2015年08月 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

座椅子チェア(ほぼ)完成!

こんにちは、槙です。
今日からうちの学校は夏休みです♪

しかも学生の夏休みには付き物だった課題もなく、休み期間中も失業手当は支給されます! 言うことなしですね。
ただ失業手当が支給されるという建前上、休み期間中も再就職に向けた自宅勉強などをしているということになっているので、大手を振って旅行などに行くことはできません。
もし旅行中に事故にあって、夏休み明けの授業に出席できなくなるようだといろいろと問題が発生するらしいです…

とりあえず夏休み初日の私は木工作業の実践ということで、座椅子チェア製作の続きをしました。

前回の記事で組み立ては完了したので、残す作業は塗装のための下地作りと、塗装です。

この下地作りのために私はこいつ電動サンダを購入しました。

そして塗ったのはこいつ、ちまたで人気のワトコオイルです。


はい、どちらもAmazonのカテゴリランキングでトップの商品ですね。わたくし槙は、迷ったらとりあえず売れているものを選びます(笑)

しかしやっぱり電動工具は楽チンですね。今回のサンダもある程度以上の平面積があるなら、間違いなく作業が捗ります。
あとオイルステインに関しては「ここまで印象が変わるのか〜!」という感じです。

IMG_1377.jpgIMG_1378.jpgIMG_1379.jpg
左から、下地完成後、初回塗布後、拭き取り後の状態になります。

あれ? こうやって見ると最初の下地仕上げの状態も悪くはないですね。
あと塗装後は隙間が目立たなくなったと思ったんだけど、そうでもないのかしらん?

全体像です。
これが
IMG_1370.jpg
こうなりました。
IMG_1383.jpg

アンティーク家具っぽくなりましたかね?

ちなみに座椅子部分との固定はこんな感じでダボで前後にずれるのを防いでいます。
IMG_1387.jpg

座面の1×4材は比較用に塗装しなかったので、ちょっと浮いてしまっていますし、個人的にはオイルステイン塗布直後の艶っぽい方が好みですので、その辺り今後修正する可能性はありますが、とりあえず設計からきっちり行ったDIY作品の1号としての座椅子チェアはひとまず完成です!

次はフィギュアのコレクションケースを作成する予定! 夏休み期間中にできるかな〜?
スポンサーサイト

空き家バンク物件の見学@富山

こんにちは、槙です。
殺人的な暑さが続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は夏休みに入ったこともあり、将来予定している田舎暮らしを実現するべく、田舎の中古物件を見に行ってきました。
場所は以前記事にもした富山です。泊まったのも同じ移住体験施設だったりします。

しかし前回は昨年11月の終わりだったのに対し、今回は真夏です!しかも空調は扇風機のみ!
IMG_1433.jpg

でもさすが古民家ですね。吉田兼好が言っていた「住まいは夏をもって旨とすべし」ではありませんが、窓を開け放って風通しを良くし、その風が当たるところに居れば、過ごせないこともありませんでした。

………ハードル高ぇよ´д` ;

ちなみに今回もぼっち旅でしたので、部屋はこんな感じに贅沢に使用しました!もちろん上の写真とは別の部屋ですよ。
IMG_1405.jpg

それで肝心の空き家バンク登録物件でしたが、結論から言うと「これだっ!」という物件はありませんでした。

でっかい屋敷林とか、蔵が3つもあるとか、水路の水を庭の池に引き込んでたりとか、全般的に豪華な古民家を見ましたが、正直「広すぎる」んですよね〜
結果、お値段も高くなっちゃうし…(ー ー;)

あとこんな感じになっている空き家も多かったです。さすがにこのレベルになると自分では剪定する気になりません。
IMG_1406.jpg

ただ一個だけ「惜しいなぁ」と思える物件がありました。
観光地近くにある土地100坪超、土蔵2つの他に、物置もある7DKの正に古民家!(築年数は不明)
しかも母屋の作りがとても良いんです!柱の素材とか、長押の作りとか、床の間の風合いとか、障子の造作とか…
かつてお客様用に設えたと思われる便所(今は使われていない)の造りとか凄い贅沢なんですよ、ホント。

しかしながら致命的な欠点が二つあったんです。ひとつは中庭の樹が大きくなりすぎていて近隣の迷惑になりかねないこと。また土蔵の梁を覆う漆喰が剥がれており、梁自体の劣化が予想されること、ですね。

そして不運なことに町の中にあることが災いして、表に面していないそれらの中庭や土蔵をなんとかしようとしても、重機が入るスペースが無いんですよ…
なんとかしようとすると、母屋を解体せざるを得無いというジレンマ。

お値段はズバリ1,000万円。これでも更地にした場合の路線価から換算するとずっと安いらしいです。つまり解体費の分を割り引いているってことですね。

昔は酒屋さんだったということで、母屋には7DKの居住スペース以外にも店舗スペースも存在するので、そういった意味でもポテンシャルは高かったのですが、やはりリスクは取れ無いよな〜

空き家再生ワークショップに参加しました

こんにちは、槙です。

「空き家を解体してみました」という記事を3月に書きましたが、そこと同じ物件の活動になります。
今回、職業訓練校が夏休みに入って参加できるようになったので「どんな風に変わったもんか?」と行ってまいりました。

3月の時は周りに雪がたくさん残っている状態でしたが、今は真夏!
こんな雰囲気の中での作業でした。
IMG_1451.jpg

写っているのは助っ人の大工さんで、新たに設置するアルミサッシを嵌めるため、その寸法通りに開口部を作っているところです。

我々参加者はと言えば、外壁のトタンを剥がしたり、その後でそこに構造用合板を釘で打ち付けて外壁の下地作りをしていました。

前回のワークショップでは解体するだけでしたが、今回は窓の取り付け方なんかを知ることができて、それはそれで有意義な体験でした。
あとインパクトドライバーと丸のこも結構使わせてもらったのですが、どちらもマイ電動工具が欲しくなってしまいましたよ^^)

ちなみにいくら都市部よりも涼しいとはいえ30℃超の炎天下での作業でしたので、こまめな水分補給と休憩は必須です。
主催者側はタープを張った休憩所とフリードリンクを準備してくれていました。

あと昼休みはこんな感じに皆で川遊び〜
IMG_1450’
良い雰囲気でしょ?

なお今回の参加者ですが、私以外の一般参加はすべて女性でした!

田舎暮らしは男のロマンだとばかり思っていたのですが、いつの間にやら時代は変わってきているみたいですね。

コレクションケース完成!

こんにちは、槙です。

夏休みの自由研究というわけでもありませんが、DIY作品第二弾ということで、フィギュア用のコレクションケースを作成しました。

「さぁ、作るぞっ!」と決めて、だいたいの構想を練った後に必要になりそうな部材(アクリル板&テープLED)をインターネットで発注し、例によってSketchUpで設計しました。
ま、実際は作成手順の確認を含めてモデリングしているという感じですが…
コレクションケース_-_SketchUp_Make
こんな感じで、背面、底面、側面は木材で構成し、前面と上面はアクリル板で覆うことにしました。

アクリル板は木材の側板に溝と切り欠きを加工し、そこにはめ込むだけの単純な構造にしました。
コレクションケース_-_SketchUp_Make2

一応、今回のテーマとして、トリマーによる加工の実践があります。

トリマーとは材料の面取りをしたり、溝を切ったりする電動工具のことなのですが、前回の座椅子チェア作成の際に工房を使用した時、この工具もそこで使用できることがわかりました。

使えるものは使わせてもらおうじゃないですか!という感じですかね?

木材は1×12材を使用しました。
本当は1×10材で検討していたんですが、設計最中にそれでは寸法が足りないことに気づいて、急遽設計変更です^^)

正直、設計段階におけるこれらのアレやコレ(?)やはとても楽しかったです♪

どんなサイズのアクリル板が入手可能か?
フィギュアを照らしたいんだけど、どうしたら良いか? テープLED? 何それ? サイズは? 付属品は何が必要?
などなど……


そしてその結果がこんな感じですかね〜
IMG_1515.jpg
トリマーによる面取りっ!

IMG_1521.jpg
丸のこ盤&トリマーによる溝切りっ!

IMG_1516.jpg
テープLEDのセロテープによる仮止め。

ちなみにテープLEDはこんな感じで外部に配線しています。
IMG_1518.jpg
ドリルで穴を開けた後、のみで加工。

IMG_1517.jpg
外部から見た感じ。

IMG_1530.jpg
接続したところ。

IMG_1519.jpg
点灯!


フィギュアを飾ってみた。
IMG_1531.jpg
P1020080.jpg

どうですかねっ? ちなみにケースの幅は約60㎝です。

ガンプラなんかも飾ってみました。
IMG_1532.jpg
………ロボットと木目の相性の悪さにガックリですorz

ちなみにこのコレクションケースの製作費は以下の通りです。

・木材
  1×12材 ¥2,138
  カット代  ¥30
・テープLED関連
  テープLED  ¥640
  ACアダプター ¥820
  DCコネクター ¥250
  送料     ¥500
・アクリル関連
  アクリル板(1.5㎜厚)600×450 ¥475
  カット面磨き加工代 ¥464
  送料        ¥900
・工房利用料
  半日(3時間) ¥100

しめて¥6,317でした。

さ〜て、作ったは良いんだけど、どこに置こうかな?

白髪を染めて若返った気分♪

こんにちは、槙です。
今日から職業訓練が再開されました。とは言っても、本格的な実習は明日からですけどね…

それはさておきタイトルの件ですが、思うところあってセルフ白髪染めを実施しました。

実際、白髪自体は30代のころから部分的に存在していたのですが、日々鏡に映る自分の髪に変化はほとんど感じられなかったので油断してたんでしょうねぇ〜

先日の空き家ワークショップで、スタッフがとってくれたスナップ写真を見て驚愕しました!
「こんなに白かったんか!」と。

IMGP3146.jpg

だって普段こんな横とか後ろとかからは見られないですからっ!

そんなわけで、訓練校が再開するのに合わせて、薬局で買ってきた白髪染めを実施。
真っ黒な髪へと生まれ変わりました。

ちょっと真っ黒すぎて重くなってしまったかも^^)

空き家バンク物件の見学@三重

こんにちは、槙です。
もう8月も終わりですね。

さて先日、三重県で田舎暮らし体験ツアーなるものが開催されたので参加してきました。目的はツアーに組み込まれている空き家バンク物件の見学です。

その他には、陶芸や野菜収穫の体験もありましたが、そちらは私にとってオマケです。(陶芸体験はけっこう面白かったですけどね^^)

そして肝心の空き家ですが、今回も「これだっ!」と私の琴線に響く物件はありませんでした………、残念。

せっかくですので、それぞれの物件のレビューなぞ。
(ブログ/SNSに物件の写真を上げるのはOKだと確認済みです)


1件目、築100年の平屋の古民家。賃料¥25,000/月。

でもパッと見はトタン壁に覆われたボロい家。
IMG_1483.jpg

中はこんな感じです。
IMG_1484.jpg
立派そうに見えますが、いかんせん天井が低かった。


2件目、築34年の2階建の売却物件、お値段¥420万円。

なかなか本格的な木造建築です。
IMG_1490.jpg

道を挟んだ向かいにはかなり広い倉庫が付きます。
IMG_1494.jpg
けっこう良さげな感じだったけど、これと言った決め手がなかったかな〜


3件目、神社近くに佇む築150年超の平屋。賃料¥15,000円/月。

でも外観は、やっぱりボロい………
IMG_1497.jpg

一方でその中身はと言うと〜
IMG_1499.jpg
石の上に丸太の土台!
そしてその上に乗るのは、釿(ちょうな)で平らに削った大引か!?
IMG_1500.jpg

これぞまごうかたなき伝統工法ですね!

と、こんな感じで面白い物件ではあったのですが、「此処に住むぞ〜!」という思い入れを感じるほどではありませんでした。
この物件を素材に空き家のワークショップを開催したら喜んで参加するんですけどね。


4件目、築26年の普通の2階建物件。賃料¥30,000円/月。

うん、正直全然趣味じゃ無いわ。
IMG_1502.jpg

あとこれらの地域では下水道がまだ無いとのことですので、4件目を除き汲み取り式のトイレになります。

とまぁこんな感じですかね。


ただ今回のツアーで思ったことがひとつあります。

それは紹介された物件以外にも集落内には空き家はいっぱいあって、むしろ外観から判断するにそちらの方が魅力的でした。
つまりどういう事かというと、気長に探せば掘り出し物もあるだろうという事です。

そうなってくると、いよいよ重要なのは自分自身がいったい何処に住みたいのか? 移住して何をしたいのか? ってことなんだよなー
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム