カメラ教室に参加、初めてF値を理解した - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

カメラ教室に参加、初めてF値を理解した

こんにちは、槙です。
なかなかセルフリノベーション作業に着手できない… (´Д` )

そんな中、近場でカメラ教室が開催されるというので参加してみました。

植田正治写真美術館塩谷定好写真記念館に行って写真撮影に興味が増していた私ですが、以前シャッタースピードを変更させて撮った写真が全然うまくいかなかったんですよねー

IMG_1083.jpg
シャッタースピードを遅くしたこの写真はちょっと画面が明るすぎだし、

IMG_1084.jpg
逆に早くしたら画面が真っ暗になるし…

正直???という感じでした。

で、今回カメラ教室行ったおかげでそのうまくいかなかった原因がわかりました!

ズバリ「カメラがあかんかったから」です。

実は上の写真は一眼レフではなく高倍率デジカメのシャッター優先モードで撮影したものなんですが、もともと高倍率デジカメはその構造上、光を取り込む量が少ないそうですね。(私は今回初めてF値という単位を理解しました)

F値の小さい一眼レフ+レンズを使えば簡単に狙った写真を撮ることができました。

シャッタースピード:1/3200
P1020174.jpg

シャッタースピード:1/15
P1020177.jpg

他にも絞りを調整することでボケ感をコントロールする技を取得しました!

絞り:f/1.7
P1020140.jpg

絞り:f/14
P1020138.jpg

今回のカメラ教室では6年前に約4万円で購入したパナソニックのミラーレス一眼を持って行ったわけですが、思った以上にキレイに撮れてびっくりしました。

なんかレビューを見るとこのパンケーキレンズは今でも高評価のようですね。


ちなみに普段よく使っている高倍率デジカメでも同じように絞り優先モードでボケ感を出そうとしたのですが、ほとんど変化は感じられませんでした。

絞り:f/5.6
IMG_1977.jpg

絞り:f/8
IMG_1978.jpg

ほんのすこしだけ下の写真の方が背景がくっきりしているかな?(標識の文字とか)
正直このレベルなら絞り優先モードはなくてもいいです。

ま、要するに用途が違うということですね。
高倍率は高倍率なりにそれでしか撮れない写真がありますので…

例えばこんなのとか…
IMG_1120_2016092511310653d.jpg
遠近感が消えて街並みが平面的に見えますね。

ちなみに私の使っている高倍率デジカメはアメリカにいるとき買ったキヤノンのものです。


今回のカメラ教室は半日で¥1,200でしたが参加して良かったです!
これでほとんど眠っていたミラーレス一眼の出番も増えるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

こんにちは。

リホームいつも楽しみに見ています。関連の資格もたくさんお取りになったようですごいです。私も安い家買って壁紙くらいはセルフリホームしたいな~。

写真ですが、

F値とシャッタースピードの関係、F値と被写体深度の関係、レンズ構成と被写体深度の関係が体感的に理解できればしめたものです。w

昔は絞り優先オートが主流でしたが今はプログラム主流ですね。露出と露出補正なんかも覚えればプログラムでも結構イケたりもします。

最初は結構厄介ですが覚えれば武器になりますので頑張ってください~。

Re: はじめまして

ひまわりさん

コメントありがとうございます!

> F値とシャッタースピードの関係、F値と被写体深度の関係、レンズ構成と被写体深度の関係が体感的に理解できればしめたものです。w
「体感的」、まさにそれですね〜。
知識としてはあったけど自分自身で試していなかったと…

ちなみに私のカメラの使い方を考えると、あとはミラーレス一眼の標準望遠レンズがあれば事足りると思うんですが、どうにもレンズ交換が手間というか、ものぐさな性質でして、いっその事RX100系の高画質コンデジ買っちゃう?という気分になってます。

さすがに買わないと思いますが…
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム