まちかどギルドが面白そう - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

まちかどギルドが面白そう

こんにちは、槙です。気が付けばすでに6月ですね。

さてこれまでも散々に地域おこしとか言っていますが、それに関連して面白そうなものがアンテナに引っかかってきました。それがアプリ『まちかどギルド』です。まだ開発中ですが。

何が面白そうかって、まずはそのネーミング!
なにかそれだけでワクワクしてきませんか?このフィルタを通すだけで地域のさまざまな困りごとが違った魅力を持って見えてきます。ペットの散歩だって、害獣対策だって、ただのイベント設営のお手伝いでもゲーム的なフィルタがかかるだけでなんだか面白く感じられます。(少なくとも私にとっては)
しかも実際のゲームではクエストを完了してもゲーム内通貨やアイテムを得ることだけで、実質は何も手に残りません。単に時間を消費するだけです。ところがこのまちかどギルドのクエストでは(おそらく少額ではあろうが)アルバイト代が出たり、現物支給があるでしょう。時間のムダにはならないわけです。

ちなみに利用イメージを簡単に説明すると…
地域での困りごとやちょっとした用事を各地のギルドマスター(NPO法人など)が集め、それをクエストとしてアプリ上に登録。実際の利用者はそれを見て、まずは現地のギルドへと赴き、そこにいるギルドマスターから直接指示を受け、クエストスタート。完了すれば依頼は依頼者から直接受け取る、と言った感じです。詳しくはこちらのサイトで。

しかもレベルを上げたりもできるらしいです。そう考えたらいろんなアイデアが膨らんできますね。たとえば全国各地のギルドでクエストを達成したものに称号を与えたりとか。全てのギルドでクエスト達成&レベルが50以上で○○○マスターとか…

多分そこまでいったら地域おこしについて一角の人物になっているでしょう。独自のネットワークも構築できているでしょうしね。おそらく役所が集める有識者なんかよりもよっぽど地に足のついた地域おこし案を出してくれるんじゃないかな?そのうち「総務省が各地のギルドマスターと○○の称号持ちを招へい」とかなったりして^^
というよりもそういった人物を公務員として雇ったらいいんじゃなかろうか?もういっそのこと公務員試験の募集要項に「20XX年3月に4年制大学卒業見込み、ただし○○の称号持ちは前記条件の対象外とし、かつ試験は小論文と面接のみとする」な~んて。いやー、この妄想は楽しい♪

まあ、そこまでいかなくても、このアプリを使用すれば全国各地の情報を一元管理できるわけです。クエスト依頼者/達成者それぞれのフィードバックを蓄積していき、それをギルドマスターが参考にしていけば、どんどんと満足度の高いクエストが提供できるようになるでしょう。

6月28日に開発中のアプリを使用した実証実験イベントを全国各地(現在34ヶ所)で計画中とのこと。
これからも「まちかどギルド」注目していかなきゃ。
追記
なんとこのブログ記事が公式に捕捉されて紹介されてしまいました。いや、びっくりです。よくもこんな過疎サイトの一記事をチェックできたものです。
何はともあれご紹介ありがとうございました。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム