セミリタイア - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

2018トヨタ株主総会

こんにちは、槙です。

一昨日、トヨタ自動車株式会社の第114回定時株主総会に参加してきました。
もはやこのイベントは自分の中で恒例行事になりつつあります。
参考:初めての株主総会@トヨタ
参考:せっかくなので参加しました、トヨタ株主総会
参考:2017トヨタ株主総会

何と言っても株主総会のこの日は駐車場の誘導からホール入場にいたるまで、あらゆるところでトヨタ関係者にかしずかれるので、ものすごく資本家気分を味わえるんですよね〜(^^)


ま、それはさておき今年の株主総会はなかなか興味深い内容でした。
昨年の株主総会では「トヨタ大丈夫か、コレ?」みたいな印象を受けたのですが、今年は「地に足がついたな…」という感じを受けました。

具体的には「日本の未来をトヨタはどのように考えているか?50年後100年後はどうなっていると思うか?」との質問に「バーチャルな部分が増えてくると思う。トヨタで言えばコネクテッドカー。その一方でトヨタはリアル、つまりハードウェアの部分で強みを蓄積してきた。実際にモノを作り、販売してきたリアルがある。そういった部分で将来も日本からあてにされる会社でありたい。」と述べていました。

この回答には正直なところホッとしました。実際トヨタがいまさら人工知能の研究をしたって先行する米企業には追いつけないでしょうしね…
それよりはハードウェアにしっかりと軸足を置き、大儲けはできないなりにも持続的な会社経営をする方がトヨタらしいと私も思います。


他にも「東京五輪のスポンサーになっているが、お金がかかりすぎではないか?トヨタがやる意義はあるのか?」との質問に「ただお金を出すだけのスポンサーではなく、パートナーとして障がいを抱えた方たちへのモビリティを一緒に検討していく。その中でトヨタ社員が障がいのある方の視点で物事を考えることが出来るようになるなど、人材育成となる面をある。」と回答していました。

私も前にこんなことを書きました。
そういう点で、今回政府が打ち出した働き方改革の目玉、副業・兼業解禁はなかなか良いのかもしれません。
別の「空気」に触れることで、別の視座を得ることになるからです。

参考:「失敗の本質」、それはつまるところ日本人の性質

どうやらトヨタ経営陣もこれまでの延長線上にある「良い車作り」だけでは、この100年に一度の大変革期を乗り切ることはできないと考えているようです。


あとは「広瀬工場のデンソー移管、アフリカ事業の豊田通商移管がニュースになったが、トヨタは大丈夫なのか?」という質問には「未来の成長の芽を育てる分野ではグループ全体で取り組んでいく。それぞれの会社にはホーム&アウェイともいうべき本業とそうでない分野がある。アウェイ分野はそれを得意とする会社に集約することでグループ全体の競争力を強化する。」との回答。
そして豊田社長からは「過去・現在・未来の全ての責任は私が取る。仲間を見捨てるようなことは決してしない。どうか見守ってほしい。」という力強い言葉がありました。

(質問、回答内容はすべて私の理解を再構成したものです。実際の意図とはずれている可能性もありますのでご注意願います。)

問題はトヨタ経営陣が抱えている変化の意識を、末端のトヨタ社員どれだけが実感しているかどうか、でしょうね…


ちなみに今年のお土産はジャパンタクシーのミニカーでした。
スポンサーサイト

チェアリングしてみた、これは良いぞ〜♪

こんにちは、槙です。

ちょっと前に知ったチェアリング、実際にやってみたらめっちゃ良かったです (´∀`*)
IMG_2335_20180502192318977.jpg

チェアリングというのは、アウトドア用の折りたたみ椅子を持って、屋外でお酒などを飲んでまったりすること。


この記事とか読んで、無性に自分でもやってみたくなりました。

この日はファブラボの日だったので、翌日に近所でチェアリングに向きそうなところはないかと自転車でうろうろしたわけですよ。


そうしたら人も少なくて一人チェアリングしてもハードル低めな場所を見つけました。
この伯耆国分寺跡・法華寺畑遺跡は史跡として綺麗に整備されているんですが、場所が辺鄙なせいか人がいつも少ないんですよね〜
そして自宅からでもなんとか徒歩圏内。

早速アウトドア用の椅子をAmazonで物色し、この椅子をポチりました。

千円くらいでもっと安いのもあるんですが、ちょうど前期アニメである「ゆるキャン△」しまりんの影響で、このタイプになりました。
同価格帯で同じタイプの椅子も多く販売されていましたが、脚が3段階伸縮調節が役にたつかも?という気がしてこのモデルです。
実際使ってみると、傾斜している地面にも対応できたので正解でしたね〜

そしてポチった翌日の午前10時に上記の椅子が届いたので(早い!)、近くのお店に酒とツマミ、クーラーバッグを買いに行きましたが、ちょうどいいクーラーバッグが見つかりません。

それだったら作っちゃえ!ということでAmazonのダンボールを適当に切って作ったのがコレ。
IMG_2329.jpg
IMG_2330.jpg
IMG_2331.jpg
中身を出し入れするのが面倒でしたが、保冷剤と一緒にパッキングしたら十分機能を果たしてくれました。

今思い返すと、こんな風に準備している時間も楽しかったですねぇ…


そして昼過ぎに自宅を出発して目的地まで向かいました。だいたい歩いて20分だったかな?

到着です!
IMG_2332.jpg
パッキングはこんな感じ。ちょっと椅子が飛び出てますが、特に重くは感じなかったですね。



見上げればこう。
IMG_2334.jpg
木陰がいい雰囲気♪

この時点で気づきましたが、一番重要なのは背もたれですね!
こいつがもたらしてくれるリラックス感が半端ないですわ!


酔いが回ってくると、太陽と雲が作る影が気になったり…
IMG_2337_20180502192320872.jpg

雲が切れて晴れ間が広がると、木々の陰影が一気に増して雰囲気変わるのスペクタクルじゃん!
IMG_2338.jpg
風に揺れる木々の枝も、木の種類によって違うんだな〜 固有振動数どうなってるんだろう?

などと取り止めもないことを考え出すんですが、酔っ払っているせいか、そんなことも楽しいんですね〜♪


結局、椅子の場所を変えながらトータルで3時間ちょっとチェアリングを満喫したんですが、暇つぶし用に持ってきていたミラーレス一眼と3DSを使おうという気分には全くならなかったです。これには驚き。

またお酒とツマミでかかったお金が約700円でしたので、そのコストパフォーマンスたるや圧倒的です。


すごく良かったので、翌日には海へ。


でもお酒がないと、どうしても用事というかすることが必要ですね、私の場合。

それで携帯ゲームの3DSを試してみたんですが、木陰でも液晶画面がよく見えず断念。
文庫本なんかの読書くらいがちょうど良さそう。

今度は家の近くの川沿いで試してみようっと。

東京旅行)美術館巡り(後編)

こんにちは、槙です。

前回の続き、旅行後半で回った場所の紹介です。
参考:東京旅行)美術館巡り(前編)


まずは浅草寺の大絵馬寺宝展
P4020130.jpg
この写真は同じチケットで拝観できる伝法院庭園。

ここは事前に情報を得ていたわけではなく、たまたま浅草見物に行った際に開催しているのを知ったので入ったわけですが、コレが良かった!

大絵馬と言うだけあって普通に奉納する絵馬とは違い、たたみ2畳くらいもある大絵馬に様々な題材の絵が描かれてたんですが、西洋画とは全く違う文化圏なんだな〜ということをまざまざと感じ取ることができました!
大絵馬
残念ながら大絵馬寺宝展は写真撮影不可だったので、PDFパンフレットを切り出したものを貼っていますが、実物の迫力は全く感じ取れませんね…

特に印象的だったのは、これでもかっ!というくらい輪郭線の太い大絵馬だったでしょうか。

前日までに国立西洋美術館と国立近代美術館でどちらかといえば繊細なタッチの絵画を多く見ていたせいか、あくまでも二次元的な表現手法を「ど〜ん」と大絵馬のサイズで迫られると、西洋画の大きな絵とは全く違う印象を受けることが驚きでした。

あと昨年、倉吉の生涯学習講座で長谷寺の大絵馬を倉吉博物館の学芸員さんの解説付きで鑑賞する機会があったことも、今回の大絵馬インパクトに繋がりました。
だって展示されている大絵馬のレベルが全然違いましたから!

つまりこの浅草寺の大絵馬寺宝展で私は「西洋と東洋」のみならず、「都市と田舎」の違いをまざまざと実感することになったわけです。


次は同じ日に行った村田蓮爾原画展
P4020160.jpg
村田蓮爾氏と言えば、エロ漫画雑誌「快楽天」で長く表紙絵を担当されていた方で、アニメ「ラストエグザイル」のキャラクターデザインなんかでも知られています。
個人的お気に入りフィギュアがラストエグザイルのアルなのもあって、馴染みのあるイラストレーターさんです。
参考:宮園かをりが我が家に来た

P4020174.jpg
村田蓮爾氏が描くキャラクターは、女性は可愛く、男性はかっこいいんですね〜
他にもバッグや時計などのデザインも手がけられています。

ただあくまでも原画展であり、これまで鑑賞してきた絵画や絵馬とは同じ位置付けで比較できるものでもないですね。


さいたま市大宮盆栽美術館


ここも素晴らしかったですねぇ〜

写真集ではわからない立体物としての完成度!
人生よりも長く続いていくまさに生きているアート!

世界中にファンが広がっているのもわかります。

これなんか初めて見ましたが複数の根が癒着してひとかたまりになった「盤根(ばんこん)」と呼ばれるものらしいです。
P4040024.jpg
P4040025.jpg

これも良いですね〜
P4040028.jpg
寄せ植えなんですが、一つの鉢で森を感じさせます。

撮影禁止エリアにはもっとすごい作品が多くありました。
大宮盆栽美術館のサイトではコレクションの写真が多く閲覧できるんだけど、本物の迫力は遠く及びませんね。
黒松の幹なんか、すごいミルフィーユ状になってて、触ったらぽろっと取れるんじゃないか?と思いましたから!


最後は国立新美術館
P4060133.jpg
建物がかっこいい!


ここでは「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」をメインに鑑賞しました。
ここも残念ながら写真撮影は不可。

音声ガイドを聴きながら2周しましたが、(前編)の国立西洋美術館で書いたことと変わらないかな?
印象派の作品群を多く鑑賞することで、その理解が深まったという感じでしょうか。

ただその後に同じ場所で開催されていた創元展を鑑賞したんですが…
IMG_2061.jpg
正直、どの絵も大きすぎるんじゃない?という印象を受けました。
なんか大きければ良い絵なんだ!という思い込みがある感じ?

確かに大きな絵にはインパクトはあるんだけど、表現したいことと大きさに必然性がないと違和感を感じるというか…

人工知能時代には様々な職業がなくなると言われていますが、クリエイティブな方面では人工知能は人に及ばないという考え方が一般的です。
ただこの創元展を見て感じたのは「真にクリエイティブなのは新たな表現手法を探し出すことなんだ」と西洋美術史を勉強したい気分にさせられました(爆)


いや〜、こう振り返ってみるととても刺激を受けた美術館巡りでしたね〜
いちどきに鑑賞することでその印象を比較することができたのは良かった!

個人的オススメは、国立西洋美術館(常設展)+浅草寺大絵馬寺宝展かな、500円+300円で鑑賞できますから。
盆栽に興味があれば大宮盆栽美術館もオススメ(300円)

企画展も面白いんだけど料金がお高いのがな…(国立西洋美術館プラド美術館展、国立新美術館至上の印象派展、共に1,600円)

とりあえずこれで国立美術館のうち3つは制覇したので、残り2つ、大阪の国立国際美術館と京都国立近代美術館もコンプしたいです。

東京旅行)美術館巡り(前編)

こんにちは、槙です。

今日は東京旅行の目的その2、タイトルの通りですね。

1年半前の東京旅行では東京国立博物館だけで1日が終わってしまったので、今回はそれを踏まえて余裕のある日程を組んだわけです。
参考:大洗視察&5年ぶりの東京行、首都圏は刺激があって良いね♪

せっかくですので時系列順に紹介します。

まずは横浜にある原鉄道模型博物館。(美術館じゃないけど)


ここは鉄オタの神様みたいな原信太郎さんが製作した鉄道模型が展示されています。
そしてこの原さん(故人)、模型作りだけではなく、乗り鉄、撮り鉄としてもその道を極めてます。ほとんどビョーキ(褒め言葉)

戦後にコクヨに入社して、会社人としてもすごく貢献しているんだけど、そのようにしっかり仕事もしながら、趣味を極めるという、会社人としてはドロップアウトした私からすると、とても眩しい存在。
P3300040.jpg
奥さんも趣味に理解があったようで、とても素敵な人生だったんだろうな〜と思わされました。


次は国立西洋美術館
ここは以前、東京国立博物館の後に寄るつもりだったので1年半ごしのリベンジです。
P3310121.jpg
たまたま企画展としてプラド美術館展もやっていたので、企画展→常設展の流れで鑑賞してきました。

ここでは西洋美術もその長い歴史の中でいろんな試みがなされてきたんだな〜というのを実感できました。

印象派やキュビズムもそうなんですが、この絵も輪郭線を柔らかい色で描いており、それに伴って絵全体もそんな感じになっています。
IMG_1787.jpg
この絵を見て思い出したのが、となりのトトロでも輪郭線も茶色にしていたことですかね。あれも当時は驚かされたものです。

あと実物の絵が持つ油絵のタッチが、作者の息吹を感じさせるというか…
写真では感じられない本物の絵画が持つ迫力は良かったですねぇ。

でも「不謹慎な殿方」というこの絵には笑わされた。
P3310114.jpg
どんな意図があってこの絵を書くことになったんだ?(^^)


その翌日は国立近代美術館


この日はたまたま無料観覧日かつ春まつりトークラリーが行われるということですごい人出でした。
IMG_1836.jpg



このトークラリーというのは「ガイドスタッフが20箇所以上の作品の前で皆さんをお迎えします。対話による作品鑑賞を楽しみながら展示室を巡り、作品を鑑賞するごとにもらえるスタンプを3つ以上集めると特製カンバッヂをプレゼント。」というものです。

これまでガイドについて作品を鑑賞したことはありますが、対話型というのは初めてでした。
これはガイドスタッフが鑑賞者に対して「この花は何か?」「肖像画の人物はどんな人だと思うか?」など尋ねたりしつつ、作品の理解を深めているというもので、予想以上に面白かったです。
同じ作品に対して他の人が自分とは違う印象を持つことなんかも、当たり前といえば当たり前なんだけど、普段一人で美術鑑賞している身には気付けないですから…

もちろん工芸館の方も足を伸ばしました。
P4010042.jpg
P4010061.jpg
どれも見応えのある作品でした。

でも正直、平日にもっとゆっくりと鑑賞したかったかな〜
また上京のおりには行きたいと思います。


長くなったので後編に続く。

配当金の総合課税&住民税申告不要で確定申告完了

こんにちは、槙です。

タイトルの通り、いまセミリタイア界隈で話題の方法で確定申告をしてきました!

ちなみに確定申告の準備は二日前ファブラボにいた時にはじめました。

とっかかりの手順としてはこんな感じ。
⑴マネーフォワードから各月の明細データをダウンロード
⑵Googleスプレッドシートに貼り付けていき、1年分のデータを1ファイルにまとめる
⑶経費扱いのレコードを見つけて勘定科目を入力する
⑷同時に該当する領収書(レシート)に紐付けのためのナンバーを記入して整理、ファイルにも入力する
⑸Amazon購入品やETC料金は領収書をダウンロードし、保管用のフォルダにまとめて管理
⑹ひたすらに⑶〜⑸を繰り返す

上記作業でだいたい5時間くらいかかったでしょうか?
あとは勘定科目でピボットテーブルを作るだけで、経費の集計は一発ですので簡単ですね。

先週のファブラボは久しぶりに利用者も見学者もいない日でしたので、広い机に領収書並べてゆったりと作業ができました(笑)

そして国税庁のサイトで入力を開始、所得税の申告に取り掛かるところではたと思い出しました。なんか確定申告の話題でTwitterのタイムラインが賑わっていたな〜、と。

それで改めて調べてみてわかったことが、タイトルのやり方だとお得になる!ということです。
詳しくはさいもんさんのブログ記事をお読みください。
参考:【超朗報】上場株式等の配当の課税方法、実質見直しで所得税と住民税を別々に分けることができる!【配当生活に追風】

具体的には配当金から源泉徴収されていた税金から12万円ほどが還付されることになりました。だいたい一ヶ月分の生活費です。かなりでかいですね o(^▽^)o


そして今日の午後一番に税務署行って確定申告の書類を提出。その帰りに市役所の税務課に寄って「配当金の申告不要届けをしたいんですが」と窓口の女性に尋ねたわけです。
そしたら確定申告の控えを求められたので、それを手渡したところ、今度は「平成30年度分市民税/県民税申告書」というのを渡されました。
この書類いろいろと記入欄があるのですが、今回申請したい項目は存在しないらしく、結局欄外に直接「配当所得の住民税申告不要」という文言を書いて提出とあいなりました。このあたりは自治体によって違ってきそうですね。


鳥取移住してからは配当金以外の収入はほとんどありませんでしたが、今年はなんとか民泊をオープンさせようと目論んでいます。
そうなるといよいよ青色申告の本領である65万円控除を狙う必要が出てきます。そのためにもいい加減に複式簿記を勉強しないとなぁ…
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム