DIY - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

フィギュア展示の照明について

こんにちは、槙です。

4月ももう中旬ですね…
セルフリノベーションはなかなか捗りません(^^;)
地震でダメージを受けた2階の土壁を撤去すべきなのはわかっていますが、また土埃まみれになるのかと思うとどうにも踏み出せません。

そんな中、Amazonでフィギュアの照明をちょろっと検討していたら、なかなか良さげなアイテムが売っていました。


幅が120cmあるのでフィギュア照明として思い通りにいかなくても何かに別なものに流用できそうです。勢いで2個ポチってみました。

それが昨日届いたので早速今は荷物&冷蔵庫置き場となっている6畳和室の飾り棚に設置してみました。


なお照明以外の材料は解体時に出た廃材です。
まだいっぱい残っているんですよね。
IMG_7238.jpg
ちょっとわかりにくいですが、黒い木材の裏側にLED照明を取り付けて飾り棚の左右、縦に2本設置しました。
ただそれだけだと光源が直接目に入って眩しかったので、薄っぺらい板材を追加でくっつけました。とりあえず木工用ボンドでくっつけてるだけなので、養生テープで仮固定しています。

IMG_7231.jpg
これだけだと寂しいので、昨年移住して以来ポツポツと届いていた積みフィギュアを開梱していきました。

久しぶりにPVCの新鮮な香りを感じましたね(笑)
P1020419.jpg
P1020417.jpg
う〜む、思っていたより青白かったですね。
これでも安く売ってる中では5500Kと比較的色温度低めだったので選んでみたのですが…
IMG_7234.jpg
これは床の間の蛍光灯との比較画像です。
右上の黄色い光に対して今回設置したLED照明はかなり白いのがわかるかと…

それでも写真を撮って確認してみたのですが、びっくりしたのはGoogleフォトの自動補正フィルタの優秀さですね!


これにはほんとびっくりしました!

前に人工知能の本を読んでから、Googleフォトを積極的に使う事にしているんですがこのフィルタにも人工知能的な技術が応用されているんでしょうねぇ〜

参考までにMacの写真における自動補正フィルタとも合わせて比較したいと思います。

これがオリジナル。
P1020421_20170413214743091.jpg

Macの自動補正フィルタ。
P1020421_20170413214745a92.jpg

Googleフォトの自動補正フィルタ。
P1020421_20170413214743014.jpg
ちょっとわかりにくいかもですが、Macは単なる彩度補正にとどまっているのに対し、Googleは明らかに肌色に合わせて補正してる感じがしました。


結論:フィギュア展示において照明はもっとも重視すべきファクターの一つである。


ちなみに床の間も含めた和室の状況。
IMG_7240.jpg

まだまだ改善の余地はありそうです(^^)
スポンサーサイト

iPhone6で自転車動画を撮ってみた

こんにちは、槙です。



これ前からやってみたかったんですよね〜



思い返せば実にこの頃から考えてました。このツイートは地震の二日前ですね。


それでほぼ半年経った昨日の午前に撮影したわけですが、こんな感じで撮ってました。
IMG_2348.jpg
IMG_2347.jpg

どうでしょう、このDIY溢れる撮影機材(笑)

スマホは100均で買った三脚のパーツを流用して固定しました。そしてそのパーツのハンドルバーへの固定は針金を2本使いました。ぐるっと回した後ラジオペンチでグリグリひねってます。
でもいまいち角度が上を向いてしまったので、作業場に転がっていた木片を突っ込んで調整。

三脚パーツはバネでスマホを固定しているだけなのでいまいち不安です。そこで万が一の為にビニール紐を巻いてスマホがいきなりすっ飛んでいく状況を回避したつもり…

このような状態だったのでちょっとした段差でもヒヤヒヤしながら自転車を走らせていましたね〜

基本タイムラプス動画と思ってはいたものの全編それでは面白くなかろう、と普通のスピードの動画も撮ってみたのですが…

ご覧のようなブレブレな画像になってしまいました。ブレブレというかなみなみな画像?
多分手ぶれ補正の処理が変な感じで効いてるのかな?とりあえず使い物にならないのでボツにしました。

しかしこういうのを目の当たりにするとやはりGoProとかアクションカムみたいなのが欲しくなってくるな!
ま、冷静に考えてみるとそんなに撮影する機会はないんですけどね〜

DIY : タント用車中泊ベッド&自転車車載用スタンド

こんにちは、槙です。

本日は経費で購入したマキタの充電式インパクトドライバを駆使して愛車のタント用に車中泊ベッド(フレームのみ)と自転車を車載するためのスタンドというかトレー?を製作しました。

材料は職業訓練校のコンクリート型枠実習で出たコンパネの端材(何かに使うだろうと家にも持ってきてた)とホームセンターで購入した2×4材(¥375)です。

IMG_3081.jpg
こんな感じ。ベッドの幅は約500mmです。

IMG_3083.jpg
ご覧の用に後席部分にはこのような空間ができます。この空間を支える脚に2×4材を使用しました。

もうちょっと細かく見ていきますと………
IMG_3078.jpg
これは助手席を前に倒した状態ですが、下の部分になんかの突起が二つありますよね。
前部のコンパネにはこれに引っ掛ける浅いほぞを作ってずれないようにしました。

IMG_3080.jpg
後部のコンパネには脚があるのでテーブル状になっています。
そして前側の脚が半分オフセットしており、ここに前部のコンパネを置く形になります。
左側に三角のパーツが付いてますがこれは前部コンパネの端部をカットしたものです。コンパネがずれない工夫のつもり。
右側もやろうかと思ったのですが、右端に脚を取り付けるとシート背面に接地しなくなるので断念。使ってみて不具合があるようなら改良しよう。

IMG_3084.jpg
後部コンパネは車体側といろいろ干渉するので3箇所ほど現物合わせで切り欠きました。

IMG_3077.jpg
そしてベッドを使わない時はこんな感じに後席の後ろに収めることができます(^^)


思った以上にあっさりと車中泊用ベッドができたので、以前からなんとかしたいなぁと思っていた自転車を載せるための治具みたいなものの検討を開始しました。

で、いろいろと試行錯誤した結果がこちら。
IMG_3086.jpg
ちなみに私の自転車はミニベロと呼ばれるホイールが小さい自転車です。小径車なんかとも言いますね。

IMG_3087.jpg
一番苦労したところが前輪の固定方法。
あーでもないこーでもないと2度ほど失敗した後で「前輪固定するならスポークの間にピンを挿せば良いんじゃね?」と閃いて作ったのがこの構造。
ピン状のものは2×4の切れ端を木目の方向にのみを入れて形作っています。なのでたいして加工に時間はかかっていません。
立ち上がりの部分は掘りごたつの掘り込み部を埋める台を作った時の1×4材の余りですね。

IMG_3088.jpg
後輪は輪止め用に三角形にカットした材料を両側から2×4材で挟み込んでます。

IMG_3089.jpg
車中泊用ベッドと自転車を積み込んでも3人は座れるスペースができました(*^_^*)
うむうむ、いつでも長旅に出発できるな( ̄ー ̄)ニヤリ


ちなみに今回のDIYでは事前に構造の検討をしただけで、寸法出しの為の設計は全くしませんでした。

その結果、現物合わせでカット位置を墨付けしたり、ベッドの天板を手で保持しながら水平が出る脚の寸法を測ったりと、かなりアバウトな作業だったわけですが、その割に満足いく出来になりました。

あんまり意識したことはなかったのですが、職業訓練を通じて効率の良い作業手順なんかが身に染み付いてるのかなぁ?

あと上記の作業はあくまで今日一日の成果です。
やっぱりインパクトによる作業効率の向上率は半端ないわー

DIY : 針葉樹合板で作った隙間ラック

こんにちは、槙です。

先日母親にちょっとしたスペースにA4版の本を入れるラックが欲しいというので作ってみました。
IMG_2557.jpg

材料はよくある構造用合板、ベニヤ板ですね。これは針葉樹がベースなので木目がとても目立ちます。ラーチ合板とも言うようです。

最近視聴したビフォーアフターでもこの合板を加工してフローリング用のパネルにしている例が紹介されていましたが、ホームセンターで材料を吟味すればそれなりに使えそうです。

今回もいつものワトコオイル(ダークウォールナット)で塗装しました。
IMG_2563.jpg
ふむふむ、こんな感じになるのか〜

ちなみに組み立て方はいたって普通にスリムビスで固定しているだけです。
IMG_2566.jpg
ダボで隠すなどの加工もなし、合板の端面もそのままのお手軽な作りです。

やっぱり合板は端面が出ると一気にお安い感じが出ちゃうな。
木目が連続しないのが丸分かりだし…
これは端面が出ないパネル的な使い方をするのが吉な感じがします。

材料代は1820×910:12mm厚の合板が¥980、カット代¥30×4の〆て¥1100でした。
(塗料代除く)
なおパーツ長手方向はホームセンターのカットサービスを利用しましたが、短手方向は手のこでカットしました。
職業訓練の成果か、誤差1mmもなくほぼ真っ直ぐに切ることができました(*^_^*)

塗装したら売り物レベルになった

こんにちは、槙です。

この前の記事で作ったアルファベットトーテムポールですが、せっかくですので塗装してみました。
IMG_2558.jpg
塗料はダイソーで買ったポスターカラーです。

ペイントしただけの状態だとツヤもなくのっぺりとした印象だったのですが、いろいろといじっているうちに手の脂がついてエッジ部分の塗装面が濃く変化していることに気づいたのです。

(・_☆) キュピーン!!

ここでひらめきました!「ワックスを塗ってみたら面白いんじゃね?」と。

早速うっすらとなぞるようにワックスを塗ってみるとこれが大正解!
エッジ部分が強調され、立体感が一気に増したのです。

IMG_2567.jpg
上がペイントしただけ、下がペイント後にワックスを塗ったものです。
下の緑の方がエッジが強調されているのがわかると思います。

IMG_2574.jpg
端材ならではのキズもくっきりと見えるようになったのですが、逆にその方が使用感が出て良い感じになりました♪

IMG_2570.jpg

うむ、2個セットで¥1,000くらいなら売れるんじゃないかな〜
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム