空き家再生ワークショップに参加しました(冬) - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

空き家再生ワークショップに参加しました(冬)

こんにちは、槙です。

実はまたまた空き家ワークショップに参加してきました。
例によっていつものところです。

しかしここの物件とも長い付き合いだなぁ〜、もう1年近くになりますよ(^^;)
ここは地域おこし協力隊が、普段の業務の空き時間にやっているところなので仕方のないことかもしれませんが…

今回も泊まりで行ってきたのですが、1日目は漆喰塗りをこれでもか!というほどやりました‼︎
職業訓練の左官実習で鍛えた腕がなるぜぇー、と意気揚々と立ち向かったわけですが、やっぱり実習とは違いますね orz
足元とか天井とか塗りにくい場所もあることをすっかりと失念しておりました。

だってねぇ、実習では普通に立った位置で塗りやすい実習用の壁だけに塗ってましたから…

それでもけっこう頑張ったんじゃないかな?
IMG_2346.jpg
これは男子トイレを塗ったあとの写真です。多少のムラはあるもののまぁこんなもんでしょう。
左官作業はきれいな平面に仕上げようとするとキリがないんですよね。素人がいくらコテを滑らせてもそのコテあとが残っちゃいますから。
そんな感じでちらっと他のワークショップ参加者の出来を見たら、私よりもずっと味のある風合い(凸凹)だった(笑)

そして2日目はなんと主催者から「槙さんはベッドを作ってください」という無茶振り。
何度も来ている参加者には容赦がないね!(褒め言葉)

話を聞くと既存の床の間スペースにベッドを設置したいとのこと。普通ならベッドとして狭すぎるけど住人は小柄な女性ということでこの空間でも良いそうです。
いっちょやってやるかっ!と設置スペースの調査、使用できる木材、想定される状況なんかを勘案しながら設計、マッハの勢いで製作したのがコイツです。
IMG_2351.jpg
これはとりあえずフレームだけを組んだ状態です。間柱に使う材料を流用しました。

フレームと脚との接合部分はこんな感じにいろいろと切り欠きを組み合わせて荷重に耐えられるようにしてみました。(写真では分かり難いと思いますが…)
IMG_2352.jpg

その後、フレームにすのこ状の床板を貼りつけ完成です。(写真に写ってるのが私です)
IMGP6187.jpg

この板を取り付けた後に帰宅したわけですが、我ながらここまでの作業を1日でやったのは大したもんだと自負しております。
そしてこの経験でもって「とりあえず用が足りるだけの家具なら自作できるな」との自信を得ることができました。

あと特筆すべきは、この一連の設計から製作のくだり、特に設計するのが楽しかった!
何だろう、与えられた条件から解答を導き出す、例えるならパズルを楽しむ感じ?

前にも似たようなことを感じたことがありました。
そう、フィギュアのコレクションケースを作っていた時ですね。

要するに、私にとって「ものづくり」はとっても面白い娯楽であるようです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大きなテーブルが欲しくて家具を見て回っていますがどうしても自分で作れるんじゃない?とうい思惑が働いてあまり興味をそそられません。
いきなり大きなテーブルはこわいので小物から自作していきたいなと思っています。

槙さんは器用ですよね。私は不器用だからかなりの慣れが必要そうです。^^

Re: No title

大きなテーブルを作ろうと思うとそれなりのスペースが必要になるのが一番厄介です。
DIYは工具もいろいろと必要になるので、私のケースみたいに近所に安価なレンタル工房があると入って行きやすいんですけどね。
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム