- この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

エンデの「モモ」を読んだら、時間泥棒に同情してしまった

こんにちは、槙です。

クーラーが必要な時期になって、私の生活スタイルは冬のそれとほとんど同じ状態になりました。
参考:セミリタイア生活、ここ最近の生活はこんな感じ(冬)

そして図書館に入り浸り、あれこれと乱読しているわけですが、昨日は児童文学の傑作ミヒャエル・エンデ著「モモ」を読みました。



いや〜、長い間サラリーマンやってたせいか、悪役である時間泥棒、灰色の男たちにすごくシンパシーを感じてしまいました。

主人公のモモに秘密を知られたあげく、彼女を逃してしまうという失態に際し、「11章 わるものが危機の打開に頭を絞るとき…」では、灰色の男たちが集まって打開策を話し合うのですが、それがまさしく会社の会議っぽい!すごく人間臭いんですよね〜

クライマックスに向けて、灰色の男たちの弱点なんかも晒されるわけですが、それが思った以上に酷い!そんな簡単に消えてしまうのかよ、お前たち!とその存在の儚さに悲しくなるほどです…

そして児童文学らしく、彼らはあっけなく全滅してしまうわけです。(つД`)ノ


しかし、もともとは時間を大切にしない人間たちの生活が、灰色の男たちを生むきっかけになったことを考えると、もう少し違った展開があってもいいのに…といくつか妄想してしまいました。

彼らは人間たちに対し「時間を貯蓄すれば、あとで利息つけて返すよ」と騙して、人間たちの時間を盗みとり、彼らが生きるためのエネルギーに変えるわけですが、現代の人間の生活を鑑みれば、喜んで差し出すような時間があるんじゃないですかね?

例えば、満員電車の通勤時間。
ほとんど全ての人にとってあの時間は苦痛でしかないはずです!
そういう時間であれば、返って時間泥棒にあげてしまった方が良いんじゃないかな? 何せ主観的には、電車に乗ったと思ったらもう着いてる、という状態になるわけですから。
それに時間をあげてしまえば、痴漢をすることも不可能です。ならばそれを証明することで痴漢冤罪を防ぐ方法になるかもしれません。

他にも、サービス残業の時間なんかは交渉の余地がありそうです。
灰色の男たちは優れた洗脳家でもあるので、明らかに無駄な作業(会議や役員報告のための資料作りなど)を止める方向に会社のお偉いさんたちをそそのかしてくれるのであれば、その後浮いた時間の半分くらいなら渡しても良いんじゃないでしょうか?(もちろん一生ではなくある一定の期間ですが)
結果として、徒労感のある仕事が一掃されるのであれば、悪くない取引だと思うんですけどね…


そんな風に「人間と灰色の男たちの共存共栄社会を妄想してしまいました」というのが、児童文学「モモ」を読んだ40代(元)サラリーマンの読書感想です。

エアコン洗浄スプレーを使ってみた&体調悪化

こんにちは、槙です。

あまりの暑さに先週からクーラーをつけはじめたのですが、その翌朝から朝起きたら喉がイガイガするようになりました。
私は常に寝酒していますので、朝方に喉が乾いていることはあったのですが、それとは明らかに違う感じのいがらっぽさです。

ちょっとググってみると、やはりというかクーラーに起因するもののようです。
クーラーに取り付いたカビがクーラーから吐き出される冷気によって部屋中に拡散し、喉の炎症を引き起こす、というもの。

今暮らしている部屋のクーラーはもともと付いていたのもので、型番をチェックしたら12年前のものでした。
昨シーズンも使用していたのですが、今シーズンの使用からは始動時にものすごい異臭がしたので「やばいな」とは感じていました。

それでもしばらく運転していると匂いも気にならなくなる(慣れる?)せいか、すぐの対処には繋がらなかったのですが、先日たまたま寄ったディスカントストアの目につくところにエアコン洗浄スプレーが置いてあったので、購入しました。
IMG_8876.jpg
約300円です。以外にいい値段するな〜とも思いましたが業者にクリーニング依頼するよりはずっと安上がりなので、とりあえず試してみることにしました。

IMG_8875.jpg
ちなみに作業時は、このようにクーラー直下には、カーテンレールの隙間にうまくダンボールを差し込んで、その上に古いバスタオルを敷いて、液だれに対処しました。



結果としてはこんな感じ。


それで「とりあえずこれで様子見かな〜」と思っていたところ、なんとその翌日(つまり昨日)37度後半の発熱とこれまでにない喉の痛みを感じました。唾を飲み込むと耳の方が痛む感じ。

特に昨夜は床について横になっても、唾を飲み込むたびに喉の痛みを感じるため、ろくに寝られませんでした。ウトウトとした眠りを2度ほどしただけ。
昨日が祝日でなければ速攻で医者に行っていたのですが…( ノД`)

今朝は熱も下がり、心持ち喉の痛みも引いた様でしたが、念のため朝から医者に行き、診察と薬の処方を受けてきました。

早速、炎症止めなどの薬を飲んで一眠りすると、喉の痛みもだいぶ落ち着きました。
これなら明日には治りそう。


今回は結果として、洗浄スプレーを使用した翌日に発熱と喉の症状悪化を招きましたが、これはスプレー使用のせいというよりは、たまたま夏バテで体力低下していたタイミングだったため、と思われます。
何せ土曜日のファブラボはクーラーが効きが悪いのでずっと扇風機に当たってましたし、日曜日は図書館でずっと本を読んでいたのですが、寒いくらいの温度でしたので…

しかし昨年の今頃は解体作業に勤しんでたんだよな〜 我ながらクッソ暑い中よくやってたもんだ…

町全体をデジタルコンテンツ化する方法

こんにちは、槙です。



先日参加したこの「暮らしニッポン・フォーラム」、全般的に面白かったけど、一番ためになる情報は最後に登壇した青山学院大学の古橋教授の話でした。

どうやら古橋教授は午後1時から開催していたフォーラムの裏で、同時並行的に会場のある地区のデジタルマップを作る、というフィールドワークを進めていたようです。
そしてフォーラムの最後にその成果を発表したのですが、とても駆け足の説明、かつボリュームの大きい内容だったため、全てを理解することはできませんでしたが、どうやら世の中では、まったく私が知らなかったプロジェクトが行われているようです。

それが「オープンストリートマップ」というものでした。

OpenStreetMap(OSM)は、道路地図などの地理情報データを誰でも利用できるよう、フリーの地理情報データを作成することを目的としたプロジェクトです。
誰でも自由に参加して、誰でも自由に編集でき、誰でも自由に利用する事が出来ます。

     (公式サイトの最初の一文)

スローガンは「自由な地図をみんなの手で/The Free Wiki World Map」ということらしく、要するにウィキペディアのマップ版みたいなものです。

ここで一つの疑問が生じます。「Googleマップじゃあかんの?」と。

Googleマップを活用して、地域の情報にアクセスさせようと考えていた私には気になるポイントです。



それでフォーラム後の交流会に参加して、名刺交換して、その部分を質問したんですが、ズバリ「Googleマップはビジネス利用時のリスクが高い」というようなことでした。

例えば上にGoogleマップで私が作成したマイマップを埋め込んでいますが、この公式API以外の方法だとマズイらしいです。スクリーンショットの画像を貼り付けたりとか…

個人利用であればGoogle様も文句は言わないと思いますが、ビジネスでの活用には注意が必要だとか。

その点、オープンストリートマップは誰でも自由に無料で利用できる、とのこと。


大変ためになるお話でしたので、早速古橋教授のTwitter(@mapconcierge)をフォローしました。


そしたら昨日、こんなツイートが。

大学の受講生向け資料なんですが、今時はこんな風に展開するんですね。
先月、鳥取大学の一般公開授業を受講した時は紙が配られたんですが、さすが青学、洗練されてます!

この、スライドを共有するサービスも初めて知ったけど、ホント便利なサービスがあるものですね〜

直接、ブログに貼り付けてもみたけど、ちゃんと表示されるかな?

ちなみに画面の右側をクリックすると前に進みます。(左なら戻る)

でポチポチ進めていくと、ようやくタイトルの件につながります。

ズバリ「ローカルウィキ」であると。

自分も昔「他にも倉吉観光Wikiみたいなものを作って個人がある程度自由に編集できるようにするとか。」みたいなことをブログに書いてたわけですが、なんのことはない。もうすでにあるみたいです。
参考:倉吉観光に必要なもの、それは観光客の属性に合わせた的確なガイド

自分自身もまだ全然チェックしきれてないけど、どうやらこのローカルウィキというプラットフォームが、オープン化が進むこの時代に、もっとも適していると感じます。

オープンストリートマップもなんだか面白そうではありますが、現時点では一般ユーザーへの認知度という観点でGoogleマップかな?
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム