東京旅行)美術館巡り(前編) - この先結婚するつもりもないのでセミリタイアした
FC2ブログ

東京旅行)美術館巡り(前編)

こんにちは、槙です。

今日は東京旅行の目的その2、タイトルの通りですね。

1年半前の東京旅行では東京国立博物館だけで1日が終わってしまったので、今回はそれを踏まえて余裕のある日程を組んだわけです。
参考:大洗視察&5年ぶりの東京行、首都圏は刺激があって良いね♪

せっかくですので時系列順に紹介します。

まずは横浜にある原鉄道模型博物館。(美術館じゃないけど)


ここは鉄オタの神様みたいな原信太郎さんが製作した鉄道模型が展示されています。
そしてこの原さん(故人)、模型作りだけではなく、乗り鉄、撮り鉄としてもその道を極めてます。ほとんどビョーキ(褒め言葉)

戦後にコクヨに入社して、会社人としてもすごく貢献しているんだけど、そのようにしっかり仕事もしながら、趣味を極めるという、会社人としてはドロップアウトした私からすると、とても眩しい存在。
P3300040.jpg
奥さんも趣味に理解があったようで、とても素敵な人生だったんだろうな〜と思わされました。


次は国立西洋美術館
ここは以前、東京国立博物館の後に寄るつもりだったので1年半ごしのリベンジです。
P3310121.jpg
たまたま企画展としてプラド美術館展もやっていたので、企画展→常設展の流れで鑑賞してきました。

ここでは西洋美術もその長い歴史の中でいろんな試みがなされてきたんだな〜というのを実感できました。

印象派やキュビズムもそうなんですが、この絵も輪郭線を柔らかい色で描いており、それに伴って絵全体もそんな感じになっています。
IMG_1787.jpg
この絵を見て思い出したのが、となりのトトロでも輪郭線も茶色にしていたことですかね。あれも当時は驚かされたものです。

あと実物の絵が持つ油絵のタッチが、作者の息吹を感じさせるというか…
写真では感じられない本物の絵画が持つ迫力は良かったですねぇ。

でも「不謹慎な殿方」というこの絵には笑わされた。
P3310114.jpg
どんな意図があってこの絵を書くことになったんだ?(^^)


その翌日は国立近代美術館


この日はたまたま無料観覧日かつ春まつりトークラリーが行われるということですごい人出でした。
IMG_1836.jpg



このトークラリーというのは「ガイドスタッフが20箇所以上の作品の前で皆さんをお迎えします。対話による作品鑑賞を楽しみながら展示室を巡り、作品を鑑賞するごとにもらえるスタンプを3つ以上集めると特製カンバッヂをプレゼント。」というものです。

これまでガイドについて作品を鑑賞したことはありますが、対話型というのは初めてでした。
これはガイドスタッフが鑑賞者に対して「この花は何か?」「肖像画の人物はどんな人だと思うか?」など尋ねたりしつつ、作品の理解を深めているというもので、予想以上に面白かったです。
同じ作品に対して他の人が自分とは違う印象を持つことなんかも、当たり前といえば当たり前なんだけど、普段一人で美術鑑賞している身には気付けないですから…

もちろん工芸館の方も足を伸ばしました。
P4010042.jpg
P4010061.jpg
どれも見応えのある作品でした。

でも正直、平日にもっとゆっくりと鑑賞したかったかな〜
また上京のおりには行きたいと思います。


長くなったので後編に続く。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

槙

Author:槙
2014末に会社を辞めたセミリタイアおじさん。 2016年に鳥取移住。 属性はフィギュアオタク、ひなビタ♪も応援しています。『限界費用ゼロ社会』到来派。

槙のつぶやき
ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取県情報へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム