セミリタイア - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

昨年一年の総支出額は152万円でした!

こんにちは、槙です。
年末らしく、まとめ記事なぞ。


私は約4年前から、マネーフォワード上で日々の家計簿付けや資産管理をしています。
(参考:マネーフォワード 2014-01-29)

なので、その気になれば毎月の数字はすぐ出るのですが、せっかくなので移住後1年を通じた、できるだけ平均化されたデータをブログ記事にしようと考えてました。

ところが実際は移住直後はいろいろと物入りだし、地震はあるしで、ちょっと異常値になっちゃうかもなぁ〜と、移住後1年のタイミングではスルーしたわけですよ。

そんなわけで、今回の集計期間は2016年12月〜2017年11月の1年間のデータをまとめたものです。
不幸にも地震で崩落した我が家の壁は、未だ修理されていない状態なので、異常値らしい異常値は入っていません。

せっかくですので以前にも比較したセミリタイア検討時の支出見込みと並べてみます。
(参考:リタイア後の支出見込み 2013-10-16)
(参考:実家居候中の無職の家計簿 2015-03-10)

費目支出見込み月平均支出
食費26,10043,793
(内酒代)(5,000)(11,137)
耐久財・消耗品20,00014,979
衣服・理容・健康10,0003,466
教養娯楽費5,00011,030
旅行費20,0002,263
交際費-7,638
家賃50,0000
水道・光熱費10,0006,883
通信費10,00015,199
自動車維持費16,70018,089
税・社会保障19,7483,194
187,548126,534

う〜ん、食費が高いですね(^^)
これは自炊をほとんどしておらず、だいたいお昼が外食になっているためです。外食費は月に約23,000円になってます。
酒代は実家居候時(¥16,375)に比べれば安くなってますが、飲む酒がウォッカから焼酎に変わっただけで酒量は減ってないかも…

耐久財・消耗品は実家居候時(¥1,931)に比べれば高くなってますが、それでも見込み額より少ないです。
実は個人事業主としての経費もここに入れているのですが、そもそもそんなにかからないですね。見込み額の算定元になった時はアメリカ赴任でいろいろと買い揃えた家具が入ってたので、そちらが異常値だったのでしょう。

衣服・理容・健康も安いですね〜、ほとんど衣服買ってないからなぁ。
でも月に一度は理容店(¥2,000弱)で髪をカットしてもらってるので、だいたいその金額になります。

教養娯楽費はこんなもんでしょう。フィギュアの購入費用もここに入れてますが、多分今後もこんな感じになると思われます。

旅行は、全然行ってないですねぇ。金額はほとんどが日帰り温泉の入浴代です。

交際費はもともと見込んでませんでしたが、やはりこれくらいかかりそう。たまの飲み会と、自治公民館の会費が年間で12,800円かかってます。

家賃は0になってます。安いけど中古住宅を購入しちゃいましたからね。ちなみに税の方に入れてますが固定資産税はだいたい1万円/年です。

水道・光熱費は思っていたよりも少ないですが、これは今、ほとんど一部屋で生活しているからで、セルフリノベーションが終わって他の部屋でも生活できるようになれば、もっと高くなるでしょう。

通信費は当初、光インターネット回線と携帯電話でauを契約していたため高くなっていますが、格安SIMに切り替えてからは、ほぼ1万円で収まってます。
(参考:格安SIMに切り替えました 2017-05-21)

自動車維持費はやっぱり結構かかりますね。今年は約10万円の車検費用がかかったこともありますが、田舎暮らしでは減らせない費用です。

最後に税・社会保障ですが、びっくりするほど安い(゚д゚)
思わず何か支払い忘れているのではないか?と不安になるレベルですが、配当金収入以外ほとんどないので、いろいろと免除されています。


とまぁ、こんな感じでしたが、独身の田舎暮らしセミリタイアを検討している方がいらっしゃれば、一つのベンチマークとしてお役に立てていただければ幸いです。

それではみなさま、良いお年を!

続きを読む»

スポンサーサイト

祝セミリタイア3周年!そして3年目の心境変化

こんにちは、槙です。

anniversary03.png

11月11日はポッキー&プリッツの日だったりしますが、私にとってはセミリタイア記念日になります。こちらはちょうど3年前に書いた記事。
参考:セミリタイア突入!

セミリタイア直後は、実家居候しながら映画やドラマを視聴&読書のニートな日々を過ごし、2015年度は1年間の職業訓練。
そして2016年には鳥取に移住、職業訓練で得たスキルを活かし、激安で購入した自宅のセルフリノベーションしようと思ってたところに、鳥取県中部地震!

それから約1年が経過しているわけですが、その頃から意識することがあります。
それは「倉吉がイケてる街であって欲しい!」ということです。

私はIターン型の移住なので、100%純粋に私だけの意志で、移住先を決めました。

そうするとですね、その移住先である倉吉の評判が悪かったり、イケてなかったりすると、我が事のように感じてしまうんです。
つまり「自分が移住した街がダメ ≒ その街を選択した自分自身がダメ」こんな風に。

で、そうならないようにいろいろと考えるようになりました。
参考:倉吉まちづくりはこのコンセプトでどうだろう?

そして冨山和彦氏のこの本の影響が以外に大きかったかも…
参考:有名企業からの脱出

ここでは40代が重要な鍵を握ると述べています。50代の価値観におもねるのか、それとも30代の若手に未来を託すのか、40代の判断が責任重大とのこと。

そうなんですよね〜、まさに私がこの40代真っ盛り!
この本読んでから「もうちょっと前向きに活動しようかな」なんて思うようになりました。具体的には「新しい社会に向けた、古い体質の打破」みたいなものでしょうか?

幸いにして私は気楽な独り身ですので、その過程で何かトラブルがあったとしても自分が対処すれば良いだけなので安心です。もしこれが家族連れなんかだと、子供同士の付き合いに影響が出たりして二の足を踏むでしょうが…

そしてちょっとやってみると、自治体も小さいので結構話がしやすかったりします。
そんな訳でファブラボの提案をしたり、デジタルアーカイブの提案をしたりと、あれこれするようになりました。

すぐに結果に結びついている訳ではありませんが、いろいろと顔見知りは増えたかな〜、とは感じていますね。

あと自治公民館活動についても、ちょっと仕掛けていきたいです。同世代のメンバーと話をすると、やっぱりいろいろと問題は感じているみたいですし。
参考:自治公民館活動(自治会)について


さてさてセミリタイア生活4年目はどんな感じになるかな?

セミリタイア、ある晴れた秋の一日

こんにちは、槙です。

気がつけば前回ブログを更新してから、約二週間…
当日のうちに記事をアップするのも、倉吉線廃線跡の一回で終わってしまいました。

正確に言えばその翌日もその日の行動を記事にしようと試みたのですが、たまたまその日がブログ開設4周年だったため、内容を変更したわけなんですけどね。

それ以降、ファブラボがらみでバタバタしていたので、またブログ更新が滞ってしまいました。イカンイカン(ノ_<)

さて久々のブログに何を書こうか?というところですが、どうせならその日の行動を振り返ってみよう!ということで、10月11日のことを改めて記事にしようと思います。


その日は前日に引き続きよく晴れていました。晴れているとどこかに行きたくなる私です。

なぜなら我が家から見える風景は、お世辞にも良いとは言えないんですよね〜
特にいつも寝起きしている部屋は1階西側の部屋なんですが、西陽と外からの視線を遮るためにすりガラスになっているんです。なので天気が良いかどうかも窓を開けないとわからないという…

それに対して車でちょっと走れば眺めの良いところはいくらでもあります。せっかく地方に移住したのですから、その良さをできるだけ享受したいところ。

したがって晴れた平日は、大抵どこかにドライブ/サイクリングします。今時分は気温もちょうど良いですから尚更ですね。


さて前日は山の方に出かけていましたので、当然のように海の方面、定番のドライブへと向かいました。目的地は琴浦町の赤崎地区にある塩谷定好写真記念館です。
参考:塩谷定好写真記念館の米蔵カフェがカッコ良すぎる!

倉吉から赤崎に至るルートとしては、昔からある八橋往来(県道151号)があって、私もよく利用するんですが、時間に余裕があると由良から赤崎まで、宿場町や漁師町など昔の街並みが感じられる細い道を行きます。大きい車だとすれ違いに苦労しそうですが、愛車タントなら問題ありません。

そんな風に30分ほど車を走らせますと、目的地である赤崎に到着します。ちょうどお昼だったので、海鮮料理の海で食事をしました。


店内からは青空と日本海、手前に広がるのはオミナエシでしょうか? 黄色い花、空と海の青のコントラストが綺麗でした。
IMG_9903 (1)

ちなみにここの海鮮丼系は甘いタレがかかっているのですが、普通のわさび醤油と半々にしてくれんかなぁ、と常々思っています。量が多いせいか正直後半になると味に飽きてきちゃうんですよね(´・_・`)

食後はせっかくですので、お隣にある道の駅ポート赤崎にも寄ってみます。


これにはビックリしました!よく見ると奥にもう一匹飲み込んでました。

他にも興味深い魚が売られています。
IMG_9905.jpg
これは黒ムツだったかな。比較的小さい魚なんですが、大きなぎょろっとした目と鋭い歯が印象的でした。

地方移住して思うのは、魚が本当に安い!
自分で捌けて調理ができれば、魚料理のレパートリーは格段に増えるでしょうね。工事中のためガスコンロもない我が家では、遠い先の話ですが…

その後、車を5分ほど走らせて目的地である塩谷定好写真記念館の駐車場に着きました。
IMG_9908.jpg
駐車場から波しぐれ三度笠に伸びる防波堤にイカが干されていましたので、ちょっとだけ散歩。

そして写真記念館では、入れ替わった写真展示をざっと眺めた後、お気に入りの米蔵カフェにて読書。
IMG_9909.jpg
コーヒーを飲みながら、ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの「わたしを離さないで」を。
もちろんこれも図書館で借りたものです。

IMG_9910.jpg
しばらく読んでいたら、柿とイチジクのおすそわけがありました。常連になったからですかね?ありがたいことです(^^)

2時間ほどそこで過ごした後、ちょっと気分を変えて海の見える駐車場に車を停めて、再び読書。トータルだと3時間半ほど読んでましたかね〜

帰宅する前にどうせならと、鳴り石の浜まで足を伸ばしました。





そして日が陰って来た頃に帰宅。
ローカルガイドとして今日食べたものやスポットの写真をGoogleマップに登録します。


と、こんな感じで過ごしています。
自分で言うのもなんだけど、けっこう優雅な生活ですな(^^)

続きを読む»

鳥取に移住して1年が経ちました

こんにちは、槙です。

いや〜、タイトルの通りなんですが、時の流れるのは早いものですね!
そして当初予定していた民泊に向けたセルフリノベーション作業は全く進んでいません><

もう民泊新法が施行される来年1月に目標を先送りしちゃおうかなぁ、なんて考えています。

でもようやく外壁修理の目処がついたので、そちらの工事にモチベーションを刺激されてセルフリノベーションが捗るかもしれません。もしかしたら…


でそのセルフリノベーション熱が低下した分、どこに興味が湧いているかといえば、ズバリ「古い写真や動画のデジタルアーカイブ」です!


鳥取大学の一般公開授業に参加したり、



地元の8mmフィルム鑑賞会に参加して主催者と交流したりと、あちこちに顔を出しては昨年作った名刺を配っています。


一方でGoogleマップをもっとうまく活用できないか?とトライ中。


このマップも今日新たな区間を追加して2区間となりました。
早く全区間の動画を撮影してコンプリートしたいですね!


他にもこのStory Spheresで観光ガイドマップっぽいものも作ってみたいし、


今日たまたま見つけたこの動画みたいにGoogle Earthからのルート表示を真似したい!



鳥取移住して1年、こんな感じにやりたいことが増えていってます(*^_^*)

2017トヨタ株主総会

こんにちは、槙です。

昨日はトヨタ自動車株式会社の第113回定期株主総会に出席してきました。



一昨年、昨年と出席しているので、3回目になります。
参考:初めての株主総会@トヨタ
参考:せっかくなので参加しました、トヨタ株主総会

前回は1時間前に会場入りしてかなり前の方に座れたのですが、今回は30分前の会場入りだったためメイン会場である大ホールの後ろから3列目という場所でした。
幸いにしてモニタが近くに設置してあったので、不便はありませんでしたが…

さて今回の株主総会で個人的に注目した質問は以下の3つです。
「15年、20年先のモビリティをどのように考えているか?」
「IT業界から自動車業界への参入が相次いでいるがトヨタもイノベーションが必要では?」
「自動運転の開発競争が全世界で過熱しているがトヨタのポジションは?」

株主質問で指名されたのは10名でしたが、実にそのうち3名が「近い将来クルマ業界は大きく変わる」ことを前提とした質問をしていました。

私もこれらの質問に対する会社側の回答を興味を持って待ち構えたわけなんですが、結論から言うと肩透かしに終わりました。
個人的印象ですが、人工知能がもたらす自動運転社会において、トヨタはリーディングカンパニーたりえないと感じました。

何せ自動運転に関して会社側が紹介したのが、2015年の首都高速における合流・分岐の公開実験ですからっ!
参考:トヨタ自動車、2020年頃の実用化をめざした自動運転実験車を公開

「えっ!それ以降成果らしい成果ってないの?」ってなもんです。

他にも豊田章男社長が「イノベーションに至るには3つのIがあります。Imitation(イミテーション;模倣)、Improvement(インプルーブメント:改善)、Inovation(イノベーション:革新)です。」と説明していましたが、これでは新たな価値は生み出せそうにありません。

人工知能研究のためトヨタが鳴り物入りで作ったトヨタリサーチインスティチュート(TRI)についてほとんど説明がなされなかったことも気になります。章男社長が最後にちらっと「トヨタはもっと良いクルマを作るため、TRIはもっと良い未来を作るために頑張っていきます」みたいな感じで触れていたくらい。
TRIがトヨタに対し、きちんと目に見える形で成果を残すことができるのか心配になってきました…

まぁもともとトヨタはクルマの無人運転は目指していない(昨年の株主総会での発言)らしいので、TRIもとりあえず作ってみた、という感じなのでしょうか?

う〜む、この調子だと結局パソコンと同じように頭の部分を押さえられちゃいそうだなぁ(´・_・`)


そうそう今年の記念品はWRCのミニカーでした。
IMG_8589.jpg
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム