2018年10月02日 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

外国人が熱狂するクールな田舎の作り方

こんにちは、槙です。

ここ最近、立て続けに町おこし系の本を読んでみましたので、その感想なんかを…


まずはコレ



この10日ほどで4冊読んだわけですが、この著者である山田拓さんが一番最先端を行っている感じがしました。

この方、大学院を卒業後、外資系のコンサルタント会社に入社し、そのままアメリカでそのキャリアをスタートさせます。
その後、1回の転職をするも、もっと海外を体験したいと30歳を前に退職し、奥さんと一緒に1年半にも及ぶバックパッカーの旅に出ます。

で、すごいのがただ旅するだけじゃなく、自ら企画を売り込んでいくつかの企業にこの旅のスポンサーになってもらってるんですね。そして自分たちは旅先からブログを更新すると…
この辺りからちょっと常人とは違うセンスを感じます。

そして旅の中で、日本の歴史と文化の豊かさに気づき、そういった文化と身近な生活を送っている地方部への移住を決意します。

そして縁あって岐阜県の飛騨市古川地区に移住。
インバウンド狙いの飛騨里山サイクリング事業の立ち上げ、里山の風景に欠かせない古民家の調査・維持活動などを行い、いまではそれらの事業・活動が評価され、首相官邸で行われる観光戦略の会議に招かれるほどになっています。


でもその一方、飛騨に来た最初の頃は大変な目にあったみたいです。

この山田さん、移住当初は新しく発足した飛騨市観光協会の戦略アドバイザーに就任することになったんですが、移住するにあたり住居は賃貸を希望していたのに「就任したいんだったら、購入しろ!それも通常の価格の倍で!」的な、訳のわからない田舎の論理に直面したり(そのまま受け入れて購入)、戦略アドバイザーとしてバリバリ働いていたら、市長の交代によりこれまでの成果を否定され、それから1年後、わずか3年でアドバイザーとしての職を辞することになったのです。

でもこの人がすごいのは、これにへこたれることなく、
「小さなコミュニティにおいて、時には正しさや合理性より好き嫌いが意思決定を左右したり、自身の意思よりも地域の関係性が重要視されたりすることもあるといった、地方社会の現実を深く深く理解する機会となりました。」
とこの経験を前向きに捉えて、引き続き飛騨の観光に携わったことです。

普通こんな経験したら幻滅して都会に戻りそうなもんですけどね〜
まぁこれには家を高値で購入させられたから、戻ることもできなかったという事情が影響していたのかもしれませんが…


その後、前述の飛騨古川の里山風景をサイクリングで回るガイドツアー事業を立ち上げるんですが、この立ち上げには行政機関の支援策、要するに補助金を活用してました。ところが3年目で使えそうな補助金がなくなってしまったそうです。

そこで給料が下がっても働いてくれる意志があるかどうか、当時のキーマンだったスタッフ二人と率直に話し合ったみたいです。その結果、事業継続となったわけですが、このとき一人でも降りていたら、事業は続いていなかったとはなかなかの驚きでした。

これほど優秀な方が実践してもこの状況なんですから、地方で事業をゼロから作り上げるというのは本当に大変なんですねぇ、この時点でも飛騨里山サイクリングはいろいろと評価はされていたんですが…
ちなみに事業継続のための資金を借りるために地元の地銀に相談したそうですが、うまくいくはずないと言うばかりで全然お金を貸してくれなかったそうです…(苦笑)


あとこの本読むと、つくづく飛騨エリアのポテンシャルの高さに驚きます。ミシュラン3つ星の高山に、世界遺産の白川郷。他にも日本3名湯の一つである下呂温泉もこのエリアに入ってくるとか。

山田さんはこの飛騨エリア全体に活動の場を拡げており「企業経営の手法を地域経営に」活かして様々な施策に取り組んでいるとのこと。
今後の飛騨エリアの動向が気になるところです。
スポンサーサイト



プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム