5ヶ月ぶりに帰省してみて実感した田舎移住のデメリット - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

5ヶ月ぶりに帰省してみて実感した田舎移住のデメリット

こんにちは、槙です。
おっと、2週間ほどブログを放置してましたね…
Twitterの方はちょこちょこやってるので(以下同じ

先週はスタッドレスタイヤを取りに実家に1週間ほど戻ってました。

5ヶ月ぶりに戻ったわけですが、結構いろいろと違いを実感したのでご紹介します。


1.天気(というか日照時間)




山陰地方って日照時間が少ないんですね〜
私が山陰地方の印象を良くした昨年のシルバーウィーク時の旅行では素晴らしく天気が良かったので移住するまで意識はしていなかったのですが、やっぱり住んでみると明らかに違います…

だからというわけでもないのですが、たまに晴れた日に望む大山は格別です(*^_^*)
IMG_2125.jpg


2.住宅

これ自体は移住とは関係ないのですが、古い家は寒い!
もともと古い家は夏に快適に過ごせるよう開口部などが考慮されているのですが、そのせいで我が家は半月前から日中でもストーブなしでは布団から出ることができません。
隙間風も普通にありますしね。

ところが実家では南面に大きな開口(もちろんペアガラス)があるので陽の光がたくさん入ってきてとても暖かいです。今思い返せば以前住んでいたマンションもそうだったな〜

やっぱり断熱性能&日照コントロールは重要ですね。


3.公共交通機関

わかっちゃいるけど全然違いますね…
そもそも電車が複線だから!っていうか鳥取は電車じゃなかったよ orz
あとよく考えたら鳥取で踏切での電車待ちって自分一度もなかったんじゃないか?

今回1週間の間に、セミリタイア仲間のmushoku2006さん、入社時の会社の先輩達、職業訓練校仲間と3回飲む機会があったのですが、プチオフ会を除いた名古屋での飲み会の安心感よ。

23時まで名古屋で飲んでいても帰ることができるのはやはり素晴らしい!

根がシャイ(笑)な私にとって飲みニケーションは基本的に気楽な交流の場なのでもっと飲み会がしたいんですけど、何せこちらでは終バスが21時台ですから(´・_・`)

あと愛知はもちろん自動改札です。
「都会っぽくて楽しい」 山陰初の自動改札機で可愛い感想 | netgeek


大洗視察の時も思ったけど、やっぱり都市圏の拠点も欲しいなぁ〜
移動時間など現実的に考えるとやっぱり大阪圏?
そうそう、1ヶ月前に地震があったわけですが、これは日本に住んでる以上どこも変わらないリスクなんでしょうね、きっと (つД`)ノ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム