雑感 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

1車中泊2日帰省の旅

こんにちは、槙です。

先週2日間かけて鳥取〜愛知を移動したのでまとめておこうと思います。

ちなみにGoogleマップのタイムラインはこんな感じになりました。
IMG_8514.jpg
IMG_8515.jpg
かなり正確に道程を記録してくれます。


さて今回は中国自動車道を使わず、山陰海岸ジオパークを下道で移動した訳ですが、正直途中から飽きちゃいました。だってほとんど似たような景色が続く訳ですからね。
あと兵庫入ったあたりから、晴れてるんだけど視界がクリアじゃないという、ちょっと残念な状況になってしまったのも満足度が低かった原因かもしれない…

IMG_8359.jpg
ここは兵庫県香美町の大引の鼻展望台から西を眺めたところなんですが、ご覧のように海がどんよりとしたグレーです…

そうそう前後しちゃうけど、このツイートした道はほんと酷かった!


具体的にはこの道になります。
県道260号線__日本_から_余部埼灯台_-_Google_マップ
結果的には通れたけど、もう2度と通らないでしょう。
この日はニホンザルも見かけたし、かなりワイルドでした。

でも夕陽を眺めながらのお弁当と、その後に入ったお風呂はサイコーでした。


IMG_2895.jpg



ちなみに入浴中、えらくガタイのいい若者二人が入っていたので「何者だ?」とそれとなく聞き耳立ててたら、近くの駐屯地に勤務している自衛隊員でした。

その後、真っ暗な道を「道の駅 舟屋の里伊根」まで移動して就寝。鳥取県中部地震以来、通算3日目の車中泊でしたが、それなりに快適に過ごせました。
ただ光対策を一切していないので、本格利用しようと思ったらそのあたりに手を入れないとですね。
翌朝も一度目が覚めると明るくて2度寝もできなかったし…


そんなわけで2日目は5時過ぎから活動を開始、伊根町を散策しました。
IMG_2930.jpg
でも観光するには早過ぎました(笑) どこもお店が開いていない。
次のスポットの天橋立に行ってようやく始発のケーブルカーが動く時間でしたから…

ちなみに2日目のタイムライン詳細はこんな感じです。
IMG_8516.jpg
IMG_8517.jpg
IMG_8518.jpg
ケーブルカーのあたりはちょっと修正していますが、概ね正しい場所をあげてくれました。
やっぱりGoogleマップのタイムラインは旅の記録にちょうど良い感じです。

2日目で一番印象に残ったのは福井県に入ったあたりで公共施設がいきなり立派になったところ!
これが原発マネーによる効果なんですねー、今回実感を伴って理解できました。

そして長浜で海洋堂フィギュアミュージアムを見学したあとは高速を使ってサクッと実家まで移動したわけですが、やっぱり信号のない下道を時速60kmくらいでドライブするのが一番快適ですね。多分燃費的にもそのあたりが一番でしょうし…

問題は信号の多い下道が一番最悪と言うことですね。
今後は下道と高速をうまく組み合わせてドライブルートを設定しようと思います。
スポンサーサイト

Googleマップのタイムラインを使ってみた

こんにちは、槙です。

Googleマップにクチコミや写真を投稿するようになってタイムラインという機能が気になってきました。

ローカルガイドを始める前は、タイムラインがGoogle Mapsにスマホの位置情報を常に許可するよう指示してくるので、何だか「そこまで監視されたくないな〜」という感じで敬遠していました。

しかしここ最近は私、がっつりとGoogleにハマっています。
「もう今更だよな〜」ということで一週間前から位置情報を常に許可することにしてタイムラインを使い始めました。

それでタイムラインで何が出来るかというと自分が何処にいたか、どんな手段で移動したのかを履歴として残してくれるんですね。
タイムライン
こんな感じ。

何処にいつからいつまでいたか、どのルートを通って移動したかがマップ上でわかります。過去のデータもずっと残りますのでしばらくデータを取れば自分の行動範囲が丸わかりになります。
履歴を消すことは可能で、一時停止することも出来るようなので、都合が悪い履歴は消すかそもそも残さないようにした方が良さそうですね。
私の場合は別にそんなことは起こらないので常にオンですが。

またGoogleフォトを使っていればタイムライン上にその時に撮った写真が表示されます。便利ですね〜

あと地味に便利なのがGPS機能のついていないカメラで撮った写真にもかなり正確な撮影位置が付与されることです。
写真_-_Google_フォト_と_ファイル管理
あくまでも推定場所になりますが、おそらく撮影時間とその時間のスマホ位置を紐づけてくれるんだと思います。

そんなわけで旅行なんかの時にこのタイムラインを使うと非常に便利だと思います。

デメリットとしてはバッテリー消費が多くなることですね。
でもIngressやポケモンGOみたいに常にGPSを起動しているわけではなく、おそらく1分毎に位置情報を取得してる感じなので、バッテリー消費もそこまで多くはありません。


そうそう今日はもう一つ発見がありました。


これでまた写真投稿が捗りそうです(^^)

Googleローカルガイド、11日でレベル5に到達

こんにちは、槙です。

先日の記事でも触れましたが、5月1日からローカルガイドの登録を始めました。
参考:Googleが食べログとTripAdvisorを凌駕する日は近い

そして10日経過した本日、合計で500ptを獲得しレベル5に到達しました!



せっかくですので500ptまでの流れを簡単に説明したいと思います。

Step1:ひたすらに過去の写真を登録
とにかく過去の写真をGoogleマップに公開していきました。
幸いにいつも自撮りもしない一人旅ですので同行者が写っていることを気にする必要はありません。
これで430ptまで到達しました。

Step2:近くのお店の外観写真を撮って登録
残り70pt、クチコミの登録も考えたのですが、写真を公開するだけの手軽さはやっぱり捨てがたいものがあります。
そこで散歩がてら近くのお店を手当たり次第撮影し、その外観写真を登録していくのです。お店の中に入らなくても良いのでどんどん捗ります。

Step3:クチコミの登録
Step2でほぼ目処がついたのですが、せっかくですのでクチコミも登録してみました。
でも写真の登録に比べてこちらはやはり時間がかかりますね。その分伝わることも多いんですけど。

これで500ptに到達、晴れてトップローカルガイドの仲間入りです(^^)


ちなみに上記ツイートをした後、再び散歩に出てお店の外観写真を登録した結果、今ではキリの良い数字になってます。
IMG_7855.jpg
うむ、Step2の方法でやれば多分すぐにレベルは上がるでしょうね。


ただ難儀させられたのが一つありました。
それはマップ上で検索しても元データがないかのように見えて実はあったというケースです。

私は最初データがないもんだと場所を追加してしまったのですが、よくよく調べてみるとデータはある様子。
対処方法の動画を作成しましたのでここにも貼り付けておきます。


ひとまずローカルガイドのレベル上げも終わったので、これからは質重視のクチコミを上げていこうと思います。

Googleが食べログとTripAdvisorを凌駕する日は近い

こんにちは、槙です。

当面やりたかったアクリルフィギュアも作ったので、以前ちらっと紹介したGoogleのローカルガイドを試してみました。
参考:倉吉観光に必要なもの、それは観光客の属性に合わせた的確なガイド




まだ写真投稿だけでクチコミは投稿していませんが、思った以上に奥が深そうです。

公式サイトはコチラ↓
(参考:ローカルガイド − Google

食べログやTripAdvisorなどの既存のクチコミサービスに比べて、ローカルガイドその人を中心にした地域情報の提供が特徴的だと感じました。

ちなみに私の場合はこんな感じ。
Google_マップ
旅行写真を投稿しているので西日本全体に広がっちゃっていますが(^^;)


食べログやTripAdvisorもクチコミ投稿者の他のクチコミを見ることはできますが、Googleがやることによって利便性が一気に増している気がします。
何せもはやスタンダードとなった地図アプリGoogleマップと連動していますからね。

そしてもう一つ重要なのが”Googleは投稿者/利用者それぞれの属性を検索履歴などからかなり正確に把握していること”です。

これにより利用者の趣味嗜好とよく似たタイプのローカルガイドがクチコミで高評価した場所を人工知能がリコメンドすることが可能になるでしょう。
これって以前のブログ記事で書いた「ステップ4:人工知能による個人別観光ガイド作成」実現の第一歩です!

またそういった未来のことは別にしても、民泊のお客さん向けにおすすめスポットをお知らせするのにこのGoogleマップのローカルガイドというプラットフォームは適していますね。
マイマップでも同じことができるんですが、ローカルガイドのクチコミなら情報をより多くの人に見てもらえますし、あとビッグデータとして人工知能の進歩に役立てるのが個人的にはツボです!


現時点のクチコミ数では食べログとTripAdvisorに水を開けられているのでなかなか利用は伸びないでしょうが、人工知能との連携を考えれば将来性は非常に高いです。

きっと近いうちにそれらのサービスを駆逐するでしょう。

Googleフォトを使って未来を感じる

こんにちは、槙です。

3月に「グーグルに学ぶディープラーニング」を読み終えてから、俄然Googleのサービスが気になりました。


私はAppleのiCloud Drive 200GBを月額400円で借りており、そこに写真などのデータを共有しています。2年前にMacBook Proを購入した時からその形態です。何せ128GBのSSDモデルですので…
参考:学割でMacを購入
別にこれで不自由はないわけですが、せっかくですのでGoogleフォトを積極的に活用すべく、そちらにもデータを共有しました。

どうやらAppleの写真データからデータを吸い出して共有してくれるらしく、大した手間もかからず同期できました。
ただ1万枚以上の写真と動画データは時間がかかりました。途中iPhone上でアプリのGoogleフォトを立ち上げるとiCloud上のデータとアクティブに同期を進めてくれることに気がつかなければ今も同期は完了していないでしょう。



Googleフォトを使ってみて一番感心したのはこのアシスタント機能ですね。
この動画はBGMのリズムに合わせて写真を切り替えているんです。これって自分でやるとめんどくさいんですよね〜

この他にびっくりしたのはコレ。


動画の内容を認識してGIFアニメーションにしたら面白そうなところを切り取ってるんですよね、これって!
先に述べたBGMのタイミングに合わせて静止画を当てはめていく動画作成に比べてずっとレベルが高いと思います。

おそらく再帰型ニューラルネットワーク(RNN:Recurrent Neural Network)という動的データの解析に向いた最新技術が使われているのでしょうが、冬の読書期間で得た知識の成果をこう目の当たりにするとそのスピード感たるや、日本的サラリーマンの一員だった私にとっては衝撃的です。

以前読んだちきりん氏の本「自分の時間を取り戻そう」の内容を思い出しました。
「GoogleやAmazonなどのグローバル企業が税金を払いたがらないワケ、それは自分たちのほうが国家組織よりもお金の使い方に関する生産性が高いという自負がある」多分こんな内容だったはず…


確かに儲けた企業が普通に税金を払って、それが大学などの人工知能研究機関に回り、そこで上がった成果を企業にフィードバックするという流れに比べれば、このGoogleフォトのプラットフォームは圧倒的に生産性が高いです。

だってユーザーがアップロードしたデータを元に人工知能が機械学習を行い、さらには人工知能が層別した人物の間違いすらもユーザーがフィードバックしてくれるんですから。それもまた貴重なデータです。

そして使う側からするとびっくりするほどユーザビリティが高い!気になるデータをどんどんアシスタント機能が提供してくるんですから…


あ、それでも「Googleの人工知能もまだまだだなぁ」と思うことがありました。

それがコレ!
Google_フォト1
Google_フォト2

二次元キャラとそのフィギュアは全然ダメでしたね(笑)
実はいっぱいアップしたラブプラスの画像をGoogleさまがどんなムービーにしてくれるのか楽しみにしていたのですが…

残念ながらGoogleの人工知能でもその方向性にはたいして学習していないようですヽ(´∀`)ノ
みんなももっと二次元キャラをGoogleフォトにアップするのだ!
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム