セミリタイアを考え始めたきっかけ - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

セミリタイアを考え始めたきっかけ

海外に来てから、語学力の問題もあり、なかなかこちらの仕事になじめず、いろいろあった結果、今は私がいなくても回る社内失業状態になってしまいました(ちょっと大げさですが)。

開き直って「できんものはできん!」とでも主張できれば良いのでしょうが、そこは根が小市民なせいか社内にいるのがいたたまれなくなるように感じ、結果「会社行きたくない、仕事辞めたい」と思うことが多くなりました。

相談する人もいないので、グーグルでその手のワードを検索し、いろんな情報を眺めていました。そして「リタイア 40代」なんかで検索した時、ヒットしたのが<セミリタイア(早期リタイア)生活-ライフスタイルブログ村>でした。

こんなライフスタイルがあるのか~、と目からウロコでした。

当時は定年まで勤め上げ、さらには定年後の再雇用制度を利用するのが当然という社内(日本)の風潮でしたので「定年前に自分自身が早期リタイアする」なんていう考えは全くありませんでした。
実際、メンタルで休職する方は多くても、それなりのキャリアを積んだ方が定年前に退職した、なんていう情報は周りで聞いた事がありません。

しかしブログ村のリンクから、早期リタイアやセミリタイアされた先輩諸氏、あるいは検討中の同士(?)の経験や資産に関する考え方を読むにつけ、私もできるんじゃ? いや、むしろこの生活こそが私の求めるものではないのか?と思うようになりました。

早速現在保有している資産の棚卸しをして、今後の資産シミュレーションをしてみると…「贅沢しない、7年前に購入したマンションは売却する、いざとなったら実家で両親と同居」ということを考慮すれば十分に現実味のあるプランだということがわかりました。(このあたりの試算は別途お話ししたいと思います)

そこからはもう「退職タイミングをいつにするか」だけでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マンション持ちウラヤマw
でもマンションありながら海外暮らしってもったいないw
売る以外にも立地によっては貸すという選択肢もありそうですね

No title

賃貸も考えましたが、空き室リスクや管理の手間を考えて、結局売却することにしました。セミリタイア後はいろんな土地で暮らしてみたいという妄想をしてますし。
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム