DIY - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

バルコニーの屋根に波板を張った

こんにちは、槙です。

先日、昨年吹っ飛んだ屋根を張り直しました。
参考:バルコニーの屋根が吹っ飛んだ!





ちなみに「屋根をはる」には「張る」と漢字を当てるのが正解らしい。
建築用語的には「貼る」は接着剤でくっつける場合のことなんだそうな。


当日の作業としては、ホームセンターで資材を購入し、軽トラで家に運んだあと、
・波板をセットする
・適当な位置に、キリで穴を開ける
・電動ドリルで、穴を拡げる
・ワンタッチフックをその穴に突っ込む
・アルミのチャンネルにフック部分を引っ掛けて波板を固定する
といった感じで、思ったよりも簡単でした。
今時はネットに動画も転がっているので、十分に予習もできますしね。

ただ今回張った波板も耐用年数があって、塩ビで5年、ポリカでも10年くらいしか保たないみたいです。

強風でバタバタ音がするようになるのは、おそらくワンタッチフックのいくつかが破損して、隙間ができるせいだと思われます。
そうなったらもう交換時期。素直に張り替えた方が良いです。台風なんかで吹き飛ばされると事故にもつながりかねませんからね。
(我が家の場合はたまたま被害がなかっただけで幸運でした)

先代の波板が何年前に張られていたのかは知りませんが、耐用年数を軽く超えてたんだろうな…


かかった費用は以下の通り。
・ポリカ波板(6尺) ¥1,058×7枚=¥7,406
・ポリカフック(21mm) ¥1,111(100個)+¥162(10個)=¥1,273
合計で ¥8,679 でした。思ったよりも安い!


これで雨漏りが止んでくれると良いんだけどな〜
スポンサーサイト

廃材で郵便受けを作ってみた

こんにちは、槙です。

外壁の工事も徐々に進んでおり、今週中には完了しそうな感じです。
そんな中、私のセルフリノベーション意欲も復活してきています。特に今日は気温が20度近くまで上がったので、作業にはうってつけ!

そこでリビング予定の場所に転がっている廃材を片付ける意味も含めて、郵便受けを作ってみました。
IMG_1575_20180313191452a59.jpg

もともと我が家の郵便受けは玄関脇の壁に開いた横長の穴から玄関内に落とし込むタイプでした。
IMG_1588_2018031417402011c.jpg

IMG_1578_201803131915094c7.jpg
上の写真は玄関内部から撮ったものですが、ちょっと穴の幅が狭く、A4封筒は半分に折らないと入らない状態でした。
メール便なんかもかなり無茶な状態で突っ込まれていることもあり、そのうち改善したかったんですよね〜

そこでお昼を食べた後、転がっていた廃材を見繕って3時間ほどで作ったのがこちらです。
IMG_1572.jpg
主な材料は以前解体したパレットです。

郵便物は上ぶたを開けて投入します。
IMG_1573.jpg
A4封筒は当然として、回覧板も入るはず。

ハガキや封筒など、通常の郵便物はこちらから取り出します。
IMG_1574.jpg
留め具はマグネットキャッチを使用しました。
最初、100均マグネットを埋め込んでみたんですが、磁力が弱すぎた&下ぶたの反りのため使い物にならなかったので、改めてホームセンターで買ってきました。
またその反りのせいでハガキなどは落下の可能性があったので、発泡面木の端材を貼り付けてみました。これだけでは落下を100%防ぐことはできないのですが、落ちた時は運が悪かったと思うことにします。

モルタル壁への設置はL型金具を使用して、コンクリートビスで固定しました。
IMG_1577.jpg
事前に下穴を開けたあとでコンクリートビスを打ち込みます。

真横から見るとこんな感じ。
IMG_1576.jpg
下側を固定したせいで上部に隙間ができちゃってます。これは郵便受けの裏にもともとの投入口があったのですが、それが若干モルタル壁から飛び出ていたため、結果的にこうなっちゃいました (つД`)ノ

仕方ないので通常からは見えにくい郵便受け左側面を、底部と同じようL型金具で固定しました。


構造検討から設置まで4時間弱で出来ました。
ここにある廃材で作る!という縛りがあるせいか、余計なことを考える必要がなくサクサク作業は進みましたね〜

やっぱり設計を進める上で重要なのは、何らかの制約を与えられることなんですかね?
新しいものが購入できる場合、選択肢が多すぎてなかなか決められないんですよね。

ちなみに新規に購入したものは、ステンレス蝶番2個で¥280、マグネットキャッチ¥105、合計¥385でした。


仕上げですが、今回は塗装せず、ロゴと名前をステンシルで入れてみようと思います。

カラーボックス フィギュアケース製作上の注意点

こんにちは、槙です。

先週作ったフィギュアケースですが、製作する上でいくつか注意するポイントがありますで、まとめておきたいと思います。
参考:カラーボックスでフィギュアケースを作ってみた

その1.精度がかなり厳しい!

053.jpg
これはアクリル扉枠に使用しているジョイナーの寸法図なのですが、12mmの内訳は、左ふところ4, 樹脂部1, 右ふところ7mmとなっています。

つまりこのジョイナーを上下の扉枠に使用する場合、7mmのふところに突っ込んだ状態で、4mm+1mmの段差を乗り越える必要があります。
そしてその結果、クリアランスゼロとしても通常状態でのアクリル扉上部の引っかかりは最大2mmしかないのです。
IMG_1279’

さらにアクリルカット時の加工誤差を考慮する必要があります。
私が利用したアクリルショップはざいやさんでは500mm以下の場合、公差は±0.8mmとなっています。
だとすると+0.8mmを見越して寸法を指示して最悪ー0.8mmで仕上がってくる可能性もなくはないわけです。(限りなく低いんですが…)
その場合、引っかかり寸法はすでに0.4mmしか残されていません!

正直これはかなり厳しいですね〜

私の場合、最初の1個で最上段がうまくはまらない状態になりましたので、実際のところ2個目以降は現物合わせでジョイナーを取り付けました。
つまり最上段のジョイナーを設置した後、カラーボックスをひっくり返し、その状態でアクリルをセット。
その後、目視でアクリル上(下)端と次段のジョイナー下(上)端がギリギリ通過できるポイントで、次段のジョイナーを接着していきました。(かっこ内が通常状態での位置関係)

ま、構造上けんどん式で脱着できなくなっても、横にスペースさえ取れればスライドさせてアクリルの脱着は容易ではあるんですけどね。
私の場合は、最初から3台並べて飾ることを考えていたので、上記の考えになりました。


その2.ハンダ付けの温度は350度!

一応本番前にYouTube動画でハンダ付けのイメージトレーニングはしていたんですが、見るのと自分でやるのは大違いでしたね(笑)

そして一番のミスは、ハンダこての温度でした。
最初、温度は低いほうがLEDテープにもダメージが少ないだろうから…と思って、一番低い温度でハンダ付けしていたんですが、これが全然うまくいかないorz
こてを当ててハンダを付けて離す、動画のようにやっても全然ハンダが乗ってくれないんです><

それでもなんとかハンダ付けしたわけですが、その後にいろいろ調べたらこての温度が低すぎたのがいけなかったらしい。

ちなみに私が使用したのはファブラボに置いてあった温度調整可能なハンダこてです。高級品なのかな?


その3.ハンダ付けした場所の保護は熱収縮チューブ!

ネットでいろいろチェックしているうちに、グルーガンでハンダ付け部を保護するという人もいました。

なるほど!と思って最初のカラーボックスはそれでやってみたんですが、オススメしません!
IMG_1364_201802272122522a8.jpg
その2の影響もあると思いますが、見事に接触不良になってしまい、今は洗濯バサミで押さえていないと最上段のLEDが点灯しない状態になってしまいました…

グルーガンでの保護は熱収縮チューブに比べてグルリと周り囲む一体感がないんですね。だからペロリと剥がれてしまう可能性が高いです。


その4.組み立て済みのカラーボックスは利用しない

IMG_1365_20180227212253809.jpg
組み立て済みのカラーボックスに無理やり配線用の穴を開けたので、ひどいことに…

こんな思いをするなら、多少手間でも背板をノコギリでカットできる組み立て前のものを購入した方が良いです。


まぁこんなところですね。

カラーボックスでフィギュアケースを作ってみた

こんにちは、槙です。

やっぱりフィギュアは箱から出して飾って愛でるものですね〜
P1030370.jpg

P1030385.jpg


きっかけは半月ほど前、ホシノさんのブログ記事、<インボックスジオラマ「けいおん部室」を作る>シリーズを見たことです。
参考:インボックスジオラマ「けいおん部室」を作る その2 寸法と基本設計
カラーボックスに収まるサイズのねんどろいどジオラマを作るというシリーズなのですが、読んでるうちに「これ普通のスケールフィギュアでもいけるんじゃね?」と思い、作ってみることにしたという次第です。

セルフリノベーションの構想では、フィギュアのディスプレイラックも自作しようと思っているのですが、その練習としてもカラーボックスを利用したフィギュアケースはちょうどよかったですね。

とりあえずアクリル扉設置までの手順を説明した動画を作りましたので貼っておきます。



しかし今回のケース作り、シンプルなけんどん式(襖とか障子をはめる形式)を採用しているのですが、ジョイナーを使ったのが我ながら秀逸でしたね!
IMG_1144.jpg

前に簡易内窓を作ったのがいい経験になってたみたい。
参考:なんちゃって内窓を設置してみた
最初は内窓と同じようにスライド式にしようと思ってたんですが、ガラス戸レールと同じ場所でジョイナー発見した時は「これでイケる!」と思いましたからね〜

ここからさらに一工夫しているところが私の職人魂(?)です!
IMG_1145.jpg
このように切り欠いて、

IMG_1146.jpg
カラーボックスにぴったりフィットするようにしていますから!
IMG_1278.jpg


他にもホームセンターで見かけてから一度は使ってみたかった発泡面木を使えたのも良かった!
IMG_1164.jpg
IMG_1165.jpg
ご覧のように45度の面が取れる材料なのですが、特筆すべきはその安さ!
なんと2メートルの長さでも41円しかしません!


アクリル板もインターネット通販使ったら結構安く入手できたし、トータルでも安くできたんじゃないかな?

集計してみると…

・カラーボックス
    1,077×3=3,231

・アクリル板
   378×9+送料900=4,302

・ジョイナー
   91×6=546

・強力両面テープ(5mm幅)
   345

・発泡面木(2m)
   41×2=82

・アルミ平板(LED放熱用)
   267×6=1,602

・両面テープ(10mm幅)
   179

・テープLED(3525タイプ5m)
   799

・電線(10m)
   699

・熱収縮チューブ(φ6mm)
   348

・配線モール
   159×4=636

・スイッチ
   270(2個セット539)

・DC電源メスプラグ
   143(10個セット474)

・DC3分岐ケーブル
   335(2個セット670)

・ACアダプター(12V3A)
   890

合計 14,407円

あれ? 1万円超えてたか…
でもこれ以上コストカットはしたくないかなぁ〜
むしろアクリル板を2mm厚にしてもいいくらい?

さて、テープLED照明編の動画作んなきゃ…
2/25動画編集し終わりましたので貼っておきます。

厚紙キャラスタンドの作り方

こんにちは、槙です。

はい、昨日の続きです。

グルーガンで異素材がくっつけられることは、私にこの本で知った「ナットによる安定感アップの方法」を思い出させました!


下の動画は上の本で紹介されていたパラパラ動画ですが、針金で浮かせているもの以外はナットをくっつけて安定させているそうです。


そして厚紙がへたらない工夫としては、竹ひご接着→紙を縦に接着して補強となったわけです。


<必要な材料>

①厚手のプリント用紙
私はペーパークラフト用に買ったこの用紙を使いました。


②グルーガン
お手持ちのものをお使いください。

③ナット
キャラスタンドのサイズにあったものを選んでください。
動画内ではM8ナットを使用しています。


<作成手順>

細かい作り方は動画にしてみましたので、こちらをご覧ください。

今回はBGM入れました(笑)


そうそう今回の動画、家に転がっていた廃材をこのようにカットして、
IMG_1073.jpg

門型スタンドを作成し、真上からアクションカムで撮影し、手元動画を作ってみたんですが…
IMG_1074.jpg

アクションカムは広角すぎました!(>_<)
画面が歪んで、しかも肝心の手元がよく見えないという…

カメラの高さは350mmになるよう作ったんですが、もう少し低くてもよかったかも?


<所感>

実はナットなど、表面がツルツルしたものに対するグルーの食いつきはいまいちで、厚紙キャラスタンドを作った後にナットがぽろっと取れてしまうことがあります。

両面テープを補助に使う、ナットにプライマーを塗布しておく、たっぷりのグルーで接着させるなどの対策が思い浮かびますが、どれも未実施なので何が有効かはわかっていません。

しかしながら、厚紙キャラスタンドは大変安価にできますので、トライ&エラーを繰り返しながらそこらへんのデータを蓄積していけば良いかな〜、という感じですね。

そして!ファブラボの企画書に記述していた「ひなビタ♪ワークショップ」をいよいよ実施しようかな〜、と。
参考:倉吉のファブラボでひなビタ♪グッズが作れるようになりました♪
今回、データ作りとキャラスタンド作成手順を動画にしたのは、ワークショップ時の説明で使うことを意識してたんですね〜、実は!(^^)/

今のところ、3月に実施する予定ですが、反響あると良いなぁ。
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム