フィギュアミュージアムの行方 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

フィギュアミュージアムの行方

こんにちは、槙です。

今日は朝から市議会の傍聴に行ってきました。
IMG_4978.jpg

なぜなら本日行われる一般質問において「フィギュアミュージアム構想と市の対応について」という発言があると通告されていたからです。


このフィギュアミュージアム構想、簡単に説明するとこんな感じです。

まず前提として倉吉の明倫地区には昭和30年に建てられた旧明倫小学校の円形校舎があります。
IMG_1622.jpg
ご覧のように特徴ある建物で現存する円形校舎としては最古だそうです。

中はこんな感じです。
IMG_4201.jpg
IMG_4202.jpg
校舎中央にはこのような螺旋階段があり、
そしてそれを取り巻くように
IMG_4209.jpg
IMG_4217.jpg
教室が配置されています。

この建物、小学校が移転して使われなくなった後も地区の公民館として利用されていたようですが、老朽化を理由に平成18年に閉鎖されました。

その後…

平成24年 耐震調査の結果、最低限の耐震/老朽改修の費用が3.2億円かかるとの試算
平成25年 解体止むなしとの流れ
平成26年5月 円形校舎と体育館の解体に6,900万円の予算

と解体に向けた流れが着々と進んでいたのですが、ここでターニングポイントとなるイベントが発生しました。

そう!グッドスマイルカンパニーの倉吉進出です。

この状況において校舎に思い入れのある保存派はフィギュアミュージアム構想を得、
平成27年2月 円形校舎活用に関する陳情を市に提出。

一方危険だから解体しようと考える人たちも依然いて、こちらは
平成27年11月 解体して福祉施設を整備するよう市に陳情しました。

それから半年くらいはかなりゴタゴタしたらしいのですが、最終的に
平成28年6月 市がフィギュアミュージアム運営会社(円形劇場)に建物を無償譲渡することが決まりました。

ところがその後、フィギュアミュージアムが具体的にどのようなビジョン、収益の見通しを持って運営にあたるのか全く情報発信がないんですよねー

運営側は、フィギュア関連会社3社(グッドスマイルカンパニー、海洋堂、ガイナックス)の協力も得られる!と鼻息荒いようでしたが、別に運営会社(円形劇場)に出資するわけでもなく、あくまでも外部サポートに止まるようですし、なんだかなぁ〜
運営会社には地域の有志約30人で7,700万円の資本金が集まったそうですが、それもな〜
船頭多くして…とかになりませんかね?

コレ、構造的にはいわゆる箱物行政と同じなんですよね。
つまりこの円形校舎を残したいのが目的で、運営は二の次になってると…

倉吉にフィギュアミュージアムはあってもいいかもしれないけど、別に高コストかつ駅からアクセスも遠いところにある必要はないはずです。

このままだと高確率で木下斉氏言うところの「墓標」になりそうなんだよなぁ。
いちフィギュアファンとしては、その墓標にフィギュアミュージアムが名を連ねるのは止めて欲しいと切に思う次第です。

ちなみに一般質問のやりとりで、議員さんは「もっと行政側のサポートが必要なのでは?」ということを言っていましたが、市長の答弁を聞く限り、行政側は一歩引いている印象を受けました。

つまり「民間で頑張ってね!うちは土地の賃料が入るから問題ないし、下手なリスクを負うのは嫌よ」とまぁこんな感じ。

オープンは平成31年4月までを目標にしているらしいけど、さてさてどうなることやら…
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この円形校舎、客家の建築物を彷彿とさせますね!
こんなものがあるとは知りませんでしたよ。

Re: No title

mushoku2006さん

> この円形校舎、客家の建築物を彷彿とさせますね!
???と思ってググったら確かに似てます、福建土楼。(ですよね?)

> こんなものがあるとは知りませんでしたよ。
私も知りませんでした。どうやら関西中心で東海地区にはほとんどなかったみたいです。
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム