2019年10月 - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

先月読んだ本(読書メーターまとめ)+ なろう

こんにちは、槙です。

先月の読んだ本は一気に減りました。(11→5冊)

ただ実は、なろう小説をかなりの時間読んじゃってました。(/∀\*)

なろう小説って読み始めると、だらだらと読んじゃうんですよね…
結局、投稿されている最後まで読んじゃって、思った以上に時間を取られているという…

先月読んでたのはこの2作品。

・真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました
・アラフォー賢者の異世界生活日記

前者はまだしも、アラフォー賢者、なんで最後まで読んじゃったんだろ…
すげー、時間を無駄にした気がする。

なろう小説全般に言えるんだけど、最初は結構面白い作品が多いんですよ。
でも、そのうちにグダグダになって、最終的にはエタると。

そういえば先月じゃなかったけど、魔王様、リトライ!もなろうで読みました。
これはアニメの1〜2話が妙にツボにハマったので読んでみたんですよね〜

アニメもそうだったけど、面白かったのはやっぱり最初だけでした。(´・_・`)


そうそう、でもこの作品は面白かった!
きちっと終わってたし。

・生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい

なろう小説らしいご都合主義があるんだけど、そのオチをちゃんとつけていたのが好印象でした。


9月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1028
ナイス数:19

世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ感想
えほん遠野物語「やまびと」で気になった中川学さん。他にどんな絵本を書いているのかと調べたら、アマゾンでダントツにレビュー数が多かったのがこの本。資本主義による競争・消費社会を批判し、人間本来の幸福を追求しようというメッセージが描かれている。なんとなくNHKで放送された「欲望の資本主義」シリーズを思い出した。
読了日:09月03日 著者:

遠野物語remix遠野物語remix感想
京極夏彦によって再編集された遠野物語。口語訳→えほん遠野物語→コレと重ねて読むことで、だいぶ個々の物語が頭に残ったように思う。ちなみに地図がついてるので、文中の場所を探しながら読むとイメージが膨らむ(地名表記が小さくて苦労するが)。遠野物語を最初に読むんだったらこの一冊がいいかも。
読了日:09月04日 著者:京極 夏彦,柳田 國男

宮本常一とあるいた昭和の日本〈6〉中国四国3 (あるくみるきく双書)宮本常一とあるいた昭和の日本〈6〉中国四国3 (あるくみるきく双書)感想
今私が住んでいる場所を、40年ほど前に鋳物師調査で訪れた記事が載っていたので読んでみた。今はもう廃線になってしまった路線を利用してたり、今はもう残ってないが当時はまだ鍛冶屋が2軒残っていたりと興味深い。
読了日:09月11日 著者:田村 善次郎

学べるマンガ100冊学べるマンガ100冊感想
カーリルのみんなが読みたい本ランキングにあったので読んでみた。100タイトルのうち3分の1は読んでたし、ほとんどのタイトルは知ってたけど、約4分の1は全く知らないマンガだった。試しに朗読をテーマにした「花もて語れ」というマンガを読んでみたが、今まで全く触れてこなかった分野だけに新鮮な驚きと学びがあった。他にも面白そうなタイトルがあったので、読書の合間に気楽に楽しんでみようと思う。
読了日:09月27日 著者:佐渡島 庸平,里中 満智子,藤本 由香里,本山 勝寛,菊池 健,中村 伊知哉,細田 尚子,山内 康裕,ヤマダ トモコ

AIに負けない子どもを育てるAIに負けない子どもを育てる感想
リーディングスキルテストの体験版やってみたけど、具体例同定(辞書)の項目以外はどれも6点以上だったが、その具体例同定(辞書)の点数がまさかの零点!それらの回答をみてもいまいち納得できない… 特に易しい方。なんでだろう? その他には、穴埋めプリントや計算ドリルなどを自転車の補助輪になぞらえて、そういったものに頼ることが、リーディングスキルの習得を妨げるというのは興味深い。筆者が義務教育にITを導入することを否定的なのもそう。あと、おわりに、で紹介されていたedumapに期待したい。
読了日:09月28日 著者:新井 紀子

読書メーター
スポンサーサイト



大原美術館&熊谷守一展を鑑賞してきた

こんにちは、槙です。

先週、瀬戸内国際芸術祭へ行くのに合わせて、倉敷の大原美術館と、岡山県立美術館で開催されていた熊谷守一展に行ってきました。

大原美術館では印象派以降の作品を中心に、バラエティに富んだ、しかもレベルの高い作品をたくさん見られます。

ここでは大きく3つの発見がありました。

一つ目は、セガンティーニ「アルプスの真昼」の表現手法。
works_c3a_12.gif
この作品、異なる色の絵の具が細い線でもって、全体に置かれているんですね。筆触分割の効果を狙ってのことだと思うのですが、モネみたいにざっくりとでもなく、スーラみたいに点描でもない、膨大な細い線の積み重ねというのが、このくっきりとしたシャープな絵につながっているのでしょう。ちなみに遠くの山並みは近くで見るとバームクーヘンの層みたいになってました。


二つ目は、自分の好きな作品のジャンルが2.5次元的なものであることを再確認したこと。

今回、大原美術館の作品を鑑賞した中で、最も好きな作品はフォートリエの「雨」でした。
これは石膏をうすく盛り、緑で色をつけた後に、パレットナイフかなんかで上から下に筋をいくつも入れた作品です。(実際にはもっと工程があると思いますが)
この立体的な作品効果により、ちょっと視点を変えると、あたかも雨が降っているかのように石膏の白い筋が移動するわけです。これが面白かった。

もともと私、徳持耕一郎さんの鉄筋彫刻がすごく好きです。
参考:鳥取市での移住相談&鉄筋彫刻
この鉄筋彫刻も視点を変えることで作品の背景が大きく変わるわけで、こういった、変化を作品が内包しているものが好きなんだな〜、と改めて実感。

同系統のものとしては、フォンタナの「空間概念 期待」も興味深いものでした。
こちらは真っ赤なキャンバスに3本の切れ目が入っただけの、とてもシンプルな作品なんですが、切れ込みによりキャンバスにたわみが生じ、時空の切れ目的なものを感じさせるものでした。
フォンタナ自身も「画家として、キャンヴァスに穴を穿つ時、私は絵画を制作しようと思っているのではない。私は、それが絵画の閉鎖された空間を越えて無限に拡がるよう、空間をあけ、芸術に新しい次元を生みだし、宇宙に結びつくことを願っている。」と語っていたようです。


3つ目は、熊谷守一の「陽の死んだ日」。
works_c3b_06.jpg
現地でとったメモにはこう書いていました。
「ちょっと衝撃の絵 油絵の具がモリモリに盛られ、真っ赤な絵の具の中に死んだ子供の顔が浮かんでいる 後年のひょうひょうとした印象からは信じられないほど荒々しく、生々しい 守一の深い悲しみが感じられる」

最初、鶏を絞めた絵なのかと思ってよく見たら、子どもの顔があってびっくり!
そして作者の名前に熊谷守一を発見して、二度びっくりってなもんです。

熊谷守一といえば、子どもの絵のような素朴な味わいが魅力なんですが、この作品はまったく違ったんです!

でもって岡山県立美術館で熊谷守一展をやっていることを知ったので、翌日見に行ったわけです。


こちらには初期の作品から、モリカズ様式へと至る中間期、さらに晩年描かれたモリカズ様式の絵が多く展示されていて、お腹いっぱいな感じです。

でもこちらの作品群と、大原美術館にあった「陽が死んだ日」はまったくタッチが違ってました。「陽が死んだ日」だけが異質でしたね。
著作「へたも絵のうち」によれば、当時「陽の死顔を描きはじめましたが、描いているうちに"絵"を書いている自分に気がつき、嫌になって止めました。」と、こういった心境だったそうです。

わかるような、わからんような…


ちなみに熊谷守一の作品では猫がよく知られていると思いますが、岡山県立美術館では3作品が並んで展示されていました。
(「 」内は題名と私が現地でとったメモの内容です)

100106615’
「くろ猫 柔らかな丸みに隠された成猫のがっしりした体格」

5c337eb2a84917e447a36742efe659c8b87e4b10.jpg
「茄子と仔猫 安穏とし、心底くつろいでいる様が感じられる」

DGmVkNfVwAA8jr4.jpg
「野良仔猫 いかにもひもじそうな、今にも倒れてしまいそう…」
(ネットで拾ってきたら斜めの画像しかなかった)

熊谷守一といえど、この野良仔猫はないだろー、と初見では思ったわけなんですが、こう3枚をじっくりと見比べていると、濁った目、ぼんやりとした輪郭、極端に凹んだお腹などが、野良仔猫が置かれた劣悪な環境を思い起こさせます。
隣に並んでいる「茄子と仔猫」の環境とは大違いです。そうなるともうこの絵には憐れみしかありません…

正直、熊谷守一の絵はなんとなく好きって感じで、うまく説明できないんですが、この3枚の猫は比較的わかりやすかったです。

瀬戸内国際芸術祭(豊島)に行ってきた

こんにちは、槙です。

前回のブログを更新してから1週間も経ってしまいましたが、瀬戸芸の振り返りを。
参考:大原美術館&熊谷守一展を鑑賞してきた
参考:瀬戸内国際芸術祭2019(春)に行ってきた

ただ今回の豊島、残念ながら天候に恵まれませんでした…orz

朝から雨が降ったり止んだりで、風も結構強く吹いていました。

当初の計画では16時まで滞在して、全ての作品を鑑賞するつもりでしたが、雨でテンションも下がってしまったので島の南側にある作品はあきらめ、14時のフェリーで岡山へ戻ることにしました。
クリスチャン・ボルタンスキー「心臓音のアーカイブ」_から_豊島交流センター_-_Google_マップ
移動は徒歩(片道6.2キロ)。
他の観光客はレンタル自転車で移動している人が多かったかな。

でも徒歩だとこんなのにも遭遇します。
PA030018.jpg
カニ!
この後、側溝に隠れてしまいました。

一番期待していた豊島美術館のあたり。
PA030026.jpg
ちょっと晴れ間も見えますが、ほぼ雲が空を覆っています。
そしてここで衝撃を受けることに!

てくてく歩いて作品を鑑賞しつつ、島キッチンでお昼食べて、12時前には到着したのですが、豊島美術館に入るのに整理券が必要だったんです!
でその整理券をもらったんですが、入場時間は13:45〜と記されています。

えっ、帰りのフェリーの時間14時なんですが…


この時点で「今回の瀬戸芸、豊島の旅は失敗だな…」と感じました。正直…
仕方ないので、豊島美術館はスルーして先に。


でもこの後に訪れた心臓音のアーカイブはとても良かった。
PA030029.jpg
何が良かったって、この浜辺の先にあるのが心臓音のアーカイブの建物なんですが、この浜辺に出るときの体験というか感覚が面白かった!

Googleマップの航空写真で見るとこんな感じ。
Google_マップ
この浜へ出る小道を歩いている間、正面から強い雨風が打ち付けてきてたんですが、それを抜けた後にアーカイブの施設が見えるわけです。
この時に感じた秘境感というか、世界が切り替わった感が面白かった!

RPGでよくあるような、古代文明の遺跡にアプローチする感覚になるというか…

そしてそこで保存しているのは、数万人に及ぶ人間の心臓音なわけです。
(ま、実際にここにサーバーがあるわけではないと思いますが…)

施設の中では、録音された心臓音を光と音で感じることができる空間があったり、数万人の心臓音から任意に選んで聴くことができるPCが設置されています。

せっかくなので私も心臓音を登録することにしました。(登録代¥1,570)
IMG_20191003_123257.jpg
自分が死んだ後でも、生きた証というか生きている証?の心臓音を聴くことができるというのはなかなか面白い感覚ですね。

このブログも自分が死んだ後、どうなることやら…


心臓音のアーカイブの後、バスで港に戻ったらこの天気だったのは悔しい(´;ω;`)

自治公民館のヒアリング予定がなければ、もっと自由に日程を組めたんだけどな…
プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム