鳥取情報 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

倉吉線廃線跡を歩いてきた

こんにちは、槙です。

週に1件のブログ更新をめどにやっているのですが、ここ最近はサボり気味です。
「これ、ブログ記事にしようかな〜」と思うことはあるのですが、ぐずぐずとしているうちに、その気力がなくなってしまうのです…

そんなわけで今日は新たな試みとして、今日のうちにブログ記事にしてしまおう!と取り組んでみます。


さて今日も10月とは思えない暑い1日でした。
それでも夏真っ盛りの頃に比べれば過ごしやすく、さすがは行楽の季節と言ったところ。そんな季節の晴れの日に一日家にいるのは勿体無い!ましてや今日は平日です。観光スポットも人は少ないはず。

それでいつもの大山周遊ドライブにでも行こうかと思ったのですが、外を眺めてみると空は晴れているものの、大山の姿はくっきりと見えません。これではドライブに行っても日本海が綺麗には望めないかもなぁ…

ということで近場で行っていないスポットに行くことに。そこで白羽の矢が立ったのがタイトルの倉吉線廃線跡です。

より正確に言うと、泰久寺駅から終点山守方面に伸びるトレッキングコースです。

ついでに開けてないフィギュアも持っていって撮影することに。それがコレ。
IMG_3285.jpg
刀剣乱舞の三日月宗近。

他にも貼っておきましょう。
IMG_3279.jpg
線路中央から竹が伸びています。
ここ廃線トレッキングコース、一番の撮影スポットではないでしょうか。

縦構図のも。
IMG_3284.jpg
ちなみに1枚目と3枚目のこの写真はストロボを使って撮影しています。
私にはこれまで「ストロボを使うと平坦な絵になる」という偏見があったのですが「そんなことないじゃねーか!」となかなかの出来にびっくりしました。
一体どこでそんなデマが頭に残ったんだろ?

しかしスケールフィギュアは固定ポーズなので、どうしても似通った構図になってしまうのが難点ですね。
ドールならそんなこともないんでしょうが…
ドールなら…


ちなみにこの三日月宗近、今なら42%OFFで購入できるようです。

塗装もすごく綺麗なので42%OFFはお得です。このキャラのファンなら購入しても良いのではないでしょうか。


廃線跡の印象なんかも書いておきましょう。


はい、入り口のヤギにビビりました(笑)
普段もいるのかな?

そのヤギの脇をすり抜け、微妙にカーブする廃線跡を進むと、トンネルのようなものが見えてきます。
P1030104.jpg

IMG_3275.jpg
暗い竹林の手前に覆いかぶさるように木々の枝が伸びているので、トンネルのように見えているんですね。

ここはなかなかテンションが上がりましたね。「お〜、あそこがみんなが写真を撮る竹林か〜」ってな感じで。

で、竹林の中でフィギュア撮影したあと、先に進みましたが、すぐに閉鎖された山守トンネルに着いちゃいました。片道500mもないくらいでしょうか?

ここは戻る途中の光景。
P1030095.jpg
なんでか竹が曲がっていて、トンネルを想起させます。

ここも良い雰囲気。
P1030103.jpg
右下に県道が走っています。

竹林の中から。
IMG_3292.jpg
やっぱり竹林前後の雰囲気のギャップが面白いですね。

戻ったらヤギがお出迎え。
P1030105.jpg
って起きてるじゃん。
私がすり抜けたらあとを付いてきたので、素早くロープの移動範囲外に抜け出ましたよ。

正直、コースも短く小粒なスポットですが、なかなかの雰囲気でした。鉄道ファンでなくても楽しめるのではないかと…
今後は四季ごとに訪れるようにしようかな〜
スポンサーサイト

青谷上寺地遺跡がとても面白かった

こんにちは、槙です。

先日、鳥取市青谷にある青谷上寺地遺跡を見学してきました。


ツイートにあるように、その前日、道の駅 燕趙園でたまたま「スマホをかざして遺跡発見‼︎」というチラシを見つけたので、興味を惹かれたのです。

で、ろくに下調べもせず行ったわけですが、とても面白かったです。オススメ!

正直、史跡ですので万人が楽しめるものではありません。
しかしお金が少ないなりに工夫を凝らした展示や、ARアプリの開発など、「見学者に遺跡のすごさをわかってもらうぞ!楽しんでもらうぞ!」的な、攻めにいってる感じがありました。
なんというか鳥取の身の丈にあった良い展示施設であり、良い観光スポットだと思います。

ま、実際のところ、この遺跡が私自身の常識を覆してくれたため、評価も上方修正されていますが…

さて、その常識というのは何か?
ズバリ「木材は乾燥状態にしておかないとすぐに腐る」ということです。

建物に使っている建材は、きちっと防水しないと、シロアリなんかにやられてすぐにグズグズになってしまいますよね。
であれば、湿気った土中にあった木材なんて、数年経てば腐って土に還るもんだと思うじゃないですか!

ところがこの青谷上寺地遺跡では、弥生時代に使われていた建築材料や木製品が大量に出土したそうです。その数なんと7,000点以上!
そして木材だけにとどまらず、なんと弥生人の脳みそも、その一部が腐らずにそのまま残っていたそうです!

そんなわけで、この青谷上寺地遺跡は「弥生時代のタイムカプセル」とも呼ばれてるとか…
(このブログ書くのにいろいろとググりながら書いてるんですが、他にもそう呼ばれている遺跡があるみたいです)


自分のことはそれくらいにして、遺跡のことをもうちょっと詳しく説明しましょう。

まずは青谷上寺地遺跡展示館。

正直、プレハブに毛が生えた程度の安っぽい建物です。展示エリアもたいして広くありません。
IMG_9558.jpg
天井近くに窓に貼ってあったプチプチがまた貧乏くさいというか
いえ、少しでも冷房効果を高めようという、職員さんの涙ぐましい努力なんでしょうね。

でも展示内容はとてもわかりやすく工夫されていたと思います。
農業、漁猟、祭祀、建築技術など、それぞれのテーマにそって厳選された展示品とわかりやすいパネルが設置されていました。
IMG_9559.jpg
このパネルも興味深く見させてもらいました。

IMG_9560.jpg
職業訓練時代を彷彿とさせるパネルです。出土した建築材料から当時の建築技術がわかったそうです。

IMG_9564.jpg
これなんか、狙ってやってるんじゃないだろうか?「入れるなよ!絶対に入れるなよ!」的な。

IMG_9566.jpg
頭蓋骨から復元した弥生人の顔です、PCに表示されてました。どうやらこの遺跡の住人はもともと渡来人らしいそうで、渡来系弥生人と呼ぶそうです。

具体的な展示内容はこちらをどうぞ。
常設展|青谷上寺地遺跡展示館


実際の発掘現場は、この展示館から結構距離があります。約1キロ。
自分はてくてく歩いて行きましたが、駐車場もあるみたいなので、車で行った方がいいでしょうね。
IMG_9578.jpg
国道、県道工事にともなって発掘工事が続けられ、今は県道脇の場所を発掘しています。

IMG_9570.jpg
それがここ。たくさんの人が発掘作業をしていました。


実はこの2箇所以外にも見学場所があります。それが青谷町総合支所の2階。


平日の昼間しか見学できませんが、ここでは主に木製品を保管・展示しています。
なおここは勝手に見ることはできません。専門の方が説明しながら見る形になります。

IMG_9581.jpg
今でも全然使えそうな匙です。実際に持つこともできました。

IMG_9580.jpg
縄なんかも残っていました。

IMG_9583.jpg
こちらは椅子。左右に置いてある脚を座面に開いた切り込みに入れて使っていたようです。

IMG_9584.jpg
遺跡から出土した最長の柱です。7m24cmあるそうです。
残念ながら保存処置を行う際に、いくつかに分割されてますが、そういった裏話も聞けて大変勉強になります。


最後に見学のきっかけになったARアプリについて。

正直「とりあえず作ってみました」感は否めません。パンフレットを読むと「本アプリの制作にあたっては、朝日新聞文化財団及び文化庁の助成/補助を受けました。」とありますので、なんかいろいろと事情がありそう…

肝心のARはこんな感じ。
IMG_9563_20170918214958669.jpg
アプリを起動して、マーカーを読み込むと、
IMG_9562_20170918214959ffd.jpg
こんな風にスマホ上に実際の発掘品の写真が表示されます。

屋外でも、
IMG_9572.jpg
こんな風にマーカーが置いてあるので、同じように読み込ませると、
IMG_9571.jpg
こんな感じ、なんですが、正直何がなんだかよくわかりませんでした。

マーカーにはAR以外に、出土品をコレクションするマーカーと、動画を再生するマーカーがありますが、出土品は12種類しかない上、説明もこの通り。
IMG_9636.jpg
なんの面白みもありません。

ただ動画はちょっと面白かったかも。動画の内容というよりは、撮影場所と視聴場所が同じことによる、一体感の醸成というか…
具体的にはカメラをパンさせた動画を見た時、自分もその方向を向けば画面内と同じ風景を見ることができる、という感覚?

あと、動画が良い意味で素人っぽくて良かった。安易にお金を使わず、自分たちでできることは自分たちでやる!というのは、なんか応援したくなるものです。

ということで、このアプリについて、いろいろと思うところを書き出しておこう。

1.ARよりもVRモデル構築
 正直、個々の発掘品をARで見せられてもよくわかりません。それよりもむしろ遺跡全体の3Dモデルを構築し、それをVR的に見せてくれた方が面白い。

2.出土品コレクションは全国ネットで
 12種類はいかにも少ない。縄文の女神とか、他にも有名な出土品がコレクションできるのであれば、そこを訪れるきっかけになる。

3.動画はデータ通信量が気になった
 現地で見る動画は面白いんだが、スマホだと通信量が多くなるんじゃ?と心配になった。


ふぅ、思ってた以上に長い記事になってしまったな…

体調も回復したのでお花見♪

こんにちは、槙です。

先日、ウイルス性胃腸炎になったとブログに書きましたが、実はそれから1日ほど安静にしていたら復活しました(^^)


IMG_2262.jpg
これは倉吉廃線跡をズームで撮ったものです。これだと花は咲いてないまでも蕾が膨らんでるのが感じとれるかも?

昨日の打吹公園です。
IMG_2267.jpg
IMG_6969.jpg
全般的には花見にはまだまだかな?というところですね。


そして今日改めてあちこちをうろうろしたのですが、思ってた以上に桜が花開いていてビックリです!


こちらはしだれ桜で有名な伯耆しあわせの郷です。

実はこの車のルーフにフィギュアを載せて撮影してました(^^)
IMG_2277’

IMG_2282_20170406213041e24.jpg
白い屋根がいい感じでレフ板代わりになりました(笑)

ちなみに手持ち状態、スマホで撮影するとこんな感じです。
IMG_6981.jpg
だよーさん?
ちなみにしあわせの郷全体では満開にはまだかな〜、という感じ。
IMG_2284.jpg


この後、しだれさくらで有名な極楽寺に行きました。
IMG_2287_20170406213041cc3.jpg
正直こんなに大きいしだれ桜だとは思ってなくビックリです。

IMG_2288.jpg
しかもそれがまたお椀をひっくり返した感じに綺麗にしだれているのが良い!

IMG_2291_20170406213044b3b.jpg

これはなかなかに見応えがあるスポットでした。

桜ミクとお散歩ドライブした動画を作ってみた

こんにちは、槙です。



つい先日、天気も良かったのでねんどろいど桜ミクを伴って、お隣 湯梨浜町の東郷池に行ってきました。

そして久しぶりに動画を作ってみました\(^o^)/


流れているBGMを作曲したのはなんと人工知能です!
Jukedeckというサイトで作曲してもらいました。前に読んだ人工知能本で紹介されてた。


あとたくさん撮った写真をMacの写真アプリで見てたんですけど、このスライドショーいろんな種類があってそれぞれ面白いんですね〜
せっかくなので動画にできないか?と思ったらやはりできるようで、さらには個々の写真の配置までも変えることができました!
思ってた以上に高機能ですよ?これはっ!

そんな感じでいろいろと試行錯誤しながら作ってみた動画です。
観光ガイドとしては体を成していませんが、とりあえずアップしてみました(^^)
P1020385.jpg

読書三昧の生活からぼちぼちと這い出る感じですね。世は春分ですが私的には啓蟄な気分だったりします(笑)
セルフリノベーションもいよいよ再稼働せねば!

試される移住…

こんにちは、槙です。
雪かきを張り切ったせいで体が痛いです…



まさかこんな短期間で再び数年に一度クラスの大雪が来るなんて orz

前の大雪(参考:不要不急なセミリタイア生活♪)はちょっとワクワク感もあったのですが、今回はうんざりでしたねぇ (´・_・`)

2月9日(木)の天気予報で「先月下旬の大雪と同等かそれ以上の寒波」と言っていたのですが、翌10日(金)は晴れ間も覗く天気だったので「これは『最強台風詐欺』かな?」と思ってたのに…

せっかくなんでまたgif画像作ってみました。
1486881453_KNDLjyIOcO0x051486881451.gif
2月10日夕方には積もった雪が溶けかけたんですが、11日の雪の降りっぷりがすごかったです。

今日は午前中にちょっと雪が降ったくらいでほぼ晴れでしたので雪かきを頑張りました。
近所の若い方が手伝ってくれたので、切り上げるタイミングを逸してしまい、結局最後まで雪かきしてしまったということは内緒です。

おかげさまでクルマも出るようになったのですが、明日以降の筋肉痛が心配だったりします(>_<)


しかし昨年6月に移住してこっち、鳥取県中部地震、前回の大雪、今回の大雪と3回も全国ニュースで鳥取のことが流れる状態なんですが、もう勘弁して下さい。頼みますから…(泣)

ま、倉吉に住んでる人はみんなそう思ってるでしょうけどね。
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム