2017年11月 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

大山紅葉ドライブ、今が見頃です♪

こんにちは、槙です。

一週間前の10月26日と、今日11月2日、大山周遊ドライブしてきました。
IMG_0212.jpg

先週も含めて私の大山周遊ドライブはだいたい以下のルートになります。

倉吉→蒜山高原→蒜山大山スカイライン→鬼女台展望台→鍵掛峠→大山まきばみるくの里→豪円山→鳴り石の浜→塩谷定好写真記念館→倉吉

走行距離はだいたい100kmくらい。

まぁ、先週は鍵掛峠〜桝水高原間が通行止だったため、鍵掛峠で折り返し、半周しかできませんでしたが…
せっかくなので紅葉の穴場スポットと言われている東大山大橋の紅葉を見に行ったのですが、逆光でよく紅葉が確認できませんでした。その写真がコレ。
P1030165.jpg

そのリベンジを兼ねて今回は逆光にならない午前中に、直接東大山大橋に向かいました。蒜山と鬼女台展望台は今日はパスです。
IMG_3327.jpg
ふむ、なかなかですね。やっぱり一週間前と比べるとだいぶ色付いたようです。

IMG_3331_20171102210537aad.jpg
こちらは倉吉方面になります。

ちなみにこの橋は結構な高さがありますので、高所恐怖症の方は下を見ない方がいいですね。



その後、奥大山スキー場から大山を眺めてみました。同じ場所にある木谷沢渓流には何度か行っているのですが、スキー場側に入って大山を眺めるのは初めてでしたが、なかなかのものでしたね。芝生の上で写生をしている方が結構いらっしゃいました。
この時点で平日とは思えないほどの車の量にびっくりです。バスまで来てたからな〜



そしていつもの鍵掛峠に。先週に比べるとだいぶ赤く色づいていましたね。



人たくさんと言いながら、誰も写真に写っていませんが(笑)
IMG_3343.jpg
大山まきばみるくの里では、当然のようにソフトクリームをいただきました。

そして冠雪と紅葉を見られるのを期待していた豪円山でしたが…


残念ながら雲がうっすらとかかっており、大山がくっきりと望めません(´・_・`)
IMG_0228.jpg
雲の切れ間でも、どうもくっきり見えないんですよね〜 時間帯の問題なのかしらん?

いつまでもいるわけにはいかないので適当に切り上げて戻りました。これはその途中で撮ったジオラマ風写真。
IMG_3359.jpg
こういうのもたまには面白いですね。

この後は、塩谷定好写真記念館に行ってカラーボード切り絵の写真をちょっと撮って、カフェで読書しました。



帰り際に撮った波しぐれ三度笠とイカ。
IMG_3360.jpg
今日は高倍率コンデジも持っていったので、ちょっと違った雰囲気にしてみました。

帰宅してから、一週間前との比較GIF画像を作ってみました。


その分、ドライブルートがちょうど良い感じに色づいていて、運転していてとても楽しかったです。
IMG_0232.jpg
ここはたまたま都合よく撮影できた場所ですが、ここよりもキレイだったところはルート上いっぱいありました。

明日からの三連休は渋滞しそうだなぁ〜
スポンサーサイト

不動滝で滝行したら面白そう

こんにちは、槙です。

先日、お隣の湯梨浜町にある今滝と不動滝を見に行きました。

特に予定のない天気の良い平日でしたから、前からちょっと気になってたスポットの写真撮ってGoogleマップに登録でもしようとしたんですね。

まずは今滝です。駐車場に車を停めてちょっと歩くと、小屋の向こうに滝が見えてきます。
IMG_0115.jpg


滝の落差は44mあり、なかなかの迫力です。

でも一番驚いたのは滝の近さ!ですね。
IMG_0121.jpg
こんな感じに滝の真下まで簡単に行けそうです。

ちなみにここでは滝を間近に眺めながら食事を頂ける「滝床料理」が楽しめるそうです。
参考:湯梨浜町観光協会 今滝「滝床料理」

(2018/4/18 YouTubeにドローン空撮動画がアップされたようなので貼っときます)



次に不動滝です。車でたどり着くのにちょっと遠回りが必要でした。ナビ任せにせず、実際の道に設置されている看板を注意深く追っていった方が良いと思います。
P1030235.jpg


こちらも滝まですぐです。今滝に比べると落差はそれほどでもなく、途中で岩に当たるので水のエネルギーはだいぶ抑えられている感じです。
IMG_0125.jpg
これを見たとき「滝行できそう!」と反射的に思いました。

最初の今滝でも「滝行できるかも?」と思ったんですが、さすがに44mの落差そのままに水が落ちてきて、それが体に当たることを考えると、とっても痛そう><
しかし落下エネルギーが抑えられている不動滝なら自分でも滝行ができそうな感じでした。いや、滝行なんてやったことなんてありませんけどね…

その後は温泉(^^)



そして家に帰ってGoogleマップに写真を登録しようとしたら、なんと滝行してる写真がすでに登録されているではありませんか!

もうちょっと調べてみると、どうやら厄年の男性が滝に打たれる行事が30年も続いているそうです。
参考:鳥取県観光案内

どうせなら対象を厄年の男性だけに限らない、滝行体験プログラムなんてものを作ってみてはどうでしょう?>湯梨浜町観光協会さま

モニターなら私が立候補しますよ〜

投入堂に登拝してきました

こんにちは、槙です。

先日、日本一危険な国宝とも言われる、三徳山の投入堂まで、登って参拝してきました!
IMG_3369.jpg
鳥取移住以来、ずっと参拝したかったんですよね〜

投入堂に関しては去年こんな記事も書きました。
参考:まり花たちには投入堂へ参拝してほしい!
(この記事をきっかけに、ガルパンおじさんホシノさんとの交流が始まったんだなぁ)

実はこんな記事を書きながら、自分は投入堂には行っていないという…

いや〜、だって危険だからという理由で、一人だと登らせてくれないんですよ、ココ(´・_・`)

そんなわけで悶々としていたら、筑後守さん(@tikugokanri)が投入堂を一緒に登るオフ会?を開催するという情報が流れてきました。
これはありがたい!とすかさず参加表明しましたよ。


残念ながら当初の予定日は雨のためキャンセルとなりましたが、翌日もOKだった筑後守さんと私、そして登山口で一緒になった女性の、合わせて3人で登りました。

この日はアクションカムを持っていったので、胸のところにチェストマウントハーネスで固定し、登る様子を撮影しました。
それを編集したのがこの動画です。

サムネイル画像は以前ファブラボで作った切り絵です( ̄ー ̄)ニヤリ

動画を見ていただければわかると思いますが、滑り止めのついた作業用手袋がすごく役に立ちましたね。オススメ。

登拝自体、すごく楽しかったです(*^_^*)
ルートも変化に富んでいたし、絶景も拝めたし…

個人的には怖さはあんまり感じなかったかなぁ? 文殊堂の、グルリと周囲を回るところはさすがにビビりましたが、それ以外のルートは特に不安はなかったです。

下りも、滑りそうなところは姿勢を低くして、手もついて慎重にいったので、スイスイと、登りよりもかなり短い時間で下りることができました。

ただ、やっぱりハードな行程なので、下りる途中には膝がプルプルしてましたが(笑)

翌日には、予想通り太ももが筋肉痛になりましたが、羽衣石城まで登ることができるくらいでしたので、まぁ普通の筋肉痛で済んだということでしょう。



来年の春になったら、また登拝しよう。
宝物殿なんかもじっくり見物したいし… ただ下山後の疲れ切った状態で見るのは無理だから、登拝前にね。

祝セミリタイア3周年!そして3年目の心境変化

こんにちは、槙です。

anniversary03.png

11月11日はポッキー&プリッツの日だったりしますが、私にとってはセミリタイア記念日になります。こちらはちょうど3年前に書いた記事。
参考:セミリタイア突入!

セミリタイア直後は、実家居候しながら映画やドラマを視聴&読書のニートな日々を過ごし、2015年度は1年間の職業訓練。
そして2016年には鳥取に移住、職業訓練で得たスキルを活かし、激安で購入した自宅のセルフリノベーションしようと思ってたところに、鳥取県中部地震!

それから約1年が経過しているわけですが、その頃から意識することがあります。
それは「倉吉がイケてる街であって欲しい!」ということです。

私はIターン型の移住なので、100%純粋に私だけの意志で、移住先を決めました。

そうするとですね、その移住先である倉吉の評判が悪かったり、イケてなかったりすると、我が事のように感じてしまうんです。
つまり「自分が移住した街がダメ ≒ その街を選択した自分自身がダメ」こんな風に。

で、そうならないようにいろいろと考えるようになりました。
参考:倉吉まちづくりはこのコンセプトでどうだろう?

そして冨山和彦氏のこの本の影響が以外に大きかったかも…
参考:有名企業からの脱出

ここでは40代が重要な鍵を握ると述べています。50代の価値観におもねるのか、それとも30代の若手に未来を託すのか、40代の判断が責任重大とのこと。

そうなんですよね〜、まさに私がこの40代真っ盛り!
この本読んでから「もうちょっと前向きに活動しようかな」なんて思うようになりました。具体的には「新しい社会に向けた、古い体質の打破」みたいなものでしょうか?

幸いにして私は気楽な独り身ですので、その過程で何かトラブルがあったとしても自分が対処すれば良いだけなので安心です。もしこれが家族連れなんかだと、子供同士の付き合いに影響が出たりして二の足を踏むでしょうが…

そしてちょっとやってみると、自治体も小さいので結構話がしやすかったりします。
そんな訳でファブラボの提案をしたり、デジタルアーカイブの提案をしたりと、あれこれするようになりました。

すぐに結果に結びついている訳ではありませんが、いろいろと顔見知りは増えたかな〜、とは感じていますね。

あと自治公民館活動についても、ちょっと仕掛けていきたいです。同世代のメンバーと話をすると、やっぱりいろいろと問題は感じているみたいですし。
参考:自治公民館活動(自治会)について


さてさてセミリタイア生活4年目はどんな感じになるかな?

Googleローカルガイドのポイント付与条件変更にみる人工知能戦略の進化

こんにちは、槙です。

昨日、こんなメールがGoogleから届きました。
バッジ

これまでは獲得ポイントに応じたレベルだけが、無報奨でGoogleマップの充実に協力する我々ローカルガイド達に与えられるものでしたが、これからは4種類のバッジも与えられるようです。
参考:Googleが食べログとTripAdvisorを凌駕する日は近い
参考:Googleローカルガイド、11日でレベル5に到達

早速自分のバッジを確認してみると…
IMG_0584.jpg
槙アイコンの下に5つのバッジらしきものがありますね。

一番左はこれまでも存在した「レベル」です。ちなみに私のレベルは現在7です。

その右に並んでいるのが、今回追加された「バッジ」のようです。

一つずつ確認してみましょう。


これは「写真バッジ」です。
IMG_0586.jpg
私がもっとも力を入れている分野ですので、いきなりマスターとなっていました\(^-^)/
影響力とある写真の表示回数が我ながらスゴイ!なんと470万回です!

次は「情報確認」のバッジ。
IMG_0587.jpg
こちらはエキスパートです。今朝見たときはビギナーだったんですが、情報の確認をちょっとすればエキスパートに昇格しそうだったので、チャチャっと確認してみました。

3つ目は「開拓」。
IMG_0588_20171122191710e3a.jpg
「なんだこれ?」と思いましたが、どうやら最初に情報を登録すると昇格していくようです。
こちらは口コミをあと5個登録すればエキスパートになりそうです。

最後のバッジが「口コミ」。
IMG_0589.jpg
写真に比べればあんまり登録してないけど「ビギナーはないだろう?」と思ったら、役立ち度という項目で「200文字を超える口コミの投稿」というのがありました。

「なんだソレ?」とローカルガイドのサイトを確認してみたら、いつの間にか口コミの文字数が200文字を超えると、ボーナスポイントが付与されるようになっていたようです。
参考:ローカルガイドのヘルプページ

実はこのポイント付与の条件はちょくちょく変わっていて、そしてそこからGoogleの戦略みたいなものが読み取れるのがまた面白いんです。

私がローカルガイドを始めた頃は、写真は1スポットにつき1枚までしかポイントが付与されませんでした。
ところがそれからすぐに枚数無制限にポイントが付与されるようになりました。

おそらく当初は画像を保存するリソースがあまりないのでポイント付与の枚数を制限していたのでしょう。
その後、そのリソースが十分になった&人工知能による機械学習のネタとして自由に使える画像データが欲しくなった、ということで枚数無制限にポイント付与されるに至ったのではないか?と考えています。

今回の長文口コミを優遇するポイント付与の条件変更は、口コミの内容までも人工知能で解析させる準備が整った、と考えるのが妥当でしょう。

ローカルガイドとしてGoogleマップの情報を登録するのは(田舎だと)RPGのマップ埋め、みたいな感じでちょっぴり楽しい面もあるのですが、こんな風にGoogleの人工知能戦略を夢想するのも、なんかワクワクするものです(*^_^*)

なんちゃってデスクこたつを自作してみた

こんにちは、槙です。

めっきり冬の到来といった感ですが、少しでも自宅にいる時間が快適になるよう、久しぶりにDIYをしてみました!

我が家は古い木造建築なんですが、昨年の地震のせいかあちこち歪みが生じています(´・_・`)
そのおかげで隙間風がピューピューと入り込んで、ストーブを点けていても冬はとても寒いんです…

IMG_0590.jpg
これはエレクターで組んだデスク下の様子。
正面の建て付けの悪い掃き出し窓から、冷気が侵入してくるんですね〜
キッチンフロアヒーターで足裏だけはあったまるんですが、どうにも効率が悪いです。

今シーズンになって、電気膝掛けを新たに導入したので、せっかくならキッチンフロアヒーター&電気膝掛けのふたつでそこそこの寒さにも耐えられるようにしたい!

ということで、デスク下をぐるっと囲って、暖かい空気が逃げないようにしようと…
目標はデスクこたつです。


早速家の中を物色すると、こんなものが見つかりました。
IMG_0598.jpg
セリアで買った断熱シートです。
夏の厳しい日差しを遮るために、窓に貼り付けていたものです。サイズも大きいのでちょうど良い感じです。

こいつをデスクの金属部分にマグネットで取り付けてみることにしました。
デスク下の寸法を測り、その寸法でカットします。

マグネットはダイソーの超強力マグネットを使いました。
IMG_0595.jpg

IMG_0593.jpg
結構ぴったりとくっつくもんですね。


裾の部分は廃材を利用して、タッカーで止めることにしました。

デスク脚間の寸法でカットした廃材を床に置き、
IMG_0592.jpg

タッカーで止めます。
IMG_0594.jpg
廃材を固定していなかったので、タッカーで止めるのに少し苦労しましたが、なんとかうまくいきました。

IMG_0599.jpg
ちょっとシワがよっちゃったけど、気にしな〜い。

あとはフリースの膝掛けとバスタオルを、脚を入れる部分の左右にそれぞれマグネットで吊り下げて、なんちゃってデスクこたつの完成です♪
IMG_0596.jpg

IMG_0597.jpg
あちこちに隙間ができちゃってるのが残念ですが、とりあえずはこんなもんで (^-^)/

使用した百均アイテムは以下の通りです。
・断熱シート ×2
・超強力マグネット 4個パック×4
トータルで¥648でした。


さて、今度はなんちゃって内窓でも設置しますかね。

なんちゃって内窓を設置してみた

こんにちは、槙です。

今日は、西側の窓になんちゃって内窓の設置作業を行いました。

安価な内窓としては「簡易内窓」というものがあります。
私も以前、実家の浴室に設置したことがあります。
参考:DIY!! DIY!!
商品は確かこれ。
エコな簡易内窓(アクリサンデー株式会社)

クリアのプラダンに、プラスチックのフレームをはめ込み、別に取り付けた窓枠にセットするものなんですが、以外にフレームと窓枠の部品が高いんですよね。

フレーム&窓枠なしでできないかなぁ〜、とネットを検索すると、やっぱりそれでやっている人がいました。

ならば私にもできるであろうと、部材を準備してトライです!


主な材料は以下の通り。

・3mm厚のガラス戸レール。
IMG_0607.jpg

・クリアのプラダン。ハモニカーボという商品名でした。
IMG_0622.jpg

・レール接着用の強力両面テープ
・プラダンカット面を保護するアルミテープ

他にプラダンの代わりに解体した壁材(4mm厚のベニヤ板)も使用しました。コストダウンのためです(^-^)


さて実際の取り付け作業の前に、極力隙間を減らす準備をします。
IMG_0600.jpg
合わせ目のゴムパッキンが劣化しているのか、盛大に隙間があります。

新しいパッキンを準備するのも面倒なので、カラーボードの切れ端を2枚重ねて、突っ込んでみました。
IMG_0601.jpg
カラーボードは潰すこともできるので、1mm程度の寸法差は許容してくれます。
アルミサッシの汚さには触れないでください…

IMG_0602.jpg
ご覧の通り、すっかり隙間がなくなりました!

アルミサッシと窓枠にも隙間があったので、手持ちのコーキング剤を充填。
IMG_0615-ANIMATION.gif
これで準備作業は完了です。


早速ガラス戸レールを取り付けます。レールの裏に両面テープを貼って所定の位置に貼り付けます。
IMG_0621.jpg
下部レールと、
IMG_0620.jpg
上部レールです。
なおそれぞれ1本では足りなかったので、途中で継いでいます。

あとは寸法通りに壁材とプラダンをカットします。
壁材はノコギリ、プラダンはカッターでカットしました。

そしてプラダンの断面には中空構造の中にゴミなどが入らないよう、アルミテープで保護します。


あとはそれをレールにセットして完了!
IMG_0625.jpg
右側が壁材を使用した部分です。

もうちょっと拡大したのがこの写真です。
IMG_0624.jpg
正直、レールで上下が塞がれるわけなので、アルミテープの保護はいらなかったかも…

開け閉めのために作ったつまみ。
IMG_0627.jpg
養生テープの簡易版だけど、もうこれでいいや(笑)


結構簡単にできたな〜、というのが正直な気持ちですね。

ただフレームが入っていないので、この内窓はたわみます。むしろたわむのがデフォ。

そこで、そのたわみを利用して隙間ができなくするのが重要でしょう。

具体的には4枚の窓の並びを、上から見て
ー__ー ではなく
ー_ー_ このようにし、それぞれの窓が重なる部分を設けます。

そして窓のたわみがレール中心線の方向に向くよう設置し、その重なる部分で、たわみ同士が干渉するようにすれば、窓同士が接触することになり、隙間がなくなります。

つまり窓の断面を横からみた場合、 ()ではなく、 )( このようにするってことなんだけど、わかるかな?


今回かかった費用は、
・ガラス戸レール上下セット×2=¥904
・クリアプラダン×2=¥2,980
・強力両面テープ(10mm幅)=¥645
・アルミテープ(ダイソー)=¥108
トータルで¥4,637でした。

次は掃き出し窓だな。
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム