鳥取情報 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

天神川河口でバードウォッチング

こんにちは、槙です。

この前の寒さはなんだったのか?というくらいあったかいですね〜
これくらい暖かいとストーブをつけなくても生活できちゃいます!

それはそうと昨日は天神川河口でバードウォッチングをしてみました。
IMG_3557.jpg
黒いのがカワウで、白いのがカモメですね。冊子に載っていなかったのでカモメの種類まではよくわかりませんでした。

これまではあまり気にすることもなかったのですが、こうやって改めて観察してみるとすごい数の鳥がいるんですねぇ。
IMG_3564.jpg

IMG_3563_20180116200044fda.jpg
カモメも2種類いそうな感じです。

そしてここで気づきました。前回のブログ記事で正体がわからなった白い鳥、あれカモメですわ!
カモメは海にいるもの!という先入観にとらわれて、その考えが全然思い浮かびませんでした…


他にもこんな感じで、カモの群がいました。
IMG_3568_201801162017078ff.jpg

IMG_3560’
ちょっと距離があったので、種類まではよくわかりませんでしたね〜


この後、東郷池に行ってバードウォッチングを続けたわけですが、目新しい発見はなかったです。
というか、近くに寄って行くとすぐに逃げちゃうんですよね…

例外はココ!千年亭駐車場の下のちょっと引っ込んだ所だけです。

前回も、かなり寄って写真が撮れたのはここだけでした。

池の中央部に刺さっている竿の上に止まっていた猛禽類。
IMG_3570.jpg
こいつだけは「おっ!」と胸踊りましたが、いかんせん遠すぎて種類がわかりませんでした(´・_・`)


<オマケ>


この羽衣石城を東郷池から望遠で撮るとこんな感じでした。
IMG_3574.jpg



このあやめ池は水深がとても浅いので凍りやすいみたい。
スポンサーサイト

東郷池でバードウォッチング

こんにちは、槙です。

先日、湯梨浜町の図書館で「東郷池周辺 お散歩ガイド/自然編 野鳥の部」という冊子を入手しました。
20ページちょいのA5サイズですが、簡単な説明と共にフルカラーで野鳥の写真が載っており、野鳥の観察スポットも掲載されています。

「いろんな種類がいるんだな〜」と思うとともに、「せっかくならここに載っている野鳥を全部観察してみたい!」という感覚がむくむくっと湧き上がってきました(笑)
多分ポケモンゲットだぜ!的な感覚なんでしょう。私はポケモンやらないので知りませんが…



それで昨日、観察しに行ったわけですが、いかんせん寒すぎた!(><)
車の外で観察するには装備不足でしたので、もっぱら車の中から観察していました。

それでも思ったよりはいろんな種類の野鳥を観察することができましたので、簡単に紹介してみます。

まずは最初に遭遇したコイツ。
IMG_3462.jpg
黒い体に白い嘴が特徴的です。
おそらくオオバンというやつでしょう。

他にもたくさんいたのですが、この場では風が強かったので場所を変えることに。
IMG_3468-ANIMATION.gif
これは連写した画像をGIF化したものです。
初めてデジカメの連写機能を使ってみたけど、GIF化すると動きも表現できるのでなかなか良いですね!動画を撮るほどでは無いけど動きを付けたい場合に結構使えそう。

これは上述のツイートをした出雲山展望台からのパノラマ写真。
IMG_0965-PANO.jpg
左(南)から雪雲が迫ってきているのがよくわかると思います。
ちなみにこれはGoogleフォトがパノラマにしてくれるのを期待して撮った3枚の写真を、期待通りGoogle様が合成してくれた写真です。
スマホでスイングしてもパノラマ写真は撮れるけど、180度以上スイングする必要があるのでめんどくさいんですよね〜 そのあとトリミングする手間も必要だし…

同じ場所から北栄町の風車を撮影したもの。
IMG_3514-ANIMATION.gif
特に意味はないんだけど、連写画像→GIF化の練習で作ったもの。せっかくなのでアップ(^-^)/

別の駐車場で見かけた鳥。
IMG_3538.jpg
すごくチョコマカと動くので、ちゃんと撮れてない… ハクセキレイ?

コイツはなんだろう?
IMG_3540.jpg
ヒドリガモかな? ちょっと遠くてよくわからなかったですね。

ここからは千年亭の駐車場から撮った写真。
ここが車の中からでも一番よく観察できました。
IMG_3541.jpg
これはホシハジロ!

IMG_3545.jpg
キンクロハジロのオス!

IMG_3543.jpg
キンクロハジロのメス!

双眼鏡も持って行ったんですが、だいたい同じくらいのサイズ感で観察することができました。
ここは良スポットですね。

ただコイツがよくわからないんだよな〜
IMG_3546_2018011220433074c.jpg
それっぽいのが冊子に載っていない…

最後にめぐみのゆ公園の駐車場から。
IMG_3547.jpg

IMG_3548.jpg
この頃にはだいぶ雪も降ってきて、写真だと判別するのがよくわからなくなってしまいましたが、マガモ・カルガモ・コガモなんかが観察できました。


東郷池をぐるっと回りながら、移動含めても1時間ないバードウォッチングでしたが、こうやって振り返ってみるとなかなか楽しかったですね!

今度はもう少し暖かい日に行こう(^^)

ポート赤碕の鮮魚直売センターで売っていたお魚

こんにちは、槙です。

昨日なんですが、お隣の琴浦町まで足を伸ばしてきました。



主な目的は、特別資料整理休館中の倉吉図書館の代わりに、読書する場所を求めてのドライブです。
と言っても、ルートはほとんどいつもと変わらないんですけどね。
参考:セミリタイア、ある晴れた秋の一日

で、上記のブログ記事で鮮魚直売センターで売っていた魚の写真を載っけたのですが、結構みなさんの興味を引いたようで、コメントもいただきました。

せっかくですので、今回は冬の鮮魚直売センターで売っている魚がどんな感じか、ご紹介しようと思います。

まずはコレ!山陰の冬の味覚の代表格、松葉ガニです!
IMG_0770.jpg
でもお高いです(´・_・`)

コレでも東京なんかで買うよりは安いんでしょうね、きっと…
あと足が一本なかったりするやつは安くなるみたいです。写真で左上のやつとか?

ちなみに赤崎港では松葉ガニの水揚げはないので、これらのカニはよその漁港で獲れたものだと思われます。

お次はカレイ!
IMG_0772.jpg
IMG_0774.jpg
IMG_0771.jpg
赤カレイ、安すぎぃ〜!

他のカレイが3〜4尾で一盛りなのに対して、13尾?で500円って(゚д゚)
一般家庭で消費しきれるとは、とても思えない…

カワハギ。
IMG_0776.jpg
ツヤツヤでプリプリで、とても美味しそうでした。

ハマチ。
IMG_0779.jpg

ヤイトカツオ。
IMG_0778.jpg
ググると「スマ」という名前の方が一般的なのか?

真サバ。
IMG_0780.jpg
IMG_0781.jpg
ウロコがキラキラして、めっちゃ綺麗でした!写真だといまいちだけど、まさに七色に光り輝く感じ!

ちなみに以前かにっこ館で撮った泳いでいるサバの写真がこちら。
IMG_4338.jpg
熱帯魚かと見紛うばかりの色ですね。
改めて、サバって綺麗な魚だな〜と思いましたわ。

シマメイカ。
IMG_0782.jpg
結構お高い。色が赤茶色なのは新鮮な証拠みたいです。

ラスト、赤バイ。
IMG_0783.jpg
この後、図書館で読書の予定がなかったら、2個ほど刺身にしてもらいたかったかも…


願わくば、こういうところでサバを1本買って、自分でさばけるようになりたいものです。

投入堂に登拝してきました

こんにちは、槙です。

先日、日本一危険な国宝とも言われる、三徳山の投入堂まで、登って参拝してきました!
IMG_3369.jpg
鳥取移住以来、ずっと参拝したかったんですよね〜

投入堂に関しては去年こんな記事も書きました。
参考:まり花たちには投入堂へ参拝してほしい!
(この記事をきっかけに、ガルパンおじさんホシノさんとの交流が始まったんだなぁ)

実はこんな記事を書きながら、自分は投入堂には行っていないという…

いや〜、だって危険だからという理由で、一人だと登らせてくれないんですよ、ココ(´・_・`)

そんなわけで悶々としていたら、筑後守さん(@tikugokanri)が投入堂を一緒に登るオフ会?を開催するという情報が流れてきました。
これはありがたい!とすかさず参加表明しましたよ。


残念ながら当初の予定日は雨のためキャンセルとなりましたが、翌日もOKだった筑後守さんと私、そして登山口で一緒になった女性の、合わせて3人で登りました。

この日はアクションカムを持っていったので、胸のところにチェストマウントハーネスで固定し、登る様子を撮影しました。
それを編集したのがこの動画です。

サムネイル画像は以前ファブラボで作った切り絵です( ̄ー ̄)ニヤリ

動画を見ていただければわかると思いますが、滑り止めのついた作業用手袋がすごく役に立ちましたね。オススメ。

登拝自体、すごく楽しかったです(*^_^*)
ルートも変化に富んでいたし、絶景も拝めたし…

個人的には怖さはあんまり感じなかったかなぁ? 文殊堂の、グルリと周囲を回るところはさすがにビビりましたが、それ以外のルートは特に不安はなかったです。

下りも、滑りそうなところは姿勢を低くして、手もついて慎重にいったので、スイスイと、登りよりもかなり短い時間で下りることができました。

ただ、やっぱりハードな行程なので、下りる途中には膝がプルプルしてましたが(笑)

翌日には、予想通り太ももが筋肉痛になりましたが、羽衣石城まで登ることができるくらいでしたので、まぁ普通の筋肉痛で済んだということでしょう。



来年の春になったら、また登拝しよう。
宝物殿なんかもじっくり見物したいし… ただ下山後の疲れ切った状態で見るのは無理だから、登拝前にね。

不動滝で滝行したら面白そう

こんにちは、槙です。

先日、お隣の湯梨浜町にある今滝と不動滝を見に行きました。

特に予定のない天気の良い平日でしたから、前からちょっと気になってたスポットの写真撮ってGoogleマップに登録でもしようとしたんですね。

まずは今滝です。駐車場に車を停めてちょっと歩くと、小屋の向こうに滝が見えてきます。
IMG_0115.jpg


滝の落差は44mあり、なかなかの迫力です。

でも一番驚いたのは滝の近さ!ですね。
IMG_0121.jpg
こんな感じに滝の真下まで簡単に行けそうです。

ちなみにここでは滝を間近に眺めながら食事を頂ける「滝床料理」が楽しめるそうです。
参考:湯梨浜町観光協会 今滝「滝床料理」

次に不動滝です。車でたどり着くのにちょっと遠回りが必要でした。ナビ任せにせず、実際の道に設置されている看板を注意深く追っていった方が良いと思います。
P1030235.jpg


こちらも滝まですぐです。今滝に比べると落差はそれほどでもなく、途中で岩に当たるので水のエネルギーはだいぶ抑えられている感じです。
IMG_0125.jpg
これを見たとき「滝行できそう!」と反射的に思いました。

最初の今滝でも「滝行できるかも?」と思ったんですが、さすがに44mの落差そのままに水が落ちてきて、それが体に当たることを考えると、とっても痛そう><
しかし落下エネルギーが抑えられている不動滝なら自分でも滝行ができそうな感じでした。いや、滝行なんてやったことなんてありませんけどね…

その後は温泉(^^)



そして家に帰ってGoogleマップに写真を登録しようとしたら、なんと滝行してる写真がすでに登録されているではありませんか!

もうちょっと調べてみると、どうやら厄年の男性が滝に打たれる行事が30年も続いているそうです。
参考:鳥取県観光案内

どうせなら対象を厄年の男性だけに限らない、滝行体験プログラムなんてものを作ってみてはどうでしょう?>湯梨浜町観光協会さま

モニターなら私が立候補しますよ〜
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム