2014年10月 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

最終出社日 in アメリカ

こんにちは、槙です。
実は本日がアメリカ支社への最終出社日でした。

そんなわけで会社に置いてある書類の整理を一昨日から始めたのですが、もう捨てまくりです^^)

前任者から引き継いだ多くの資料…はっきり言って全く見ませんでした!
⇒全部廃棄

年度方針や各種会議資料など…当年度だけ押さえておけば過去なんかは振り返る必要なし!
⇒全部廃棄

私には現在進行形で担当している重要案件も無い為、本当に捨てまくりましたね。書類の束をゴミ箱に放り込むたび、肩がどんどんと軽くなる感じがしました。
こんな感じで捨てまくったら残った書類はわずかファイル4つ分くらいになりました。最終的に9割は捨てたんじゃないかな?

しかし改めて思うのは、自分自身で作成した資料の少なさ(どんだけ仕事しなかったんだ>俺)と、事務系仕事に対する適性の無さかな~
特に適性の方ですが、書類のチェックをしていても何一つとして面白かったと思える仕事がないっ!だからこそ躊躇なく書類を廃棄できるわけなんですけどね...

あとは帰任のあいさつメールを送って、パソコンと携帯を返却して…と、非常にあっさりとしたものでした。

あ”~、それでもやっぱり良い仕事をして、良い人間関係を築いて去りたかったなぁ…

もう遅いけど。
スポンサーサイト

さらば隣人たちよ

こんにちは、槙です。

本日は引越しでした。
と言っても梱包作業は業者がしてくれるので見てるだけですが。
しかし改めて梱包された荷物を見ると、実家の限られたスペースに置けるんだろうか?と不安になってきます。船便到着まであと50日、しっかりと準備をしておかないと...

ちなみに家を引き払ってしまったので今は空港近くのホテルでこの記事を書いています。実はこのホテル、赴任時にも何日か泊まったのですが、いつの間にか改装されていて、すっかりきれいになっていました。驚き!
でも空調のうるささは相変わらずでやっぱり同じホテルなんだと実感したり。

そんなアメリカ最後の夜ですが、スーパーで買ったビールを飲みながらネット動画(アニメ)を見るという、いつもと変わらない過ごし方をしています。秋クールの新番組が始まっていますからね〜

そんな感じでプライベートでもぼっちを貫いた私ですが、この隣人(?)たちには多いに癒されました。

いつものリス。
IMG_0661.jpg

今年になってシマリスも見かけるように。
IMG_0604.jpg

ほんと頬っぺたいっぱいに詰め込むんですね。
IMG_0588.jpg

集団で襲来するカモの親子。
IMG_0612.jpg

ちょっとやせ気味のウサギ。
IMG_0688.jpg

野鳥も数種類飛来しました。
IMG_0460.jpg


ありがとう、君たち! 私のやるエサ(主にひまわりの種)がなくなっても元気でね!

事実上のセミリタイア生活に入りました

こんにちは、槙です。
日本に帰国してから「あっ!」という間に2週間が経過しました。

その間、住民票/免許証の手続きやら、携帯電話の契約(iPhone6にしちゃった(・ω<) テヘペロ)、自動車の注文、上司との面談なんかもしましたが、やっぱりほとんどのパワーを使っていたのは、引っ越し作業です…

セミリタイア後、当面は実家に居候するということで、物置代わりにしていた6畳弱の部屋を使わせてもらうことになっていたのですが、まずはその部屋を空ける作業です。
タンスや本棚がぎっしりと詰まっていましたので、それらの中身を親とひとつひとつ確認しながら、捨てるか、取っておくか決め、取っておくものは別の部屋に移動。捨てるものもすぐに捨てられるわけではないので、別の場所に仮置きして、とりあえず私の荷物(赴任時に日本に置いていったもの)が入るスペースを作ります。

そして引っ越し当日の10月10日(金)、70個もの荷物が運びこまれて来たのです。実は日本に保管しておく荷物についてはどれだけあっても会社持ちだったため、赴任前はろくに整理もせず「とりあえず保管しとけ」な感じでした。なのでけっこうゴミみたいなものもありましたけどね。そういうのは兄に手伝ってもらって市のクリーンセンターへ直接運びこみました。
それでもアメリカには持っていかなかった本/マンガやフィギュアが結構な量ありましたので、それらを厳選するのに時間がかかりました。^^; いや、懐かしくて読み返したりしてたんですけどね。だって捨てるとなったら、その前にまた読んでおきたくなるのが人情じゃないですかっ!
フィギュアなんかも「せっかくだから飾るか」てな感じで、部屋レイアウトの難易度を上げちゃったりして…

そんなこんなでホームセンターと何度か行き来してようやくデスク周りが固まったのが昨日でした。右手の壁にメッシュパネルを設置することでデスク上の細々したものを整理できたのが大きかったですね。苦労の甲斐もあってなかなか居心地の良い空間になりました♪
(来月にはアメリカからの荷物39個がまた届くんですけどね)

なお現在は有給休暇消化中で、もう会社へは行ってません。来月勤続20周年の記念品をもらった日を最終出社日として正式にセミリタイア突入とする予定です。

セミリタイア生活における足について

こんにちは、槙です。

今日は特に予定もなかったので、食べログランキングでチェックしていたラーメン屋にお昼を食べに行きました。食べログもいろいろと叩かれることもありますが、とりあえず話題のお店をチェックするのはいいんじゃないかな?自分の知らなかったお店を知ることもできるわけですし。
その食べログランキングですが現在地から最も範囲の広い10キロ圏内で検索しています。

で、タイトルの話に戻るわけですが、ある程度の地方都市、かつ一人で健康なら自転車で十分でしょうね〜。私自身、今は人口10万人クラスの地方自治体で暮らしているわけですが、半径3キロ圏内に必要十分なお店は揃っていますので、生活するのに困るようなことはありません。
まぁ、大きな買い物の時には不便になりますが、そこは通販と使い分ければけっこういけるもんです。(さすがに引っ越しみたいなイベントにはヘルプを頼みましたが)

ただ自転車と言ってもママチャリだと3キロはともかく10キロはつらいかもしれません。
そんな私、今は10年前に買ったクロスバイクでうろうろしています。あんまりきっちりとメンテしているわけではないのですが、10年経った今でもそれなりに乗れます。そしてママチャリとは比較にならない運動性能(?) スポーツ系自転車は重量自体もずいぶんと軽いですし、何より転がり抵抗の低さは初めて乗った人にはちょっと感動的だと思います。平地ならばちょっと漕いだだけです〜っとどこまでも進んでいきますからね。だから弱虫ペダルの坂道くんがいかに妖怪かはよくわかります(オタクネタ)。

結局、今日はラーメン屋の後もうろうろと約30キロを走りましたが、適度な疲労感のみでお風呂に入ったらすっきりリフレッシュできました。うん、やっぱり自転車はいいですね。

ただスポーツ系の自転車、慣れない間はお尻が痛いのが難点なんですが…

ちなみに肝心のラーメンは売りのチャーシューがマジでありえないくらいの分厚さで笑ってしまった。相席になった女性陣は備え付けのビニールに早々と詰め込んでましたわ。
えっ、私? +ライスでガッツリといただきました。30キロ走ったしね ^^

ふるさと回帰フェアに行ってきました

こんにちは、槙です。

昨日は大阪まで足を伸ばして「ふるさと回帰フェア2014」に行ってきました。

IMG_0137.jpgIMG_0138.jpg

田舎暮らしを目論んでいる私にとって移住先の選定は非常に重要です。しかしながら「さあ何処に住む?」となった際、選択肢が多すぎて逆に途方に暮れてしまう面もあります。

そんな中でも「こんな感じかなぁ〜」と事前に地域を絞っていきました。

▪️北海道
 大自然に囲まれた雄大なイメージ。仕事の関係で半年ほど札幌で過ごし、北海道一周ツーリングもしたことがあるので、ある程度の土地勘はある。移住者も多いらしく閉鎖的な土地は少ないとの話だが、私の志向する「里山」というイメージとあまり合致しないため、却下。

▪️東北
 人口流出激しい地方で、東日本大地震がそれに拍車をかけた? 秋田の医者を次々と追い出す村の話もあり、非常に閉鎖的なイメージ。土地勘も全くないし、ここはないかな〜

▪️関東
 学生時代、東京に住んでいたせいか、関東一円は都会+ベッドタウンなイメージ。埼玉や群馬の奥地に行けば田舎も存在するだろうけど、下手な場所だと逆に実家(愛知)からのアクセスが悪くなるため、選択し難いかも…

▪️北陸
 雪国のイメージ。雪かきに追われる毎日は嫌。でもアニメTrue Tearsの舞台にもなった富山県南砺市は聖地巡礼したことがあり、なかなかいい土地だったので移住先候補のひとつだったりする。

▪️中部
 長野はもともと移住者の人気が高い地域。岐阜も高山や白川郷などの世界的な観光地があり、ポテンシャルは高いか? 以前ドライブで訪れた郡上八幡も城がシンボリックに存在しており、愛着を持って住むには良さそう。実家からのアクセスが良いのも好印象。

▪️近畿
 日常的に関西弁の中で生活するのはなんか疲れそう… 偏見だとは思うんだけどね。

▪️中国
 近畿圏からの移住者がメインというイメージ。岡山とか「晴れの国」をアピールしており実際に移住者も多いらしいが、昔、岡山のお客さんとの仕事で○ク○に絡まれたというか介入されて閉口した覚えがあるので、積極的には選びたくない地方。

▪️四国
 プロブロガーのイケダハヤト氏が高知に移住したりして盛り上がっているが、個人的には南海地震の影響が大きそうなのがネック。

▪️九州
 漠然と「良いかなぁ」と感じている。土地勘はなく単にイメージだけ。ちなみにアニメ聖地と言えば種子島は外せないが、現実問題として離島は難しいかなぁ…

▪️沖縄
 旅行で行ったが、あそこは「日本の里山」というよりはやっぱり「琉球」。移住先として人気も高いようだが、私のイメージする田舎ではないのでパス。


実際に自治体の担当者と話をする優先度としては、
1.富山
2.九州(熊本とか良いかも)
3.長野
の順で回ろうと考えていました。
なお岐阜に関しては以前名古屋であったフェアに参加したことがあるので上記にはあげてません。長野が低めなのはそれなりに土地勘があるからです。

で、実際に何人かの自治体の担当者と話をしましたが、はっきり言って時間が足りませんでしたね。こちらも疲れてくるし…。結局、長野までは行き着きませんでした。

それでも、行って話したからこそわかることがありました。実際インターネット上に情報は溢れていますが、私のように移住先の目処がまだなく、どこから手をつければいいのかわからないような人にとって、こういったフェアは有効だと思います。
特に各県が自分のところの売りをアピールするセミナーは良かったです。この大阪会場では、岐阜、富山、福井、石川の4県しかやっていませんでしたが、可能ならば全都道府県のものが聞けるような環境が欲しいですね。Youtubeとかにアップしてくれればいいのに…

あとできれば、まずは県のブースに行って全体の話を抑えてから、市町村のブースで話をした方が良いでしょう。やはり県レベルでないとその地域を俯瞰した情報がないですからね。

なおこのフェアに参加した上での、私の結論ですが「実際に行ってみないとわからない」です。当たり前ですけど。
話を聞くと大抵の市町村に移住お試し施設というものがあり、だいたい1000円/泊で滞在できるようなので、クルマが届いたら、まずは富山へ1週間ほど行ってみようかなぁと考えています。
プロフィール

槙

Author:槙
こんにちは、槙です。北米出向を機にセミリタイアを決心し、ついにそれを実現した40代のおじさんです。
1年間の職業訓練を終え、2016年 鳥取に移住。現在は民泊ゆる起業の準備をしています。
ひなビタ♪絶賛応援中!

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム