2016年09月 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

田舎の図書館事情

こんにちは、槙です。

ここ最近はずっと、浴室撤去〜シャワーユニット設置&脱衣室を新たに追加するリノベーション工事の立会いで日中は家の中に閉じ込められ、少々悶々としております。

その閉じ込められている間に何をしているのかと言えば、リフォーム業者が手配したプロの大工さんや電気工事士の仕事っぷりをチェックしたり、だらだらとネットをさまよったり、図書館で借りてきた本を読んでます。

もはやセミリタイア生活の充実度に直結すると言っても過言ではない図書館ですが(個人的見解)、田舎の蔵書状況は一体どんなものか、せっかくなのでご紹介したいと思います。

比較対象は私の実家がある愛知県某市、人口10万人を超える地方都市と鳥取県立図書館です。
読みたいリスト___カーリル1
読みたいリスト___カーリル2

………
……

まぁ私が読みたいと思ってる本で比べるのもかなりバイアスがかかってますが、それでも倉吉市の蔵書が少ないことがわかります。人口が倍以上違うので当然と言えば当然ですが。

ちなみに上の方に並んでいるのは、この前に読んだ池上彰の「おとなの教養」で薦められていた参考書のうち、読んでみたいなぁと思った図書です。

「やっぱり田舎で文化的な生活は無理なんだ」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は鳥取県立図書館の蔵書なら簡単に取り寄せてくれるんです♪

実家にいる頃はそんなことができるとは考えたこともなかったんですが、やはりこれもシェアリングエコノミーってやつなんですかね?

リクエストして2日くらいすると最寄りの図書館まで配送してくれます。
本当はこのリクエストもネット上でできるといいんですけどね。

結論:そんなに悪くはないんじゃないかな?
スポンサーサイト

SUP(スタンドアップパドル)体験しました!

こんにちは、槙です。

実は昨日、柄にもなくSUP(サップ:スタンドアップパドルの略)にチャレンジしてみました。
SUPというのはサーフボードよりもでっかいボードに立ったまま乗って、その状態でパドルを漕ぐスポーツというかレジャーです。
IMG_4945.jpg
これがそのボードです。かなり大きく、また厚みもあって浮力は十分ありそうです。


6月の終わりに鳥取に移住してきて「この夏は海に行く機会もあるだろう」としまむらで水着を購入したのですが、それを使う機会もなく夏が終わろうとしている8月下旬、たまたまSUP体験ツアーが開催されることを知り、お値段もリーズナブルだったので申し込んでみました。

ちなみに普通にSUP体験を申し込みすると約5,000円かかりますが、今回のツアーでは酒飲みの私に嬉しいスルメイカ作りもついて3,500円でした。断然お得ですね♪
SUPが肌に合わなかったとしても、スルメイカを作って後日送ってもらえるのなら満足度は高いと言えるでしょう。


そして昨日の午後1時に待合せ場所に集合し、まずはスルメイカ作りです。
集合場所から作業場所まではバスで移動します。
まぁスルメイカ作りと言っても、イカをさばいて干すだけなんですけどね(笑)
IMG_4955.jpg
一人あたり2杯作りました。
さばいたイカには自分の名前を書いたタグをつけたので、間違いなく自分のやつが送られてくるはずです。

それから集合場所に戻って水着に着替え、またバスでSUP体験場所に移動。
IMG_4956.jpg
SUP体験場所は入江状になっており、波が少なく初心者でも安心な場所でした。

ここで午後3時頃からパドルの動かし方などのレクチャーを受けて、実際に海に入ったわけですけど、私よく考えたら海に入るの20年ぶりくらいだったかも?少なくとも30歳以降、海で泳いだ記憶がないんだよなー

海水はとても澄んでいて実家の方の海とは比べものになりませんでしたねー

そして肝心のSUPですが、ボードの上に立ってパドルを漕ぐことはできました。でもちょっとした波でも気を許すとバランスを崩してしまい、海に落っこっちゃいます( ´ ▽ ` )ノ
久しぶりの海水は思った以上に辛かったなぁ…

やはり海の上という不安定な場所で立つことはバランス感覚が重要ですね、或いは体幹がしっかりしてないと?という感じかな…

正直海に出て20分もしたら足がプルプルしてきました(´Д` )
さすがに無理してもしょうがないので、疲れてきたなぁとか波がちょっと高いなぁと思えばボードに座り込んでパドルを漕いでました。インストラクターさんもそれをオススメしてましたしね。

結局、海の上には1時間もいなかったような気がしますが、終わった時にはなんと言うかぐったりとした疲れを感じていましたね。
実際昨夜はなかなか寝付けなかったですから…

そして今日、予想通りの筋肉痛に苛まれることになりました(^^;)
場所は主に太ももです。
ま、翌日に筋肉痛の症状が出るくらいだから、まだまだ私もいけるか?


全体的な感想として、慣れていなかったせいかもしれませんが、私の場合はボード上に座ってパドルを漕いでいる方がリラックスできて楽しかったです。なのでカヌーとかカヤックの方が良いのかもなぁ。

でもツアー中、個人でSUPをやっていた人も見かけたんですが、その人はシュノーケリングも一緒に楽しんでいました。
そういう自由度の高さはSUPの良いところでしょうね。
立って良し、座っても良し、寝っ転がっても良し、浮かべておいて自分はシュノーケリングを楽しんでも良し、ですから。

民泊のお客さんに薦めるか?と言ったらどうだろう…
一人5,000円だとちょっと薦めにくいよなぁ〜 でも今回みたいに3,500円でスルメイカ付きならオススメですね!

フィギュアミュージアムの行方

こんにちは、槙です。

今日は朝から市議会の傍聴に行ってきました。
IMG_4978.jpg

なぜなら本日行われる一般質問において「フィギュアミュージアム構想と市の対応について」という発言があると通告されていたからです。


このフィギュアミュージアム構想、簡単に説明するとこんな感じです。

まず前提として倉吉の明倫地区には昭和30年に建てられた旧明倫小学校の円形校舎があります。
IMG_1622.jpg
ご覧のように特徴ある建物で現存する円形校舎としては最古だそうです。

中はこんな感じです。
IMG_4201.jpg
IMG_4202.jpg
校舎中央にはこのような螺旋階段があり、
そしてそれを取り巻くように
IMG_4209.jpg
IMG_4217.jpg
教室が配置されています。

この建物、小学校が移転して使われなくなった後も地区の公民館として利用されていたようですが、老朽化を理由に平成18年に閉鎖されました。

その後…

平成24年 耐震調査の結果、最低限の耐震/老朽改修の費用が3.2億円かかるとの試算
平成25年 解体止むなしとの流れ
平成26年5月 円形校舎と体育館の解体に6,900万円の予算

と解体に向けた流れが着々と進んでいたのですが、ここでターニングポイントとなるイベントが発生しました。

そう!グッドスマイルカンパニーの倉吉進出です。

この状況において校舎に思い入れのある保存派はフィギュアミュージアム構想を得、
平成27年2月 円形校舎活用に関する陳情を市に提出。

一方危険だから解体しようと考える人たちも依然いて、こちらは
平成27年11月 解体して福祉施設を整備するよう市に陳情しました。

それから半年くらいはかなりゴタゴタしたらしいのですが、最終的に
平成28年6月 市がフィギュアミュージアム運営会社(円形劇場)に建物を無償譲渡することが決まりました。

ところがその後、フィギュアミュージアムが具体的にどのようなビジョン、収益の見通しを持って運営にあたるのか全く情報発信がないんですよねー

運営側は、フィギュア関連会社3社(グッドスマイルカンパニー、海洋堂、ガイナックス)の協力も得られる!と鼻息荒いようでしたが、別に運営会社(円形劇場)に出資するわけでもなく、あくまでも外部サポートに止まるようですし、なんだかなぁ〜
運営会社には地域の有志約30人で7,700万円の資本金が集まったそうですが、それもな〜
船頭多くして…とかになりませんかね?

コレ、構造的にはいわゆる箱物行政と同じなんですよね。
つまりこの円形校舎を残したいのが目的で、運営は二の次になってると…

倉吉にフィギュアミュージアムはあってもいいかもしれないけど、別に高コストかつ駅からアクセスも遠いところにある必要はないはずです。

このままだと高確率で木下斉氏言うところの「墓標」になりそうなんだよなぁ。
いちフィギュアファンとしては、その墓標にフィギュアミュージアムが名を連ねるのは止めて欲しいと切に思う次第です。

ちなみに一般質問のやりとりで、議員さんは「もっと行政側のサポートが必要なのでは?」ということを言っていましたが、市長の答弁を聞く限り、行政側は一歩引いている印象を受けました。

つまり「民間で頑張ってね!うちは土地の賃料が入るから問題ないし、下手なリスクを負うのは嫌よ」とまぁこんな感じ。

オープンは平成31年4月までを目標にしているらしいけど、さてさてどうなることやら…

大洗視察&5年ぶりの東京行、首都圏は刺激があって良いね♪

こんにちは、槙です。

先日の記事で予告した通り大洗に行ってきました!
せっかく関東方面に行くので、いろいろと他にも予定を入れて計3泊4日の旅となりました。

まずは7日、日も明けきらぬ朝も早よから倉吉駅に行き、
IMG_4982.jpg
人生初となる山陰本線の特急はくと&新幹線で東京へ。

降り立ったのは、秋葉原なんですけどね(笑)
IMG_4992.jpg
考えてみたら秋葉原は14年ぶりでした。

そこで半日見物した後、水戸へ移動し宿泊。

翌日メインの大洗へ移動しました。
IMG_5004.jpg
いろいろと聞いてはいましたが駅を降り立った時点でこれでしたからね〜

ガルパンおじさんのホシノさんに大洗の主要スポットをいろいろと案内してもらいました。
IMG_5051.jpg
ここは魚屋さんなんですが、ガルパン関連の展示物でよくわからない状態に(笑)

その日はガルパンプランのあるホテルに宿泊しました。
IMG_5091.jpg
床の間に飾られた西住まほのポスターにホシノさんはとっても喜んでました(^^)
この辺りの大洗についてはまた別途記事にしようと思います。

3日目は朝から上野に移動して博物館・美術館巡りをしようと思っていましたが、
IMG_5094.jpg
一つ目の東京国立博物館だけで1日が終わってしまいました(´Д` )
実に5時間半いたけど、それでもメインとギリシャ展しか観れてないってどんだけ収蔵物あるんだよ…

これは私のハンドルネームに関連した作品。
IMG_5120.jpg
尾形光琳の槙図屏風だそうです。
ただの偶然ですけど…

ちなみにここ東京国立博物館は一部の作品を除き、撮影可能でした。他の美術館もそうあって欲しいですね〜

その日の夜は大学生時代の友人と渋谷で飲み会。
IMG_5159.jpg

せっかくなのでスクランブル交差点に行ったら動画を撮っている外国人観光客がいっぱいいた。
(私も動画撮ったけどね)

そして最終日の4日目は大学生の頃に住んでいた田無に行ってみた。
IMG_5180.jpg
今は西東京市だけど自分が住んでた頃はまだ田無市だったし駅前にこんな建物もなかったので違和感あったけど、
IMG_5181.jpg
ここに写ってる松屋を見たら懐かしく感じた。
あそこはよく使ったなー

その後、田無近辺をあちこち散策した後、新宿へ。
IMG_5207.jpg
そういえば都庁に登ったこともなかったなー、ということで展望台へ。
IMG_5214.jpg
鳥取と比べてみて改めて実感する関東平野の広大さに感動したり、

IMG_5231.jpg
都庁展望台の売店でフィギュアを売っている現状にビビったりしました。

その後、新宿で招き猫の右手さん緑熊さんと一休でお会いして、オフ会をしました。
とても楽しい時間でした。
改めて考えてみるとセミリタイアあるいは早期リタイアという人種は地方にはほとんど存在していないので同じ価値観で会話できる機会はとても貴重なんですよねー

やはり東京というか首都圏は人口が多いゆえに多様性にも富んでいるし、文化的な刺激も多い。
今回は東京国立博物館しか行けなかったけど他にも行きたくなる美術館・博物館もいっぱいあるし、関連するイベントも多い。

私はもともとは田舎暮らしでゆっくりしたいかな〜と思っていて、別にそれは嘘ではないんだけど、それでもたまにはこう言った刺激を受けるのも良いんじゃないか?と考えちゃいます。

そう考えると、首都圏に第二の拠点を設けるもの良いかも?何て考えちゃいます。
どっかに安い物件ないかしらん?

ガルパン大洗とひなビタ♪倉吉の違い

こんにちは、槙です。

先日、ホシノさんに案内してもらいながら大洗を見て回ったのですが、参考になる部分がある一方で「大洗のロジックを倉吉に持ち込むのはとても無理だな〜」という思いを強くしました。

一番違いを感じたのは「地元の熱気」でしょうか?


2012年のガルパンアニメ放映時、大洗は東日本大震災の影響からなかなか脱却できない状態だったようです。復興が進んでもなかなか客が戻ってこない…
IMG_5063.jpg
これは今も残っているそんな震災の爪痕です。

ガルパンはそんな大洗の状況を一気にひっくり返したわけですから、地元の見る目が変わるのもうなづけますね。

また最初期に大洗を訪れたガルパンファンがアニメファンとしてはかなり高齢な部類に入る40〜50歳代だったことも大洗をアニメ聖地として成功に導いた一因だったように感じます。
コアなミリタリーオタクでもある彼らは、それでも社会でそれなりの地位を築いて生活をしているわけで、商店街の方たちと積極的にコミュニケーションをとったようです。
その中で大洗の現況を知り、また自分たちにできることをしていった(お金を落とすことも含む)と…

あとこの頃は版権的にはちょっとゆるかったことも、勢いを停滞させなかったのではないかと考察します。
(ファンとの交流でいわゆる同人的なアイテムも多く出回ったとか)

TVシリーズ最終2話が落ちて3ヶ月遅れになったのも、大洗的には良いことじゃなかったんですかね?
ちょうど良い感じの準備期間を得て、大洗の海楽フェスタとキャラクターパネルを配置した「ガルパン街なかかくれんぼ」につながったわけですので。
今考えるとあのタイミングは神掛かってたよな〜

これはその時に作られたパネルです。
IMG_5045.jpg
どんだけ解像度低い画像を使ったんだよ!と突っ込みたい。思いっきりジャギーが出てるよ(´Д` )

でもこのパネルは当時の商工会議所の面々が夜な夜な集まって作った物らしいですね。
そういった背景を知るとまた違った印象を受けるので面白いものです。

その後、見かねたバンダイが新しいパネル用のイラストを準備してくれたみたいです。
IMG_5046.jpg

こういった初期の成功体験があったからこそ、今の大洗があるのだとしみじみ思いました。

そして今も大洗の人たちはガルパンファンを喜ばせるために営業努力をしています。
これは大洗で宿泊したホテルのおまけ。
IMG_5240.jpg
詳しいことは割愛しますが、ファンには嬉しいちょっとしたネタが入ってます(笑)

商店街のお店で買い物をするともらえるキャラクターの名刺と、
IMG_5072.jpg

缶バッジ。
IMG_5238.jpg
この缶バッジは新しいものが続々と作られているようで、リピーターの動機付けになってるようですよ。


と、ここまで大洗の状況を説明したわけですが、一方で我が倉吉の強みというか特色って何なんだろう?
正直全然わかんないです(´・_・`)

地元民の期待(あるいは危機感)も大してあると思えないし、コナミ側もどこまでやる気なんだかわからない…
仕掛け人のTOMOSUKE氏の想いだけは感じるんだけど、それでどこまでやれるのやら?

そもそもがガルパンに比べて圧倒的にリーチ力が少ないんだよなぁ〜
アニメになってないから…

ま、要するにその時点でガルパン大洗は参考にならないってことですね。

ひなビタ♪をどのように活かすのか?

こんにちは、槙です。

昨日の記事では「ガルパン大洗は参考にならない」と身も蓋のない終わり方で記事を締めてしまいましたが、正確には「ガルパン大洗的なアプローチをとっても効果的ではないだろう」という意味です。
お酒を飲みながら記事を書いているとどうもいかんですなぁ〜

じゃあどうすればいいのか?ということなんですが、そんなのわかるわけありませんよ!
そもそも私は音ゲーには詳しくないし、ひなビタ♪については3月からのにわかファンにすぎませんので。

だからファンに聞いてみるのが一番なんでしょうね、きっと。


ただフィギュア系オタクの私が個人的に感じたことは述べられます。

まず一番最初に改善して欲しいなと思ったのが「キャラクターパネルの縁にある白い部分をなくして欲しい!」でした。
IMG_3357_201609142206333e4.jpg
IMG_3331_20160914220631fe3.jpg
パネルを製作する上で強度上仕方がない部分とはいえ、白い部分があるとそれだけ周りの風景から浮いてしまうんですよねー

ひなビタ♪のキャラクターパネルは他のものと違い、いわゆるアニメ塗りではなく、元のイラスト塗りそのままとなっています。
したがってグラデーションも柔らかく、周りの風景に溶け込みやすいという特色を持ってると思うんですよね。
そうしたパネルを鳥取各地の観光スポットに持って行って撮影会なんかをしたら面白そうです。

とか思ってたらもう既にやられちゃいました。



そして今日はデレステの新宿駅ジャック広告がやったみたいですね!


これ、素材は何なんだろう? ガラス?アクリル?

この流れを受けて倉吉のひなビタ♪パネルも改修してくれないかなー


あと考えたのは宣伝用にひなビタ♪キャラのドールを作ることでしょうか?

これは大洗で聞いたことなんですが、商店街の店舗で何かグッズを作ろうとすると版権申請してからバンダイから許可が出るまでに5ヶ月もかかるみたいなんですよ。5ヶ月も!

一体どんなお役所仕事なんだよ!と正直信じられないですが、きっとひなビタ♪の版権を管理しているコナミも似たようなもんなんでしょうね。

これじゃあイベント(11月12-13日の紅葉まつり)に合わせて独自のグッズを展開することは不可能です。

あとひなビタ♪キャラクターのイラストなんかを使うのもかなり制約がありそうなので、もっと自由に使える物があればいいんじゃない?ということです。

このアイデアは大洗で見たカチューシャドール&ボークスのドールポイント秋葉原から発想を得ています。
IMG_5066.jpg
これは大洗の豆腐店日野屋さんに設けられたガルパン展示コーナーですが、飾られてるのはたぶんボークスのSD(スーパードルフィー)だと思います。
これ素体だけで数万円のシロモノなはずなんですが、よくも寄贈したもんだなぁ。

ちなみに市販のドールを特定のキャラクターに模する事自体は問題無いはずです。位置付けとしてはコスプレを楽しむ人と同じはずですから。

でもそのドールを使って積極的に営業活動をするのは微妙かも?
よく考えたら二次創作イラストと同じと言えばそうだからなぁ…

ドールってその大きさからフィギュアよりも存在感があって、クオリティが高いものはそれだけで空間の雰囲気を一変させるだけの影響力があると思うんですよねー

事実私も10年以上前その雰囲気にやられてSDとDDを1体ずつお迎えした経験を持ってますから…

残念ながら(?)ドール用衣服の値段の高さに挫折して、海外赴任前に手放してしまいましたが、ひなビタ♪ドールを作りたいという人がいるならちょっとばかり出資してもいいかなぁ〜と思わなくもないです。

だって考え出したらより一層そういうのを見たくなっちゃったんですよ…

セルフリノベーション作業 停滞の理由

こんにちは、槙です。

ここ最近はガルパン大洗視察からひなビタ♪考察とすっかり思考がそっちの方向に行っちゃってました。
昨日もキャラクターパネルの写真をもとにした合成写真を作って遊んでました。いろいろと検討してましたし(^^)



他にも今話題の映画「君の名は。」を見に行ったりと、とても充実したオタクライフを過ごしていたわけですが、その一方で、業者に頼んでいた浴室解体とシャワーユニット&脱衣所&洗面台設置の工事が先月26日から始まっており、それがこの13日にようやく終わりました。

今回の工事も動画を編集するつもりでいろいろと素材を撮っていたので「いい加減やらねば」ということで、ようやく今日編集してYouTubeにアップしました。(シャワー設置までですが)



正直な話、仕事じゃないんだから別に動画編集とか、もっと言えばセルフリノベーション(≒ゆる起業)だって、急いでやらなくてもいいんですよねー

ただ、トイレとシャワーが綺麗になり、今いる居住スペースでそれなりに過ごせている今現在、ここで鞭打っておかないと、このまま、この状態で数年いきかねんな、という危機感もあるのです。

理由はわかってます。
次の一歩を踏み出すには電気配線を抜本的にやり直す必要があり、そしてそれをミスると今の生活ができなくなる恐れがあるからです。

「じゃあ業者に頼めばいいじゃん」と言う意見もあろうかと思いますが、それならそれで「せっかく取得した電気工事士の資格が活きないではないか!」という変なプライドに基づく葛藤があったりして…

当初の予定では9月には概ねリノベーション作業が完了しており、残った荷物を送るため、一旦実家に戻る予定だったんですが…
(そういった予定を話していた引越し業者から昨日連絡があったのがまた危機感を煽るんですよねー)

それでも、なんとか11月の紅葉まつりを目標に、暫定でもいいので営業にこぎつけるようしたいなぁと、この記事を書く前まで考えてたけど、改めて考えると、このタイミングでドール作る方が面白いかもしれんな?

真面目に検討してみるか?

脱衣室設置の動画アップと洗面台LED照明の取付

こんにちは、槙です。

秋雨前線と台風の影響で雨が続いていますね。
気温も一気に下がったので、私も部屋着をTシャツ&ハーフパンツからスウェットに変えました。

そして昨日から続けていた動画編集がようやく終わったので早速YouTubeにアップしました!


思った以上に時間がかかったなぁ〜
動画自体も4分弱とかなり長くなっちゃったし…

ちなみにこの動画を編集するのにかかった時間は4時間強となっています。
なのでもうブログを長々と書くのはもう勘弁という感じですね(笑)

ただ洗面台の上に取り付けた照明と鏡についてはここで補足しておきます。

洗面台照明はAmazonで購入したコレを使いました。


開封してみると取扱説明書は英語でした。
IMG_5242.png
IMG_5244.png
品質は値段なりという感じでメッキ塗装されたプラスチック部品のバリが気になりましたね。
説明書の内容も???という部分があり、さすが中国製というところ?

ちなみにこれは電気配線を左下の白いコネクタに直接突っ込む必要があるので、取り付けには電気工事士の資格が必要です。ご注意下さい。

それでも実際に取り付けて点灯してみるとかなりの明るさで満足度は高かったです。配線も機器から飛び出すことなくキレイに収まりました。


一方、鏡は浴室についていたものを再利用しました。
IMG_4880.jpg

取り外した鏡をキレイに洗い、ホームセンターで購入したプラスチック製の鏡止め(4個セットで¥205)で壁に取り付けました。
IMG_5298.png
鏡の縁についた汚れは落ちませんでしたが、パッと見では目立ちませんので問題なしです。

作業着手から約20日、作業日数10日間のリフォーム作業でした。
ちなみにこれでお値段なんと125万円!

正直高い感じもしますが、解体から左官、給排水設備、シャワー据付、大工、電気工事士、内装といった業者さんがそれぞれ入ったので割高になった気がします。

やっぱりセルフでやるのが一番安上がりってことだろうなぁ。
道具を揃えなきゃいけないことを考えるとあまり現実的ではないけど…

カメラ教室に参加、初めてF値を理解した

こんにちは、槙です。
なかなかセルフリノベーション作業に着手できない… (´Д` )

そんな中、近場でカメラ教室が開催されるというので参加してみました。

植田正治写真美術館塩谷定好写真記念館に行って写真撮影に興味が増していた私ですが、以前シャッタースピードを変更させて撮った写真が全然うまくいかなかったんですよねー

IMG_1083.jpg
シャッタースピードを遅くしたこの写真はちょっと画面が明るすぎだし、

IMG_1084.jpg
逆に早くしたら画面が真っ暗になるし…

正直???という感じでした。

で、今回カメラ教室行ったおかげでそのうまくいかなかった原因がわかりました!

ズバリ「カメラがあかんかったから」です。

実は上の写真は一眼レフではなく高倍率デジカメのシャッター優先モードで撮影したものなんですが、もともと高倍率デジカメはその構造上、光を取り込む量が少ないそうですね。(私は今回初めてF値という単位を理解しました)

F値の小さい一眼レフ+レンズを使えば簡単に狙った写真を撮ることができました。

シャッタースピード:1/3200
P1020174.jpg

シャッタースピード:1/15
P1020177.jpg

他にも絞りを調整することでボケ感をコントロールする技を取得しました!

絞り:f/1.7
P1020140.jpg

絞り:f/14
P1020138.jpg

今回のカメラ教室では6年前に約4万円で購入したパナソニックのミラーレス一眼を持って行ったわけですが、思った以上にキレイに撮れてびっくりしました。

なんかレビューを見るとこのパンケーキレンズは今でも高評価のようですね。


ちなみに普段よく使っている高倍率デジカメでも同じように絞り優先モードでボケ感を出そうとしたのですが、ほとんど変化は感じられませんでした。

絞り:f/5.6
IMG_1977.jpg

絞り:f/8
IMG_1978.jpg

ほんのすこしだけ下の写真の方が背景がくっきりしているかな?(標識の文字とか)
正直このレベルなら絞り優先モードはなくてもいいです。

ま、要するに用途が違うということですね。
高倍率は高倍率なりにそれでしか撮れない写真がありますので…

例えばこんなのとか…
IMG_1120_2016092511310653d.jpg
遠近感が消えて街並みが平面的に見えますね。

ちなみに私の使っている高倍率デジカメはアメリカにいるとき買ったキヤノンのものです。


今回のカメラ教室は半日で¥1,200でしたが参加して良かったです!
これでほとんど眠っていたミラーレス一眼の出番も増えるでしょう。

佳子さま、ご来鳥!

こんにちは、槙です。

ニュース等でご存知の方もいらっしゃると思いますが、先週末、佳子内親王殿下が鳥取にいらっしゃいました。
主な目的は倉吉市で開催された手話パフォーマンス甲子園へのご出席でしたので、せっかく市民になったことですし、そのお姿を拝見しに行くことにしました。

事前の報道によると、手話パフォーマンス甲子園にご出席なさった後、開催場所と隣接するなしっこ館を見学され、さらに白壁土蔵群を視察されるとのこと。

おそらく白壁土蔵群ならば拝見できる機会もあるだろうと思いつつ、とりあえず手話パフォーマンス甲子園会場の倉吉未来中心に向かいました。

開催場所の大ホール以外の1階吹き抜け部分にライブビューイングがあったので、そちらで30分ほど見ていましたが、周囲に配置されていたテレビモニターは問題無いんですが、メインのプロジェクターは周りが明るすぎたのかスクリーンが暗くて見れたものではありませんでした。あれなら無い方がマシだったでしょう。

ちなみに倉吉未来中心のメインエントランス側にはこんな感じの痛車?が置かれていました。
IMG_2002.jpg
IMG_2003.jpg
このキャラクター達は手話パフォーマンス甲子園に協賛しているらしく、冴えカノのキャラデザである深崎暮人さんがデザインしているようです。う〜ん、よくわからん…(とりあえずリンク貼っとく

白壁土蔵群での場所取りもあるので手話パフォーマンス甲子園が終わる1時間前には会場を離れようとメインとは反対側の出口から建物を出ようとしたのですが、その時、若い感じの警備員に止められました。
「なんで???」と思っていたら、どうやらそのタイミングで佳子さまが通路を歩いていたらしく、そのまま私が進むとそのお姿を拝見できる位置に到達するらしかったです。

拝見できるとは言っても言われなければそのまま素通りしてお姿を見ることもないわけですが(通路が交わる位置で右を向けばその可能性があった)そのあたりの徹底ぶりはちょっと感心しましたね。


その後、白壁土蔵群へ移動したわけですが、そこかしこに警察官の姿が…

そしてメインの場所に行くとすでに警察官の仕切りの元、結構な人だかりがありました!
IMG_2004.jpg

今回、私の主たる目的は佳子さまをこの目で拝見することでしたが、もうひとつ佳子さまとひなビタ♪キャラのツーショット写真を撮ってやろう!というのがありました。

周りを見渡すといつもと違う位置にまり花と咲子のパネルがありました。
IMG_2006.jpg
IMG_2005.jpg
彼女たちも佳子さまを迎える気のようです。

おっと、ねんどろいどたちも!
IMG_2042.jpg


実際に佳子さまをお迎えする前、何度か警察官によるリハーサルが行われました。
せっかくなので私も写真撮影のトライを重ねます。

初回
IMG_2024.jpg
タイミングずれたー

2回目
IMG_2027.jpg
タイミングはばっちりだけど、ピントがイマイチ

3回目
IMG_2030.jpg
これならイケる!

4回目
IMG_2032.jpg
ダメだー!
ちょっと歩くの早すぎじゃない?

もうとりあえずワンチャンにかけるしかありません!

ちなみにこの頃にはこんな感じでした。
IMG_2028.jpg
すでに身動きは取れない状況です。

そして最後のリハーサルから17分経過したその時、とうとう佳子さまがいらっしゃいました!
IMG_2044.jpg
IMG_2045.jpg
ちょ、取り巻き邪魔だよっ!

で、この後私の狙っていた撮影ポイントにくるわけでしたが、
………
……

すぐ手前にいたおじさんが私の射線を塞いでしまいシャッターチャンスを逃してしまいました ・゚・(つД`)・゚・

まぁ、こんなもんですよねー


かなり打ちひしがれた後、それでもと腕を伸ばして撮ったのがこの写真です。
IMG_2047.jpg
IMG_2050_20160927223519019.jpg
お美しい…(* ´ ▽ ` *)

ちなみに視察ルートはこんな感じでした。
Google_マップ
私はお迎え位置①の一番手前側にいました。

翌日ニュース番組を見ていたらこんな感じで報道されてましたね。
IMG_5328.jpg
グッスマの看板と佳子さま。

ま、これでとりあえず良しとしよう。
プロフィール

槙

Author:槙
こんにちは、槙です。北米出向を機にセミリタイアを決心し、ついにそれを実現した40代のおじさんです。
1年間の職業訓練を終え、2016年 鳥取に移住。現在は民泊ゆる起業の準備をしています。
ひなビタ♪絶賛応援中!

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム