図書館派におすすめのサイト「カーリル」 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

図書館派におすすめのサイト「カーリル」

昨日、イントラネットに「オープンデータ」に関するレポートが掲載されていました。
オープンデータとは誰もが特定の制限なく、自由に利用・再利用・再配布できるように「公開された」データまたはコンテンツのことで、今のところは公共部門(国、自治体、公共機関等)が保有する公共性の高いデータが中心だそうです。
レポートではこのオープンデータを推進することで、透明性向上、市民等の利便性の向上、さらにはイノベーションの促進や新たな事業機会・産業の創出等につながるとしています。

「ふむふむ」と読み進めていたら、日本の取組・活用事例のひとつとして「図書館横断検索サービス【カーリル】」が紹介されていました。ちょっと気になったので早速自分でもアクセスしてみたら、これがもう超便利!

今ではインターネット上で蔵書の検索や貸出可否確認、予約ができる図書館がほとんどだと思いますが、このカーリルはそれらの情報(オープンデータ)をうまく利用することで近くの図書館(最初に登録)の蔵書、貸出可否も同時に確認できるのです。
さらにこのサービスを便利にしているのが、アマゾンのデータとも連携していること。これによりキーワードで本を探すと近隣図書館の蔵書にない本も表示してくれるのです。おそらくアマゾンの検索結果に対して、登録図書館の蔵書データを自動検索してくる仕様なのだと思います。これって何気にすごく便利ですよ。だって最新の、評判が良いけどまだ図書館に入荷していない本も一度に検索できるわけですから。もし待てるなら図書館にリクエスト、すぐに読みたければそのままアマゾンで注文すればいいですからね。ちなみにアマゾンのレビューもこのサイト上で読むことができます。

まさに利便性の向上ですね。

ビッグデータとかオープンデータとか何やら胡散臭く思うこともありましたが、これだけ便利になるのならウェルカムです。どんどん活用して便利なサービスを提供して欲しいものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム