ゲストハウス初宿泊 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

ゲストハウス初宿泊

こんにちは、槙です。
完全に日本株を買うタイミングを逸してしまいました、なんなのこの状況…

さて先日の記事で大阪に行ったと書きましたが、実は前泊してゲストハウスなるものに初めて泊まってみました。下の写真はその時の部屋、というかベッドです。
IMG_0128.jpg

ゲストハウスとはだいたい素泊まりのみ、相部屋(ドミトリー)メイン、バストイレ共用といった宿泊料の安い宿になります。その安さから海外からの旅行客も多く、多国籍なコミュニケーションも魅力のひとつです。

なんでゲストハウスに泊まったかと言えば、セミリタイア後、田舎暮らしの片手間にやっても良いかな〜、と考えているシェアハウスの参考になるかと思ったわけです。
で泊まってみた結果ですが、全般的な設備はまさに普通の民家そのものでした。バストイレもほぼそのまんま、ちょっとした改造(シャワーカーテンが追加)は施されていましたが、所詮その程度です。2段ベッドを設置してドミトリー化した部屋からは居間の声が筒抜けですし、そもそもその居間もトイレの音が聞こえてくるような配置。それでも値段の安さからかトリップアドバイザーでの評価はなかなか高いようです。
正直、シェアハウス起業が一気に身近になった感があります。

もちろんゲストハウス(宿泊)とシェアハウス(賃貸)ではそのターゲットも違うわけですが、素泊まりのみ、バストイレ共用といった設備面では同じ面もあるので、今回ゲストハウスに泊まってみて、起業におけるハードルというのが下がったのは事実ですね。
あとは本当どこに住むか(起業するか)?なんですが…

そうそう今回、行きは高速バス¥1860、帰りは新幹線¥6560で移動したわけですが、新幹線速ええぇぇぇ〜。バスで3時間のところ、1時間もかからず到着するし、飛行機に比べても足元のスペースがすごく広いですね。これはスーツケースが置けるスペースということなのかしらん?
たまには無理して新幹線に乗りたいなぁ、なんて思ってしまいました。

そんな私ですが、明日から九州旅行に行ってきます。先週退職準備のために会社へ行ったら、未使用の福利厚生ポイントが存在するのが発覚したので、それを消費するために急遽です。
こちらは通常のパックツアーになりますので、普通のホテルと旅館泊まりですけど…
大阪の夜では、一人たこ焼き、一人焼肉を堪能したあと、ゲストハウスのスタッフと飲みに行ったりもしました。こういう交流はゲストハウスならではなんでしょうね。

ただ今回の大阪行で一番ショックを受けたのは、ガード下の商店街で果物を物色しているおばちゃんが普通に会話している店主(おっちゃん)が、まさにそのタイミングで立ちションしていたことです。

これって大阪でよくあることなの?それならやっぱり関西のノリは無理だなぁ、私。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム