シアタールーム付シェアハウスはどうだろう? - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

シアタールーム付シェアハウスはどうだろう?

こんにちは、槙です。

お盆のこの時期、私を含めた海外駐在員は受信メールが激減するので、いつもよりのんびりとしております。日本の親会社に合わせて休みを取る駐在員も多いんですが、私は年末に多く休みたいので出社しています。

さて先日、日本出張時に持ち帰ったガンダムUCの最終巻をようやく視聴しました。ちなみに私は小説版を読んでいたのでストーリーの展開は既に知っていました。したがっておもに小説版には出てこないネオジオングとの戦闘シーンを楽しみにしていたのですが、期待通りの出来でした^^ ただジオングと名のつくもの、やはり脚は飾りでしたね。無い方がかっこいいじゃん!(と言いつつも小学生の時分は1/144ジオングに1/100ドムの脚を取り付けて楽しんでましたけど…)

こんな感じ(↓)で視聴しました。100インチのホームシアター、久しぶりの稼働です。
ホームシアター

このホームシアターはマンション購入時(プロジェクターは2011年に買替え)に合わせて買ったもので、今は借りているコンドの地下室に設置しています。

やっぱり良いですね~、ホームシアター。画面の大きさも迫力があって良いんですが、全身に感じられる音の圧力というのでしょうか、それがまた堪らない!

昨年マンションを売却した時は「もうホームシアターも卒業だな…」と思ったものですが、改めて今後の生活をあれこれ考えてみると「別に、今あるものを無理に手放さなくてもいいんじゃないのか?」という思いが強くなっています(フィギュアの記事参照

このホームシアターセットも赴任当初は「帰る時は後任者に格安で譲ろうかな~」と思っていましたが、やっぱり持って帰ることにします。
実家にいる間は設置できないだろうから何処かに保管しておくにしても、田舎暮らし用に中古物件買うようなことになったら、ホームシアターを設置できる部屋を必ず作ろう!
そしてシェアハウス化して「せっかく買ったのにほとんど使っていない」という状態を防ぎつつ、シェアハウスそのものの付加価値を付ける。うむ、どうだろうか?
田舎への定住希望が急増、20歳代で4割近くに」なんてニュースがあるくらいだから、結構ニーズはありそうだけどな~
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム