続 ファブラボでレーザー加工機を使用してみた - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

続 ファブラボでレーザー加工機を使用してみた

こんにちは、槙です。

前回の記事でファブラボの会員になったので早速個人で利用してきました。

今回は事前に加工用のデータを準備していきました。
Macで使えるDraw系フリーソフトを探したらInkscapeというものがあったのでそいつをインストール。

ネットで見つけた梵字の画像をベクター化して事前にメール送信しておきました。

ちなみにこれがベクター化前のピクセル画像です。
image4.jpg

それをベクター化したものがこんなイメージ。
ベクター化した画像はいくら拡大してもエッジがギザギザになりません。
kirik_svg_-_Inkscape.jpg
注:この画像はブログアップ用に再度ピクセル画像にしています

そしてレーザー加工機の操作方法を教わりながら、恐々スタートボタンを押します。
ファブラボ鳥取でカラーボードを加工するのは初めてということだったので、パラメーターを色々試しながら加工しました。


これらは彫刻モードで加工しているのですが、最初に加工した左のやつは出力が強すぎて底まで溶けてしまいましたね。
やっぱりスチロール系であるカラーボードは溶けやすい素材のようです。ちなみに加工スピードはどれも40(%)です。


続いて切断モードの加工を試してみました。
切断する場合は、切断する線を赤にしておく必要があるそうです。

持参したPCで色々と試行錯誤した挙句、ようやくこんな感じのデータができました。
_kirik2_svg_-_Inkscape.jpg
単純に図形の塗りつぶしを止めて、境界線を赤にしただけなのですが、英語メニュー&初めて&マニュアルなしで使うソフトなのでその機能がどのボタンなのかわからないので大変でした。

それで切断(カット)モードで色々と試してみたわけですが…



どうやら加工スピードのパラメーターが重要になっている感じがします。
最初、様子見で(低出力20、高スピード80)で加工したら全く切断に至らず、それならと(中出力50、高スピード80)でやってもまだ切断に至らず… →(高出力70、高スピード80)でなんとか。

せっかくなので低スピードも試してみるかとまずは(中出力50、中スピード50)これでもいけそう、もうちょっと遅めてみるかと(中出力50、低スピード35)で加工したら払いの部分が溶けてしまった…

やっぱり高出力、高スピードが良いのかなぁ?と思っても、別の形状だとこんな感じ(´・_・`)
IMG_6002.jpg
場所によって切断できているところとできていないところがある orz

仕方ないので最後はカッターで切断しました。
IMG_5999.jpg

最適パラメーターを見つけ出すのはなかなか難しいです……


カラーボードの加工も飽きたので、もう一つやりたかった素材であるアクリル板の加工も試してみました。

さて何を加工しようかと思案しましたが、せっかくなのでご当地まちおこしプロジェクト「きみわた」のキャラクターを加工することにしました。
natsumi_fuyu.png
フリー素材なので大っぴらにブログに書けるのも良いですね!

こちらはインストラクターの方に手伝ってもらいながらファブラボにあるIllustratorでデータを作成しました。
日本語メニューは楽チンだね♪


データさえ作ってしまえばあとは機械任せなので、簡単なものです。

これは後でLED組み込んでこんな感じにしようかなぁ〜
IMG_6003.jpgIMG_6006.jpg

と思ってましたが、


こいつも良い感じなのでどうするのが良いか悩みますね〜

後日、カットしたカラーボードを貼り合わせて、それぞれの印象を比較チェック!
IMG_6015.jpg

それぞれどういった場面で使うと効果的になるのか、そういったことを考えるのも結構オツなものです(* ´ ▽ ` *)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム