セミリタイア - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

2017トヨタ株主総会

こんにちは、槙です。

昨日はトヨタ自動車株式会社の第113回定期株主総会に出席してきました。



一昨年、昨年と出席しているので、3回目になります。
参考:初めての株主総会@トヨタ
参考:せっかくなので参加しました、トヨタ株主総会

前回は1時間前に会場入りしてかなり前の方に座れたのですが、今回は30分前の会場入りだったためメイン会場である大ホールの後ろから3列目という場所でした。
幸いにしてモニタが近くに設置してあったので、不便はありませんでしたが…

さて今回の株主総会で個人的に注目した質問は以下の3つです。
「15年、20年先のモビリティをどのように考えているか?」
「IT業界から自動車業界への参入が相次いでいるがトヨタもイノベーションが必要では?」
「自動運転の開発競争が全世界で過熱しているがトヨタのポジションは?」

株主質問で指名されたのは10名でしたが、実にそのうち3名が「近い将来クルマ業界は大きく変わる」ことを前提とした質問をしていました。

私もこれらの質問に対する会社側の回答を興味を持って待ち構えたわけなんですが、結論から言うと肩透かしに終わりました。
個人的印象ですが、人工知能がもたらす自動運転社会において、トヨタはリーディングカンパニーたりえないと感じました。

何せ自動運転に関して会社側が紹介したのが、2015年の首都高速における合流・分岐の公開実験ですからっ!
参考:トヨタ自動車、2020年頃の実用化をめざした自動運転実験車を公開

「えっ!それ以降成果らしい成果ってないの?」ってなもんです。

他にも豊田章男社長が「イノベーションに至るには3つのIがあります。Imitation(イミテーション;模倣)、Improvement(インプルーブメント:改善)、Inovation(イノベーション:革新)です。」と説明していましたが、これでは新たな価値は生み出せそうにありません。

人工知能研究のためトヨタが鳴り物入りで作ったトヨタリサーチインスティチュート(TRI)についてほとんど説明がなされなかったことも気になります。章男社長が最後にちらっと「トヨタはもっと良いクルマを作るため、TRIはもっと良い未来を作るために頑張っていきます」みたいな感じで触れていたくらい。
TRIがトヨタに対し、きちんと目に見える形で成果を残すことができるのか心配になってきました…

まぁもともとトヨタはクルマの無人運転は目指していない(昨年の株主総会での発言)らしいので、TRIもとりあえず作ってみた、という感じなのでしょうか?

う〜む、この調子だと結局パソコンと同じように頭の部分を押さえられちゃいそうだなぁ(´・_・`)


そうそう今年の記念品はWRCのミニカーでした。
IMG_8589.jpg
スポンサーサイト

トヨタの株主総会に合わせて帰省します

こんにちは、槙です。

トヨタ自動車の株主総会が6月14日(水)に行われるのでそれに合わせて帰省しようと思います。昨年も一昨年も出席しているのでもう恒例になりつつあるかも…
(参考:初めての株主総会@トヨタ
   :せっかくなので参加しました、トヨタ株主総会

帰省の日程は特に決めてません。どうせならいろいろと飲み会の予定を入れてそれに合わせて移動しようかと。

これまで鳥取〜愛知の移動は愛車タントで高速道路を利用して行き来してましたが、今回は別に急ぐ必要もないので下道でゆっくり車中泊旅行と洒落込もうかな〜

日本海側をずっと行くと、舟屋で有名な伊根町があるし、そこから南にちょっと行くと天橋立だし…
うむうむなかなか良さげな旅程ですね。

そのあとは滋賀県の長浜市に寄って海洋堂のフィギュアミュージアム視察かな。

なんかワクワクしてきた(^^)

冬の読書強化期間終了!

こんにちは、槙です。

昨日読み終わった「グーグルに学ぶディープラーニング」を持ちまして、ひとまず読書三昧の日々を終え、セルフリノベーション作業を再開します!
早速今日は近くのホームセンターに顔を出し、自宅改修の構想を練りました。ちょっとだけだけど…

でもその前にせっかくなのでこの読書強化期間のことをまとめておきたいと思います。


まず一番にあげられるのが「限界費用ゼロ社会」ですね!
ほんとこの本との出会いは会社を辞めてセミリタイア生活に突入してから初めての衝撃でした!
参考:「限界費用ゼロ社会」を読んでスゴイ刺激を受けた!
参考:セミリタイア ≒ ベーシックインカム受給状態
参考:「限界費用ゼロ社会」の到来にポジションをとる


私の場合、もともと会社で居場所がなくなりその時点でそれなりの貯金もあったので「まぁ辞めちゃえば良いや」的な感じでスタートしたセミリタイア生活です。
一応それなりに計画立てて職業訓練校にも通い、かねてから希望していた地方移住もしたわけです。

しかしながら日本が直面する少子高齢化や増大する社会保障費、地方で深刻化する人手不足などなど、日本の将来は見通しが暗いと思わざるを得ませんでした。

その状態だったところへこの「限界費用ゼロ社会」ですよ!

この本自体、直面する課題に対しては何ら建設的な解決策を提示していないのですが、その課題群を乗り越えた先にある社会にしびれましたね〜


それでよりその未来像を確かにすべくいくつかの未来本(?)を読みました。



参考:セミリタイアは人生マルチステージ化における一形態か?






他にも人工知能については理系ゴコロをくすぐられるので入門書を中心に読みました。








参考:最近読んだ人工知能本とSiriの便利な使い方

あと「限界費用ゼロ社会」で言うところの協働型コモンズも気になったので関連すると思われる本を。







生産性に関する本なんかもいろいろ。









参考:各世代の特徴とその間に立ちはだかる壁




教養知識的な。









一般的な小説は二冊しか読んでなかった。





おまけ(#^.^#)



と今気づいたけど、冨山和彦氏の「有名企業からの脱出」はツイートせずにいきなりブログの記事にしてるんだな…
参考:有名企業からの脱出

やっぱり冨山氏が投げかけた「50代の価値観におもねるのか、それとも30代の若手に未来を託すのか、40代の判断が責任重大」というのが心に響いているらしい…

いろいろとね…

セミリタイアのデメリット

こんにちは、槙です。

セミリタイアと一口に言っても人によっていろいろな考え方があるかと思いますが、私はセミリタイアを「やりたくないことはしなくても良い」ライフスタイルだと定義しています。

だから別にフルタイムで働いていたとしても、それが自分のやりたいことと一致していれば日々の業務で多少のストレスがあろうとも、その先に自己実現が見込める以上、それは「セミリタイア状態とみなす」という感じかな。

その背景には日々の業務で発生するストレスが許容不可能になるとか、仕事を続けていても自分のやりたいことに繋がらないと感じた時にはスパッと辞められる状態 ≒ それなりの資産があることが前提になるわけですが…


そしてタイトルに書いた「セミリタイアのデメリット」ですが、「やりたくないことを遠ざけることに慣れてしまうこと」かなぁと…

そうです、確定申告のことです。

確定申告自体は「やらなければならないこと」であり、単なる「やりたくないこと」とは違うんですが、主観的には同じです。やらなきゃいけないけど面倒くさくてやりたくないんです…

実際のところ、初動は早かったんですよ、私。




申請開始日前に準備を開始しています。
ところがこのツイートした後、ず〜っと放置してました。

それはこの後発生する領収書の整理がめんどくさかったから…

ま、灯油代がもったいなくて図書館入り浸ってたってせいもあるんですけどね。
あ〜しかし、こんなことなら経費が発生するたびに整理しておくんだった…(;д;)

それでももう申請期限まで10日になりましたのでいい加減に作業を再開しました。


とりあえず場所と気分を変えてから、郵送されてきた書類を見直し、国税庁のHPもチェック。
以前ダウンロードしたデータも改めて確認して明日からの作業手順を考えました。

と言っても経費扱いの出費データと領収書の突き合わせしながらの整理をしつつ勘定科目を設定していくというのがメインなわけですが…

あとは国税庁の確定申告書等作成コーナーの手順に沿って入力していくのみ!

さぁ明日はがんばろ。一日で終えるのを目標にするぜ。

セミリタイアは人生マルチステージ化における一形態か?

こんにちは、槙です。





昨日読み終わったこの本、昨年11月に出たばっかりなので今も本屋の平台に並んでいるのではないでしょうか?

今後、どんどんと伸びていく寿命を生きる人々は、これまでの教育・仕事・引退という3ステージから、マルチステージを生きる時代になるというのが本書の主な内容です。

著者はそのマルチステージにおいて3つの新しいステージが現れると言っています。

・エクスプローラー(探求者) 
 イメージしやすいのは自分探しに出ているバックパッカー?
 ただ若者だけでなく40代半ばであったり70〜80代でもなりうるそうです。

・インディペンデント・プロデューサー(独立生産者)
 私の中では「ゆる起業」というのがしっくりきます。
 金銭的資産を大きく増やせるケースは滅多にない。それよりも生産活動を通じて学習することに重きが置かれる。
 (年配者の場合)組織に属さずに主体的に働くことは、ライフスタイルを維持し、同時に生産性資産と活力資産を支えるための有効な方法だ。ほとんどの人は有形の資産の減少をできるだけ抑えることを期待して、このステージを生きる。
 だそうです。

・ポートフォリオ・ワーカー 
 異なる種類の活動を同時に行うことです。
 例えば週に1〜2日働いて、他の日は地域ボランティア活動したり、趣味の活動をしたり…
 著者がビジネスマンにアンケートを取ったところ、この形態で生活したいという人が多いとか。


他には有形資産(お金とか不動産)の他に『無形資産』が重要になる、ということです。
無形資産は市場で売買できないものであり以下の3つとのこと。

・生産性資産
 スキルと知識、仲間や評判。
 一人あたりGDPを拡大するため今後ますます求められる資産ですね。

・活力資産
 健康。バランスの取れた生活。自己再生の友人関係。
 社畜が失っていくものです…

・変身資産
 マルチステージを生き抜くための力。
 自分についての知識(アイデンティティ)や多様性に富んだネットワークなど。


セミリタイアとか早期リタイアって、単純に3ステージにおける仕事の期間を短くして引退期間を長くする感覚でしたけど、この本を読んでみるとその見方が変わってきました。

何せ世界的権威のある学者さんが言ってることなんだからこれは世界的な潮流なんでしょう。
そう考えるとセミリタイア村の住人は最先端を歩んでいるんだな〜と感じずにはいられません(^^)

時間があれば読んでみることをオススメします!
セミリタイアの先にあるものが見えてくるかも?
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム