ポイントの姫路バイパス別所PAへ。

ここで大失敗をやらかします!
なんと併設のセブンイレブンお酒が売っていない…

ま、ちょっとそんな気はしてたんですがね。
それからお酒を入手してまた戻ってくるのもアレなので、結局その日はお酒を飲まずに眠りにつこうとするわけですが、やっぱりなかなか寝付けない。
昨年の車中泊場所である道の駅舟屋の里伊根に比べると出入りの車が多く騒がしかったこともあります。

しかもようやく眠りについてしばらく経った4時頃に雷雨が直撃したため、すっかり目が覚めてしまいました…
IMG_2865.jpg

でもここで昨年の経験が活きました!
持っていったアイマスクのおかげで6時半くらいまでは眠ることができました。



ちなみに準備したこのエアマット、非常に快適でした。すんなりと眠りに着くことができれば、おそらくぐっすりと眠れると思います。
今度夕方からのチェアリング→星空観測→車中泊で試してみよう。


2日目はやっぱり旭マーケットですかねぇ〜


印象としては半分廃墟、半分住居といったところでしょうか。

ここなんかは完全に崩れていますし、
IMG_2877.jpg

アーケードの屋根もあちこちで破れていました。
P6120065.jpg

でもだからこそ、そこに生活感が加わると他に類を見ない独特な雰囲気を醸し出すんだと思います。
P6120091.jpg


この後、旧来住(きし)家住宅を見学しました。
P6120112.jpg

見学無料なんですが、全国の銘木が使用されている立派な建物です。
IMG_2890.jpg

智頭の石谷家住宅なんかに比べれば随分とスケールは小さいですが、それでも贅沢な気分に浸れました。
思いがけずこういったスポットに当たるとなんか得した気分になりますね。


これで観光は終了、中国道に入って一気に帰省したわけです。

しかしながら3月に開通したばかりの新名神を走行して、真新しい宝塚北SAに立ち寄ったり、



そういえばこの時CM動画を見せられたんですが、なんとPSPでの視聴でした。何気にめっちゃ驚いた。調査員の方の私物なんかな?



などなど、いろいろと見所はありました。


そしてとうとうGoogleローカルガイドのレベルが8に!


レベル7→8になるのに約1年かかりました。

昨年5月にローカルガイドの活動を開始して、わずか一ヶ月半でレベル7(5,000pt)になりましたがそこからが長かったですね〜
次のレベル9は50,000ptが必要なので、このペースだと次のレベルアップは早くても3年後だなぁ…
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム