ひなビタ民向け倉吉ポータルサイトはどうだろう? - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

ひなビタ民向け倉吉ポータルサイトはどうだろう?

こんにちは、槙です。

前回、前々回の続きです。

タイトルの案は「アニメが地方を救う!?」を読んでいた時にふと思いついたものです。

大抵の聖地と呼ばれる場所には交流ノートが置かれていますよね。
ひなビタ♪の場合はちくわパフェを提供するダイアナさんに置かれています。
でも交流ノートは当然ながら現地に行かないと見ることができません。

じゃあ、それのネット版みたいなものは成立しないだろうか?と考えました。
ネットでそれに近いものと言えばツイッターでしょう。
しかしながらツイッターはタイムライン上でどんどんと流れていってしまい、普通にしていたら過去のツイートを見ることはできなくなります。

そこで関連するツイートをまとめたコンテンツにする、要するにtogetterみたいなものです。

最初に思いついたのは過去イベントでリアルタイムに流れたツイートを<桜まつり><打吹まつり>のそれぞれでまとめることでした。それだけでも後から見る人にとってはイベントを疑似体験できるかなぁ、と考えたからです。

考えてるうちにそれ以外にも色々とアイデアが膨らんできました。

つまりツイッターの情報から、ひなビタ民が感じた倉吉の良い/悪いところも拾い上げることができるのではないか?ということです。
そして拾い上げると同時に展開もできるはず。

例えば、私が倉吉で面白いと思った場所にこんなところがあります。
IMG_1876.jpg
IMG_1877_20160815160055396.jpg
白壁土蔵群から歩いて10分ほど、小川沿いに昭和バラック風な建物が並んでいます。

よく見ると…
IMG_1882_201608151600598a7.jpg
なんと川の上に建物がのっかってます!

これなんか、なんとも言えない雰囲気を醸し出していますね。
IMG_1881.jpg

こういった情報、一般的な観光情報には絶対にのってこないでしょう。
でも外部の人はこれを面白いと感じる人もいるはずです。

そんな感じで、最終的にひなビタ民による観光マップができたら面白くありませんか?
もちろんその中には牛骨ラーメンも当然入ってくるでしょう。
個人的には東郷温泉の養生館も入れたいな〜


ひなビタ♪のテーマは「地域活性化」。
プロデューサーのTOMOSUKE氏も現実の倉吉を盛り上げようとファンに呼びかけています。
それを受けファンも倉吉を舞台にした町おこしに参加しやすい環境(例:ポータルサイト)を作ってみたら、面白いかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム