まり花たちには投入堂へ参拝してほしい! - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

まり花たちには投入堂へ参拝してほしい!

こんにちは、槙です。

続きです。

前回は「地元民にひなビタ♪の事を知ってもらう」と書きました。

別に地元民全員がひなビタ♪の事を知る必要はないのですが、やはり市長も巻き込んだ活動をするコンテンツに対して、ある程度の知識を持ってもらうことは必要だと思います。

ただやはりWeb連動型音楽配信企画というのはいかにもハードルが高い!
基本全てがネット上のコンテンツですから、年配の方はアクセスしにくいでしょうね。

音ゲーとかにも配信されてますが一般人にはネットよりも縁遠いところだと思います。

それでも各地に配置されているパネルのキャラクターの名前と性格くらいは知ってもらえると、今後訪れるであろうひなビタ民との交流が弾むのではないかと。

そこで考えたのがタイトルの案です。

まり花はひなビタ♪の主人公。
投入堂(なげいれどう)というのは倉吉市のお隣、三朝町にある国宝なのですが「日本一危険な国宝」との異名を持ち、つい最近日本遺産に認定されたところでもあります。
Ja-tottori-sanbutsuji-nageiredou.jpg

まり花たちひなビタ♪のキャラクターは「くらよし観光大使」に就任しているわけでもあるので、近隣の観光スポットの紹介をしても問題ないと思うんですよね。
実際、ひなビタ♪の中でも三朝温泉は出てきているようですし。

で、この過酷な参拝の道のりを4コマ漫画かなんかで読めば、一発でキャラクターの性格を把握することができるのではないかと…

最初はドラマCD、あるいはネットラジオなどの方が、ひなビタ♪ファンに受け入れやすいかな?とも思いましたが、最近の中の人たちのご活躍ぶりを見るに、実現のハードルは高そうですね。

実際、4コマ漫画の方が紙の媒体にも載せやすいので、地元への展開には良いのではないかと思います。

地元民なら誰でも知ってる投入堂に、ひなビタ♪のキャラクターが登って参拝する、そのストーリーの中で地元民はキャラクターを覚えることができるし、ひなビタ♪ファンにとっては思いがけないストーリーを読めて、かつここでしか体験できないアクティビティを知ることができる。

これぞWin-Winですね!
個人的にもすごく見てみたいんですよねぇ、このコラボ…

(続く)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして。

初めまして。倉吉のファンで最近もよく行っている者です。打吹まつりの花火で検索してこちらを知りました。

御提案の内容、まさにその通りだと思います。当方も同じことを考えて、ひなビタキャラを連れて投入堂登拝にチャレンジし、ブログにまり花やめうの参拝レポートの形で書いてみようかと思案しております次第です。

ただ、この場合は公式や観光交流課に許可をとるべきでしょうし、三仏寺さんにも一応話しておくべきでしょうが、断られる可能性が高いです・・・・。
でも、やってみたいですね。

Re: 初めまして。

ホシノさん

コメントありがとうございます!

> 御提案の内容、まさにその通りだと思います。当方も同じことを考えて、ひなビタキャラを連れて投入堂登拝にチャレンジし、ブログにまり花やめうの参拝レポートの形で書いてみようかと思案しております次第です。
それもなかなかに楽しそうですね(^^)

> ただ、この場合は公式や観光交流課に許可をとるべきでしょうし、三仏寺さんにも一応話しておくべきでしょうが、断られる可能性が高いです・・・・。
個人でやるぶんには問題ないと思いますが、登拝の道がかなり険しいのでフィギュアの写真を現地で撮ろうとすると他のお客さんに迷惑がかかりそうではありますね。

でも私以外にも同じ考えを持っている方がいらっしゃることがわかり本当に嬉しいです。
市役所の担当の方とは面識があるので一度この提案をメールしてみます。
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム