タントのナンバープレートを変更したが… - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

タントのナンバープレートを変更したが…

こんにちは、槙です。

鳥取に移住して住民票も移したので、車の移転もしておくかー、ということで鳥取市にある軽自動車協会の鳥取事務所に行ってきました。

申請の書類に35円の代金がかかることに軽く違和感を覚えながら、1,740円のナンバープレート代金を支払い、晴れて鳥取ナンバーを取得しました。
IMG_4337.jpg
これでもうお店の駐車場に停めていた時に感じていたアウェー的な感覚ともおさらばです!


でまぁそれ自体は良いんですが、問題は軽自動車税の転出申告に関するやりとりです。

軽自動車税は住んでいる自治体から課税されますよね。なので移転(転出)元で軽自動車税の課税停止手続きが必要らしいです。

この辺り「車検証が書き換わるんだから、移転(転出)元でも当然情報の共有はされるだろう」と普通は思うんですが、軽自動車協会は違うらしいです。
でもこの手続きの代行はしてくれるそうですよ、1,500円で。

私の場合は最初の電話でのやりとりで説明されなかったし、自分でもできるとのことで余分な出費を抑える意味でも自分でやることにしました。

「どういう手続きが必要なんですか?」
「移転(転出)元の自治体によって違うのでこちらでは分かりかねます(ニコッ)」

軽くイラっとさせられながら、家に帰ってから転出元の市役所に電話しました。

「どういった手続きが必要ですか?」
「車検証変更書類の写しと新しい車検証の写しを郵送してください」
「車検証変更書類の写しなんてもらった覚えが無いんですが?」
「えっ?」
「えっ?」

改めて鳥取事務所に電話です。

「変更書類の写しが必要と言われたんですが」
「はっ?」
 ………
(確認中)
 ………
「えー、こちらで発行できるのは検査記録事項等証明書保存記録(よく覚えてない)ですね」
「それは郵送で発行してもらえますか?」
「いえこちらの窓口に来ていただく必要があります」
「あと発行手数料として1,000円かかります」
「はぁっ!!!」

まじでこの辺りアホかと思いましたね!

話にならんということで、ちょっと考えました。

要するに移転(転出)元の住所と車体番号が記載されている書類(例:変更書類の写し)と、新たな住所と車体番号(今の車検証)が提出されれば確認はできるだろう。
 ↓
自動車保険の保険証券に記載されてるじゃん!

ということで改めて転出元の市役所に電話しました。

「車検証変更書類の写しなんですが、自動車保険の保険証券でもいいですか?」
 ………
(確認中)
 ………
「えー、そちらの移転手続きについてはこちらでも確認が取れましたので、もうこれ以上の手続きは不要です」
「??? 郵送もですか?」
「はい」

(T_T)

なんだかなぁ、免許更新の時の交通安全協会的なものを感じましたよ。

結論:時間に余裕がある人なら代行手数料は払わない方が良い。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ナンバープレートの変更、結構大変なんですね。
我家は移住したらどうするんだろう?と考えましたが、多分「めんどくさいからしない」ってクロスパールくんが言いそうです(^^)

Re: No title

らとさん

> ナンバープレートの変更、結構大変なんですね。
ルーチンでやっている人にとっては何でもないことでしょうが、初めての人には面倒臭いかも…
でも鳥取ナンバーに変わることで心境の変化とか多少ありますし、何よりご近所さんへのアピールになるかと。
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム