リタイア後の支出見込み - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

リタイア後の支出見込み

とりあえず来年退職するとして5,000万円の目途が立ちました。

次はリタイア後の支出がいくらになるかですが、はっきり言って年間300万円いるのか、200万円でいけるのか、よくわかりません。
また現在の支出から試算しようにも、リタイア後に想定している生活スタイルとあまりに違うのでうまくできるかどうか…

それでもカード会社の使用履歴から現在の生活費らしきものを算出してみました。
支払先で大まかに分けているのでちょっと正確ではありませんが(例:Amazon購入品はすべて家電・家具・雑貨類に分類など)、支出トータルはだいたいおさえているはずです。(すべて円換算)

 飲食費       61,100(酒代含む)
 家電・家具・雑貨類 57,200
 衣類・理容費    13,200
 教養娯楽費      1,200
 旅行費       15,300
 電気代        6,000
 CATV・ネット接続  10,000
 携帯電話         0(会社支給)
 車両リース・ガス代 76,000(会社補助あり)
 住居費       173,000(上下水道・管理費込。会社補助あり)

合計で41.3万円/月、約496万円/年となりました。このままではお話にもなりませんね。

それでは各項目を精査していきたいと思います。

まずは飲食費。ここには自宅飲み用の酒代が入っていますが、その分がかなりのウエイトを占めているはずです。ざっと25,000円くらい。リタイア後は健康のことも考慮して自宅飲みはかなり減らそうと考えています。5,000円まで減らしてマイナス2万円。
また昼は¥1,000/食くらいで毎日外食しているのですが、それを無くしほぼ自炊にする予定なので、ここでマイナス1万5千円。
結果、¥26,100/月

次の家電・家具・雑貨類ですが、これはこちらに来て必要なものをそろえていた費用が入っているため、かなり安く抑えられると思います。それでも家電の買い替え費用を考慮すると、¥20,000くらいでしょうか。まだ高いか?

衣類・理容費はこんなものかな?ただ理容費はセルフカットにチャレンジしようと思いますので、¥10,000で設定。

教養・娯楽費、これはもっと支払っているはずです。しかし上述の通り、Amazon購入品がすべて家電・雑貨類に分類されているのでよくわかりません。でも感覚的には¥5,000くらい。

旅行費。リタイア後は車中泊しながらのドライブ旅行とかに憧れてますので、¥20,000に増額。

電気・ガス・上下水道、携帯、ネット環境のインフラ関係はまとめて¥20,000で。ちょっと足りない気もしますが、オーバー分は家電・家具・雑貨類と相殺。

クルマはドライブ旅行などをしたいので保有します。ただし日本だったら軽自動車で十分だと思います。はやりのスーパーハイト系(タント、N BOXなど)を新車で購入、5年間乗るとして、維持費含めて¥50,000。

住居費はどこに住むかで大きく変わってきますが、とりあえず¥50,000。

かなりラフな試算ですが合計すると、¥201,100/月となりました。切りよく月20万円とします。
ただしこの計算には国民健康保険と国民年金が入っていません。

国民健康保険は自治体によって保険料が違うらしいのですが、日本で住んでいた自治体では無収入・無資産のケースで¥56,500/年。
国民年金は保険料免除などの制度もあるようですが、ひとまず¥15,040/月。一括割引を適用させて176,700/年。

20万円×12か月+56,500+176,700=2,633,200となりました。
5,000万円÷263万円≒19年
単純に切り崩すだけだと19年で底をつきますね。

なお医療費が入っていませんが、必要になった場合は旅行費などから捻出するつもりです。

追伸
Ping送信の設定モレとその対応ミスにより、ブログ村からのリンク記事(トラックバックのみの記事)を誤って消してしまいました。エラーが表示された方、どうもすみませんでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム