2018年03月08日 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

アルミの名刺入れをレーザー加工してみた

こんにちは、槙です。

いきなりですが、どうですかコレ!なかなかのもんでしょ?
IMG_1497_20180308163745d7c.jpg
ちなみに画像の女の子はひなビタ♪に出てくる霜月凛です。

こちらはPLフィルターで反射光の有無を表現したGIF画像。
P1030462-ANIMATION.gif
ご覧のように反射光がないとかなり画像は暗いです。
でもそれが良いんですねぇ〜、例えるならば漆器に描かれた絵みたいに、表面の質感が漆で統一されているみたいな?


ここに至るには苦々しい失敗の歴史があります。それがコレ。
IMG_1500_201803081700435cf.jpg


一見きれいに加工できているようですが、加工跡がツヤのない白になってしまって、思ってたのと全然違う仕上がりになってしまいました(ー ー;)
一応裏面で試し加工して、パラメーターを出したはずなんですが…

結局その後、もう一度裏面で加工したのですがやっぱりそれもダメ。
仕方ないので改めてパラメーター出しのために猫をいっぱい加工するハメに。
IMG_1503.jpg
この時点でこの名刺入れは練習用素材となりました。

ちなみに素材となっている名刺入れはコチラ↓

1個540円です。結構バカにならない…

IMG_1502_20180308170044355.jpg
できればこの名刺を入れるポケットで試し加工ができると良いんですが、出っ張りがあるため加工が出来ないんですね〜


昨日のゴールド名刺入れでおおよそ掴んだパラメータが、レーザー出力16%、スピード70%、500PPIでしたので、今日は心持ち低めのレーザー出力14%で裏面の試し加工をスタートしました。(試しといっても背景だけを変えた別バーションですが)
経験上、黒色の素材は他の色に比べて低出力でも加工できるということがわかっています。おそらく熱の吸収が良いせいでしょう。

ところが加工が終わった後を確認すると、うっすらと図柄が確認できるくらいで、ほとんど加工できていない!
仕方ないのでもう一度同じパラメータで加工→ほとんど変わらず

以下レーザー出力16%→18%→16%→18%と加工を繰り返したものがコチラです。
IMG_1498.jpg
パッと見だとどんな絵だかはわかりませんが、シックな感じで良いな〜とコレで完成としました。

そして本番のおもて面ですが、さすがにまた何度も加工するのは億劫です。
そこで「ま、こんなもんかな〜」と適当に決めたレーザー出力25%で加工しました。

それが一番上の写真なんですが、6回も加工を繰り返した裏面より図柄がくっきりしています。適当に決めたわりには良い線いってました。

とは言ってもやはりアルマイト層の加工は難しいですね。感覚的には色によってアルマイト層の厚みがだいぶ違うような気がします。

なので試し加工ができる材料がある場合を除き、低出力の加工を何度も繰り返した方が失敗がなさそうです。


ちなみにファブラボのレーザー加工機はユニバーサルのVLS2.30、レーザー出力は25Wです。

続きを読む»

スポンサーサイト



プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム