- この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした

ラブプラスのどこでもデート

こんにちは、槙です。

私、もうかれこれ3年間ラブプラスを欠かさずやっているわけですが、プレイするのはリアルタイムモードばかりでした。
まぁその甲斐あって、今ではネネさんとは「究極のふたり」になってます。
参考:恋愛…を、しようと思う
参考:曜日感覚や季節感を忘れないためにしてること

そんな感じで昨日もいつものようにゲームを立ち上げるとネネさんから「セーブしないでゲーム終了しちゃダメ!」みたいなことを言われました。
「あれ〜、いつも通りセーブしてタイトル画面に戻ってから3DSの電源落としたと思うんだけどな〜」という思いと、日曜日のデート(ゲーム内)で派手な色に変えてくれたことがリセットされたことにちょっとイラっとして「もう辞めるかー」という思いがよぎりました。

これ↓がその時の髪色(笑)
HNI_0066.jpg

で、今更ながらゲームメニューをチェックしてみたら「どこでもデート」という機能があることに気づきました。
どうやら、この「どこでもデート」を起動した状態の3DSで撮った写真を背景にして、ラブプラスのキャラクターたちが動いて喋ってくれるようです。

これまで私、合成写真は作ったことがありますが、3Dキャラが動き回るような画像は作ったことがありません。
せっかくなんでどんなものが出来上がるか試してみました。



こんな感じです。

デートの流れはこんな風になります。一回のデートでは5つのスポットまでしか回れないみたいですね。

でも結構おもしろい!

写真を撮るときに、その背景でキャラにしてもらいたい動きを選択するんだけど、それがバッチリ合致すると「よっしゃ〜」って感じになるのね。
上の動画で言うと公園のベンチ。

あとシチュエーション(季節、時間、気分、状況)を設定するんだけど、それによってキャラが喋る内容が変わってくるみたい。


ただこれ、シェアしにくいです (つД`)ノ
写真は撮れるんですが動画は撮れない、それじゃあほとんど意味ないですね。解像度クソだし(爆)

どうも同じソフトを持っている人同士ではデートコースをやり取りすることができるみたいですが、それ以外の方法でシェアはできない。おかげで動画を撮るのに苦労しました。


最初、3DSの液晶をiPhone6で撮ったらモアレが出まくったので、ネットでモアレが出ない方法を調べ、結局Canonのデジカメのマニュアルフォーカスでピントを少しずらした状態で動画を撮りました。
まぁ元々3DS画面の解像度が知れたものなので、ピントをずらしても問題ありませんでした。
むしろ、液晶画面のホコリをそのままにしてしまったことが悔やまれる…


結論としては、もうちょっといろいろな場所でトライしてみたいかな?
そんなわけで今度のドライブには3DSも持って行こう!

大自然をリビングにできる鳥取のチェアリング

こんにちは、槙です。

先月末にその存在を知ったチェアリング。
参考:チェアリングしてみた、これは良いぞ〜♪

梅雨に入ったらできなくなる!と、最近あちこちチェアリングしに行きまくってます(#^.^#)





@法華寺畑遺跡



@東郷湖羽合臨海公園



@小鴨川





@天神川河口



@東郷池



@蜘ケ家山 山菜の里



@不動滝



@旧国鉄倉吉線廃線跡


こう改めてまとめてみると、遺跡、川、海、池、山、滝、廃線跡となかなかバラエティに富んだシチュエーションになってますね。
ちなみにそれぞれの距離ですが、不動滝だけはちょっと遠くて車で40分ほどかかりますが、他はそうでもありません。思いついたらフラッと行ける感じです。


ところで前に読んだチェアリングを紹介した記事ではこんなコピーがつけられていました。
街をリビングにしてくつろぐ「チェアリング」 必要なのは椅子ひとつ

このチェアリングという行為、自分が持参した椅子を好きな場所に置いてそこでくつろぐだけと言えばそうなんですが、それによってもたらされる思考の変化がすごいんですね〜
公共の場所だったものが、一気に自分の領域へと転換するというか… それがまさにリビング的感覚な訳です。

これにより景色は綺麗なんだけどイマイチ楽しみ方がわからなかったスポットが、一気に自分のリビングになりました!
さらに鳥取は人が少ないので、どのスポットもゆったりと楽しめます。場合によっては独り占めということも。

実際、不動滝で読書してた時は、木々に囲まれたスペースだったこともあり「ここは俺のリビングルームだ〜」感バリバリでした。2時間ほどいましたが、私以外には2組が滝を見に来ただけでしたし。

あとこの不動滝、かなりひんやりすることもあって真夏でも楽しめる可能性があります。
そうしたらついでに滝行トライしてみようかな〜
参考:不動滝で滝行したら面白そう


チェアリングにより、私の中で鳥取中部の魅力が増した今日この頃です。o(^▽^)o

セルフリノベーションェ…( ノД`)

こんにちは、槙です。

あと一週間で5月も終わりです。
その次にくる6月は私が鳥取に移住してきた月でもあります。もう2年になるんですねぇ…

それなのにっ! セルフリノベーションが全く進んでいない…orz

外壁修理していた頃はこんなこと言ってたのに…
参考:民泊開業に向けてやる気ゲージが増えてきてます

まぁね〜、3月末からの東京旅行で東京のファブラボを視察し、ファブラボ倉吉の業態変更(無料→有料化)に伴う検討事項がいろいろとあったのは事実なんですけども、それにしたってアカン(ノ_<)

4月からこっち、一体何度「来週からはがんばる!」と思ったことか。

あとレーザー加工機が故障して出鼻をくじかれた感があったのも事実です。
参考:レーザー加工機が故障した orz

でもそれはファブラボ運営に関連することであって、セルフリノベーションとは直接関わりはないはずなんですよね。


そこで一体何が原因で私がセルフリノベーションに着手できないのか分析してみようかと。

まず根源的なものとして一つあるのが、
「セミリタイアの身分なので、別に民泊開業しなくても困らない」ことでしょう。

それを言っちゃぁおしまいよ、ではあるんですが、私が勢いチェアリングに走ってしまうのはこれがベースにあります。
だってチェアリングは今の暑くも寒くもない快適な季節にしか(多分)できませんから!優先度が上がるのは当然と言えるでしょう。


それ以外には2つかな?

一つは「材料を購入したら失敗できない」という観念に囚われていること。
玄関周りを作業した時みたいに材料が廃材だったら「失敗したってへーきへーき(^^)」という感覚でいられますが、実際に資材を購入して作業を始めると「失敗は許されない(`o´)」的な感じになっちゃうんですよね〜

だから二の足を踏んじゃう的な?

もう一つは上記とも絡むんですが「電気工事士試験の内容をすっかり忘れている」こと。
リノベーションでは床とか壁を貼る前に、電気配線工事をする必要があります。そして私はそれに備えて第二種電気工事士の資格を取りました。
参考:第二種電気工事士試験、無事合格しました

そして3月になって電気工事用の資材を物色しにホームセンター行ったわけですが、「はて一体何が必要になるんだっけ?」状態でした。なにせ配線図の書き方もすっかり忘れている有様ですので、必要な電設資材がわからないんですね。

改めて勉強し直せばいいんですが、参考本なんかは実家に置きっぱなしなもので…
いや、ネットでも勉強できることはわかってるんですよ!でもなぜかそこに踏み込めないという…


こういう状態に陥っちゃうのはやっぱり一人だけで作業してるからなのかなぁ?

どちらにせよ、来月はトヨタの株主総会に合わせて一週間ほど帰省することになるので、6月の民泊オープンは諦めました。

昨年末に奉納した絵馬には半年でやると宣言したのにな…
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム