GATEとオーバーロード その改変方向性について - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

GATEとオーバーロード その改変方向性について

こんにちは、槙です。

奇しくもWeb小説が原典の2作品のアニメが同時に始まりましたね。どちらもWeb版の頃から愛読し、書籍化の際には「値段高いなぁ」と思いつつも発売後すぐに購入したもんです。

えっ? GATEは前、記事にしていたのに何でオーバーロードの方は今回初めて触れてるのかって?

う〜ん、正直オーバーロードの方は書籍版での改変が私の求めていない方向だったので、アニメもあんまり期待してなかったんですよね。
まぁ、そうは言ってもチェックはしっかりしていたんですが…

で、今回両方のアニメ1話を視聴し、その改変の方向性が対照的だったのでちょっと触れてみたいと思います。


先に「オーバーロード」の方からいきましょうか。

Web初出は2010年。
MMORPGの世界に転移(?)というSAOとかログホラとかでもある設定ですが、この作品の私にとっての魅力は主人公である小市民的主人公のモモンガが無双するというより、その脇に配置しているかつてNPCだったキャラクター達が動きだす群像劇にあったと思います。

たとえばWeb版では転移後の世界を探るために配下の戦闘メイドを街に送っているのですが、そのただの戦闘メイドですら圧倒的な戦闘力を保持しているということが、その周りのキャラの視点から記述されています。それにより主人公の特異性がより一層強調されていたように思います。
ところが書籍版ではその役割は主人公本人に代わっており、主人公本人に無双させています。

またWeb版では登場しなかった主人公LOVEなキャラクターが登場しています。
アニメで見ると、まぁそれなりにしっくりはきましたが、正直書籍版を初めて読んだときは「なんだこれ?」でした。
そんなに売るためにはハーレム要素が必要なのかと…

はい、Web版はかなり硬派ですよ、コレ。今でもなろうかarcadiaで検索すれば読めますので、興味をもったら是非読んでみてもらいたいです。
特に「大虐殺」あたりにおける主人公のサイコっぷりにはしびれます。

でもこういうのあると応援せざるを得ない。
オーバーロード_01
あ、ちなみにアニメは書籍版準拠です。


一方のGATE。視聴し終わっての感想↓
「1話終わってもプロローグすら終わってねぇ、下手すりゃ2話でも終わらねぇぞ」でした。

その分何が付与されていたかといえば、ずばり「自衛隊推し」でしょう。

そもそも主人公の伊丹がカッコよくなりすぎ!
原作の伊丹は、いかに非常事態であろうと見ず知らずの警察官を助けるために素手で異世界人に向かっていったりはしません! せいぜいが自分の身が安全なうちは、その助けられる範囲内の人たちを救助するってぐらいで…

そんな感じで見てたらEDでめっちゃ陸自が協力してた。
GATE.jpg

あ〜、空飛ぶ広報室における陸自の方達が頑張った結果なのかなぁ〜、と考えると正直無条件で許してしいましたよ(^^)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム