会社の積立制度 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

会社の積立制度

これまでの検討で基本的にインデックス投資で運用していくことに決めましたが、海外在住の今、できることはありません。
せいぜいが親の口座を借りて資産運用のイメージを掴むくらいです。

そんな時、会社から半期に一度の福利厚生見直しの案内が届きました。

その中には会社の積立制度や従業員持ち株会などがあるのですが、私もそれらの制度に加入しています。
今回セミリタイアを考えだして初めてのタイミングですので、早速見直しを検討してみました。

まずは生命保険会社が運用している主に持家目的で積み立てる制度。持家目的に限り利率が優遇されます。
私はすでにマンション購入時にこの制度を利用しているので優遇利率は適用できないのですが、自己都合の払い出しでも年率1%を超え、大変お得になっています。

そこでこの積立制度の積立額を大きく増やす申請をしました。ボーナスと月々の給料それぞれ。

が、申請をした後ではたと気づきました。確かあの制度、しばらくの間は元本割れするんじゃなかったか?と。

早速調べてみると、積立時に積立額の1.3%、毎月の積立残額に対して0.008%の手数料がかかっているようです。これに対して年率が1.25%ですので複利の月率に換算したら0.1035%になりました。
つまりトータルの月率は0.1035-0.008=0.0955%になります。つまり積立時に取られた1.3%を回復するためには13ヶ月を超えて保有しないといけないわけです。
確かに説明にも13ヶ月間元本割れするとの但し書きが書いてありました。

20年近く利用してきながら、こんな基本的な「手数料が取られるから元本割れする」ことを知らなかったとは、けっこう愕然としましたね。

ちなみに個人年金の手数料も上記と同じ%でした。

現在の私の計画では早ければ来年の4月、遅くとも再来年の4月には退職するつもりですので、すぐに申請をキャンセルし、新たに積立額を最低額にする変更をしました。
本当は積立中断が良かったんですが、積立中断は産休などによる休職者しかできないようです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム