アート - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

鳥取県立美術館の公開プレゼンを聴いてきた→業者決定

こんにちは、槙です。

昨日、鳥取県立美術館の建設・運営にあたる民間事業者を選定するための公開プレゼンテーションを聴いてきました。
参考:NHKニュース 県立美術館の入札プレゼン

事前の注意事項では、プレゼンの内容についてはネットにアップすることは禁止となっていました。これは主に提案内容に関する著作権の問題によるものだそうです。
他にも審査の公正さを保つため、事業者・設計者に関する情報も伏せられたままのプレゼンでした。
「仕方ない、事業者が決まってから記事にでもするか〜」と思っていたのですが、昨夜のNHKニュースで3事業者の提案内容の大まかなものが流れているではありませんか!(上述のリンク先映像)

ということでその公表された内容を元に記事にします。
小ホール
ここがプレゼン会場です。倉吉未来中心の小ホールで行われました。
当初、希望者多数の場合は抽選ということだったのですが、予想以上に応募があったらしく、急遽大ホールも開放して同じ画像、音声を流すことにしたようです。
新聞記事によれば、どちらも約300人が入り、計600人が会場に足を運んだそうです。


さて1組目の事業者ですが、いきなりの有名人登場です!
隈研吾
上で述べたように、ニュースでも設計者名は非公開なんですが、このかたは顔を見ればわかりますね。新国立競技場を設計した隈研吾さんです。

こちらが全体像。
アートカリヤ
氏の設計らしく、外観にも木が使用されています。


続いて、2組目。
3キューブ
外観デザインは3つのキューブを組み合わせたシンプルなものです。

なんですが、鳥取でキューブを連ねたデザインといえば、植田正治写真美術館があります。
4C694588-2FB1-4202-BE0F-7F46D44A14F7.jpg
さすがにこれはちょっと被りすぎなんじゃないかな…

と思ってたけど、これ見たら良いじゃんってなった。
プロジェクションマッピング
外壁面をキャンバスに見立ててプロジェクションマッピング♪ これは見てみたい!


ラスト3組目。
3組目
一枚の大きな板にも見える大屋根が特徴的です。

3組目2
内部も開放感あふれる吹き抜け構造があります。
ただ内部の構造については、3事業者ともなんとなく似通っており、そこまで差異は感じられませんでした。


さて、それで私の推しですが、ズバリ2組目 です!
ここのプレゼンが一番熱意が感じられました! 時間も30分フルに使ってましたし、倉吉をよく研究してるな〜という感じがしました。ニュースで触れられてないので、ここでは紹介できませんが、他にも刺さるポイントが2つほどありました。

逆に、ここだけはヤメてくれーという事業者が1組目。
県側から提示されたワードを適当に散りばめた資料に、ペーパーを読みながらのプレゼン。正直、運営に対する検討が全然されていないように感じられました。
他2事業者では言及されていた、県民を巻き込んでの美術館作り組織について何も触れていなかったし…

3組目は可もなく不可もなく、と言ったところでしょうか。
強いていうならば、2組目よりもスマートで、ある種のエリートさを感じさせるプレゼンのしゃべり方が、上から目線的に感じられたかな。県民主役と言いつつ、「こちらはプロなんですから言う通りにすればいいんですよ」と言われそうな感じ?
(あくまで個人的な印象です)


審査結果は今月末までには公表されるようなので、その結果が出るのを楽しみに待ってます。

続きを読む»

スポンサーサイト



鳥取県立美術館関連の講演を聴いてきた

こんにちは、槙です。

昨夜は「県立美術館と共に歩む中部地区の集い協議会 盛り上げ部会」が主催する講演会に行ってきました。
場所はホテルセントパレス倉吉、講師は秋元雄史さんという方です。

この秋元さん、東京藝術大学を卒業したあと、ベネッセに入社し、主に直島のアート活動に携わったあと、金沢21世紀美術館の館長を10年間も勤められた方です。

実はこの方の講演の前に、この会を主催した盛り上げ部会の活動として、地元小学生が描いた絵を元にしたモザイクアートの紹介があったのですが、これについて秋元さんがダメ出ししていたのが一番印象的でした。「あぁ、正直な方なんだな〜」と…
参考:鳥取)県立美術館開館に向け、モザイクアート


正直私自身もこのモザイクアートには当初から「???」という思いでいました。
まず思ったのが「何故にフェルメール?」ということです。倉吉と全然関係ないじゃん。

次に、モザイクアートにする時点で、小学生たちが描いた絵を改変しているのが非常に気になりました。
これについては自分自身がモザイクアート的なものを作ったからよくわかります。

なんとなくそれっぽくなってますけど、これ、元画像からめっちゃ色調が変えられてるんですよね!

試しに久しぶりにモザイクフォトを作ってみましたが、こんな感じです。
元画像。
IMG_20190704_174500.jpg

これが加工した画像。
赤瓦60-40

拡大するとこんな感じ。
iFoto_Montage_Lite.png
ご覧のように元画像の色調が変化しています。

これはマッチカラーというチェックが入っているので、自動で色調補正されるわけです。(デフォルトはオン)
iFoto_Montage_Lite画面

ちなみにこれをオフにして画像を生成すると…
赤瓦60-40マッチカラーなし
…もはや意味不明です。

秋元さんはこのモザイクアートに関して、「大人たちが作った枠に小学生の作品を押し込めるのではなく、むしろ個々人がその作品(たとえばベースとなっているフェルメールの絵)そのものを表現させるのが良いのではないか」というようなニュアンスでお話をされていました。
この辺り、模写なのか、その背景にあるものを説明させた上で表現させるのかまでは突っ込んでいませんでしたが…


ちなみに講演の内容ですが、演題は「美術で町おこし」となっていました。
が、実際に講演で金沢の情報を聴くにつけ、もともと持っているポテンシャルの差がまざまざと感じられて・゚・(つД`)・゚・

とりあえず人口は倉吉市の10倍。また北陸新幹線が2015年に金沢まで開通したことにより都心部からのアクセスが圧倒的に便利になり、インバウンド客を取り込んでいる。

講演の中では、金沢21世紀美術館の来館者数は年間250万人、有料エリアに限っても100万人レベルということで、もはや観光公害(オーバーツーリズム)レベルになっているとのこと。

金沢はもともと歴史文化を大事にするところで、金沢市の市民一人当たり観光予算も全国でトップレベル。
さらには金沢美術工芸大学があり、市民が中心となって運営している金沢市民芸術村などの下地もあった、などなど。


秋元さんもそういった差を実感しているのか、「教育的な意義を考えすぎない、もっと気楽に」とか、「美術に親しむ市民が増えることが一番重要」なんて言っていたのが、心に残っています。


あとは東ロボの新井紀子さんについて触れていたのが気になりました。
  
私もこれらの著作を読みましたが、新井さんは東ロボの開発を通じて、今ではRST(リーディングスキルテスト)といった学生の読解力を向上させる活動をされています。

ちょっと前に、アートの目的は対話であるというネットの記事を読みました。
参考:殺すアートと救うデザイン、そして死にゆくデザイン

個人の表現であるアートと、対話するためにそれを読み解くスキル、そのあたりに通ずるところがあるんだな〜と感じた講演会でした。

瀬戸内国際芸術祭(豊島)に行ってきた

こんにちは、槙です。

前回のブログを更新してから1週間も経ってしまいましたが、瀬戸芸の振り返りを。
参考:大原美術館&熊谷守一展を鑑賞してきた
参考:瀬戸内国際芸術祭2019(春)に行ってきた

ただ今回の豊島、残念ながら天候に恵まれませんでした…orz

朝から雨が降ったり止んだりで、風も結構強く吹いていました。

当初の計画では16時まで滞在して、全ての作品を鑑賞するつもりでしたが、雨でテンションも下がってしまったので島の南側にある作品はあきらめ、14時のフェリーで岡山へ戻ることにしました。
クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」_から_豊島交流センター_-_Google_マップ
移動は徒歩(片道6.2キロ)。
他の観光客はレンタル自転車で移動している人が多かったかな。

でも徒歩だとこんなのにも遭遇します。
PA030018.jpg
カニ!
この後、側溝に隠れてしまいました。

一番期待していた豊島美術館のあたり。
PA030026.jpg
ちょっと晴れ間も見えますが、ほぼ雲が空を覆っています。
そしてここで衝撃を受けることに!

てくてく歩いて作品を鑑賞しつつ、島キッチンでお昼食べて、12時前には到着したのですが、豊島美術館に入るのに整理券が必要だったんです!
でその整理券をもらったんですが、入場時間は13:45〜と記されています。

えっ、帰りのフェリーの時間14時なんですが…


この時点で「今回の瀬戸芸、豊島の旅は失敗だな…」と感じました。正直…
仕方ないので、豊島美術館はスルーして先に。


でもこの後に訪れた心臓音のアーカイブはとても良かった。
PA030029.jpg
何が良かったって、この浜辺の先にあるのが心臓音のアーカイブの建物なんですが、この浜辺に出るときの体験というか感覚が面白かった!

Googleマップの航空写真で見るとこんな感じ。
Google_マップ
この浜へ出る小道を歩いている間、正面から強い雨風が打ち付けてきてたんですが、それを抜けた後にアーカイブの施設が見えるわけです。
この時に感じた秘境感というか、世界が切り替わった感が面白かった!

RPGでよくあるような、古代文明の遺跡にアプローチする感覚になるというか…

そしてそこで保存しているのは、数万人に及ぶ人間の心臓音なわけです。
(ま、実際にここにサーバーがあるわけではないと思いますが…)

施設の中では、録音された心臓音を光と音で感じることができる空間があったり、数万人の心臓音から任意に選んで聴くことができるPCが設置されています。

せっかくなので私も心臓音を登録することにしました。(登録代¥1,570)
IMG_20191003_123257.jpg
自分が死んだ後でも、生きた証というか生きている証?の心臓音を聴くことができるというのはなかなか面白い感覚ですね。

このブログも自分が死んだ後、どうなることやら…


心臓音のアーカイブの後、バスで港に戻ったらこの天気だったのは悔しい(´;ω;`)

自治公民館のヒアリング予定がなければ、もっと自由に日程を組めたんだけどな…

大原美術館&熊谷守一展を鑑賞してきた

こんにちは、槙です。

先週、瀬戸内国際芸術祭へ行くのに合わせて、倉敷の大原美術館と、岡山県立美術館で開催されていた熊谷守一展に行ってきました。

大原美術館では印象派以降の作品を中心に、バラエティに富んだ、しかもレベルの高い作品をたくさん見られます。

ここでは大きく3つの発見がありました。

一つ目は、セガンティーニ「アルプスの真昼」の表現手法。
works_c3a_12.gif
この作品、異なる色の絵の具が細い線でもって、全体に置かれているんですね。筆触分割の効果を狙ってのことだと思うのですが、モネみたいにざっくりとでもなく、スーラみたいに点描でもない、膨大な細い線の積み重ねというのが、このくっきりとしたシャープな絵につながっているのでしょう。ちなみに遠くの山並みは近くで見るとバームクーヘンの層みたいになってました。


二つ目は、自分の好きな作品のジャンルが2.5次元的なものであることを再確認したこと。

今回、大原美術館の作品を鑑賞した中で、最も好きな作品はフォートリエの「雨」でした。
これは石膏をうすく盛り、緑で色をつけた後に、パレットナイフかなんかで上から下に筋をいくつも入れた作品です。(実際にはもっと工程があると思いますが)
この立体的な作品効果により、ちょっと視点を変えると、あたかも雨が降っているかのように石膏の白い筋が移動するわけです。これが面白かった。

もともと私、徳持耕一郎さんの鉄筋彫刻がすごく好きです。
参考:鳥取市での移住相談&鉄筋彫刻
この鉄筋彫刻も視点を変えることで作品の背景が大きく変わるわけで、こういった、変化を作品が内包しているものが好きなんだな〜、と改めて実感。

同系統のものとしては、フォンタナの「空間概念 期待」も興味深いものでした。
こちらは真っ赤なキャンバスに3本の切れ目が入っただけの、とてもシンプルな作品なんですが、切れ込みによりキャンバスにたわみが生じ、時空の切れ目的なものを感じさせるものでした。
フォンタナ自身も「画家として、キャンヴァスに穴を穿つ時、私は絵画を制作しようと思っているのではない。私は、それが絵画の閉鎖された空間を越えて無限に拡がるよう、空間をあけ、芸術に新しい次元を生みだし、宇宙に結びつくことを願っている。」と語っていたようです。


3つ目は、熊谷守一の「陽の死んだ日」。
works_c3b_06.jpg
現地でとったメモにはこう書いていました。
「ちょっと衝撃の絵 油絵の具がモリモリに盛られ、真っ赤な絵の具の中に死んだ子供の顔が浮かんでいる 後年のひょうひょうとした印象からは信じられないほど荒々しく、生々しい 守一の深い悲しみが感じられる」

最初、鶏を絞めた絵なのかと思ってよく見たら、子どもの顔があってびっくり!
そして作者の名前に熊谷守一を発見して、二度びっくりってなもんです。

熊谷守一といえば、子どもの絵のような素朴な味わいが魅力なんですが、この作品はまったく違ったんです!

でもって岡山県立美術館で熊谷守一展をやっていることを知ったので、翌日見に行ったわけです。


こちらには初期の作品から、モリカズ様式へと至る中間期、さらに晩年描かれたモリカズ様式の絵が多く展示されていて、お腹いっぱいな感じです。

でもこちらの作品群と、大原美術館にあった「陽が死んだ日」はまったくタッチが違ってました。「陽が死んだ日」だけが異質でしたね。
著作「へたも絵のうち」によれば、当時「陽の死顔を描きはじめましたが、描いているうちに"絵"を書いている自分に気がつき、嫌になって止めました。」と、こういった心境だったそうです。

わかるような、わからんような…


ちなみに熊谷守一の作品では猫がよく知られていると思いますが、岡山県立美術館では3作品が並んで展示されていました。
(「 」内は題名と私が現地でとったメモの内容です)

100106615’
「くろ猫 柔らかな丸みに隠された成猫のがっしりした体格」

5c337eb2a84917e447a36742efe659c8b87e4b10.jpg
「茄子と仔猫 安穏とし、心底くつろいでいる様が感じられる」

DGmVkNfVwAA8jr4.jpg
「野良仔猫 いかにもひもじそうな、今にも倒れてしまいそう…」
(ネットで拾ってきたら斜めの画像しかなかった)

熊谷守一といえど、この野良仔猫はないだろー、と初見では思ったわけなんですが、こう3枚をじっくりと見比べていると、濁った目、ぼんやりとした輪郭、極端に凹んだお腹などが、野良仔猫が置かれた劣悪な環境を思い起こさせます。
隣に並んでいる「茄子と仔猫」の環境とは大違いです。そうなるともうこの絵には憐れみしかありません…

正直、熊谷守一の絵はなんとなく好きって感じで、うまく説明できないんですが、この3枚の猫は比較的わかりやすかったです。

瀬戸内国際芸術祭2019(春)に行ってきた

こんにちは、槙です。

2週前の5月14〜17日にかけて、高松を拠点に3泊4日で瀬戸内国際芸術祭2019に行ってきました。
P5140026.jpg
この写真は最初に鑑賞した、沙弥島のそらあみ 〈島巡り〉。

もっと早くブログ記事にしようと思ったんだけど、なぜか瀬戸内から戻って以来、なろうの無職転生にハマってました。



今週になってからようやく「さぁ、まとめるか」という気分になったのですが、今回は動画もそこそこ撮っていたので「YouTube動画にまとめよう!」ということになり、1日分を1つの動画にする作業を続けていました。

それがようやく終わったので、ブログ記事を書く準備が整ったというわけですね。

こちらがYouTubeにアップした動画です。








久しぶりにがっつりと編集しましたが、やっぱりめんどくさいですね。


さて、個々の作品の感想は動画内に入れてますので、このブログでは瀬戸内国際芸術祭の全体的な印象なんかを…

まず浮かぶのが「フェリーで島を巡りながらアート鑑賞をするという非日常感」でしょうか?

正直、初日の沙弥島は「芸術祭と言ってもこんなもんか〜」という感じで、作品よりもむしろ人工の巨大構造物である瀬戸大橋に感銘を受けていたのですが、2日目の朝、直島へ向かうフェリーで展望甲板に上ったら、いっぺんに評価がひっくり返ってしまいました。
めっちゃテンションが上がって、ワクワク感でいっぱいになったんですよ!

そして上陸した島は無理すれば歩いて一周もできなくはないサイズで、当然ながら海に囲まれている。
離島暮らししている島民以外の一般人にとって、この環境はまごうかたなき非日常です。

そういう環境を、散策しながらアート作品に触れる、そしてその脇に存在する島民の日常にも触れることは、3つの観点で魅力があります。

まず一つは、アート作品そのものの魅力。

二つ目は、瀬戸内海に浮かぶ島々の美しい風景。

そして三つ目として、その観光客にとっては非日常な環境を日常としている島民とのふれあい。

これらが渾然一体となって、瀬戸内国際芸術祭の魅力になっているんでしょう。


個人的にはフェリーによる移動が「日常から非日常へ」の意識の切り替えに、圧倒的に影響したわけです。
そう考えると、似たような芸術祭である「大地の芸術祭」の場合はそこまで非日常感は得られないのかな?なんて思ったりするわけなんだけど、実際どうなんだろ?


そうそう動画には入っていませんが、直島の家プロジェクト「南寺」はスゴかった。ダントツです。


私にとってあれはアート鑑賞というよりも、宗教体験に近いものでした。「アートとはなんぞや?」の問いの答えがますます遠くなってしまったようです。


その他の作品では、男木島の「アキノリウム」が一番好きですね。

上の動画をクリックすれば、ちょうどその位置でスタートします。


あと印象的だったのは、瀬居島から戻る途中の道路かな〜

右上の瀬居町が瀬居島だったところなわけですが、埋め立てられて地続きになっています。
そしてその埋め立てられた土地は、発電所などの重工業地帯になってるんですよ。

これがものすっごい違和感を感じさせてくれました。

ウロウロと歩き回っているときは、全くもって”島”そのものだったんですが、ちょっと移動しただけで重厚長大な工場群が並んでるわけです。正直、異次元に放り込まれたような感じを受けました。


とまぁ、こんな感じでイロイロと刺激を受けた旅でした。

瀬戸内国際芸術祭は3シーズンパスポートを購入したので、次の夏シーズンにも行く予定です(^^)
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム