フィギュア - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

デトルフ組立&フィギュアディスプレイ

こんにちは、槙です。

IKEA長久手で購入してきたデトルフをようやく組み立てました。
IMG_20200907_160819.jpg

ご覧のように和室の一角に設置。
さすがに畳の沈み込みがありそうだったので、デトルフの設置脚が当たる手前と奥に端材を2本渡しました。

ところがもともと畳のスミが沈んでいたようで、右側のデトルフは水平が出ません。
そこでこれまたそこらにあった端材と、梱包に入っていた緩衝材を組み合わせ、天板側面と部屋の砂壁に挟み込み、強引に水平が出るようにしました。
IMG_20200907_160909.jpg
赤で囲った部分。我ながら適当が過ぎる(笑)

ま、暫定ということで。
ちなみに一人で組み立てました。


デトルフ組み上がったので、さっそくフィギュアをディスプレイしてみる。
IMG_20200907_170607.jpg
上の2段に比べて、下の2段のやる気のなさよ(//>ω<)
だって立った状態で鑑賞すると下段は見にくいんですもの…

上段はフィギュアの色味と、高低差を意識してディスプレイ。
IMG_20200907_170736.jpg
ちなみに左上からクリップライトで照らしているので、そちら側が明るくなっています。

00000IMG_00000_BURST20200907165122754_COVER.jpg
この棚はグリーン。
セブンスドラゴンのフィギュアが3体、ちょうど良いバランスでディスプレイできました。
右に配置した刀子はアナザーカラーVer.。通常版(下)は中古価格が高かったのと色味が合わなさそうだったからアナザーにしたんだけど多分成功。


00000IMG_00000_BURST20200907165200429_COVER.jpg
ピンク棚。インパクトあるな〜(^^)
上段フィギュアのスタンドが影になって、レミィの顔が暗くなってるのが残念。

残りの棚は青と黒でフィギュアをまとめました。


今回、フィギュアの高低差を出すために100均で買った瓶を使用したんだけど、デトルフでフィギュアを飾るんだったらこれが最適解のような気がする。
ちなみにこの動画で知りました。


あと色味を意識したのはグッスマさんが呼びかけた#あな棚のハッシュタグで「おっ、これ良い!」と感じたのがそんな風だったので。


照明はどうしようかなぁ〜
LEDクリップライトでもうまく設置すれば反射せずきれいに見えそうな気がするのでそのうち試してみよう。


<8/9追記>
スポンサーサイト



100均ミラーでフィギュアをディスプレイしてみた

こんにちは、槙です。

フィギュアディスプレイにおいて背面をミラーにするという方法があります。
表と裏を同時に鑑賞できたり、光を反射してフィギュアケース内部が明るくなるといったメリットがある一方、鑑賞者が映り込んでしまい、写真を撮るとカメラや自分の姿が入ってしまうというデメリットもあります。

個人的にはそのデメリットが気になって我が家のフィギュアケースは基本背面ミラーにはしていません。

とは言え、そればかりではマンネリになってしまう。
ということでミラーを活用することも考えてみたい!

まぁ、ダイソー行ったら安いスタンドミラー売ってたから試してみた、というのが実態なわけですが…

いきなりですが、いろいろやって良かったのがコレ。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200706152813621_COVER.jpg
なんと一つのフィギュアが5つに見える!(笑)

使用したのはこの「壁掛け&スタンドミラー」を2枚。
IMG_20200706_151639.jpg
フレーム外寸は縦267mm、横218mm、このサイズで100円なら十分お買い得かな。

最初はそのまま普通にカラーボックスフィギュアケースの背面や側面に置いてみたんですが、カラーボックスの棚サイズよりもだいぶ小さいんですよね。
なんで「固定するのにひと工夫が必要だなぁ」という感じだったんですが、ミラーを背面・側面と斜めになるよう2枚それぞれもたれかけるように設置したら、とりあえずそのままで保持できました。

ちなみにコレをセットしているのはカラーボックスフィギュアケース(横型)の1棚分。
参考:カラーボックスフィギュアケース(横型)を作ってみた


せっかくなので他の写真なんかも…
00000PORTRAIT_00000_BURST20200706153233054.jpg
素立ちよりも多少動きのあるフィギュアの方が映えるかな。

ただ1/7スケールになるとミラーの高さが厳しくなってくる。
00000PORTRAIT_00000_BURST20200706152629803.jpg

しゃがんでれば大丈夫なんだけどね。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200706152403230_COVER.jpg

これの左側は以前100均で買ってたミラー。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200706153610654_COVER.jpg
見てわかるように今回買ったものより一回りサイズが大きい。あと樹脂のフレームをニッパーなどで取り除いてます。
値段は100円だったか、200円だったかちょっと覚えてない…
セリアのビッグミラー、100円でした。

ちなみにこのサイズのを同じように2枚合わせるとちょっと窮屈になって、フィギュアを置くスペースが狭くなりそう。
それから樹脂フレームを除去するとミラーの断面で怪我しそうなので、取り扱いには注意が必要。


とまぁこんな感じに、今回は単純にミラーを斜めにセットするだけの方法だったけど、可能性はありそうなので他にもいろいろと試してみよう♪

続きを読む»

PCモニタを背景にスマホでフィギュア撮影してみた

こんにちは、槙です。

3月にパソコンを買い替えてから、ちょくちょくとPCモニタを背景にプラモデルとかフィギュアを撮影していました。PCモニタがノングレアになって自分の姿が映らなくなったから(^^)
参考:パソコンを新たに購入した


ただ適当な台がなくて、この時はおかきの空き缶を使用してました。

その後、グッスマのチトセリウムを作った時に、使用済みパッケージである箱が黒かったので、それを土台にしてみました。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200426191540638_COVER.jpg
それがコレ。
でもちょっと高さが足りなくて、モニタの下から後ろのカーテンが覗いている…



何かちょうど良いものはないものかと家の中をあさったら、2×4の端材が出てきたので、それを空箱の下にセットしてみました。
そしてせっかくなので背景画像を表示させてみることに。
IMG_20200427_171756.jpg
こんな感じ。

ちなみに空箱自体もたわまないように補強しています。
IMG_20200427_174714.jpg
短冊状に細長く切った段ボールをグルーガンで接着。フィギュア程度の重量ならこれで大丈夫そう。

この環境で撮影した写真がこちら。
00000IMG_00000_BURST20200427171554609_COVER.jpg
左上にモニタのふちが掛かっちゃってますが、まあまあの出来。
ただ大きめのフィギュアはもっとモニタが大きくないとツライですね。

このミクさんはもっと大きかったので、土台が切れて左下が見えちゃってる・
00000PORTRAIT_00000_BURST20200427165049246.jpg
それでもけっこうインパクトある写真が撮れるもんですね。

1/7スケールのフィギュアだと今のモニタサイズ(23.8インチ)では厳しい感じ。
1/8ならそこそこ余裕を持って撮影できるかな。
00000IMG_00000_BURST20200427170520223_COVER.jpg
宝石の国のアンターク。

同じくフォス。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200427171228437_COVER.jpg

こちらはこの前購入したエスカレイヤー。
00000IMG_00000_BURST20200427174026537_COVER.jpg
これ↑は午後の外光だけで撮影していますが、ものによってはレフ板がわりの鏡を使用しています。
00000PORTRAIT_00000_BURST20200427174324298.jpg
百均で買ったやつ。角度が固定できるのでけっこう便利。
もともとはこの鏡部分をフィギュアの土台に加工できないか?と試しに購入したもの。

鏡を置くことでこれくらい印象は変わります。
00000IMG_00000_BURST20200427173514259_COVER-ANIMATION.gif
背景のボケ有無は気にしない。

さっき開封した艦これ榛名のお買い物mode。
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200428154022533_COVER.jpg
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200428154208185_COVER.jpg
00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200428154620179_COVER.jpg
手軽に背景を変えられるので、けっこう楽しい(*^_^*)


タイトルにある通り、ここに掲載した全ての写真はGoogle Pixel3aのポートレートモードで撮影しました。
あと背景画像はMacのデスクトップピクチャに最初から登録されている画像です。

プロとかセミプロの方々は一眼レフを用い、もっとしっかりとしたセッティングをして撮影していますが、私はこれくらいできれば十分かな〜

水着EXQフィギュアをディティールアップしてみた

こんにちは、槙です。

今日は久しぶりに晴れ間が出たので、ようやくUVレジンを使った瞳のうるうる加工を行うことができました。
00100lPORTRAIT_00100_BURST20190830123739719_COVER.jpg
EXQ梨子。写真だとちょっとわかりにくいかな?

拡大画像。
00100lPORTRAIT_00100_BURST20190830123739719_COVER”
UVレジン(ダイソー製ハードタイプ)で瞳部分を凸状に盛ってます。
これはとてもキレイに加工できました(^^)

全体像。
00100lPORTRAIT_00100_BURST20190830125202282_COVER.jpg
ディティールアップと言っても、控えめです。

以前の記事で予告していた善子。
00100lPORTRAIT_00100_BURST20190830183259288_COVER.jpg
参考:EXQ鷺沢文香をディティールアップしてみた


瞳のUVレジン以外に使用したのはこちら。
IMG_20190820_152602_20190830212652d37.jpg

IMG_20190830_210806.jpg

左上から右に、
ダイソー カンコレ アイシャドウ アッシュブラウン
ダイソー カンコレ チーク コーラルピンク
セリア AC ミックス フェイスカラー シェーディング

あとは、
ダイソー メイクめんぼう


基本的なディティールアップ手法としては、

1.へそ、耳の穴、服と肌の隙間部分に、シェーディング(ブラウン)で色をのせる。凹み部分なのでメイクめんぼうの尖った部分を使用。

2.頬、わきやお腹の凹み部分、ひじや肩などの凸部分に適当な感じでチーク(ピンク)をのせる。普通のめんぼうまたは付属のスポンジ?を使用。

3.髪や水着など、ハイライト的に変化をつけたいところにアイシャドウの一番明るいやつを適当な感じでのせる。

この3番目が発見だったな〜
もともとアイシャドウは影になる部分に使おうと買ったんですが、実際にはキラキラした粉末だったんで使えなかったんですよね。

でもこれの明るいやつをハイライト部分に使うと、イイ感じに質感の変化をもたらすことに気づいたんですよ!
00100lPORTRAIT_00100_BURST20190830183259288_COVER’

00100lPORTRAIT_00100_BURST20190830183259288_COVERのコピー
この粒子状に見えるのがソレ。
近くで見ると違和感がなくもないんだけど、ちょっと離れれば問題ありません。

ちなみに「やりすぎたかな?」という時には消しゴムを使用します。
基本パウダーなので簡単にリセットできます。

ほんとは最後につや消しスプレーなんかでコーティングするんだろうけど、なしでどれくらい持つのかも気になるのでこのままにしておこう。

EXQ鷺沢文香をディティールアップしてみた

こんにちは、槙です。

前回のブログ更新から、あっという間に半月が過ぎてしまいました。
基本、夏のクソ暑い時期はブログの更新頻度が下がるんですが、今夏は「アウトプットしとこう!」みたいなことは結構ありました。でも改めてブログ記事にしようと思うとハードルが高いんですね〜

前回のブログで予告したベーシック・インカムについてもそう。
参考:先月読んだ本(読書メーターまとめ)


そんなわけで、今日はリハビリ&気楽な感じでいきます。
00100lPORTRAIT_00100_BURST20190820141145961_COVER.jpg
これがそのディティールアップした鷺沢文香のバストアップ写真。Googleフォトでもちょっと加工してます。

一番のポイントは、ドレス部分の凹加工された花柄に、ガンダムマーカースミ入れペン(オレンジ)で塗装したことです。
00100lPORTRAIT_00100_BURST20190820130554676_COVER-COLLAGE.jpg

00100lPORTRAIT_00100_BURST20190820130439928_COVER-COLLAGE.jpg

実際には、ザクっとスミ入れしたあとで消しゴムをかけています。

他にも、メラミンスポンジで表面の調子を整えたり、100均の化粧品で頬のチークなんかを入れてます。ヘッドパーツにもスミ入れしてます。


思ったよりも手間がかかりましたが、結果的にオンリーワンなものが出来上がると、それはそれで楽しいものですね。
他の色でも試したくなっちゃう?


お次はこれに手を入れてみようと思います。
00100lPORTRAIT_00100_BURST20190819094348714_COVER.jpg
ニカっとした善子の表情も良いんだけど、プライズの割にボディの造形かなり良いよ、コレ!
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム