2013年10月 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

マンションの売却について

当初は賃貸も考えましたが、管理も面倒そうですし空室リスクもありますので、結局は売却することにしました。

そうと決まれば仲介業者選びです。インターネットで「中古マンション 売却」と検索するといろいろと業者が出てきましたが、まずはマンションを購入した不動産会社に連絡を取ることにしました。
結局この会社の仲介をお願いすることになったのですが、メールでのレスポンスも良かったですし、何より購入時と同じ会社は安心感がありました。
わざわざこちらが提供しなくても間取りの図面を保有していたり、契約書の写しを保管してあったりと、その後発生するかなりの手間が省けて、正解だったと思います。

ちなみに不動産屋の担当者による査定額は元の価格に対してマイナス12.5%でした。これが良いのか悪いのかについてはよくわかりませんが、マイナスになった金額を月割りにして、毎月の管理費と修繕費を足すと約75,000円です。これは以前に暮らしていた1LDK賃貸とほぼ同額、3LDKとすればかなり割安でしたので、少なくとも損はしなくて済んだということでしょう。

一時帰国した際に媒介契約をし、その後Webに登録、チラシなどの広告を行った結果、すぐに購入希望者があらわれたようです。どうやら来年結婚を控えている方が私の部屋をとても気に入ってくれたとのこと。
結局そのまますんなりと手付けまで進んで、今は契約書を取り交わす段階です。

売れなくて値下げ、ということにならなくて本当にホッとしてます。
自分が気に入って購入した部屋を、同じように気に入ってくれたというのもうれしいものですね。

電車男と婚活

ブログタイトルに「結婚」とありますが、これまでお金の話ばかりでほとんど触れていませんでした。ちょっとそのあたりについてもお話ししたいと思います。

実は私、婚活をしようとしたことがあります。
ネットで話題になっていた電車男のまとめサイト(確かココ)を見た後のことです。

その時点で、電車男はまだ本にはなっておらず、映画化・ドラマ化にいたっては誰も想像していなかったと思います。Wikiで調べたら2004年、今から10年も前のことでした。私は30代前半ですね。

ほとんど一気に読んじゃったんじゃなかったかな?

映画やドラマでそのストーリーを知っているという人が多いと思いますが、2ちゃんねるスレッドの状態をPCモニタで読むとそのリアルタイム感が半端じゃありません。
また役者のイメージもついていないので、読んだ人それぞれがその人にとって一番しっくりとくる電車男とエルメスの姿を想像できます。
これを読んでも恋愛に前向きにならない人などいるのでしょうか?

私もご多分に洩れず、無性に恋愛がしたくなりました。
まだその頃は合コンのお誘いもありましたが、20代に比べればめっきりと減っていましたので、さらなる出会いを求めて某結婚相談所の門を叩きました。

説明員の対応は非常に良かったです。おそらく私の経歴(主に名刺の力)が彼らにとって美味しかったからでしょう。
事前に行っていたアンケート結果からわかる私の恋愛観や、結婚相談所における紹介の仕組みについて説明をしてもらいました。
そしてこちらの希望条件を登録する段になりました。

当時は30代前半でしたので当然のように「20代女性まで」との希望を伝えました。ところが結婚相談所側は執拗に30代も条件に入れるよう勧めてくるのです。執拗にです。(大事なことなので2度言いました)

「同年代の方のほうが話は合うのではないですか?」とか「○○様と同じような環境の方だと仕事の相談もできて良いと思いますよ」とかなんとか。

そこで気づいたのです。『それは俺の条件じゃなくて、お前にとって都合の良い条件だろっ!』と。

結婚相談所における女性顧客のボリュームゾーンはおそらく30代だと思います。その顧客にとっておいしいエサ(この場合は私)を放り込まないとビジネスになりません。営利企業の活動としてはそれが当然だと理解はできます、理解は。
ただ納得はできませんでしたね。なんだか電車男を読んで盛り上がった気分が『しゅるしゅる~』と一気にしぼんでいく感じでした。

その後はもう適当な対応をして、とっとと帰らせてもらいました。
何度か電話がかかってきましたが、出てしまったときは「とりあえず自分でがんばります」と言っておきました。

これが婚活の顛末です。

結婚するつもりはない

結婚するつもりはない、というか「この先自分は結婚しないだろう」と確信したのは、ちょうどマンションを購入した頃でした。
今から約7年前の35歳の時ですね。

当時お付き合いしていたのは28歳の公務員の女性でした。

夏頃にコンパで知り合い、その後メールのやり取りを重ね、ちょうど紅葉シーズンにドライブに誘って付き合うようになりました。
私にとって恋愛で一番ドキドキするのはいつも付き合う直前です。彼女との付き合いでも一番印象に残っているのはその紅葉ドライブでした。

仕事を定時で終え、最寄りの駅で彼女をピックアップ。そのままクルマを郊外の紅葉スポットまで走らせました。ライトアップされた紅葉の中、初めて手を繋いだときは、まるで中学生のようにドキドキしたもんです。

その時点でマンションは契約済みでしたので、新しいマンションで新婚生活?なんてことを思ったりもしました。

その後、双方のアパートを行き来するようになり、マンション完成後はそこに泊まることもありましたが、半年も経過すると一人で過ごす週末が恋しくなりました。土曜日に彼女が泊まっていって日曜日にもまだいる、というシチュエーションを煩わしく感じるようになってしまったんです。

実はこのように感じたのは、その彼女の時だけではありません。その前も、そのまた前も同じようなパターンで付き合いがフェードアウトしています。

7年前、結婚するには双方が良い歳で、実際にその想いも浮かんだのに、結局これまでと同じような心理状態の変化をたどったことで、「私は女性との付き合いに向かないのだ」と確信したのです。長続きしないのは相手との相性ではなく、自分自身の問題だったんですね。

実はその彼女と別れた後、会社の同僚に誘われて合コンに参加したことがあります。そしてそこで知り合った女性からアプローチを受けたこともありますが、上記の経験から積極的になることもできず、その女性からのメールも冷たくあしらってしまいました。

ちょっと対応がひどいような気もしましたが、気を持たせるよりはずっと良いですよね?

ホモ疑惑

以前同じ部署の女性に、〇〇さんはホモ!という疑惑をかけられたことがあります。別に怪しい行動があったというのではなく、単に女性の影がないというだけで…

今では腐女子の皆様がBLという一大ジャンルを構築し、そのターゲット層を狙ったアニメの売り上げも良いようです。

もしかしたら言いだしっぺの女性も腐女子の方で、私と同僚の誰かとのカップリングを楽しんでいたのかも?

それはさておき、もちろん私はホモではありません。
ですが一度だけ妙な夢を見たことがあります。大学生の頃です。

当時私はスキーサークルに所属しており、いっこ下に超イケメンの後輩がいました。
身長は180cmを超え、スキーはその学年で一番うまい。たれ目系細マッチョで人当たりも良い。でも2浪していたので実は年上という…
実際これまでの友人・知人の中で一番のイケメンです。

そんな彼と××するような夢を見ました。
目覚めた時は焦りましたねー、『何で!!???』ってな感じで。

その答えは今でもわかりません。

別にその後、どうこういうのもないんですけどね。
すみません、オチなしで。

ちなみにそのイケメン後輩はシンクタンク系に入社し、そのスキーサークルで見つけた可愛い嫁と結婚しました。

まどマギ新編が見たいっ!

『魔法少女まどか☆マギカ』

ご存じの方も多いんじゃないかと思います。2011年にTV放送され、アニメの枠を超えて大きな反響を呼んだ作品です。この新作劇場版の上映が先週末から始まり、早速盛り上がっているようです。

私もこのアニメのファンで、TVシリーズ・劇場版(総集編)のブルーレイディスクはすべて購入しています。

TVシリーズが非常にきれいに終わったので、その続編を作るのはかなり難しいと思っていましたが、かなり意表をついたストーリー展開で賛否両論らしいですね。内容がめちゃ気になります。

ところで昨年上映された総集編の劇場版、私はこちらの映画館で見ました。最初、『総集編は見に行かなくても良いか~』と思っていましたが、比較的近くでも上映するというので、『せっかくの機会だし』と思い直し、200キロほど離れた映画館までクルマを走らせました。

元が日本の深夜アニメということで上映するのは2日だけ、しかも上映回は夜9時スタートの1回しかありませんでした。それでもアメリカの地方都市で見られるんですから、その人気の拡がりはすごいものです。
観客はだいたい50人くらいだったかな?びっくりしたのはコスプレして来ている若者が5名ほどいたことですね。ファンにとってはお祭りなんだなぁ、としみじみ感じました。ちなみに日本人は私一人だけでした。

新編も年内にアメリカで上映するようです。ちょっと調べてみたら最寄の映画館では12月7、8日でした。早速予約しよう。
あと1ヶ月半、ネタバレをくらわないよう気をつけないと...

田舎暮らし

リタイア後、一度は田舎暮らしをしたいと思います。
きっかけはコレ「おおかみこどもの雨と雪」を見たからです。


日本ではマンションの上層階に住んでいましたが、今住んでいるのは森を切り開いて住宅区画にしたようなところで、家の前にはちょっとした林が広がっています。
そのせいか家にいながら、何種類かの野鳥や、リス・ウサギといった小動物、さらにはシカまでも見かけることができます。あと大きなカミツキガメが家のすぐそばを歩いているのを見たこともありますし、夜見かけたオポッサムはかなり不気味でした。

もっと観察したいと思って、こちらに来てから双眼鏡と高倍率ズーム搭載のデジカメを買ってしまったほどです。見えるのは遠くを飛んでいるカラスかハトくらいだった日本に比べれば大きな環境の変化でした。


やっぱり何だかんだで自然の近くで暮らすのは癒されるものですね。そんな環境に身を置いていたせいか、おおかみこども…を見た時、『帰国したらこういった場所で暮らしてみたい』と思ったわけです。

ただ一方でこういった↓本を読むと、田舎暮らしもその土地のしがらみなどがあり大変なようです。


しかし人生をかけて移住するならともかく、私は自由気ままなシングルです。住みにくければ別の場所へと移れば良いんですから気楽なものです。

我が家の同居リス

IMG_0364.jpg
昨日の記事でリスを見かけると書きましたが、実際にはほぼ同居しているような状態です^^

一番最初に見かけたのはサンデッキの上でした。タタタッと走り回るものを見かけたので、じっくりと観察してみるとそれは大きなしっぽを持ったリスでした。ちなみにそのリス、サンデッキ上でこんなだらけた姿も見せます。
サンデッキ

頻繁に見かけるのでサンデッキの裏側を地下室から観察してみると、サンデッキを支える梁の上も走り回っています。そして梁の先を見てみると隣家との仕切り壁の接合部に穴が開いていて、リスはその穴を出入りしています。どうやら仕切り壁の中を巣にしているようです。
サンデッキ裏

ほとんど同居していることがわかってからは妙に愛着が湧いてきて、スーパーで買ったひまわりの種などをあげるようにしています。ただ最近は日が短くなったせいか見かけることが少なくなって残念ですね。
母リス

子リスを見かけることもあるのですが、気づくといなくなっています。きっと巣立ちをしたのでしょう。
小リス

改めてWikiでEastern gray squirrelを調べてみたら年に2回繁殖するらしいです。寿命は飼育環境下だと20年、野生だと12.5年だそうです。食べる人もいるらしいです...

試しに動画を貼り付けてみました、よろしければ視聴してみてください。
[広告] VPS
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム