セルフリノベーション - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

セルフリノベーションェ…( ノД`)

こんにちは、槙です。

あと一週間で5月も終わりです。
その次にくる6月は私が鳥取に移住してきた月でもあります。もう2年になるんですねぇ…

それなのにっ! セルフリノベーションが全く進んでいない…orz

外壁修理していた頃はこんなこと言ってたのに…
参考:民泊開業に向けてやる気ゲージが増えてきてます

まぁね〜、3月末からの東京旅行で東京のファブラボを視察し、ファブラボ倉吉の業態変更(無料→有料化)に伴う検討事項がいろいろとあったのは事実なんですけども、それにしたってアカン(ノ_<)

4月からこっち、一体何度「来週からはがんばる!」と思ったことか。

あとレーザー加工機が故障して出鼻をくじかれた感があったのも事実です。
参考:レーザー加工機が故障した orz

でもそれはファブラボ運営に関連することであって、セルフリノベーションとは直接関わりはないはずなんですよね。


そこで一体何が原因で私がセルフリノベーションに着手できないのか分析してみようかと。

まず根源的なものとして一つあるのが、
「セミリタイアの身分なので、別に民泊開業しなくても困らない」ことでしょう。

それを言っちゃぁおしまいよ、ではあるんですが、私が勢いチェアリングに走ってしまうのはこれがベースにあります。
だってチェアリングは今の暑くも寒くもない快適な季節にしか(多分)できませんから!優先度が上がるのは当然と言えるでしょう。


それ以外には2つかな?

一つは「材料を購入したら失敗できない」という観念に囚われていること。
玄関周りを作業した時みたいに材料が廃材だったら「失敗したってへーきへーき(^^)」という感覚でいられますが、実際に資材を購入して作業を始めると「失敗は許されない(`o´)」的な感じになっちゃうんですよね〜

だから二の足を踏んじゃう的な?

もう一つは上記とも絡むんですが「電気工事士試験の内容をすっかり忘れている」こと。
リノベーションでは床とか壁を貼る前に、電気配線工事をする必要があります。そして私はそれに備えて第二種電気工事士の資格を取りました。
参考:第二種電気工事士試験、無事合格しました

そして3月になって電気工事用の資材を物色しにホームセンター行ったわけですが、「はて一体何が必要になるんだっけ?」状態でした。なにせ配線図の書き方もすっかり忘れている有様ですので、必要な電設資材がわからないんですね。

改めて勉強し直せばいいんですが、参考本なんかは実家に置きっぱなしなもので…
いや、ネットでも勉強できることはわかってるんですよ!でもなぜかそこに踏み込めないという…


こういう状態に陥っちゃうのはやっぱり一人だけで作業してるからなのかなぁ?

どちらにせよ、来月はトヨタの株主総会に合わせて一週間ほど帰省することになるので、6月の民泊オープンは諦めました。

昨年末に奉納した絵馬には半年でやると宣言したのにな…
スポンサーサイト

外壁修理が終わったので、これまでを経緯を振り返ってみる(写真多め)

こんにちは、槙です。



3月1日に足場が組まれて早ひと月、無事外壁の修理が終わりました!

思い返せば2016年10月21日、このツイートからこの3月までずっと我が家にはブルーシートがかかったままでした。

とりあえず自分一人でどうにかこうにかし、上から吊るす感じでブルーシートを設置したんですが…

3ヶ月ほどで剥がれてしまいました(´・_・`)



でもラッキーなことに本職のボランティアの方がたまたま空いていたおかげで、その翌日にはしっかりとしたブルーシートが貼られることになりました!



これでとりあえず一安心ということでゆったりと構えていたわけですが、当初改修をお願いしていた業者にいろいろあってキャンセルされ、別業者に頼んだのが昨年末。

冬の間は雪などもあるので作業はできず、3月になってようやく外壁修繕工事が始まりました。


そして下地から浮き上がってしまったモルタルを剥がし終わると衝撃の事実が発覚!


構造を補強するためにこのように斜めに入っていたはずの「筋交い」
IMG_1463.jpg

なんとそれが腐って、途中からなくなっていました!
IMG_1464.jpg
斜めに黒っぽくなっていのが筋交いの残骸。このあたりはかなり雨漏りしていたようで、土壁も崩れて下に落ちていました。

どうやらこの筋交いが腐って効かなくなっていたため、よその場所よりも揺れがひどく、結果外壁が剥がれ落ちたようです。

もう乾いた笑いしか出ませんでしたが、とりあえず大工さんと相談して外壁修理を優先することにしました。

その日のうちに下地から浮いていたモルタルを剥がし、
IMG_1469.jpg

防水透湿シートをタッカーでパチパチと止めていきます。
IMG_1473.jpg
IMG_1472.jpg
ここまでは一気にやってしまいます。でないと雨漏りしちゃいますんでね。

その後は職人さんが一人でのんびりと作業をしていました。
IMG_1481.jpg
IMG_1492.jpg
まずはこんな感じで新たな外壁になるサイディングを止めるための下地材を打っていきます。
「とにかく安く!」とお願いしていたので、再利用の材料のようですね。

屋根の下まで打っていきます。
IMG_1496.jpg

下地を貼り終わったのがこちら。
IMG_1563.jpg
ちょっとわかりにくいですが…

その後は規格品のサイディングを貼っていきます。
IMG_1580_20180329154312ce8.jpg
規格品とはいえ、細かい形状は現物あわせでカットして貼り付けていきます。
IMG_1581.jpg
この頃、私は玄関周りのリノベーション作業をしていました。
参考:廃材で玄関周りをデコってみた

そして18日までにはサイディングを貼り終え、後は隙間をコーキングで埋めるだけというところまできました。
IMG_1621.jpg
緑の線はコーキング材がサイディングにつかない様にするためのマスキングテープです。

ただこの後、ぐずついた天気が続いたため、結局コーキングを打ったのは先週の土曜日になってからでした。
IMG_1708.jpg

その時点で修繕工事としてはほぼ終わりだったんですが、やはり足場が外されないと工事気分が抜けないということもあり、今日を持って工事完了です(^^)
IMG_1723_201803291559546df.jpg
元のモルタル外壁と似通ったサイディングを選んだおかげで、あんまり違和感なく仕上がった様に思います。

何はともあれ東京行く前にひと段落ついてよかった!
(構造補強については別途考えます)

ステンシルで玄関をデコってみた

こんにちは、槙です。

おとといの記事の最後に予告した通り、玄関周りをステンシルしてみました。
参考:廃材で郵便受けを作ってみた
IMG_1610_201803151805041f9.jpg
なかなか良い感じです。

Before
IMG_1593.jpg

After
IMG_1608.jpg
もうちょっと文字を入れても良いかな〜と思いつつも、ふさわしい文言が見つかりません。「S.I.C.」「G.F.F.」などは私のフィギュアコレクションから取ってきてます。

以前、作ったひなビタ♪りんのステンシルもアクセントとして入れてみました。
IMG_1609.jpg
なかなかインパクトありますね。
なお下地の上下が白っぽくなっているのは、表面を平滑にするためヤスリをかけたためです。


使用したステンシルシートは当然ファブラボで作ったものです。
IMG_1598.jpg
ステンシル対応フォントで文字をタイプし、Illustratorの機能でそれをアウトライン化すれば、それでもう加工用のデータは出来上がりです。めっちゃ簡単。あまりの簡単さに申し訳なさを感じるくらい(笑)

参考までにに、郵便受けに使用したフォントは「Gunplay」、それ以外は「Black Ops One」です。ググればダウンロード可能です。

ひなビタ♪のステンシルシート。
IMG_1600.jpg
まり花のデータがPPシート用だったため、結局りん一人だけをステンシルすることに。


ステンシル自体は以下の手順で行なっています。

まずステンシルの位置を決めて、シートをテープで止める。
IMG_1601.jpg

スプレーが周りに飛び散らない様、マスキング。
IMG_1602.jpg
この後なんどもこのマスキング作業をしましたが、この写真で左右をマスキングしているアクリルの保護シートが使いやすかったです。A3程度の大きさ、ある程度のコシ、塗料が浸透しない表面加工と、まさにうってつけでした。

出来上がりです。
IMG_1603.jpg
あらかじめステンシルシートの裏側にスプレーのりをしていたのですが、廃材表面がザラザラすぎていまいち食いつきが悪かったですね。

郵便受け。
IMG_1605_20180315181257b7c.jpg
figureのあたり、ステンシルシートが浮いてボヤけているのがちょっと残念だったかな…
まぁでも元が廃材ですので、そこまでこだわる必要もないでしょう。


そうそう今回は198円で買ったアクリルスプレーを使用したのですが、匂いがとても臭かったです。部屋の中で使用する場合はちょっと高めですが水性スプレーを使用した方が良いでしょう。

廃材で玄関周りをデコってみた

こんにちは、槙です。

郵便受けを昨日作ったわけですが、廃材はまだまだあります。
参考:廃材で郵便受けを作ってみた

IMG_1586.jpg

一方で我が家の玄関はこんな感じ。
IMG_1582.jpg
一応引き戸なのでどちらからも開けられるのですが、片側にアコーディング式の網戸をつけているため、実質右側からしか出入りしません。
またセルフリノベーションの最中で、玄関脇から中の様子が見えすぎちゃうのも何とかしたいな〜と思っていました。

そこでパレット廃材と、天井を吊っていた野縁を材料にセルフリノベーション的なものを設置してみようかと…


まずは原寸通りにカットした野縁を縦に設置します。キツめでカットしたものをハンマーで押し込みました。1本緩かったのは、下に折ったダンボールを挟んで調整してます。

その後、パレット廃材を打ち付けていきます。
IMG_1589.jpg
バランスをみながら適当に。
IMG_1590.jpg
IMG_1591.jpg
ここまでで野縁2本に渡すパレット廃材の打ち付けは完了です。
これくらいでも良いかな?と思わなくもないですが、目隠しとするにはもうちょっと必要だろうと、作業継続。
IMG_1592.jpg
適当にカットした廃材を片持ち状態で打ち付けていきました。
倒れこみ防止のため、上部をL型金具で固定、下部は石ブロックを置いてあります。

最後に取り外しておいた郵便受けを再取り付けして完了!
IMG_1593.jpg

全体の印象はこのようになりました。
IMG_1596.jpg
ちょっと色味がごちゃごちゃしすぎかなぁ? あと一番下に打ち付けた板はいらなさそう。

そのうちオイルステインを塗布してみようっと。

バルコニーの屋根が吹っ飛んだ!

こんばんは、槙です。

激しい冬型の気圧配置で、ここ鳥取でも風が強くなっています。
そのせいで、我が家のバルコニーの屋根(塩ビの波板)が吹っ飛びました (つД`)ノ


いえね、さっきニュース見てた時に、バリバリってすごい音がしたんですよ!
これまで聞いたことがないくらいの音で…

その後も風が強くなると、バタバタと大きな音がします。

これは何かがあったかも?と、いつも洗濯物を干す2階のバルコニーの様子を見にいったら、6枚ある波板のうち、中央の1枚が無くなってました!

残っている波板もバタバタとうるさく危険だったので、取り外すことにしました。

手でひっぱたり、パンチしたら、結構簡単に外れました。紫外線でかなり劣化していたようです。
むしろ外した後、風にあおられた時が危なかったですね。周り暗いし…

とりあえず、ダンボール置き場になっている2階の和室に放り込んどきました。
IMG_0762.jpg

吹き飛んだ1枚はどこいったんだろ?と家の周りを確認したら、玄関出てすぐのところにバリバリになった残骸がありました。
とりあえず歩行者などに怪我がないようでホッとしました…


しかしここ最近、頼んでいた業者のドタキャンで外壁修理の目処はなくなったし、バルコニーの屋根はなくなるしで、踏んだり蹴ったり…
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム