2019年06月19日 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

2019トヨタ株主総会

こんにちは、槙です。

先週のことですが、トヨタ自動車の株主総会に出席してきました。





ツイートでも言及しましたが、今年の株主総会は特に変わったことは無いように思えました。
昨年の株主総会で受けた印象をそのまま継続しているな〜、という感じ。
参考:2018トヨタ株主総会

それは株主総会の招集通知の1ページ目に書かれている内容からも伺えます。
1560905967341-41af4860-3c17-4dfa-8820-1574fbdab7d6_.jpg

『変化の激しい時代だからこそ、ブレない軸、原点に立ち返ることが必要です。そのブレない軸こそが、創業時から大切にしてきた私たちの価値観、強みである、「TPS(トヨタ生産方式)」と「原価をつくり込む力」です。』

『トヨタだけでは未来を創れません。「リアルの力」を磨き、高い競争力を持ち、選ばれる存在であり続けることが、持続的な成長につながると信じています。』


要するにトヨタとしては、「モノづくり」に特化しますよ、ということなんですが、それで正解だと私も思ってます。

ちなみに2017年の株主総会で聞いてがっかりさせられたワード「イミテーション、インプルーブメント、イノベーション」もそのまま本文に入っていましたが、これは「天才の発想によるゼロからのイノベーションは目指さない!」という決意の現れなんでしょう、きっと。
参考:2017トヨタ株主総会

株主総会ではいろいろ質問も出ましたが、面白いのはあんまりなかったですかね?
「ゴーンさんのことはびっくりしたが、トヨタでは大丈夫か? 創業家のおぼっちゃまだから、実際にはゴーンさん以上に忖度があるんではないか?」が一番出席者の笑いを誘っていました。

他には高齢者によるプリウスの事故の件で、「本当にプリウスは大丈夫なのか?」「ブレーキを踏んでるかどうか、運転している本人にはわからない。運転パネルにもブレーキランプのようなものをつけてはどうか?」などがありました。

一番気になったのは最後にあったこの質問でした。
「後継者の選定はどうなっているか?すでに決まっているのか?」
会社側の回答はなんだかはっきりしませんでしたが、会社の方向性がある程度定まった以上、われわれ株主の最大の関心事です。

ちなみに今年の記念品はセンチュリーのミニカーでした。


そうそう、株主総会のあとにぶらぶらしたトヨタ会館のトイレの洗面台がすごかった。
IMG_20190613_122909.jpg
ダイソン製のハンドドライヤー一体型の蛇口です。
どうやら5年前に発表されていたようですが、こんなのもあるんですね〜
スポンサーサイト



プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム