2017年12月20日 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

「失敗の本質」、それはつまるところ日本人の性質

こんにちは、槙です。



一週間ほど前に、太平洋戦争においてなぜ日本軍は米軍に破れたのか?ということを組織論の面から研究した名著「失敗の本質」を読み終わりました。


その内容については、今更わたしがどうこう言うのもなんですが、ここ最近の出来事がいよいよもって終末的な様相?というか終わりの始まり的に感じられるので、ブログ記事にしておこうかと…


さてこの失敗の本質ですが、文庫版のあとがきに簡潔にまとめられているので引用します。

 日本軍の失敗の本質とは、組織としての日本軍が、環境の変化に合わせて自らの戦略や組織を主体的に変革することができなかったということにほかならない。戦略的合理性以上に、組織内の融和と調和を重視し、その維持に多大のエネルギーと時間を投入せざるを得なかった。このため、組織としての自己革新能力を持つことができなかったのである。
 それでは、なぜ日本軍は、組織としての環境対応に失敗したのか。逆説的ではあるが、その原因の一つは、過去の成功への「過剰適応」があげられる。過剰適応は、適応能力を締め出すのである。近代史に遅れて登場したわが国は、日露戦争をなんとか切り抜けることによって、国際社会の主要メンバーの一つとして認知されるに至った。が同時に日露戦争は、帝国陸海軍が、それぞれ「白兵銃剣主義」、「艦隊決戦主義」というパラダイムを確立するきっかけともなった。その後、第一次世界大戦という近代戦に直接的な関わりを持たなかったこともあって、これらのパラダイムは、帝國陸海軍によって過剰学習されることになったのである。


ちなみにわたし、この「過剰適応」という言葉に人工知能の機械学習における「過剰適合/過学習」を思わず連想しました。
他には日本独自の進化をしたガラケーや高機能家電などが思い浮かびますね…

そして多くの人が感じるであろうこと、上述のパラダイムを「昭和の高度経済成長」に置き換えると、そのまま日本の現状にも当てはまることに戦慄しました!

だってこの本が最初に出版されたのは1984年、実に33年前になんですよっ!

そしてそれ以来、多くの人がこの本を読み、自らが所属する組織を変革しようと試んだでしょう!


なのに今のこの状態!

シャープ、東芝に始まり、日産・スバルでの完成車検査問題。
さらに神戸製鋼に始まる一連のデータ改ざん問題。

そして2005年「談合決別宣言」をしたはずの大手ゼネコンが、リニア中央新幹線の工事において、あいも変わらず受注調整を行なっていたことが発覚…

394頁の一文、
「成長期には異常な力を発揮するが、持久戦にはほとんど敗者復活ができない。成長期には、組織的欠陥はすべてカバーされるが、衰退期にはそれが一挙に噴出してくるからである。」
そのまんまの状況じゃないですか〜・゚・(つД`)・゚・


結局、日本人は何事においても場の「空気」に染まりやすく、そして一旦その「空気」に染まってしまうと、それを破る言動を取りにくくなってしまう性質があるんでしょう。
これは島国国家で移民がほとんどおらず、有史以来ずっと皇室中心の社会が営まれてきたことと無関係ではないと思います。

インターネットの発達により、コミュニティの多様性は増えたにせよ、結局「空気」を醸し出す場が増えただけなのかもしれません。(ガンダムゲー戦場の絆とか、アイドルマスターとか、古参ファンがにわかを排斥する風潮も聞いたりしますし…)

だとすれば、組織内の同じ空気に染まった人材だけで、自己革新組織へと昇華させるのは無理と判断せざるを得ません。
ホンハイ傘下のシャープが、東証一部復帰を果たしたニュースなんかを見ると、余計にそう思います。

そういう点で、今回政府が打ち出した働き方改革の目玉、副業・兼業解禁はなかなか良いのかもしれません。
別の「空気」に触れることで、別の視座を得ることになるからです。

な・の・に、このニュース!
「副業・兼業は推奨できない」経団連会長
もう、おったまげましたよ!以下引用。
経団連の榊原会長は18日の記者会見で、「副業兼業は社員の能力開発というポジティブな側面もあるが、一方で、パフォーマンスの低下や情報漏えいのリスク、両方を合わせた総労働時間の管理のしかたなど課題が多い」と指摘しました。
そのうえで、榊原会長は「副業・兼業について各社の判断でやるのは自由だが、いろいろな課題があるので、経団連としては旗振り役をする立場にはない」と述べ、経団連として副業・兼業は推奨できないという考えを明らかにしました。


もうね…

滅びろ経団連!

続きを読む»

スポンサーサイト



プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム