ひなビタ♪ - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

東京旅行)ひなビタ♪ライブ2018

こんにちは、槙です。

鳥取に戻ってきて早3日ですが、改めて思い返してみても充実した東京旅行でした。
何せ7泊もしましたからね!

日本の会社に勤めている一般的な人には不可能な日程だったでしょう。こういう時はほんと「時間が自由に使えるセミリタイア生活最高〜」ですね。


さて今回の目的は主に3つありました。

一つはひなビタ♪の東京ライブに参加すること。
参考:ひなビタ♪ライブ2018 SWEET SMILE PALADE




個人的にはライブとか騒がしいところは苦手なんですが、Live2Dによる新しい表現が見られることと、倉吉&倉野川市民として彼女たちの東京での活躍を生で見たい!というのがあったからまあ今回の東京旅行を決めたわけです。

前者のLive2D映像、正直なところ3月25日の特番で公開された段階では、歩かせることができない上にカメラも固定だったため、動きが少なすぎて不安視していました。
ただ実際のライブでは、最初はそんな感じでしたが、お色直しした後はこれまでと変わってMV風な動きを見せて面白かったです。歩かせることはできなかったみたいだけど、かなり動かすことができるんだな〜と感心しました。
エロゲ全盛期を知っている身としては、当時この技術が存在していたら面白かったのにな〜、なんてどうでも良いことを考えてました。

トークショーも楽しかったですね。めうが日向美ビタースイーツで一番の常識人と伺えるトークには笑わせてもらいました。

ライブ全体の演出についても良かったんじゃないでしょうか? ライブ終盤、周りはすすり泣く人多数でした。

え、私?
私は全般的に一歩引いた立場から見ていましたね。

もともと倉吉に移住することを決めてからひなビタ♪のことを知ったのと、常日頃彼女たちと音ゲーで慣れ親しんでいるわけではないので、どうしても「近所で頑張っている女の子たち」の印象以上には思えないのが正直なところです。

もちろんひなビタ♪が盛り上がって欲しいのは事実ですよ!
ただ聖地が倉吉になっているからそう思うのも事実なんですよね…


ひなビタ♪本編ではサザエさん時空から抜け出して、メインキャラクターたちの高校卒業という新たな展開が始まってます。
倉吉市とコナミによる提携も3年間ということなので、聖地としての活動ももしかしたらこの2018年度が最後になるかもしれません。(ないと思うけど)

Facebookでは4月2日以降の更新がありませんが、今後の展開が気になるところです。

続きを読む»

スポンサーサイト

ひなビタ♪絵馬を奉納してきた(&愚痴)

こんにちは、槙です。

生まれて初めての絵馬を、賀茂神社に奉納してきました。


我ながら素早い動きでしたね〜(笑)



↑このツイートが流れてきたのが、昨日の16時すぎですから、奉納まで1日かかってない!
セミリタイア万歳ですね(^-^)/


さて今回の絵馬、分類としては痛絵馬になろうかと思いますが、実はファブラボのアピールも兼ねてます。

そもそもファブラボが使えなかったら、絵馬奉納はしていないかもしれません。
私自身は絵も文字も下手ですので…

「でもファブラボの利用すれば、コナミさんから使用許諾を得た画像データを用いて、このようなレーザー加工を施すことができます!」ってね。

だから絵馬もできるだけ目立つ、というか見易い位置に取り付けさせてもらいました。


正直、ひなビタ♪データをファブラボで使えるようにした時、「これで利用者が増えるはずっ!」と思ったんですが…
(参考:倉吉のファブラボでひなビタ♪グッズが作れるようになりました♪)

それから3ヶ月が経過した今、残念ながらひなビタ♪目当てでファブラボに来た人はゼロです、ゼロ!

重要なことだからもう一度繰り返しますね、ゼロ!


なんだろ〜な〜〜
ひなビタ♪ファンと、ものづくり好き、は全然かぶってないってことなのかな〜?

やっぱり、ハードルが高いのかな〜


以前、よく倉吉に来るファンの人たちには聞いたら「アクリルじゃないちゃんとしたフィギュアが欲しい」と返されましたが、流石にそれは無理だし…


「こんなのが欲しい!」「こんなのは出来ますか?」という生の意見を切実に求めています。
お気軽にコメント、あるいはツイッターでDMください。<(_ _)>

続きを読む»

ひなビタ♪@花のまつり2017

こんにちは、槙です。

先週末の28・29日、倉吉未来中心で行われた「花のまつり2017」に顔を出してみました。


ちょうどその前日に上のツイートがタイムラインに流れてきたので、ちょっと興味を持ったんですよね。



正直、思ってた以上に良かったです。あまりに良かったのでまた翌日も顔を出しちゃいました。



何が良かったんだろう?と自己分析してみるに、以下のふたつが理由としてあげられるかと…

まずひとつは、単純にお花に囲まれたキャラクターパネルが可愛かった
IMG_0162.jpg

しかもそれが集まってるもんだから、華やかさも相乗的にアップしてます!
IMG_0156.jpg

普段はバラバラに展示されているキャラクターパネルが、こうやって集結するのはレア感もあって良いっヽ(≧∀≦)ノ

キャラクターパネルが集結したといえば、6月18日に行われた倉吉銀座ウエディングがあるんだけど、今回のケースに比べると、ただパネルを集めただけという感じがする。


ウエディングの趣旨にあっていないパネルや、そもそもが同じキャラクターのパネルが複数あって違和感がある。

今回も咲子のパネルはダブってるわけなんだが、うまく配置を工夫していて違和感は感じられなかった。記念写真が取れるようにスペースを開けているのも良い!
実際、家族連れが記念写真撮ってるのを見ると、ひなビタ♪も徐々に倉吉市民に受け入れられてるんだなぁ、と感慨もひとしおです。


ふたつ目は、このコラボが「花のまつり2017」主催者側からの提案であること

数少ない情報筋から推測するに、まずは出展者の一員である「花のあんどう」さんが店頭で展示しているお座り咲子を会場に持ち込むことを考えたのでしょう。
その後、それを聞きつけた主催者側が「どうせなら全キャラのパネルも展示できないか?」と考え、倉吉市役所に相談。
OKが出たので、パネル展示が実現した、というところではないかと…

2018年版くらみん手帳が出る気配がなく、ちょっぴり凹んでいた私にとって、こういった新しい動きというのはなんか嬉しいものです。
(ご参考:くらみん手帳にピッタリ!倉吉絣の手帳カバー開発中!
    :くらみん手帳カバー、生産中です!

いや別に私が心配する筋合いのものでもないんですが、ひなビタ♪と倉吉ができるだけ永くコラボするには、倉吉市民サイドのもてなしというかサービスが、いかに倉野川市民を飽きさせないか?という観点は非常に重要かと思います。

その点で、今回の「花のまつり2017」とのコラボはこれまでの視点とはちょっと違った視点を、私に与えるくれるものでしたね。ハイ。

展示されていた生け花?も面白かったです。花画像たて連結
鉢にメダカを泳がせている作品もあったり、

花画像横連結
ジオラマ風な作品もありました。

こういう風に、ひなビタ♪をきっかけに、これまで全く興味のなかった世界に触れられたのも、良かったかも…

ちなみに私が一番気に入った作品はコレ!
IMG_0134.jpg
シンプルなんだけど、グラデーションが綺麗でした。

倉吉のファブラボでひなビタ♪グッズが作れるようになりました♪

こんにちは、槙です。





ツイッターで告知している通り、倉吉のファブラボ(ファブラボとっとりmid)内においてのみ、コナミさんの公式画像2枚を使用したオリジナルグッズを作ることができるようになりました。


このきっかけは私が作成した一枚の企画書です。

ひなビタ♪を活用した、倉吉でしか体験できないオンリーワンコンテンツの提供と、ファブラボの活性化について
槙 聡一郎
現状の課題
ひなビタ♪
イベント時にこそ多くのファンが倉吉を訪れ、一部では地元民と遠方から来るファンとの交流が進んでいるものの、仕掛けとしてはマンネリ気味なところも感じられる。
・ファブラボ
継続的な利用者は数名しかおらず、利用可能日も週2日しかない。閉鎖の可能性すら匂わせる危機的な状況。

対応策
コナミ公式の許諾を受けた上、倉吉ファブラボでひなビタ♪の高精細な画像データを利用できるようにする。

期待される効果
・デジタルものづくりに興味があるひなビタ♪ファンの誘客とリピート率の向上
・地域外から利用客を呼び込むことでファブラボの利用率向上

ファブラボでのサポートについて
私自身がボランティアとして対応する予定
ワークショップを開催することでひなビタ♪のオリジナルグッズが欲しいファンも取り込む

参考)作品例
• アクリルフィギュア
• カラーボードフィギュア
• 名刺入れにイラスト刻印など


この企画書を観光交流課の方に送ったのは結構前なんですが、作ってる時はめっちゃ仕事モードでしたね(笑)
あと結構disってる。まぁ課題はちょっと大げさに書かないと話が進展しないもので…

その後は「どうなるかなぁ?」と思いながら回答を待っていたのですが、25日になって観光交流課さんから正式な回答がきました。

それが以下の2枚のデータを利用できるということです。
紅葉まつり
赤瓦

ヽ(^◇^*)/ ワーイ

データはフォトショップのデータ形式で受け取ったのですが、そのファイルサイズにビックリ。なんと上が212MB、下が175MBでした!
いや〜、さすがに業務で使うデータはでかいんですね〜

そのおかげで拡大してもほとんど粗が見えてきません。
赤瓦まりか1

ここまで拡大してようやくドット感が、
赤瓦_まりか2
………
見えないですね。ブログサイズに縮小したら、ドット感が消えてしまったようです。


とりあえずサンプルとしてあれこれ作っている最中ですが、「自分も作りたい!」という方で、IllustratorまたはInkscapeの操作できる方がいらっしゃれば、私が担当している土曜日にファブラボへお越しください。一緒に加工用データを増やしましょう。

(注意事項)こちらで作ったものを販売することはNGです。あくまで個人利用の範囲でご利用ください。

ひなビタ♪ねんどろいどは実現するのか?

こんにちは、槙です。

先週は金曜日にグッスマ工場見学、土曜日に打吹まつりにてTOMOSUKEさんトークショーとあったわけですが、トークショーでグッスマの取締役が登壇したことに、一番驚いた、というか期待に胸を膨らませる感でした。

その後のトークでは当然のようにひなビタ♪キャラのねんどろいど化の話になりましたが、どうなんでしょうねぇ?


個人的にはモデルハウスへのフィギュア貸与、工場見学、トークショーへの登壇など、ここにきてグッスマ側は倉吉に地域貢献する姿勢が見られるように感じました。
工場の社員が近隣地域に住んでいるのだから、当然といえば当然かもしれませんが。



一方でコナミ側はと言えば、最近いい噂聞きませんよね〜
著名なクリエイター達が離脱したり、この前も武装神姫に対するツイートが炎上したし…
参考:コナミ「2010年に武装神姫のゲーム出しました^^」 → 炎上「早く版権手放せ」「今更何言ってんだ」


ひなビタ♪キャラのねんどろいど化が実現すれば、倉吉市の掲げる「レトロ&クール」のクール側の集大成とも言えるアイテムになります。
地域おこしの一つの具体例として全国区のニュースにもなると思うので、是非実現してもらいたいところです。

続きを読む»

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム