2019年01月 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

先月読んだ本(読書メーターまとめ)

こんにちは、槙です。

もう2019年が明けて、10日以上経過しているんですねぇ。
今更ながら新年あけましておめでとうございます。

年明けてから、このブログもサボり気味でしたが、今日読書メーターのサイトを見ていたら、まとめ機能があるのに気づいたので試しに使ってみました。

読書感想はツイッターでも都度つぶやいているんですが、読書メーターは255文字まで登録できるので、たまに違うことを書き込んでます。
先月はツイッターのコピペばかりですが…


これを毎月のブログ記事にするには情報量(読書量)が少ないので、できれば3ヶ月ごとにまとめを出力したいんだけど、読書メーターのまとめ機能は先月1ヶ月分しかまとめられないみたい。残念!


12月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1257
ナイス数:24

地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門感想
この本は小説仕立てになってるので、これまでの本に比べてグンととっつきやすくなっている。終盤になって他地域連携の話が出てくるあたり、いかにも全国を飛び回っている木下氏らしい提言だった。あと断熱ワークショップに参加したい(切実)
読了日:12月02日 著者:木下 斉
今こそ、韓国に謝ろう今こそ、韓国に謝ろう感想
題名を見て「おっ、こういう視点もあるのか」と手に取ったら著者が百田氏でビックリした。そのまま借りて読んでみたけど、要するに「頼まれてもいないのに、近代国家にしちゃって、ゴメンね」という内容だった。ここで書かれていることが全て正しいかどうかは判断しかねるが、未来志向と言いつつ、昔のことを蒸し返すあの国の国民性には、ちょっと首を捻らざるを得ない。
読了日:12月04日 著者:百田尚樹
世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」世界のビジネスエリートが身につける教養「西洋美術史」感想
前に読んだ「いちばん親切な西洋美術史」よりは文字多めで、歴史背景の流れを重視している。ただ白黒印刷なので、結局「いちばん…」も借りてカラー絵を参照しながら、読み進めた。多分これが正解だと思う。
読了日:12月12日 著者:木村 泰司
京都・同和「裏」行政──現役市会議員が見た「虚構」と「真実」 (講談社+α新書)京都・同和「裏」行政──現役市会議員が見た「虚構」と「真実」 (講談社+α新書)感想
来年から自治公民館の役員になるので、同和問題の勉強がてら読んでみた。同和対策事業による逆差別の問題について述べている。
刺激的なタイトルの割には、内容は至極まっとう。最初に記された旧同和地区出身京都市職員たちのとんでもぶりはビックリしたけど…
著者も巻末で述べてるけど、行政では「やめる」のが難しいんだな。
読了日:12月19日 著者:村山 祥栄
仕事は楽しいかね?仕事は楽しいかね?感想
読者を煽ってくるような題のわりには、普通の自己啓発本だった。ただ多くの製品や方法の起源を紹介してくれているので、けっこうためになる。陸上高跳びの背面跳びが始まった背景とか…
読了日:12月24日 著者:デイル ドーテン

読書メーター
スポンサーサイト



1月は自治公民館活動でバタバタした

こんにちは、槙です。

もうすぐ1月も終わりなんですね、今年の1月はいつにも増して早く過ぎ去っていく感じがします。
というのも自治公民館の活動が忙しかったからですね。

セミリタイア4周年の記事で触れましたが、今年から町内の自治公民館で社会部の部長を務めることになりました。
参考:セミリタイア4周年!

自治公民館というのは、まぁ要するに町内会、自治会といったものです。
人によっては「そんなの煩わしいから嫌だ」という意見もあるかと思いますが、自分的には「郷に入っては郷に従え」ですね。
2年前にはこんな記事をあげてました。
参考:自治公民館活動(自治会)について

昨年までは交通消防部の一部員だったのですが、今年からは社会部の部長です!


部長たるもの、飲み会は欠かせません(笑)





このとんど祭りの準備のため、5日前には新部員の顔合わせの部会なんかを開催。前日には、飾り用の竹の切り出しと、振る舞い用の豚汁の買い出し&下ごしらえがありました。
その辺りも一応建前として部長が差配することになってますので、けっこう緊張してましたかねぇ〜

それらの作業としては、前部長が部長補佐として参加していますし、他にも何年も社会部員をやっているようなベテランの方もいらっしゃったので、特に問題はなかったのですが、竹を切り出す土地と燃やした後の灰を捨てさせてもらう畑の地主さんに挨拶にいったりするのが大変でしたね。

こちらは地区に知り合いは少ないですから、だれそれさんと聞いても全然ピンと来ない。
電話番号はもちろん知らないですし、しょうがないから地図で目星をつけて、あとは表札を確認してピンポンするんですが、「あぁ、それは本家ですね」とか「それはうちじゃなくて隣だね」とか言われちゃう…(´・_・`)


その他にとんど祭りの日には、新成人へお祝いの品を配るというミッションもありました。

昨年末に市役所に申請書を出して、町内で該当する人のリストをもらって、人数分のカタログギフトを注文。
前日には住所を頼りに、実際の家の場所を確認。
そしてとんど祭りの後に配って回るわけですが、3連休の中日にアポなしでお邪魔するわけですから、不在のお宅も多いわけです。

仕方ないので翌週の日曜日にもう一度周り、不在だったお宅には「明後日再配達します」とのメモを残し、再配達。
それでもまだ未配達のお宅があって、我が家にカタログギフトが1個残っています。
多分、住民票だけ残して、転居しているんでしょうね…


これ、ちゃんと仕事している人がやるとなると、けっこうな負担でしょうねぇ。やりたがる人がいないのもうなづけます。


その翌週には、町内自治公民館の部長会があって、そのまた翌週には地区の最小単位である班の代表(審議員)も含めた拡大役員会がありました。(その後にはもちろん飲み会)
それ以外に、小学校区の各自治公民館のそれぞれの部長が集まる組織の会合なんかもあったりして、こんなにも予定の入った月は退職以降なかったと思います。


という感じで、かなり面倒と言えば面倒なんですが、やってみると町内の人たちと交流できるし、顔も覚えられるので、やって良かったかな?というのが、現時点での印象です。

あと自治公民館の役員メンバー、けっこう同世代が多いのと、さらには自分含め海外赴任経験者が3人もいる!ということで、自分以外全部敵!みたいな状況にはとてもならなさそうなので安心してます。

っていうか鳥取県で自治公民館役員の3分の1が海外勤務経験アリってすごい確率なのでは?

和室フィギュア展示スペース完成!

こんにちは、槙です。

昨年11月の凛誕が終わった後から、進めてきた和室のフィギュア展示スペース化がほぼ完成しました!
参考:凛誕その3)グッスマ参戦!
参考:床の間のフィギュア展示スペース化記録
参考:飾り棚のフィギュア展示スペース化記録

IMG_4794.jpg

年末時点からの変化は以下の通りです。

⑴床の間スペースの前扉取付
⑵床の間スペースの1段目の棚設置
⑶補助照明設置
⑷天板の設置
⑸鍵の設置
⑹飾り棚スペースガラス引き戸の隙間対策
⑺カラーボックスフィギュアケースの移設



それぞれ細かく見ていこうと思います。

⑴床の間スペースの前扉取付


ツイートの通り、リクシルのインプラスを使ったのですが、お値段なんと¥25,240!
左側のガラス引き戸が¥37,800だったのに比べると、かなりお安く感じますね。
設置も難しくなく、枠がしっかりしている分、隣のガラス引き戸よりも安心して作業ができました。

⑵床の間スペースの1段目の棚設置
IMG_4665-ANIMATION.gif
こんな感じで設置しました。
使用した木材は、全てこれまでに発生した廃材や端材です。

⑶補助照明設置
照明に使用したのは以前購入していた直管LEDです。
参考:フィギュア展示の照明について

電源コードは中間スイッチを追加したり、
IMG_4719.jpg

メガネタイプのプラグをニコイチして、連結コネクタを作ったりしました。
IMG_4704.jpg

IMG_4705.jpg

これはフィギュアケースのすぐ手前から、天井を見上げた写真。
IMG_4710.jpg
左側の青白い色の照明が、今回設置した直管LED(5500K)で、その上に見えるのはもともと天井に付いていた蛍光灯(昼白色)です。
けっこう色味が変わってます。照明はほんと大事… ちなみに右側は前面扉のガラス面に反射したものです。

購入品は、
・単品コンセント(¥101)
・電源コード6m(¥432)
・中間スイッチ(¥213)
で、計¥746でした。

⑷天板の設置
天井の照明からも光を取り込みたかったので、天板も透明にする必要がありました。
しかしガラスやアクリルは高いので、もっと安上がりにできないか?と考えたのが、発泡面木でフレームを作り、そこに透明ビニールシートを貼ることでした。

ホームセンターに行ったら、台形の断面をした発砲面木(発泡目地棒)があったので、これでフレームを組みます。
IMG_4721.jpg

木工用ボンドとか、ネジとかでとりあえず組んだら、一番厚みが薄かった0.15mmの透明ビニールシートを、両面テープで貼り付けます。
IMG_4722.jpg

出来上がったものを、棚の最上段に設置したところ。
IMG_4725.jpg
多少シートが波打ってますが、気になるようなところでもないので、これでOKです。

ただ、飾り棚スペースの方は、寸法をシビアに見すぎたせいか、奥まで入りませんでした…
IMG_4762.jpg
仕方ないので、入るところまでで斜めに設置し、奥に残った開口部は、ビニールシートの切れ端をタッカーで止めて覆いました。

購入品は、
・発泡目地棒(¥124)×4本
・透明ビニールシート(¥314)
で、計¥810でした。

⑸鍵の設置
お客さんが泊まることを考えると、ケースの施錠も考慮しないといけません。
IMG_4760.jpg
ガラス引き戸の方は、このようなスライディングロックを取り付けました。

一方、インプラスの方は、
IMG_4763.jpg
内側の扉はこのように、打ち込んだネジと木片でストッパー機構を作り、

外側はレールに穴を開けて、百均の南京錠をセットしました。
IMG_4764.jpg

開けようとすると、このようにU字部分が引っかかります。
IMG_4765.jpg
これでスライディングロックと同等な施錠機能を持たせることができました。

・スライディングロック(¥845)
・南京錠(¥108)
の計¥953。

⑹飾り棚スペースガラス引き戸の隙間対策
左上部に7mmほどの隙間が発生してしまったので、できればこれを隠したいところ。
なんか良いものはないかと探したところ、樹脂のガラス戸レールが良さげだったので取り付けてみることに。
IMG_4791.jpg

これがガラス戸を閉めた状態(わかりにくいけど…)
IMG_4792.jpg
懐が8mmあるので、ギリギリ7mmの隙間が隠れる感じになりました。

・ガラス戸レール(¥213)×3本
=>¥639。

⑺カラーボックスフィギュアケースの移設




ここまでかかった費用をまとめると…

床の間スペース:¥34,962
飾り棚スペース:¥63,517(うち前扉¥37,800)
床の間前扉:¥25,240
補助照明:¥2,000×2
その他:¥3,148

合計:¥130,867 でした。
(カラーボックスフィギュアケースは除く)

この活動に合わせて、フィギュアもガンガン買っちゃったので、かなりお金を使っちゃったかな〜
ま、経費ということで (´∀`*;)ゞ
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム