エンデの「モモ」を読んだら、時間泥棒に同情してしまった - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

エンデの「モモ」を読んだら、時間泥棒に同情してしまった

こんにちは、槙です。

クーラーが必要な時期になって、私の生活スタイルは冬のそれとほとんど同じ状態になりました。
参考:セミリタイア生活、ここ最近の生活はこんな感じ(冬)

そして図書館に入り浸り、あれこれと乱読しているわけですが、昨日は児童文学の傑作ミヒャエル・エンデ著「モモ」を読みました。



いや〜、長い間サラリーマンやってたせいか、悪役である時間泥棒、灰色の男たちにすごくシンパシーを感じてしまいました。

主人公のモモに秘密を知られたあげく、彼女を逃してしまうという失態に際し、「11章 わるものが危機の打開に頭を絞るとき…」では、灰色の男たちが集まって打開策を話し合うのですが、それがまさしく会社の会議っぽい!すごく人間臭いんですよね〜

クライマックスに向けて、灰色の男たちの弱点なんかも晒されるわけですが、それが思った以上に酷い!そんな簡単に消えてしまうのかよ、お前たち!とその存在の儚さに悲しくなるほどです…

そして児童文学らしく、彼らはあっけなく全滅してしまうわけです。(つД`)ノ


しかし、もともとは時間を大切にしない人間たちの生活が、灰色の男たちを生むきっかけになったことを考えると、もう少し違った展開があってもいいのに…といくつか妄想してしまいました。

彼らは人間たちに対し「時間を貯蓄すれば、あとで利息つけて返すよ」と騙して、人間たちの時間を盗みとり、彼らが生きるためのエネルギーに変えるわけですが、現代の人間の生活を鑑みれば、喜んで差し出すような時間があるんじゃないですかね?

例えば、満員電車の通勤時間。
ほとんど全ての人にとってあの時間は苦痛でしかないはずです!
そういう時間であれば、返って時間泥棒にあげてしまった方が良いんじゃないかな? 何せ主観的には、電車に乗ったと思ったらもう着いてる、という状態になるわけですから。
それに時間をあげてしまえば、痴漢をすることも不可能です。ならばそれを証明することで痴漢冤罪を防ぐ方法になるかもしれません。

他にも、サービス残業の時間なんかは交渉の余地がありそうです。
灰色の男たちは優れた洗脳家でもあるので、明らかに無駄な作業(会議や役員報告のための資料作りなど)を止める方向に会社のお偉いさんたちをそそのかしてくれるのであれば、その後浮いた時間の半分くらいなら渡しても良いんじゃないでしょうか?(もちろん一生ではなくある一定の期間ですが)
結果として、徒労感のある仕事が一掃されるのであれば、悪くない取引だと思うんですけどね…


そんな風に「人間と灰色の男たちの共存共栄社会を妄想してしまいました」というのが、児童文学「モモ」を読んだ40代(元)サラリーマンの読書感想です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム