Mac&iCloudで静止画をパラパラマンガ風の動画にする簡単な方法 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

Mac&iCloudで静止画をパラパラマンガ風の動画にする簡単な方法

こんにちは、槙です。

前回の記事の中でラブプラスの大量の静止画を動画にしましたが、その手法についてネットで調べた時にどんぴしゃりの回答がすぐ出なかったので備忘録代わりに記事にしておきます。

まずは「静止画 動画作成」なんかをキーワードにググってみるとffmpegとかQuickTime Player 7とか出てきたので、それらを試してみたんですが、ちょっとハードルが高くてよくわからんでした…

そうこうしてるうちにYahoo知恵袋で「iMovieが一番いいよ」という記事を見つけました。

iMovieはいつも使っている動画編集ソフトですが、うちの環境だと静止画を取り込むと3秒になってしまいます。
「それを一枚一枚変更するのは骨が折れるだろー」と思ったのですが、よくよく考えたらそれも環境設定で変えられるのに気付きました。

環境設定の開き方は、メニューバーのiMovie → 環境設定。
iMovie_環境設定
そうするとこんなウィンドウが開きますので、赤枠で囲んだ「写真の継続時間」を任意の時間に変更します。

私はとりあえずコンマ1秒くらいかなーという感じで設定しました。

これで静止画を取り込んだ時に0.1秒でタイムラインに表示されるようになります。

さあこれで取り込めるぜ!と画像を全選択してみると本来2,500枚以上あるはずなのに、なぜか画像が1,000枚もありません。
???と思いましたが、これは私が写真保存環境をiCloud上にしているためでした。
どうやらiMovieの取り込み対象になるのはあくまでローカルPCのHDDまたはメモリ上に展開された画像のみらしいです。

さてどうしたものかと、あれやこれや弄っているとどうも写真(アプリ)上でスライドショーを再生しようとすると、メモリ上に画像データをダウンロードしてくれるようです。下図における矢印ボタンです。
スクリーンショット_2016_12_27_21_10

全画面_2016_12_27_21_09

とりあえずこれで動画に必要な枚数(約1,600枚)の静止画像をメモリ上にダウンロードした後にiMovieに取り込んで編集したわけですが、PCのメモリ的(8GB)にかなり厳しかったようです。

処理にかなり時間がかかって、正直ヒヤヒヤしました。

元画像が320×240と今の感覚からすると相当に小さい画像だったから1,600枚の同時処理にもなんとかなったのかな〜、という感じですね。

あとはBGMに合わせ、多少動画前後の画像の表示スピードを調整して以下の通り完了となったわけです(*^_^*)


こんな記事でも誰かの参考になれば幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム