2018年03月 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

カラーボードを利用したS.I.C.武器の展示方法

こんにちは、槙です。



S.I.C.とはSuper Imaginative Chogokinの略で、主に仮面ライダーを取り扱っているバンダイの可動フィギュアブランドです。
造形作家さんのアレンジが加わったデザインが好きで結構集めてました。

可動フィギュアなので、武器やフォームチェンジのための換装パーツも入っており、ディスプレイした際、それらをどうするかが考え所でした。

私もこれまでいろいろとものづくりをしてきましたので、そこで培ったスキルを活かして、S.I.C.武器の展示方法を考えてみました!


まずは武器パーツをカッティングマットの上に並べます。
IMG_3634.jpg
動かないよう、ねりけしを固定用に使いました。
IMG_1347.jpg
なお画角ができるだけ小さくなるように望遠で撮影しています。

次に撮影した画像をInkscapeにインポートします。
_sic_01_svg_-_InkscapeB.jpg
そしてカッティングマットの寸法と実際のサイズが同じになるよう画像サイズを調整します。

そうしたらあとは武器の外形に沿ってレーザーカットの加工線を描いていきます。
_sic_01_svg_-_InkscapeA.jpg
_sic_01_svg_-_InkscapeC.jpg

武器のバランスを考慮しながら、加工線のパーツを配置していきます。
sic_03_svg_-_Inkscape.jpg

加工用のデータができたので、ファブラボのレーザー加工機でカラーボードをカットします。
IMG_1356.jpg

このままだと武器が落ちてしまうので、武器の形状を見ながら、裏からカラーボードの切れ端を当てていきます。
IMG_1379_20180301185532626.jpg
IMG_1380.jpg

武器をセットしたら出来上がり!
IMG_1378_20180301185531e23.jpg
なかなかうまくいきました (^-^)/


ただ、もともとはこの武器の手前にフィギュアを置こうと思っていたのですが…
IMG_1359.jpg
ご覧のようにかっこよくディスプレイした武器が見えなくなってしまいます orz

武器単体で額装して飾るか、あるいはある程度高さのある棚にして、武器が隠れないよう展示した方が良さそうですね。
スポンサーサイト

配当金の総合課税&住民税申告不要で確定申告完了

こんにちは、槙です。

タイトルの通り、いまセミリタイア界隈で話題の方法で確定申告をしてきました!

ちなみに確定申告の準備は二日前ファブラボにいた時にはじめました。

とっかかりの手順としてはこんな感じ。
⑴マネーフォワードから各月の明細データをダウンロード
⑵Googleスプレッドシートに貼り付けていき、1年分のデータを1ファイルにまとめる
⑶経費扱いのレコードを見つけて勘定科目を入力する
⑷同時に該当する領収書(レシート)に紐付けのためのナンバーを記入して整理、ファイルにも入力する
⑸Amazon購入品やETC料金は領収書をダウンロードし、保管用のフォルダにまとめて管理
⑹ひたすらに⑶〜⑸を繰り返す

上記作業でだいたい5時間くらいかかったでしょうか?
あとは勘定科目でピボットテーブルを作るだけで、経費の集計は一発ですので簡単ですね。

先週のファブラボは久しぶりに利用者も見学者もいない日でしたので、広い机に領収書並べてゆったりと作業ができました(笑)

そして国税庁のサイトで入力を開始、所得税の申告に取り掛かるところではたと思い出しました。なんか確定申告の話題でTwitterのタイムラインが賑わっていたな〜、と。

それで改めて調べてみてわかったことが、タイトルのやり方だとお得になる!ということです。
詳しくはさいもんさんのブログ記事をお読みください。
参考:【超朗報】上場株式等の配当の課税方法、実質見直しで所得税と住民税を別々に分けることができる!【配当生活に追風】

具体的には配当金から源泉徴収されていた税金から12万円ほどが還付されることになりました。だいたい一ヶ月分の生活費です。かなりでかいですね o(^▽^)o


そして今日の午後一番に税務署行って確定申告の書類を提出。その帰りに市役所の税務課に寄って「配当金の申告不要届けをしたいんですが」と窓口の女性に尋ねたわけです。
そしたら確定申告の控えを求められたので、それを手渡したところ、今度は「平成30年度分市民税/県民税申告書」というのを渡されました。
この書類いろいろと記入欄があるのですが、今回申請したい項目は存在しないらしく、結局欄外に直接「配当所得の住民税申告不要」という文言を書いて提出とあいなりました。このあたりは自治体によって違ってきそうですね。


鳥取移住してからは配当金以外の収入はほとんどありませんでしたが、今年はなんとか民泊をオープンさせようと目論んでいます。
そうなるといよいよ青色申告の本領である65万円控除を狙う必要が出てきます。そのためにもいい加減に複式簿記を勉強しないとなぁ…

アルミの名刺入れをレーザー加工してみた

こんにちは、槙です。

いきなりですが、どうですかコレ!なかなかのもんでしょ?
IMG_1497_20180308163745d7c.jpg
ちなみに画像の女の子はひなビタ♪に出てくる霜月凛です。

こちらはPLフィルターで反射光の有無を表現したGIF画像。
P1030462-ANIMATION.gif
ご覧のように反射光がないとかなり画像は暗いです。
でもそれが良いんですねぇ〜、例えるならば漆器に描かれた絵みたいに、表面の質感が漆で統一されているみたいな?


ここに至るには苦々しい失敗の歴史があります。それがコレ。
IMG_1500_201803081700435cf.jpg


一見きれいに加工できているようですが、加工跡がツヤのない白になってしまって、思ってたのと全然違う仕上がりになってしまいました(ー ー;)
一応裏面で試し加工して、パラメーターを出したはずなんですが…

結局その後、もう一度裏面で加工したのですがやっぱりそれもダメ。
仕方ないので改めてパラメーター出しのために猫をいっぱい加工するハメに。
IMG_1503.jpg
この時点でこの名刺入れは練習用素材となりました。

ちなみに素材となっている名刺入れはコチラ↓

1個540円です。結構バカにならない…

IMG_1502_20180308170044355.jpg
できればこの名刺を入れるポケットで試し加工ができると良いんですが、出っ張りがあるため加工が出来ないんですね〜


昨日のゴールド名刺入れでおおよそ掴んだパラメータが、レーザー出力16%、スピード70%、500PPIでしたので、今日は心持ち低めのレーザー出力14%で裏面の試し加工をスタートしました。(試しといっても背景だけを変えた別バーションですが)
経験上、黒色の素材は他の色に比べて低出力でも加工できるということがわかっています。おそらく熱の吸収が良いせいでしょう。

ところが加工が終わった後を確認すると、うっすらと図柄が確認できるくらいで、ほとんど加工できていない!
仕方ないのでもう一度同じパラメータで加工→ほとんど変わらず

以下レーザー出力16%→18%→16%→18%と加工を繰り返したものがコチラです。
IMG_1498.jpg
パッと見だとどんな絵だかはわかりませんが、シックな感じで良いな〜とコレで完成としました。

そして本番のおもて面ですが、さすがにまた何度も加工するのは億劫です。
そこで「ま、こんなもんかな〜」と適当に決めたレーザー出力25%で加工しました。

それが一番上の写真なんですが、6回も加工を繰り返した裏面より図柄がくっきりしています。適当に決めたわりには良い線いってました。

とは言ってもやはりアルマイト層の加工は難しいですね。感覚的には色によってアルマイト層の厚みがだいぶ違うような気がします。

なので試し加工ができる材料がある場合を除き、低出力の加工を何度も繰り返した方が失敗がなさそうです。


ちなみにファブラボのレーザー加工機はユニバーサルのVLS2.30、レーザー出力は25Wです。

続きを読む»

山陰にも春が来た!大山周遊ドライブ

こんにちは、槙です。

今日、今年に入ってから初めて鳥取県中部を離れ、大山周遊ドライブへと行ってきました。
IMG_3648.jpg

いや〜、しかしほんとあったかかったですね〜
出発したのは11時と遅めだったのですが、ドライブの最中一番気温が低かったところで12度くらいでしょうか。
念のためダウンジャケットも持って行ったのですが、全く出番はありませんでした。





今日は先日届いたメイドインアビスのナナチを持って行ったので、道の駅 蒜山でちょこっと撮影なんかもしてました。


下の写真はその時撮った別の写真と、それを画像加工アプリ「Prisma」で修正したもの。
ナナチ2
イマイチな写真な腕でもなかなか面白い絵になったりするので楽しいです(^^)





Googleローカルガイドとして写真を登録するために立ち寄ったのですが、ちょっとだけ見える大山が印象的でした。





この後、道の駅 奥大山に寄って、先週発売になったばかりの奥大山ブルーベリーヨーグリーナを購入しました。
IMG_1541.jpg
IMG_1543.jpg
味はもちろん美味しいんですが、久々にこのペットボトル触れるとあまりのやわやわさに驚きます。

あと江府町の萌えご当地キャラ「えびちゃん」のグッズがけっこう置いてあったのも地味に驚き。せっかくなのでコースターの画像でGIF作ってみました(笑)
IMG_1538-ANIMATION.gif
いや、購入してないんですけどね…

その後、しばらく大山が見えない状態で国道181号線を走った後、溝口で大山方面に折れてしばらくすると見えるのがコレ!


いや〜、やっぱりそれまでの大山の姿とまったく趣の異なる滑らかな稜線は富士の名にふさわしい!
鳥取西部の人たちはコレがデフォなんでしょうが、私にはドライブしないと拝めないのでありがたいお姿ですね〜



同じ公園から望遠で撮った大山北壁。
IMG_3656.jpg
やっぱり北側の方が雪は多く残っているようですね。



今までに訪れた時は閑散としていたんですが、今日は地元の小学生やサーファー、それから観光客らしき人もいてそこそこの賑わいでした。ここでもフィギュア撮影しようかと思ってましたが断念 (´・_・`)






田んぼには草が生えてきて緑が景色の中に増えてきました。
晴れマークの少ない山陰の冬ですが、今週は晴れマークの方が多いし、何より気温が20度超えの日もあるみたいです。

もう春ですね♪

廃材で郵便受けを作ってみた

こんにちは、槙です。

外壁の工事も徐々に進んでおり、今週中には完了しそうな感じです。
そんな中、私のセルフリノベーション意欲も復活してきています。特に今日は気温が20度近くまで上がったので、作業にはうってつけ!

そこでリビング予定の場所に転がっている廃材を片付ける意味も含めて、郵便受けを作ってみました。
IMG_1575_20180313191452a59.jpg

もともと我が家の郵便受けは玄関脇の壁に開いた横長の穴から玄関内に落とし込むタイプでした。
IMG_1588_2018031417402011c.jpg

IMG_1578_201803131915094c7.jpg
上の写真は玄関内部から撮ったものですが、ちょっと穴の幅が狭く、A4封筒は半分に折らないと入らない状態でした。
メール便なんかもかなり無茶な状態で突っ込まれていることもあり、そのうち改善したかったんですよね〜

そこでお昼を食べた後、転がっていた廃材を見繕って3時間ほどで作ったのがこちらです。
IMG_1572.jpg
主な材料は以前解体したパレットです。

郵便物は上ぶたを開けて投入します。
IMG_1573.jpg
A4封筒は当然として、回覧板も入るはず。

ハガキや封筒など、通常の郵便物はこちらから取り出します。
IMG_1574.jpg
留め具はマグネットキャッチを使用しました。
最初、100均マグネットを埋め込んでみたんですが、磁力が弱すぎた&下ぶたの反りのため使い物にならなかったので、改めてホームセンターで買ってきました。
またその反りのせいでハガキなどは落下の可能性があったので、発泡面木の端材を貼り付けてみました。これだけでは落下を100%防ぐことはできないのですが、落ちた時は運が悪かったと思うことにします。

モルタル壁への設置はL型金具を使用して、コンクリートビスで固定しました。
IMG_1577.jpg
事前に下穴を開けたあとでコンクリートビスを打ち込みます。

真横から見るとこんな感じ。
IMG_1576.jpg
下側を固定したせいで上部に隙間ができちゃってます。これは郵便受けの裏にもともとの投入口があったのですが、それが若干モルタル壁から飛び出ていたため、結果的にこうなっちゃいました (つД`)ノ

仕方ないので通常からは見えにくい郵便受け左側面を、底部と同じようL型金具で固定しました。


構造検討から設置まで4時間弱で出来ました。
ここにある廃材で作る!という縛りがあるせいか、余計なことを考える必要がなくサクサク作業は進みましたね〜

やっぱり設計を進める上で重要なのは、何らかの制約を与えられることなんですかね?
新しいものが購入できる場合、選択肢が多すぎてなかなか決められないんですよね。

ちなみに新規に購入したものは、ステンレス蝶番2個で¥280、マグネットキャッチ¥105、合計¥385でした。


仕上げですが、今回は塗装せず、ロゴと名前をステンシルで入れてみようと思います。

廃材で玄関周りをデコってみた

こんにちは、槙です。

郵便受けを昨日作ったわけですが、廃材はまだまだあります。
参考:廃材で郵便受けを作ってみた

IMG_1586.jpg

一方で我が家の玄関はこんな感じ。
IMG_1582.jpg
一応引き戸なのでどちらからも開けられるのですが、片側にアコーディング式の網戸をつけているため、実質右側からしか出入りしません。
またセルフリノベーションの最中で、玄関脇から中の様子が見えすぎちゃうのも何とかしたいな〜と思っていました。

そこでパレット廃材と、天井を吊っていた野縁を材料にセルフリノベーション的なものを設置してみようかと…


まずは原寸通りにカットした野縁を縦に設置します。キツめでカットしたものをハンマーで押し込みました。1本緩かったのは、下に折ったダンボールを挟んで調整してます。

その後、パレット廃材を打ち付けていきます。
IMG_1589.jpg
バランスをみながら適当に。
IMG_1590.jpg
IMG_1591.jpg
ここまでで野縁2本に渡すパレット廃材の打ち付けは完了です。
これくらいでも良いかな?と思わなくもないですが、目隠しとするにはもうちょっと必要だろうと、作業継続。
IMG_1592.jpg
適当にカットした廃材を片持ち状態で打ち付けていきました。
倒れこみ防止のため、上部をL型金具で固定、下部は石ブロックを置いてあります。

最後に取り外しておいた郵便受けを再取り付けして完了!
IMG_1593.jpg

全体の印象はこのようになりました。
IMG_1596.jpg
ちょっと色味がごちゃごちゃしすぎかなぁ? あと一番下に打ち付けた板はいらなさそう。

そのうちオイルステインを塗布してみようっと。

ステンシルで玄関をデコってみた

こんにちは、槙です。

おとといの記事の最後に予告した通り、玄関周りをステンシルしてみました。
参考:廃材で郵便受けを作ってみた
IMG_1610_201803151805041f9.jpg
なかなか良い感じです。

Before
IMG_1593.jpg

After
IMG_1608.jpg
もうちょっと文字を入れても良いかな〜と思いつつも、ふさわしい文言が見つかりません。「S.I.C.」「G.F.F.」などは私のフィギュアコレクションから取ってきてます。

以前、作ったひなビタ♪りんのステンシルもアクセントとして入れてみました。
IMG_1609.jpg
なかなかインパクトありますね。
なお下地の上下が白っぽくなっているのは、表面を平滑にするためヤスリをかけたためです。


使用したステンシルシートは当然ファブラボで作ったものです。
IMG_1598.jpg
ステンシル対応フォントで文字をタイプし、Illustratorの機能でそれをアウトライン化すれば、それでもう加工用のデータは出来上がりです。めっちゃ簡単。あまりの簡単さに申し訳なさを感じるくらい(笑)

参考までにに、郵便受けに使用したフォントは「Gunplay」、それ以外は「Black Ops One」です。ググればダウンロード可能です。

ひなビタ♪のステンシルシート。
IMG_1600.jpg
まり花のデータがPPシート用だったため、結局りん一人だけをステンシルすることに。


ステンシル自体は以下の手順で行なっています。

まずステンシルの位置を決めて、シートをテープで止める。
IMG_1601.jpg

スプレーが周りに飛び散らない様、マスキング。
IMG_1602.jpg
この後なんどもこのマスキング作業をしましたが、この写真で左右をマスキングしているアクリルの保護シートが使いやすかったです。A3程度の大きさ、ある程度のコシ、塗料が浸透しない表面加工と、まさにうってつけでした。

出来上がりです。
IMG_1603.jpg
あらかじめステンシルシートの裏側にスプレーのりをしていたのですが、廃材表面がザラザラすぎていまいち食いつきが悪かったですね。

郵便受け。
IMG_1605_20180315181257b7c.jpg
figureのあたり、ステンシルシートが浮いてボヤけているのがちょっと残念だったかな…
まぁでも元が廃材ですので、そこまでこだわる必要もないでしょう。


そうそう今回は198円で買ったアクリルスプレーを使用したのですが、匂いがとても臭かったです。部屋の中で使用する場合はちょっと高めですが水性スプレーを使用した方が良いでしょう。

民泊開業に向けてやる気ゲージが増えてきてます

こんにちは、槙です。

柄にもなく五日連続でブログを更新してます。おそらくこのブログを開設した当初以来ではないでしょうか。
春が来て気温も上がり、いろいろと活動しやすくなっているのもありますが、やはり外壁修繕工事が入っているのが大きいですね。

昨年はセルフリノベーションはいったん置いといて、ファブラボの活動に浮気してましたが、外壁が治ってしまえばセルフリノベーションを延期する理由もなくなってしまいます。

他にもこのブログで時々記事にしていた「くらよしフィギュアミュージアム」があと3週間ほどの4月7日にオープンしたり、愛知県のフィギュア製造会社びーふるさんが倉吉に工場進出する調印式があったりと、倉吉とフィギュアを取り巻く環境が急展開を見せております。
日本海新聞:フィギュア製造びーふる 倉吉に工場進出


さて、そんな中いよいよ民泊新法(正式には住宅宿泊事業法)の施行に伴う届出がスタートしました。昨日はあちこちでニュースになっていたのでご覧になった方も多いと思います。

私自身、セミリタイアして何をしようか?と考えたとき、2014年11月にはオタク古民家シェアハウスとか言ってました。
参考:古民家で移住体験してきました

その後、職業訓練を受けている1年の間に、シェアハウスよりももっと気軽に交流ができそうな民泊に路線を変更したわけですが、それからでも2年が経過しています。

もともとはグレーな状態だった民泊ですが、その2年の間に国による法の整備も整って、大手を振って民泊事業ができるようになったわけです。

ならばそのタイミングに合わせて開業するのがわかりやすい!
ということで、6月開業に向けてセルフリノベーションを加速させていこうと思います(^^)

フィギュアライズラボの衝撃

こんにちは、槙です。

昨日の夕方に発表になったバンダイの新ブランド「Figure-rise LABO」には驚かされました!


私はもうかれこれ15年間フィギュアを集めていますが、今回の発表はフィギュア趣味に足を踏み入れるきっかけとなったS.I.C.の仮面ライダークウガを店頭で見かけて以来の衝撃でした。
参考:売るべきか、売らざるべきか

だって別々な色の樹脂を一つの型に「複層」で成形するんですよ!?
2807159f-1265-4568-9b1f-ba9011a1a3db_jpg__1500×1500_
すげぇ技術だな、ホント。

もともとバンダイはレイヤードインジェクションという技術で瞳パーツを成形するということをしています。
IMG_1722.jpg
ただこちらは各ランナーから適切な圧力で樹脂を注入すればできるのかな〜というイメージができたのですが、今度のフィギュアライズラボの肌はどうやって成形をコントロールするのかさっぱりわからない!謎技術!

その技術を確かめるべく速攻ポチりました(^^)/




ここ最近のスケールフィギュアはどんどん高価格になっており、一体で2万円を超えることも珍しくなくなってきました。こうなってくると既存のファンは離れていくし、新たなファンの獲得も難しくなってきます。このまま業界全体が衰退していくんじゃないか?という漠然とした不安がありました。

2年前のブログ記事にはこんなことを書いていました。
それでも昔5,000円もせずに買えていたことを思うと、今の一万円超するのが普通になっている状況はキツイ。
もうちょっとシンプルだけど味わい深いフィギュアがあれば良いのに、と思わざるを得ません。(つまりは製作コストの安い造形ということですが…)

参考:宮園かをりが我が家に来た

その後、EXQに代表されるプライズ品の急激な品質向上を目の当たりにして、上記の不安はかなり薄れてきてました。


これらは3Dによるデジタル造形と、手作業の塗装工程をできるだけ省く仕様によって、高品質と低価格のバランスを実現したんだろうと予想できます。

手前のスカジャンの青い部分や、
P3290062.jpg

奥のニットのワンピースなど、
P3290063.jpg
表面に細かな凹凸をつけて、無塗装でも元の素材が感じられるような工夫をしています。

しかしながら肌ののっぺり感は如何ともし難かったのですが、今回のバンダイの技術でそのあたりも低価格で実現できるような目処がたったように思えます。

そう考えるとフィギュア業界の未来は一気に明るくなった気がしますね!

外壁修理が終わったので、これまでを経緯を振り返ってみる(写真多め)

こんにちは、槙です。



3月1日に足場が組まれて早ひと月、無事外壁の修理が終わりました!

思い返せば2016年10月21日、このツイートからこの3月までずっと我が家にはブルーシートがかかったままでした。

とりあえず自分一人でどうにかこうにかし、上から吊るす感じでブルーシートを設置したんですが…

3ヶ月ほどで剥がれてしまいました(´・_・`)



でもラッキーなことに本職のボランティアの方がたまたま空いていたおかげで、その翌日にはしっかりとしたブルーシートが貼られることになりました!



これでとりあえず一安心ということでゆったりと構えていたわけですが、当初改修をお願いしていた業者にいろいろあってキャンセルされ、別業者に頼んだのが昨年末。

冬の間は雪などもあるので作業はできず、3月になってようやく外壁修繕工事が始まりました。


そして下地から浮き上がってしまったモルタルを剥がし終わると衝撃の事実が発覚!


構造を補強するためにこのように斜めに入っていたはずの「筋交い」
IMG_1463.jpg

なんとそれが腐って、途中からなくなっていました!
IMG_1464.jpg
斜めに黒っぽくなっていのが筋交いの残骸。このあたりはかなり雨漏りしていたようで、土壁も崩れて下に落ちていました。

どうやらこの筋交いが腐って効かなくなっていたため、よその場所よりも揺れがひどく、結果外壁が剥がれ落ちたようです。

もう乾いた笑いしか出ませんでしたが、とりあえず大工さんと相談して外壁修理を優先することにしました。

その日のうちに下地から浮いていたモルタルを剥がし、
IMG_1469.jpg

防水透湿シートをタッカーでパチパチと止めていきます。
IMG_1473.jpg
IMG_1472.jpg
ここまでは一気にやってしまいます。でないと雨漏りしちゃいますんでね。

その後は職人さんが一人でのんびりと作業をしていました。
IMG_1481.jpg
IMG_1492.jpg
まずはこんな感じで新たな外壁になるサイディングを止めるための下地材を打っていきます。
「とにかく安く!」とお願いしていたので、再利用の材料のようですね。

屋根の下まで打っていきます。
IMG_1496.jpg

下地を貼り終わったのがこちら。
IMG_1563.jpg
ちょっとわかりにくいですが…

その後は規格品のサイディングを貼っていきます。
IMG_1580_20180329154312ce8.jpg
規格品とはいえ、細かい形状は現物あわせでカットして貼り付けていきます。
IMG_1581.jpg
この頃、私は玄関周りのリノベーション作業をしていました。
参考:廃材で玄関周りをデコってみた

そして18日までにはサイディングを貼り終え、後は隙間をコーキングで埋めるだけというところまできました。
IMG_1621.jpg
緑の線はコーキング材がサイディングにつかない様にするためのマスキングテープです。

ただこの後、ぐずついた天気が続いたため、結局コーキングを打ったのは先週の土曜日になってからでした。
IMG_1708.jpg

その時点で修繕工事としてはほぼ終わりだったんですが、やはり足場が外されないと工事気分が抜けないということもあり、今日を持って工事完了です(^^)
IMG_1723_201803291559546df.jpg
元のモルタル外壁と似通ったサイディングを選んだおかげで、あんまり違和感なく仕上がった様に思います。

何はともあれ東京行く前にひと段落ついてよかった!
(構造補強については別途考えます)
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム