カラーボックスでフィギュアケースを作ってみた - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

カラーボックスでフィギュアケースを作ってみた

こんにちは、槙です。

やっぱりフィギュアは箱から出して飾って愛でるものですね〜
P1030370.jpg

P1030385.jpg


きっかけは半月ほど前、ホシノさんのブログ記事、<インボックスジオラマ「けいおん部室」を作る>シリーズを見たことです。
参考:インボックスジオラマ「けいおん部室」を作る その2 寸法と基本設計
カラーボックスに収まるサイズのねんどろいどジオラマを作るというシリーズなのですが、読んでるうちに「これ普通のスケールフィギュアでもいけるんじゃね?」と思い、作ってみることにしたという次第です。

セルフリノベーションの構想では、フィギュアのディスプレイラックも自作しようと思っているのですが、その練習としてもカラーボックスを利用したフィギュアケースはちょうどよかったですね。

とりあえずアクリル扉設置までの手順を説明した動画を作りましたので貼っておきます。



しかし今回のケース作り、シンプルなけんどん式(襖とか障子をはめる形式)を採用しているのですが、ジョイナーを使ったのが我ながら秀逸でしたね!
IMG_1144.jpg

前に簡易内窓を作ったのがいい経験になってたみたい。
参考:なんちゃって内窓を設置してみた
最初は内窓と同じようにスライド式にしようと思ってたんですが、ガラス戸レールと同じ場所でジョイナー発見した時は「これでイケる!」と思いましたからね〜

ここからさらに一工夫しているところが私の職人魂(?)です!
IMG_1145.jpg
このように切り欠いて、

IMG_1146.jpg
カラーボックスにぴったりフィットするようにしていますから!
IMG_1278.jpg


他にもホームセンターで見かけてから一度は使ってみたかった発泡面木を使えたのも良かった!
IMG_1164.jpg
IMG_1165.jpg
ご覧のように45度の面が取れる材料なのですが、特筆すべきはその安さ!
なんと2メートルの長さでも41円しかしません!


アクリル板もインターネット通販使ったら結構安く入手できたし、トータルでも安くできたんじゃないかな?

集計してみると…

・カラーボックス
    1,077×3=3,231

・アクリル板
   378×9+送料900=4,302

・ジョイナー
   91×6=546

・強力両面テープ(5mm幅)
   345

・発泡面木(2m)
   41×2=82

・アルミ平板(LED放熱用)
   267×6=1,602

・両面テープ(10mm幅)
   179

・テープLED(3525タイプ5m)
   799

・電線(10m)
   699

・熱収縮チューブ(φ6mm)
   348

・配線モール
   159×4=636

・スイッチ
   270(2個セット539)

・DC電源メスプラグ
   143(10個セット474)

・DC3分岐ケーブル
   335(2個セット670)

・ACアダプター(12V3A)
   890

合計 14,407円

あれ? 1万円超えてたか…
でもこれ以上コストカットはしたくないかなぁ〜
むしろアクリル板を2mm厚にしてもいいくらい?

さて、テープLED照明編の動画作んなきゃ…
2/25動画編集し終わりましたので貼っておきます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住してセルフリノベーションで民泊準備中。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム