2015年05月 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

学割でMacを購入

こんにちは、槙です。

GWも終わって明日から職業訓練再開ですが、結構その再開が楽しみです。
9時スタート〜16時半終わりの職業訓練は、フルタイム(残業込み)で働いていた時分からすると、十分にセミリタイア環境と思えますし、逆に生活にメリハリがついて良い感じです。
なんせ通学に30分しかかからないので、朝はNHKの連続テレビ小説を見てから出ても大丈夫、帰りは寄り道しなければ17時に帰宅できますからね。

それはさておきタイトルの件、買ってしまいましたよ! MacBook Proを♪
IMG_0971 (1)

きっかけは職業訓練校のオリエンテーション時に聞いた「みなさんは学割が使用できますのでうまく活用してください」とのお言葉。
私自身は車通勤ですので関係ないかと思ったのですが「そういえば学割ってソフトなんかにもあったよなぁ」ということでいろいろ調べたら私にも使えそうな奴があるではないですか!
そう、それがApple Storeの学生・教職員向けApple Storeです。

購入モデルを選定するにあたり、各モデルの通常価格と学生・教職員向け価格を比較してみましたが MacBook Proが一番お得でした。▲¥12,000になりますし。
ちなみに今話題のMacBookは▲¥6,000しかならなかったです。
まぁiMac(メイン機)+MacBook Air(出張用)の代替を考えていた私にはMacBook Pro一択でしたけどね。

せっかくApple Storeで購入できるんですから、この際USキーボードを選択しちゃいました♪
ローマ字入力するだけならUSキーボードの方がシンプルでかっこいいですからね!

ご参考:USキーボードのMacBook Pro
IMG_1027.jpg

   :JISキーボードのMacBook Air
IMG_1028.jpg

iMacとか丸4年使用してHDD音とか微妙な感じになってたので、いい機会だったかな?

ちなみに今まで使ってたのはフォーマットして売却予定です。
スポンサーサイト

これまでに行った実習

こんにちは、槙です。
先月の7日に職業訓練校の入校式を迎えてから早いものでもう1ヶ月が経過しました。

今日はこれまでに行ってきた実習の内容についてご紹介しようと思います。

1.木工実習
以前紹介したのこぎり引きの練習の次に行ったのは「のみ」の裏押しと研ぎです。
裏押しとはのみ裏面を正確な平面にするために金盤と呼ばれる金属の板にのみをあてひたすらに研ぐ、というか磨く作業です。これは正直大変でした!1本ののみに対して4時間くらい裏押し作業をしました。もともとが状態のよくないのみでしたのでいくらやっても先っぽが鏡面にならず、、もう苦行のような作業でした…
それに比べればしのぎ面の研ぎはラクショーです。なにせ研いでいる実感がありますからね。こちらは研ぎ途中のものと中砥石による研ぎが終了した時点のGIF画像です。
14311548521cJ8n0wUjzrlzjT1431154849.gif
外周部に砥石が当っていなかったのが、研ぎ進めることで全面に砥石があたり平面が出てきたのがわかると思います。
来週からはこののみを使用した実習が始まるので今から楽しみです。

2.図画工作実習
屋根の構造を理解するために厚紙をカッティングし3種類の模型(切妻、寄棟、入母屋)を作成しました。何実習って言えばいいんだろう?
写真はこの3種では一番複雑な入母屋になります。
IMG_0996.png

3.CAD実習
JW-CADの実習。今時はこんな便利なソフトがタダで利用できるんですね〜 マウスボタンの左右同時押しで拡大縮小なんかができるのは感心しました。
ちなみに私、CADは10年以上前に仕事で使っていたことがあるので、ある程度触ったらJW-CADもだいたい使えるようになりました。今は周りの人たちのフォローなんかをしています。

4.造園実習
造園とは名ばかり、連続で校内の草取りをさせられた日にはもう心が折れそうでしたが、先日ようやくツツジの選定作業をやらせてもらいました。訓練生一人一人に校内のツツジを割り当て刈り込みを行います。
1431154977PCW1uGW_phufwaS1431154975.gif
この作業を行ってからは実家の庭木の状態が気になるようになりました。もうちょっと勉強したら練習がてら剪定させてもらおうっと。

Amazonは私を裏切らなかった

こんにちは、槙です。

ひょんなことからAmazonのページを開いたら「Amazon MasterCard 新規入会キャンペーン」の告知が目に入りました。

どうやら本日5月12日から21日までの10日間限定のキャンペーンらしく、通常入会ボーナス2000円分に加え、キャンペーン追加ボーナスとしてさらに3000円分、計5000円分のポイントがもらえるとのこと!(ゴールドは6000円分)

Yahoo!カード!審査落ちのリベンジだっ!」ということで、早速申し込みをして、待つこと暫し
………
……


無事カード発行の運びとなりました〜♪

Amazonは10年以上前からの顧客を裏切ることはしなかったようです。

失業手当が支給された ヽ(^^*)/ ワーイ

こんにちは、槙です。

会社を退職して4ヶ月半、ようやく初めての失業手当が銀行口座に振り込まれました。
金額にして20万円弱。
以前のサラリーから比べると半分以下、ボーナスも考慮したら……orz…、という感じではありますが、やはりまとまった金額が銀行口座に振り込まれるとホッとしますね〜 いくらセミリタイア人生に足を踏み入れたとしても…

マネーフォワードの資産推移を見る限りでは、退職金が振り込まれた1月からこっち総資産は減っていません、というかちょっと増えてます、実は…

それはもちろん各種インデックス投信や日米の個別株に投資しているその含み益の結果なのですが、これらって売却益を得ない限り収入にはならないんですよね〜、当たり前ですが。

だから毎月の収支で考えると、2月以降はずっとマイナス10万円/月だったんです。
それが、ここにきて、ようやくの、プラス!

やっぱりちょっとうれしかったりします^^)

のみを使用した実習

こんにちは、槙です。

今週の木工実習でのこぎりとのみを使用した作品が完成しました。
ジャンッ!砥石台です。
IMG_1120.jpg

仕上げにペーパーとか鉋(かんな)なんかはかけていないので、のみ加工そのままの地肌となっています。

IMG_1121.jpg

裏面はこんな感じで、こちらはより一層キズが目立ちますね。でも凹状に加工した結果、木目がいい感じな模様になっているので気に入ってます。

ちなみに今回一番勉強になったのは、木目による切削仕上がりの違いを如実に体感できたことですかね。

これまで気にしたことは全くなかったんですが、木目の、あの年輪を構成する濃い部分と薄い部分、あれ硬さが全然違うんですよ。
薄い部分はちょうど今時分の植物がどんどんと成長する時に形成されるもので柔らかいです。一方で夏以降、樹木自体の成長は止み、実を作ったり、越冬に向けた栄養を蓄える時期になると、年輪は濃くなってとても硬くなります。
だから木目の方向を見極めて、正しくのみを入れないと切削後の加工面が大変なことになってしまうんですね〜。

具体的に説明するとこんな感じです。
この方向はOKなんだけど、
IMG_1121 ok

こうなると刃が不要な部分まで食い込んでしまって大変なことになります。
IMG_1121 ng

実際には木目に沿ってうまく加工しようとしても形状的に都合良く加工できないし、節もあるしで、キズが目立つ仕上がりなんですが、ここでペーパーがけしたら負けかな…

と言うのも綺麗に切削できたときは「シャクッ」という心地よい音と共に艶やかな加工面に仕上がるんですよ〜、これをヤスリとかペーパーで傷つけるというのは野暮ってなもんです。

研ぎも含めて、いわゆる刃(やいば)ってちょっとロマンがありますね。

男のロマン武器、それはドリル

こんにちは、槙です。

パイルバンカーなんかも燃える武器ではありますが、やはりドリルでしょう!
まさか職業訓練校でこんな胸高鳴る工具を見ることになるとは…
IMG_1122.jpg

これぞ「ドリル!」ですよね〜

ちなみにサイズ感はこんな感じ。
IMG_1155.jpg

この重量感とこれまで実際に使用されてきた細かなキズが醸し出す存在感はなかなかのもんですよ、マジで。


ネタバレするとこれはリーマと呼ばれるパイプを切断したあとのバリをキレイにするための工具です。

今では配管作業の主流になっている自動ねじ切り器にこのリーマ機能も付いているため、写真のような手持ちのリーマ工具を使用することはほとんどないということです。
したがって、この工具を使うのもこれっきり。来年度の訓練生が使うまでお蔵入りです。

う〜む、何かいろいろと惜しい気がする。ヤフオクに出したら結構な値段が付くんじゃないのかな?

3DソフトのSketchUpを独学で学ぼう

こんにちは、槙です。
今日で5月も終わりですね〜 最近は生活が充実しているせいか、時間が流れるのが早く感じます。

さて先日のCAD実習において、持ち込んだノートパソコンの画面に3Dとなった(課題の)椅子を表示させている訓練生の方がいました。テクスチャーも貼り付けてあっていかにもカッコイイ!
「それはなんていうソフトですか?」と聞いてみたら、それが「SketchUp」でした。

正確には三次元モデリング・ソフトウェアと言い、直感的な操作で三次元のモデルが簡単に構築できるようで、建築や教育の分野では広く普及しているとのこと。商用利用ではなければ簡易版が無料でダウンロードできるのも、セミリタイアの身には優しいですね。

早速、家に戻ってからMac版をダウンロードしていじってみると、いとも簡単にこんなモデルを作ることができました。
全画面_2015_05_31_20_04
木工実習で作成した砥石台(ご参考)です。まぁ寸法は適当なんですが…

これは使えるっ! ということで、なにか独学の参考になりそうな図書はないかとAmazonを検索したらあるじゃないですか、どんぴしゃりのものが!


ちょっと値は張りますが、ソフトは無料でダウンロードできたし、この本には練習用データもCDで付属してくるというので、即行ポチりました。

そして今日の午後に届いたので早速いじってみましたが、テキストの内容は懇切丁寧ですし、CDに入っていた練習用データも参考になりそうです。独学でも十分に捗りそうです。

ところで、この著者の櫻井さんも述べていますが、三次元CADは木造建築の詳しい構造を理解するのに大変有効ですね。
私たちの科でも、そういった座学を受けているのですが、テキストは貧弱で参考に配られるプリントも白黒印刷で、しかも立面図(断面図)のみなのでなかなか理解がしづらいです。

一方、三次元CADならばグルグルとモデルを見回すことができますし、何よりレイヤに各構造材を当てはめておけば、表示のON/OFFが簡単に制御できますので、どの構造材がどういった名称かすぐに理解できます。

<全構造材を表示した場合>
全画面_2015_05_31_20_03

<いくつかの構造材を非表示にした場合>
全画面_2015_05_31_20_12
(右上のウィンドウでON/OFFを制御しています)

うちの学校もすぐに採用した方が良いと思う。

続きを読む»

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム