読書 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

先月読んだ本(読書メーターまとめ)

こんにちは、槙です。

先月読んだ本は3冊。いつもよりだいぶ少なかったです。

読もうとした本はあったんですが…

ガブリエル・ガルシア=マルケスの「百年の孤独」を苦労しながらも読み終わった私でも、全く歯が立ちません( ノД`)
この手の文章を理解できるのって、もやは脳みその作りが違うのでは?と思えるほどの難解さ… 正直、同じ日本語とは思えませんでした\(^o^)/


他にはそのあとに読んだ本の読了ツイートに「いいね」がいっぱいついたことに驚きましたね〜


なんでかな?と思ったら、「昆虫はすごい」の丸山宗利さんにリツイートされたみたいです。

ご本人の著作には「そっけない感想しか書けなくて申し訳ありません」という気もしましたが、私にとっては単なる不可思議な生態だけを紹介されても「へ〜」で終わっちゃうんですよね。

でも、進化の流れの中で「なぜそうなったのか」を説明してくれると、とても興味深く感じるのです。


まさにこの一文が示す通りで、生物がどのように進化してきたかを紐解くことができれば、その応用範囲はとてつもなく広がるんじゃないのか!?という風にとてもワクワクしたものです。

自分が高校生で、これから大学受験するんだったら、こういう方向性もありだな、と思えた瞬間でした。


3月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:593
ナイス数:15

作る! 超リアルなジオラマ: 材料探しから作品発信まで完全マスター作る! 超リアルなジオラマ: 材料探しから作品発信まで完全マスター感想
もうじき近くで著者の作品を集めた企画展があるので、予習がてら読んでみたら、開催がますます楽しみになった。
驚いたのは素材として紙も利用していたこと。マンホールとかホーロー看板とか… ちょっとマネしてみたい。
読了日:03月13日 著者:情景師アラーキー
昆虫はすごい (光文社新書)昆虫はすごい (光文社新書)感想
たくさんの昆虫の物珍しい生態を紹介した本。多くの部分で「詳しくはわかっていない」とか「研究は進んでいない」となってて、ちょっと消化不良なところがあるかも…
読了日:03月15日 著者:丸山 宗利
進化とはなんだろうか (岩波ジュニア新書 (323))進化とはなんだろうか (岩波ジュニア新書 (323))感想
以前読んだ「昆虫はすごい」の巻末でお薦めされてた本。岩波ジュニア文庫なんだけど、少なくとも高校生じゃないと読むのは難しいと思う。
これまでに読んだ本と重複する部分も多かったが、頭の整理にはちょうど良かった。
巻末にあった「進化の考えを抜きにしては、生物学の知識はただの寄せ集めにすぎません。進化を考えてこそ、生き物の構造、生理、生活史、行動、生態、多様性などのすべてが意味あるものとして見えてくるのです。」という文が、進化生物学の重要性をあらわしてる。進化生物学面白い。
読了日:03月27日 著者:長谷川 眞理子

読書メーター
スポンサーサイト

先月読んだ本(読書メーターまとめ)

こんにちは、槙です。

月も改まったので先月読んだ本のまとめなぞ。

ご覧のように芸術の本も読んでいますが、生物学の本の方が印象深かったかなぁ。
やっぱり昆虫の生態が気になりますね。

もともと私はロボット好きなんですが、ヒトとは全く違った進化の歴史を辿ってきた昆虫の構造には、メカニズム的な好奇心をそそられます。
あんな小さいのに空を飛ぶことができるなんて!

どうやら昆虫の飛び方にも2種類あって、トンボ・バッタなどの古いタイプと、ハチ・カ・ハエなどの新しいタイプがあるそうです。
前者は直接飛翔筋を用いて、言うなれば我々が手をバタバタするのと同じ。
一方後者はいったんはばたきを開始したら、バネ振り子のようにビョンビョンする非同期飛翔筋を用いて、より高ヘルツのはばたきを実現しているらしいです。なんかワクワクする (´∀`*)

昆虫本はもうちょっと読んでみよう。


2月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1295
ナイス数:17

芸術がわからなくても美術館がすごく楽しくなる本芸術がわからなくても美術館がすごく楽しくなる本感想
ざっと流し読み。音声ガイド聞く前に、自分なりの感想を持とう!という提案、確かに音声ガイド聞くのに気が散らされる部分もあるので、今後はそのようにしよう。
読了日:02月06日 著者:藤田 令伊
面白くて眠れなくなる進化論面白くて眠れなくなる進化論感想
一般向けに書かれた進化論の入門書。「すごい進化」を読む前にこっちを読んでおいた方が良かったかも… 一通り読んでみて「思ったより生物進化の歴史は解明されていないんだな」というのが正直な感想。また生物が進化するには、ウイルスのDNAが宿主のDNAに溶け込んだり、別生物からミトコンドリアや葉緑体を取り込むケースがあるというのは、驚きだった。もともとこの分野の本を読みだしたのは、昆虫がどのような進化を経て「変態」という性質を持ったのかを知りたいと思ったからだが、どうやらその解明はまだなされてないようだ。
読了日:02月08日 著者:長谷川 英祐
すべてのドアは、入り口である。現代アートに親しむための6つのアクセスすべてのドアは、入り口である。現代アートに親しむための6つのアクセス感想
現代アートに関する本。半分近くを現代アーティスト15人の紹介に費やしてたけど、対談形式で紹介されるとなんか知らんけど、アーティストの情報が頭に入ってきやすい気がする。
今年の瀬戸内国際芸術祭に行ってみたくなった。
読了日:02月15日 著者:原田マハ,高橋瑞木
人生がときめく片づけの魔法人生がときめく片づけの魔法感想
こんまりがアメリカでブレイクというニュースが気になったので読んでみた。なるほどと思う部分もあれば、それはちょっと?というのもある。
「モノを捨てることによって、決断力が磨かれる」というのは前者の一例。「動線と頻度は無視」というのが後者の一例かな。
読了日:02月19日 著者:近藤麻理恵
ウニはすごい バッタもすごい - デザインの生物学 (中公新書)ウニはすごい バッタもすごい - デザインの生物学 (中公新書)感想
子供向けのタイトルっぽかったので油断してたが、この本かなり手強いと思う。サンゴ、昆虫、貝、ヒトデ、ナマコ、ホヤ、最後に脊椎動物について、それぞれの種特有の生存戦略について解説している。これまで考えたことのないような機能があり、驚かされる。進化って改めて不思議だ。
ただ新書で図や写真が少ないのがツライ。動画の方が理解しやすいだろうな… 内容はとても興味深かったので、一度ノートなんかに整理しとこう。
読了日:02月28日 著者:本川 達雄

読書メーター

先月読んだ本(読書メーターまとめ+α)

こんにちは、槙です。

2月になったので、先月から始めた読書まとめ記事をアップします。

先月は、自分としては珍しく、小説をけっこう読んだ月になりましたね。
別に小説嫌いじゃないし、面白い本はウェルカムなんだけど、退職してからは小難しい本(例えば「限界費用ゼロ社会」とか、直近だと「ホモ・デウス」とか)を読み終えることに、なんというか達成感を感じてしまうようになってしまったんですよね〜(苦笑)

そんな私が今興味を持っているのは、進化の歴史っぽいこと。

きっかけは「合成生物学の衝撃」を手に取った原因の「マイクロ・セル」。これは人が、ゲノムをあれこれ切りはりして、全くの新しい生物として創造した生命体です。

ちょっと前に、中国でゲノム編集された双子が出産した、といってニュースになってましたが、「マイクロ・セル」は編集ではなく、遺伝子情報を一から組み立てたモノというのがすごいところです。

このように、技術的には人工的にゲノム編集することはもはや容易になっており、人為的に進化を促すことさえ可能とも言えるわけです。

と、ここで、個人的に非常に不可思議に思っていることがあります。
それは「昆虫の変態」!

多くの昆虫は、幼虫→さなぎ→成虫→産卵 というサイクルを繰り返しながら世代を重ねていくわけですが、この幼虫がさなぎになって、幼虫とは全く違う形態の成虫になるというのが、わけがわからない! なんでそういう進化を遂げたのか?

そこにどんな生存上の戦略があるのか? あるいはそれをもたらしめた、なんらかの環境変化があったのか?


それで今はこの本を読んでいるのですが、思った以上に専門的で挫折しそう…

なんかもっとわかりやすい本はないんかな?


1月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1862
ナイス数:23

ゲームの王国 上ゲームの王国 上
読了日:01月07日 著者:小川 哲
ゲームの王国 下ゲームの王国 下感想
とあるブログ記事で知った本なんだけど、上巻と下巻でこれほど印象の違う小説も珍しい。上巻ではポル・ポト時代のカンボジアを舞台にした、ボーイミーツガールものかと思って、下巻はいろいろあったけど、共闘してポル・ポトを打倒する展開何だろうな〜、と期待して下巻読んだら、いきなり2023年になってたのには驚いた。それでも理系的には下巻も楽しんで読めた。ラストはしんみりとした感じで、いろいろと消化不足な部分(暗殺のくだりとか)もあったけど、面白かった。
読了日:01月09日 著者:小川 哲
合成生物学の衝撃合成生物学の衝撃感想
NHKの番組で知った人口生命体マイクロ・セルについて、興味を持ったので借りてみた。この分野は全然詳しくないので、新たな発見がいっぱいだった。
遺伝子ドライブ、CRISPER-Cas9、ヒトゲノム合成計画など、字面からしてSF。ただアメリカ国防総省の研究機関DARPAに触れた章はいまいちだった。読み飛ばしてもいいかも。
読了日:01月11日 著者:須田 桃子
ハロー・ワールドハロー・ワールド感想
"Hello, world."と言えば、ニトロプラスのエロゲが出てくる私。作家さん含めて予備知識全くなしで読んだけど、率直に言ってものすごく楽しめた! この本は現実のIT技術の延長線上にあるごく近い未来を描いているんだけど、ドローン、GitHub、マストドン、仮想通貨など、聞いたことのあるワードが出てくるので興味深く読めた。ストーリーは短編5編なので、気負うことなく読めるのも良い。IT技術を解説する本を読むくらいだったら、この本を読んだ方が良い。超オススメ。
読了日:01月16日 著者:藤井 太洋
昆虫学者はやめられない: 裏山の奇人、徘徊の記昆虫学者はやめられない: 裏山の奇人、徘徊の記感想
ゴミムシや外来生物などについて述べたエッセイ集。地下性生物はちょっとした環境変化で簡単に死に絶える、という視点は昆虫学者ならではで興味深かった。ほかにも焼酎とカルピスによるキリガ「召喚の儀」が面白そうで、ちょっと自分でも試したくなった。
読了日:01月21日 著者:小松 貴
すごい進化 - 「一見すると不合理」の謎を解く (中公新書)すごい進化 - 「一見すると不合理」の謎を解く (中公新書)感想
主に昆虫の生態と、その進化について解説している本。ナミテントウとクリサキテントウを例には「なるほど」と納得した部分もあるが「成虫になった時点で生息域をマツに移動すれば良いのでは?」とも思った。そのほかにも有性生殖と無性生殖では、繁殖力は圧倒的に無性生殖の方が良いのにも関わらず、実際には有性生殖が優位な状態に、はっきりとした理由づけが未だにできていないというのには驚いた。近い将来、ゲノム編集が身近になる可能性もあるので、進化を正しく理解することは重要になってくるんだろう。
読了日:01月29日 著者:鈴木 紀之

読書メーター

先月読んだ本(読書メーターまとめ)

こんにちは、槙です。

もう2019年が明けて、10日以上経過しているんですねぇ。
今更ながら新年あけましておめでとうございます。

年明けてから、このブログもサボり気味でしたが、今日読書メーターのサイトを見ていたら、まとめ機能があるのに気づいたので試しに使ってみました。

読書感想はツイッターでも都度つぶやいているんですが、読書メーターは255文字まで登録できるので、たまに違うことを書き込んでます。
先月はツイッターのコピペばかりですが…


これを毎月のブログ記事にするには情報量(読書量)が少ないので、できれば3ヶ月ごとにまとめを出力したいんだけど、読書メーターのまとめ機能は先月1ヶ月分しかまとめられないみたい。残念!


12月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1257
ナイス数:24

地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門感想
この本は小説仕立てになってるので、これまでの本に比べてグンととっつきやすくなっている。終盤になって他地域連携の話が出てくるあたり、いかにも全国を飛び回っている木下氏らしい提言だった。あと断熱ワークショップに参加したい(切実)
読了日:12月02日 著者:木下 斉
今こそ、韓国に謝ろう今こそ、韓国に謝ろう感想
題名を見て「おっ、こういう視点もあるのか」と手に取ったら著者が百田氏でビックリした。そのまま借りて読んでみたけど、要するに「頼まれてもいないのに、近代国家にしちゃって、ゴメンね」という内容だった。ここで書かれていることが全て正しいかどうかは判断しかねるが、未来志向と言いつつ、昔のことを蒸し返すあの国の国民性には、ちょっと首を捻らざるを得ない。
読了日:12月04日 著者:百田尚樹
世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」感想
前に読んだ「いちばん親切な西洋美術史」よりは文字多めで、歴史背景の流れを重視している。ただ白黒印刷なので、結局「いちばん…」も借りてカラー絵を参照しながら、読み進めた。多分これが正解だと思う。
読了日:12月12日 著者:木村 泰司
京都・同和「裏」行政──現役市会議員が見た「虚構」と「真実」 (講談社+α新書)京都・同和「裏」行政──現役市会議員が見た「虚構」と「真実」 (講談社+α新書)感想
来年から自治公民館の役員になるので、同和問題の勉強がてら読んでみた。同和対策事業による逆差別の問題について述べている。
刺激的なタイトルの割には、内容は至極まっとう。最初に記された旧同和地区出身京都市職員たちのとんでもぶりはビックリしたけど…
著者も巻末で述べてるけど、行政では「やめる」のが難しいんだな。
読了日:12月19日 著者:村山 祥栄
仕事は楽しいかね?仕事は楽しいかね?感想
読者を煽ってくるような題のわりには、普通の自己啓発本だった。ただ多くの製品や方法の起源を紹介してくれているので、けっこうためになる。陸上高跳びの背面跳びが始まった背景とか…
読了日:12月24日 著者:デイル ドーテン

読書メーター

町おこし本、残りの3冊の感想とまとめ

こんにちは、槙です。

昨日の続きです。
参考:外国人が熱狂するクールな田舎の作り方




これはカーリルのトップ画面に出てきたので興味を持って借りた本です。

いわゆる「リノベーションまちづくり」の流れを実体験に基づいて述べられています。昨年鳥取大学の公開授業で話を聞いた油津商店街も同じ部類に入ろうかと思います。



ただ個人的にはこの方向性に持続性があるのか?とちょっぴり疑念を持ってるんですよね〜
10年スパンでは良いにせよ、そのあとも持続的にお金を稼ぐことができるのか?というところがまだまだ見えてこない感じ。

前記事の飛騨エリアはインバウンド客を取り込んで稼ぎに変えており、持続性が期待できますが、リノベーションまちづくりの手法でそこまで期待できるのか微妙です。
この本の中でインバウンド客についての記述があまりなかったせいで余計にそう思うのかも…

何にせよ「リノベーションまちづくり」は現在進行形というところでしょう。








最初、この本の表紙を見たときは「売る気ないのか!?」と思っちゃいました(^^)


でもこの本が読みものとしては一番面白かったかも。
表紙に写っている観光カリスマ後藤哲也さんの生涯が記されているわけですので… 

ちなみに本が出版された2005年時点で73歳、調べたら今年の1月にお亡くなりになったそうです。合掌。

徹底的に景観にこだわった温泉街を作り出し、日本一の人気を誇る黒川温泉。
黒川温泉の魅力は何かと言うと「日本のふるさと」の雰囲気を思いっきり味わえること。

           (本文より)

黒川の嫌われ者だった著者が、50代半ばになってから温泉組合の理事になって改革に取り組み、黒川温泉全体に雑木を植える活動に取り組むわけなんですが、この計画自体には組合内で賛否両論あったらしいです。

それでも強行できたのは「自治体からの緑化推進の助成金が出たから」というのは、テレビで見たとき「よくこんなことできたな〜」と思った私に取って、ある意味予想外の答えでした。

しかし2年やっても目立った効果はなく、組合内でも反対の意見が大きくなってきたそうで、これまで賛成してきた一部のものもやめようと言い出すほどだったとか…

それでも3年目の植樹も強行!
その結果、ようやくお客さんからの驚きの声が聞こえてくるようになり、反対する声も小さくなっていったそうです。

著者である後藤さん曰く、この時が一番辛かったそうです。

結果が伴わず、味方からも止めようと進言される状態。
それでも周りの声に惑わされることなく、植樹を強行できたのは助成金だけでなく、後藤さんの確たる信念があったから。

その信念というものは、「温泉客は癒しを求めている。人は自然に包まれている時に癒される。だから温泉全体を雑木で包み込み、山奥の温泉郷といった雰囲気を作り出せば、黒川温泉はオンリーワンになれる!」みたいな感じ…

後藤さんは温泉宿や露天風呂などの安らぎの空間づくりに絶対の自信を持っているんですが、それは各地の観光地や温泉を巡り独学で身につけたもの。
どうやら天才肌だったみたいです。






町家の内部、店先よりも奥の生活空間を見てもらうことから始まった活動。
「みんな」でやらず、賛同してくれる人たちで始めるなど、よその場所でも実施できそうなヒントがいっぱいある。

前記事の山田拓さんなんかはマンパワーで押し切った事例だけど、こちらはそれに比べて全然ハードル低い。

だから「これなら自分たちでも出来そう」と思えてくる。そういった意味でも倉吉ひなビタ♪応援団のメンバーに薦めるならこの本。
ただ、この本、倉吉市立図書館には入ってないんですけどね(笑)

最後の方に書かれていて印象的だった箇所。

「ヨソモノ・ワカモノ・バカモノ」の呪縛から抜け出るべし
この言葉の最大の弊害は、この言葉が「言いわけ」にすりかわってしまっていることである。この言葉を都合よく使って、町おこしを「他人事」にしてしまっていることである。


なるほど〜、結構ありがちな気がします。




さて、似たようなテーマで一気に4冊を読んだわけですが、そのうち3冊で景観の重要性を述べていました。

里山の原風景(飛騨)、
日本のふるさと(黒川温泉)、
歴史ある城下町(村上市)。

私、前にこの本を読んで以来、地方の生き残る道はインバウンド観光なんだろうな〜と思ってます。


なので地方が生き残るには日本独特な景観の維持が必須かと…
とりあえず山陰地方で言えば石州瓦の家屋です!

ちなみに我が倉吉では「レトロ&クール」を標榜しているのですが、それらの相乗効果を出すにはけっこうなチャレンジが必要だと思われます。


せっかくなので観光がらみで以前書いた記事を貼っておきます。
参考:倉吉まちづくりはこのコンセプトでどうだろう?
参考:倉吉観光に必要なもの、それは観光客の属性に合わせた的確なガイド
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム