倉吉まちづくりはこのコンセプトでどうだろう? - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

倉吉まちづくりはこのコンセプトでどうだろう?

こんにちは、槙です。

倉吉に移住してきて7ヶ月が経過しました。
確定申告の準備もぼちぼちやっていかないといけないんのですが、どうもやる気が湧いてきません。
セルフリノベーションの方も耐震診断調査&その結果が出る予定の3月までは保留です。

それでとりあえず昨年末から結構たくさんの本を読んできてわけですが、いろいろと思うところもできたのでそれをアウトプットしておこうと思います。

さてタイトルの件ですが、ズバリ「シェアリング・エコノミーを基盤とした長期滞在型観光のまちづくり」です。

具体的には空き家を活用した民泊を自治体が推進し、長期滞在型の観光客を狙うというところです。

Airbnbに代表される民泊は、今年新たな法案(いわゆる民泊新法)が国会に提出される予定で、これまでグレーだったものがようやく正式な法制度の元で運用できるようになります。
そうなれば大手を振って事業展開ができるようになるはず!

実際のところ空き家を民泊施設にするというのは日本中どこでも考えられていると思いますが、自治体がそう宣言することでシェアリング・エコノミー派のプレイヤーを呼び込むことができるんじゃないかなーと思うんですよね。

その形で地域おこし協力隊を募集すればそれなりに宣伝効果もあるのでは?と愚考するところです。

あとは倉吉民泊組合みたいなものを作って個々の民泊業者が助け合いながら事業を進められるようにすれば、フォロワーも続くようになって、今後ますます増加するであろうインバウンド観光客にも対応できると思います。


しかしながら自治体がそのように宣言すると既存のホテルや旅館業組合から「我々のことは切り捨てるのか!」なんて声が上がってくることが簡単に予想されるのでやっぱり難しいかな〜?


<その他に思いついたこと>

・地元の若者に民泊経営体験(アルバイトまたはインターン)させる
 インターネットで多くの情報が簡単に得られる状況では体験教育が重要
 海外からの観光客を相手にすることで地域の魅力を再発見できるかも?

・限界費用ゼロ社会において価値を増してくるものはその土地の歴史や文化
 こればっかりは共有できない… 倉吉はその点でもポテンシャル高い
 円形校舎保存も最初否定的だったけど考えを改めました

・牛骨ラーメンの食べ歩きとかも長期滞在にピッタリのコンテンツ♪

・風車に上るツアーとかやったら面白そう!(動画は北栄町)


ちなみに参考文献は以下の三冊です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム