退職して何をするのか?(再考#1) - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

退職して何をするのか?(再考#1)

さて記事タイトル、部長面談の際には当然突っ込まれるところだと思われます。

さすがに正直に「リタイアしてのんびり暮らすつもりです」とは言えないので、それなりに理論武装をしておこうと、これまでにネット上で調べたことや読んだ本などの感想をベースに整理することにしました。

このブログでも「退職したら田舎暮らしをしたい」と書いているので、まずはそこをスタート地点にします。

なぜ田舎暮らしをしたいのか?
・現在の緑あふれる住環境に実際癒されている
・日本を離れ海外で暮らしていると逆に日本を強く意識し、日本の原風景的な里山に対するあこがれが増加
 ⇒いつかは里山暮らし

そこで「里山」をキーワードにネット検索していたら、たまたまNHKの「里山のチカラ」というサイトをみつけました。そしてその中の特集テーマのひとつに、マネー資本主義に対するサブシステム的な位置づけとして「里山資本主義」を標榜する特集動画があり、そのポテンシャルに興味を引かれました。

この里山資本主義、農業をたとえに私の個人的な考えも含めて簡単に説明すると...
マネー資本主義:売れるものを生産・供給し、売れないもの(半端、キズもの)は廃棄する
里山資本主義:売れないものでも地域内で加工・商品化する(≒6次産業化)、あるいは地域内で消費サイクルを作る

また里山で得られる木材や山菜などの材料を積極的に活用することでグローバルな外因(TPP、エネルギー価格)に影響されにくい生活、低コストな生活を目指す、といったものです。
ちなみにその特集番組を元にした書籍が昨年発行され、ベストセラーになっているようです。


がっつりとマネー資本主義・グローバル資本主義の中で仕事してきて、そこで壁にぶち当たった私にとっては、非常に新鮮な切り口に思えました。
田舎暮らしをしながら、上記の里山資本主義について現地現物で検証するのはなかなかに楽しそうです。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム