鬼瓦を作ってみた - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

鬼瓦を作ってみた

こんにちは、槙です。

実は一ヶ月以上前に近隣の陶芸教室で鬼瓦を作るワークショップがあったので参加してみました。
ようやくその作品が焼きあがったということで、本日早速引き取ってきました。

作品のモチーフはコレ↓
6b796153.jpg
特撮テレビドラマ『牙狼』に出てくるライバルキャラ銀牙騎士絶狼(ゼロ)です。

最初は主人公の牙狼にしようかと思ったのですが、ワークショップで取り扱う瓦はいぶし瓦でグレーが基調になるので、シルバーがイメージ色のゼロにしてみました。

そもそも「鬼瓦作ろう!」と思ったきっかけは、シルバーウィークの山陰旅行で瓦のシャチホコに興味がわいたので、高浜市のかわら美術館とその周辺の鬼みちを散策したときに感じたひとつの疑問です。

IMG_1933.jpg
それは「鬼瓦って(上の写真にあるように)フリーダムなんだからキャラものはないのかなぁ?」ということでした。

特に私の好きな牙狼なんかは「この世の闇に潜む魔物「ホラー」を狩ること」が役割なんですから、厄除けの意味合いを持つ鬼瓦とは相性が良さそうなんですよね〜

そんなわけで家に戻って早速「牙狼 鬼瓦」でインターネット検索するもヒットせず…

なんか悔しかったので「それじゃあ自分で作ってやる!」ということで鬼瓦のワークショップで検索したら、ちょうど良い具合の時期に近隣で開催されるというではありませんか。
えぇ、そのまま勢いで申し込みをしましたよ(笑) 半分は酔った勢いですね^^

それで参加料¥5,000を払って作ったものが、今日出来上がりました!
ドドドン!
IMG_2336.jpg
焼きあがったら良い感じの色合いになりましたね。


そして全体像がこちらになります。
IMG_2335.jpg

………
……

どうしてこうなった orz

ゼロはこんな面長じゃないのに…

いやぁ、作っている最中からわかってたことではあるんですけどね〜
かっこいいのがぶっつけでできるわけありませんよね〜

ちなみに制作時の環境はこんな感じです。
IMG_2080.jpg
焼く前とは色が全然違います。

ま、作品自体は残念な出来に終わりましたが、加工自体はすごく簡単で、割れたりしないかな?と思ったところも問題なかったので、けっこう製作の間口は広いんじゃないかなぁ?と感じました。

ただ問題は色でしょうねぇ。

鬼瓦は形状が複雑なため、釉薬をつけようとしてもうまく定着しないのだとか。
したがっていぶし瓦の単調な色だけになってしまっているそうです。

そういえば8月、三重に行ったときの陶芸体験で作った作品がまだ届いてないけどどうなってるんだろ?
あっちは釉薬をつけて焼いてくれているはずなので仕上がりが楽しみだったりします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム