2017年03月01日 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

三橋貴明氏の講演を聞いてみた

こんにちは、槙です。




主催は鳥取県中部中小企業青年中央会という団体らしくFacebookのイベント情報を見つけました。
今回の講演は会員以外も申し込みができ、無料だというので参加しない手はありません。
会場は倉吉駅前のホテルセントパレス倉吉。

他の参加者はやはりスーツ姿が圧倒的でしたね。
一方私はジーンズにトレーナー、そしてワークマンで買った防寒着という出で立ちでしたので、とても肩身が狭かったです(。-_-。)

講演の内容は要するに、国は緊縮財政をすぐに止めるべき!インフラ投資も積極的に進め、鳥取に新幹線を作ろう!的な感じ。

ご本人がブログ記事をアップしているようですのでリンクを貼っておきます。
参考:日本国の発展途上国化を食い止めるために

限界費用ゼロ社会到来派の私にとっては違和感のある主張です。
三橋氏は金沢や岡山を例にインフラを作るから人が集まるんだ!と主張しますがどっちも人口流出は続いてるんじゃないっけ?

特に違和感を感じたのは以下の2点。

1.今の若者もお金があれば消費する
ま、そりゃ確かにそうかもしれませんけど、そのお金を手に入れるのに高生産性社会で大変な思いをするんであれば「別にいらないよ」とならんですかね?

2.少子化で人手不足になるため、技術革新などが起こり最終的に給料が上がる
(ちょっとニュアンス違うかも…)
私が今の社会で一番懸念しているのは、地方の雇用においてかなりの部分が老人向けの介護や医療サービスということです。
これはつまりここに投入されるリソースは社会全体の富の増加には繋がらないことを意味します。(多くの)老人は何も生産しないから…
高度成長期とはこの部分が圧倒的に違うんですよねー
そしてここで働く人の給料を上げる≒税金が上がる、と…


要するに何が言いたいかというと、介護ロボットの普及はよ。
願わくはセリオ(ToHeart)みたいなの。
スポンサーサイト
プロフィール

槙

Author:槙
こんにちは、槙です。北米出向を機にセミリタイアを決心し、ついにそれを実現した40代のおじさんです。
1年間の職業訓練を終え、2016年 鳥取に移住。現在は民泊ゆる起業の準備をしています。
ひなビタ♪絶賛応援中!

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム