2015年07月 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

ゲートのアニメ化に想う

こんにちは、槙です。

実は今回でこのブログの記事数が100回になりました〜♪

どうせなら100回に相応しい記事をアップしたいなぁ、5月に感違いしたあの件とか、昨今の職業訓練の話にしようか、とあれこれ考えていたらいつの間にか7月になっていました(笑)

で結局、7月ですよ。
7月と言えばアニメも夏クールが始まりますが、このクールでは「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」がスタートするではないですか!
って言うか、早いところではまさに今日ですね。
20150617204603.png

私、この作品とはWeb連載時からの付き合いで、正直かなりはまりました。
どれくらいはまったかと言うと、Web連載の投稿先だったArcadiaのサーバー増強に1万円寄付したほどです。


この作品、当時はゲートという部分はなくて単に「自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」という題名だったのですが、私はこの作品を読んで初めて「偏向報道」という概念を知りました。
そしてその後の民主党政権を経て、すっかり私はネトウヨ予備軍へと成り果てたのです(笑)

ちょっと前に話題になった、池上彰の字幕取り違え事件についても「これゲートにあったわ、まじであるんだ」という感じです。


もちろんベースはオタク向けな異世界モノですが、そこに元自衛官という筆者のディープな軍事ネタと、そのスタンスからくる時事ネタを盛り込むことにより、妙なリアリティを持った右翼小説となっていたと思います。

そんな感じで内容は面白かったけど一般受けはしないだろうな〜、と思っていたらまさかの一般小説化、さらにはありえないと思いつつも願っていたアニメ化!

時代は本当に、本当に変わったものです。

続きを読む»

スポンサーサイト

ここ最近の職業訓練

こんにちは、こう見えても訓練校では優等生キャラで通している槙です^^)

思い返せば、入校式があったのが4月7日でしたので、職業訓練を開始して今日でちょうど3ヶ月経過しました。
ここらで最近の訓練内容に触れたいと思います。

1.木工実習
砥石台を作った後は、仕口・継手加工の練習 → カンナの研ぎ&調整 → 仕口加工を施した踏台の製作です。

その踏台はこんな感じです。
IMG_1327.jpg

そして今日できあがったのがこちら。
IMG_1328.jpg
カンナがけしたら表面がささくれ立ったり(泣)、微妙に脚がゆがんでいたりと、やや難ありですが、まぁそれでも個人的には満足な出来です。


2.造園実習
前回の訓練内容記事以降で一番充実していたのがこの造園実習かな。

竹垣造り。
[before]
IMG_1123.jpg
[after]
IMG_1158.jpg
イボ結びとか難しかった〜。

カイヅカイブキの剪定。
[before]              [after]
IMG_1216.jpgIMG_1221.jpg
てっぺんの塊が大きすぎたのでそれをバラしたらスカスカになってしまいました。でも先生曰く、秋にはいい感じに葉が出てくるとのこと。
他にヒマラヤスギの剪定もしました。

庭石配置。
IMG_1195.jpg
単純に配置しているように見えても、先生に教わったお約束を考慮しながら、あ〜でもない、こ〜でもないと試行錯誤しながら作業したんですよ〜

総じて造園実習は他の実習に比べ、美的センスを問われますね。それはそれで楽しいです。
ただ残念なことに春のカリキュラムは先月いっぱいで終わってしまいました。再開は秋までお預けです。


3.左官実習
造園実習の後に始まったのがこの左官の授業です。

講師の先生は左官歴55年(!!!)の外部の方で、その道では勲章も授与されているという大変なベテランの方です。正直肩書きだけ聞くと恐縮しそうなんですが、授業の合間では仕事の愚痴(「営業はなんでもできるとか言ってかなわん」とか)なんかも披露してくれて、気のいいおじいちゃんという感じです。(本人曰く昔は厳しかったらしい)

とりあえず繊維壁の練習。
IMG_1322.jpg
この一枠が訓練生一人分です。写真は初回の仕上がりですが、この後も剥いで塗ってを2〜3回繰り返し。正直かなりハードでした。


4.LPガス配管実習
2ヶ月以上も及んだ(退屈な)座学が終わり、いよいよ実習が本格スタートです。詳しくはまた別途。


5.CAD実習
例のJW-CAD実習。他の実習で訓練生の体がきつくなると入ります。
この時間、私はSketchUpの自習をしたり、他の訓練生のフォローをしたり…。個人的にはあんまり面白くない時間だったりする(ボソッ)。


とまぁ、こんなとこですかね。
でもこういった知識、技術を身につけると「やっぱり実地で役立てたいな〜」って思っちゃいます。

勤労意欲アップ中?

GATEとオーバーロード その改変方向性について

こんにちは、槙です。

奇しくもWeb小説が原典の2作品のアニメが同時に始まりましたね。どちらもWeb版の頃から愛読し、書籍化の際には「値段高いなぁ」と思いつつも発売後すぐに購入したもんです。

えっ? GATEは前、記事にしていたのに何でオーバーロードの方は今回初めて触れてるのかって?

う〜ん、正直オーバーロードの方は書籍版での改変が私の求めていない方向だったので、アニメもあんまり期待してなかったんですよね。
まぁ、そうは言ってもチェックはしっかりしていたんですが…

で、今回両方のアニメ1話を視聴し、その改変の方向性が対照的だったのでちょっと触れてみたいと思います。


先に「オーバーロード」の方からいきましょうか。

Web初出は2010年。
MMORPGの世界に転移(?)というSAOとかログホラとかでもある設定ですが、この作品の私にとっての魅力は主人公である小市民的主人公のモモンガが無双するというより、その脇に配置しているかつてNPCだったキャラクター達が動きだす群像劇にあったと思います。

たとえばWeb版では転移後の世界を探るために配下の戦闘メイドを街に送っているのですが、そのただの戦闘メイドですら圧倒的な戦闘力を保持しているということが、その周りのキャラの視点から記述されています。それにより主人公の特異性がより一層強調されていたように思います。
ところが書籍版ではその役割は主人公本人に代わっており、主人公本人に無双させています。

またWeb版では登場しなかった主人公LOVEなキャラクターが登場しています。
アニメで見ると、まぁそれなりにしっくりはきましたが、正直書籍版を初めて読んだときは「なんだこれ?」でした。
そんなに売るためにはハーレム要素が必要なのかと…

はい、Web版はかなり硬派ですよ、コレ。今でもなろうかarcadiaで検索すれば読めますので、興味をもったら是非読んでみてもらいたいです。
特に「大虐殺」あたりにおける主人公のサイコっぷりにはしびれます。

でもこういうのあると応援せざるを得ない。
オーバーロード_01
あ、ちなみにアニメは書籍版準拠です。


一方のGATE。視聴し終わっての感想↓
「1話終わってもプロローグすら終わってねぇ、下手すりゃ2話でも終わらねぇぞ」でした。

その分何が付与されていたかといえば、ずばり「自衛隊推し」でしょう。

そもそも主人公の伊丹がカッコよくなりすぎ!
原作の伊丹は、いかに非常事態であろうと見ず知らずの警察官を助けるために素手で異世界人に向かっていったりはしません! せいぜいが自分の身が安全なうちは、その助けられる範囲内の人たちを救助するってぐらいで…

そんな感じで見てたらEDでめっちゃ陸自が協力してた。
GATE.jpg

あ〜、空飛ぶ広報室における陸自の方達が頑張った結果なのかなぁ〜、と考えると正直無条件で許してしいましたよ(^^)

やっぱりモノづくりは楽しい ♪

こんにちは、槙です。

木工実習での踏台は他の訓練生よりかなり早く完成したため、せっかくなので空いた時間に端材をもらい、このような仕口、継手を作る自主練習をしていました。
IMG_1337.jpg

やはり何度か練習するとそれなりに上達するもので、このタイプならだいたい2時間弱で1セット作れるようになりました。

ちなみにこれが「腰掛け蟻継目違い付き(こしかけありつぎめちがいつき)」
IMG_1338.jpg


これが「大入れ蟻落とし(おおいれありおとし)」
IMG_1339.jpg

のこぎりも狙った線をかなり正確に引けるようになり、上達を実感できています。
何でもそうですが、こうなってくると楽しい!どんどんと次に進みたくなるんですよね。

そして「何か他に作るものはないだろうか?」と身の周りを見渡すと、そういえば父がソファから立ち上がるのにいつも苦労しているなぁ〜と。

そんなわけで父のために立ち上がり易いソファ(椅子)を作ろう!と検討開始。

ネットで「ソファ、DIY、椅子、設計図」なんかをキーワードにいろいろと検索したところ、木で作ったフレームにクッションを組み合わせたものや、座椅子を乗っけたものなんかが出てきました。

一方で立ち上がり易い椅子というのは
・適切な座面の高さ
・沈み込みすぎない座面
・力をかけられる肘掛けの設置
・座面の下に足を潜り込ませられる構造
なんかが重要であるとのこと。

それらを踏まえて、安価で、かつ私がこれまでに行ってきた訓練が役立つような椅子を設計してみました。

材料はコスト・手に入れ易さ・取り回しの良さなんかを考慮して、2×4と1×4材を採用。
背板は家に転がっていた和座椅子を流用することでデザイン的な変化を狙う。
あとは2×4材同士の接合はほぞ仕口を用いる前提で設計したところ、こんな感じになりました。例によってSketchUpです。
座椅子チェア_1

白い部分が流用する和座椅子になります。いちおう座面には5°の角度をつけて快適度が増すようなことを考えています。

さてさて上手くできるかな〜

座椅子チェア(?)組み立て完了!

こんにちは、槙です。

この週末にガチで作業した結果、前回記事にした父親用の一人掛け椅子の組み立てが完了しました〜♪

じゃん!
IMG_1365.jpg

座椅子を組み合わせるとこんな感じ。
IMG_1370.jpg

良いんじゃな〜い?と自画自賛したりして^^)

デザイン上のポイントはサイドビュー。
横の部材に薄い1×4材を使うことで、無骨な印象をちょっぴり和らげてるつもりです。
この写真では分かりづらいですけど、座面と直交するかたちで前脚も5°傾いてるんですよ。
IMG_1367.jpg

荷重のかかる背もたれ部には2×4材を使用しました。
IMG_1369.jpg

この肘掛け部1×4材とのつなぎはこんな感じで丸のこ盤で材の厚み半分まで切り欠きを何本も入れた後、のみでさらいました。
IMG_1362.jpg
IMG_1363.jpg

ちなみに作業にはこの丸のこ盤のような電動工具を多数使用しましたが、これは職業訓練生仲間に教えてもらった工房を有料で借りた結果です。
ただこの工房、自治体が委託しているNPO法人がやっているもので非常に安価です。3時間で100円。しかも空調付き!
(これって職業訓練校の環境よりも良いんですけど………)

あとはネジ頭をダボでかくして全体をペーパー掛けしてオイルステインで塗装する予定です。
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム